国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第777号】 第9回台湾李登輝学校研修団、全日程を修了して帰国

2008/05/27



>>>>> http://www.ritouki.jp/━━━━━━━━【平成20年(2008年) 5月27日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.777]
1>> 第9回台湾李登輝学校研修団、全日程を修了して帰国
2>> 李清興さんを悼む
3>> 許昭栄烈士を悼む [Andy Chang]

■許世楷代表ご夫妻送別会への申し込みはホームページからも!
 本誌前号で、FAXやメールにてのお申し込みをご案内しましたが、本会ホームペー
 ジにお申し込みフォームを設けました。お手軽にお申し込みできます。

 http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0017.reg
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 第9回台湾李登輝学校研修団、全日程を修了して帰国

 5月23日から3泊4日の日程で開催された第9回台湾李登輝学校研修団(伊藤英樹団長、
42名参加)は、最終日の26日、李登輝学校校長の李登輝先生による特別講義、李登輝校
長自ら修了証を一人ひとりに手渡される修業式、そして李登輝校長を交えての昼食会を
終え、全ての日程を終了して帰途についた。

 3月の総統選挙後初めての開催となり、5月20日からの国民党政権発足から間もないと
あって、参加者の関心も一段と高かった。

 講師陣は、これまでの林明徳・台湾師範大学教授(「台湾主体性の追及」)、黄天麟
・元第一銀行頭取(「台湾の経済」)、馬薩道輝先生(「台湾原住民の歴史」)、迫田
勝敏・前中日新聞論説委員(「日本人の台湾生活経験」)に加え、今回から新たに李明
峻・台湾国際法学会副秘書長(「東アジアの新情勢と日台間系」)や陳茂雄・国立中山
大学教授(「台湾における政党の形態と政局の発展」)などが加わり、また烏来の高砂
義勇隊慰霊碑参拝や北投での温泉博物館や文物館における野外研修もあり、より一層充
実した内容だった。

 今回の参加者は、台湾大学や輔仁大学に留学中の日本人学生や台湾人も少なくなかっ
た。また参加地域は、福島、群馬、東京、埼玉、千葉、神奈川、茨城、静岡、三重、滋
賀、大阪、島根、そして韓国とバラエティに富んでいたのも特徴だった。

 講義内容の詳細などにつきましては後日ご紹介します。        (編集部)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 李清興さんを悼む

 5月25日朝、第9回李登輝学校研修団で台湾に行っているスタッフの薛格芳さんから、
李清興さんが24日の夜に急逝したことを知らせてきた。あまりにも突然のことで声も出
なかった。20日には高雄の許昭栄さんが焼身自決し、そして李清興さんの突然の訃報と
続き、全身の力が抜けていく思いだった。

 昨年12月、声が出なくなるという喉の異常を訴え、それが咽喉ガンと判明、放射線治
療などを受けて順調に回復していると聞いていた。それが急変したのだった。

 李清興さんといえば、勝美旅行社の社長として、日本人好みのきめ細かな対応をされ
ていたため多くの日本人ツアー参加者から慕われ、台湾へのツアーは勝美旅行社を使う
というリピーターが少なくなかった。

 私どもとは、平成16年(2004年)10月末に第1回台湾李登輝学校研修団を行った際、
台湾側スタッフとして日本語通訳をしていただいたのがご縁だった。

 以来、李登輝学校研修団はもとより、本会や支部主催ツアーなどではずいぶんとお世
話になった。私どものツアーは既成のツアーではなく、すべてオリジナル・ツアーだっ
たが、バスやホテルの手配などはもちろん、参加者の一人ひとりまで気を配るそのきめ
細かな対応ぶりには安定感があり、安心してツアーを委ねられた。

 個人的にも親しくなった。「台湾に来たら、うちの娘の部屋が空いているから使いな
よ」とまで言ってくれた。一緒に勝美旅行社を運営する奥さん(李太太)とも気の置け
ない間柄になっていた。特に本会事務局でツアーを担当する片木裕一(理事・事務局次
長)と薛格芳(理事・青年部長)は、勝美旅行社の東京支社を任せるからとまで言われ
て、名刺まで作っているほどの間柄になっていた。

 その片木氏と薛さんが李登輝学校研修団で訪台しているさ中に、李清興さんは身罷っ
た。2人ともその訃報に号泣したという。

 25日夜、研修が終って、片木氏や薛さん、伊藤団長、講師の迫田さんなど研修団参加
者30名が弔問に訪れた。遺影の前で李太太が「片木さんが来ましたよ」と声を掛けた。
片木氏は後から後から涙が流れ声が出なかったという。

 昨年5月末、李登輝前総統が来日された折、李清興さんは台湾の報道陣の案内役とし
て来日されている。また、8月に開催した第7回李登輝学校研修団では、台風の影響で来
られなくなった講師に替り、急遽、李清興さんに講師をお願いして、戒厳令下の台湾で
日本語を学んだ体験談などをお話しいただいたことも、忘れ難い。李登輝前総統への切
々とした思いを語る熱い心に、こちらも打たれた。

 5月20日に60歳の誕生日を迎えたばかりの李清興さんは、本当に晴れやかな笑顔が印
象的な方だった(ホームページに笑顔の李さんの遺影を掲載しました)。未だ亡くなっ
たことが信じられない。御霊安かれと祈るばかりである。

 葬儀日程は分かり次第、お知らせいたします。

                   (メルマガ「日台共栄」編集長 柚原正敬)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 許昭栄烈士を悼む [Andy Chang]
 
 しゃぼん玉浮沈の果ての死は一瞬

 君逝くや高雄の空の大花火
 
               Andy Chang
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●本誌の転載転送を歓迎
 本会活動をより多くの方々にご理解いただきたく、転載転送をお願いします。その際、
 本誌からの転載転送である旨を記していただければ幸いです。

●日本李登輝友の会へのご入会─入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 このところ、本誌「メールマガジン日台共栄」が届かなくなったという方が続出して
 います。通常は週に3回以上発行しております。購読を解除したわけでもないのに届
 かなくなったという場合は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!
--------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。