国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第769号】 台湾少年工出身者の台湾高座会と高座日台交流の会などが靖国神社を参拝

2008/05/17



>>>>> http://www.ritouki.jp/━━━━━━━━【平成20年(2008年) 5月17日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.769]
1>> 台湾少年工出身者の台湾高座会と高座日台交流の会などが靖国神社を参拝
2>> 明日、新潟李登輝友の会が林建良氏を招いて第6回総会と講演会
3>> 明日、金美齢さんをゲストに西村真悟国政報告会
4>> 5月29日(木)、時局心話會が永山英樹氏を講師に研究会
5>> 5月31日(土)、新日台交流の会が宇井良輔氏を招いて講演会
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 台湾少年工出身者の台湾高座会と高座日台交流の会などが靖国神社を参拝

 昨日午前、来日中の台湾高座会(台湾少年工出身者でつくる友誼団体)の李雪峰会長
や何春樹副会長ら33名が、高座日台交流の会の野口毅名誉会長や佐野た香会長ら約30名
とともに靖国神社に昇殿参拝した。

 靖国神社には27,864柱の台湾出身戦歿者が祀られており、台湾少年工は軍属として神
奈川県の高座海軍工廠に来て、うち60柱が空襲や病気で戦歿している。

 昇殿参拝に当たっては靖国神社の南部利昭宮司も挨拶に見え、一昨年の訪台の折に李
雪峰会長らとともに新竹県北埔の南天山済化宮を参拝した話などを披露。

 また、9時30分からの昇殿参拝には、台湾協会の園部逸夫会長、斎藤毅理事長、日台
交流教育会の草開省三専務理事、日本李登輝友の会の柚原正敬常務理事、台南会の三宅
教雄会長、日台交流会の渡邊隆会長、松澤寛文副会長、台湾出身戦没者慰霊の会の高山
武氏など日本人有志も駆けつけて共に台湾出身戦歿者の御霊を慰霊顕彰した。

 参拝の後は靖国会館において懇談の場が設けられ、野口名誉会長の司会の下、佐野会
長や李雪峰会長の挨拶に続き、園部・台湾協会会長、草開・日台交流会専務、そして懇
談会から参列した小田村四郎・日本李登輝友の会会長などがそれぞれ歓迎の辞を述べた。

 南部宮司も交えた記念撮影の後は昼食を共にしつつ、斎藤・台湾協会理事長や柚原・
日本李登輝友の会常務理事、懇談会から参加した全日本学生文化会議の外村聖典氏らが、
訪台時の思い出や台湾少年工にまつわる話を披露した。

 最後に、皆で「ふじの山」「故郷」「夕焼けこやけ」を声高らかに歌った。日台の絆
を保ち続けてくれた台湾少年工の方々も、昭和のはじめに生まれているので齢すでに80
前後となっている。いつまでもお元気でと祈りを込めて歌いつつ別れを惜しんだ。今年
の台湾高座会の大会は11月13日に高雄で開催される。          (編集部)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 明日、新潟李登輝友の会が林建良氏を招いて第6回総会と講演会【新潟】
   演題は「李登輝さんの最後の戦い」 講演会は一般参加も可【無料】

 来る5月18日、日本李登輝友の会の支部第1号として設立した新潟県支部が第6回総会
を開催します。記念講演の講師には林建良氏(本会常務理事・「台湾の声」編集長)を
お招きして、「李登輝さんの最後の戦い」と題してお話しいただく。

 総統選挙後の台湾状勢について、李登輝前総統がどのように考えているか、日台関係
をどのように考えているかなどについて話していただく予定だ。林建良氏の『日本よ、
こんな中国とつきあえるか?』も販売、サイン会も行う予定です。

 講演会は無料、一般の方の参加も大歓迎。ふるってご参加下さい。    (編集部)

                   記

■日 時 5月18日(日)午後2時〜

■会 場 ホテルイタリア軒・朝日の間
     新潟市中央区西堀通7番町1574
     http://www.italiaken.com/access/index.html

■次 第 14:00〜15:00 第6回定期総会(会員のみ)
     15:00〜16:15 記念講演(参加費無料、一般も可)
             林建良氏「李登輝さんの最後の戦い」
     16:20〜18:00 懇親会(参加費:5,000円)

