国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第760号】 6月1日(日)、許世楷代表ご夫妻送別会のご案内【申込締切:5月23日】

2008/05/08



>>>>> http://www.ritouki.jp/━━━━━━━━【平成20年(2008年) 5月8日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.760]
1>> 6月1日(日)、許世楷代表ご夫妻送別会のご案内【申込締切:5月23日】
2>> 高雄県大樹郷産の最高級ドラゴンライチのご紹介【申込締切:6月6日】
3>> 馬次期総統も参列へ 八田技師墓前祭 訪台の友好の会、水利会から歓迎受け
4>> 対中経済関係さらに強化 馬英九・台湾次期総統と会見

■お知らせ
 日本李登輝友の会の本部事務局は本日から通常再開いたします。事務所は午前10時か
 ら午後5時まで。土・日・祝日は休み。        (日本李登輝友の会事務局)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 6月1日(日)、許世楷代表ご夫妻送別会のご案内【申込締切:5月23日】
   参加ご希望の方は「往復はがき」でお申し込みを!

謹啓 新緑の候、皆様におかれましては益々ご清祥の御事と拝察申し上げます。

 さて、ご高承のようにこのたびの政権交替により、台湾駐日代表処の許世楷代表の退
任が予想されます。そこで日台の有縁の方々にお集まりいただき、許世楷代表ご夫妻の
送別会を開催することといたしました。

 顧みますと、許世楷先生が代表として日本に赴任された2004年7月、日本李登輝友の
会を連絡事務局として皆さまと「台湾新駐日代表 許世楷先生歓迎会」を催しました。
それから4年を経て、ノービザの実現、李登輝前総統「奥の細道」探訪の実現、運転免
許証の相互承認、相互訪問の250万人突破など、台湾と日本の関係は最良の状態と言わ
れるまでになりました。これもひとえに許世楷先生並びに盧千恵夫人のご尽瘁の賜物で
あると拝察し、お二人に心からなる謝意を表するため、左記のような要領で送別会を開
催する次第です。また、許代表はこれまでのご功労に対し台湾政府からの叙勲の栄に浴
されるそうで、併せてお祝い申し上げる所存です。

 つきましては、ご多用のところ恐縮ですが、ご臨席を賜りたく謹んでご案内申し上げ
ます。                                 謹白

 2008年5月吉日

■共催団体
 日華議員懇談会、民主党日本台湾友好議員連盟、民主党日本・台湾安保経済研究会、
 自民党日本・台湾経済文化交流を促進する若手議員の会、日本中華聨合総会、都議会
 自由民主党日台友好議員連盟、日本台湾教会連合会、(社)亜東親善協会、日本李登輝
 友の会、在日台湾同郷会、在日台湾婦女会、台湾独立建国聯盟日本本部、日本台湾医
 師連合、高座日台交流の会、台湾団結聯盟日本支部、台湾研究フォーラム、怡友会、
 栃木県日台親善協会、つくば台湾会、日華親善協会全国連合会、日華文化協会、マス
 コミ総合研究所、八田技師夫妻を慕い台湾と友好の会、NPO法人育桜会、遠州日華
 親善協会、日台稲門会、佐賀県台湾友好協会、在日台湾同郷会関西支部、大阪日台交
 流協会、埼玉台湾総会、山口県日台文化経済交流会、福岡日華親善協会、日本媽祖会、
 日台交流教育会、留日東京華僑婦女会、日本華商総会、東京崇正公会、千葉中華総会、
 山梨台湾総会、留日台湾同郷会、在日台湾商工会議所、留日東京華僑総会、宮城県日
 台親善協会、岩手台湾懇話会、日華(台)親善友好慰霊訪問団、大阪中華総