■申込み FAXかメールで。
     FAX:025-266-5280  E-mail:tad_simo@d9.dion.ne.jp

■主 催 日本李登輝友の会新潟県支部(下村忠行支部長)
     〒950-2074 新潟市西区真砂1-16-4
     FAX:025-266-5280  E-mail:tad_simo@d9.dion.ne.jp
--------------------------------------------------------------------------
新潟李登輝友の会 第6回総会 申し込み

1)お名前
2)電話番号
3)会員 一般 (どちらかを○で囲んで下さい)
4)総会 記念講演会 懇親会 (どちらかを○で囲んで下さい)

*同伴者がいる場合は、その方の分もお申し込みをお願いします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 明日、金美齢さんをゲストに西村真悟国政報告会【大阪】
   演題は「中国の『毒』は世界を滅ぼす─目覚めよ! 日本人!」

■ゲスト:金美齢(評論家、前台湾総統府 国策顧問)

■日 時:5月18日(日)14:00〜16:00

■場 所:泉ヶ丘センタービル3階 大集会室
     大阪府堺市南区茶山台1-2-1 TEL 072-297-0171
     【交通】泉北高速鉄道泉ヶ丘駅 徒歩1分(1階が「りそな銀行」です)

■問合せ:真悟の会・堺 TEL:072-277-4140 

■費 用:無料(事前予約は必要ありません)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 5月29日(木)、時局心話會が永山英樹氏を講師に研究会【東京】
   演題は「中国の内政問題ではない−直ちに取り組むべき台湾問題」

 3月22日の台湾総統選挙では国民党の馬英九氏が圧勝した。台湾の中国化が進めば、
それを機に中国がいよいよ太平洋進出に乗り出すのではないか、と危惧する声もあがっ
ている。
 講師の永山氏は台湾問題において、本質を突いた正論を展開している。すべて現場主
義に基づいた情報分析は的を得ている、との声も大だ。馬新政権を迎えて各界の見方・
考え方が錯綜する中、貴重な研究会となろう。

日 時/平成20年5月29日(木)PM6:00

会 場/日本外国特派員協会 20F「メディアルーム」
        東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル北館20F
     !)03-3211-3161

講 師/永山 英樹 台湾研究フォーラム会長

参加費/8,000円(食事付)

連絡先/時局心話會  !)03−5832−7231
    担当:高村圭子
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
5>> 5月31日(土)、新日台交流の会が宇井良輔氏を招いて講演会【東京】
   演題は「台湾バスの旅 リピーター編−バスの終点には何かが待っている」

【5月15日「片倉佳史の台湾便り」第2号】http://katakura.net/

 新日台交流の会から講演のお知らせです。このたび、講師役をつとめるのは知る人ぞ
知るバスマニア、宇井良輔氏です。2008年5月31日(土)、「台湾バスの旅 リピーター
編−バスの終点には何かが待っている」というテーマで宇井さんが熱く台湾を語ります。

 質疑応答もどしどしお寄せくださいとのことです。どんなにマニアックな質問でもじ
っくりと答えてもらえると思います。

 ぜひご参加ください。

●日 時 2008 年5月31日(土) 15〜17時

●場 所 台湾資料センター(東京都港区三田5−18−12)

●料 金 無料

●申込先 台湾資料センター(03-3444-8724・月休み)

●会場など、詳しくは宇井さんのブログをご覧ください。
 http://asiabuscenter.seesaa.net/article/96817770.html

●ご参考までに宇井さんのメインサイト「アジアバスセンター」
 http://asiabuscenter.fc2web.com/taiwan/buslink.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●本誌の転載転送を歓迎
 本会活動をより多くの方々にご理解いただきたく、転載転送をお願いします。その際、
 本誌からの転載転送である旨を記していただければ幸いです。

●日本李登輝友の会へのご入会─入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 このところ、本誌「メールマガジン日台共栄」が届かなくなったという方が続出して
 います。通常は週に3回以上発行しております。購読を解除したわけでもないのに届
 かなくなったという場合は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!
--------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。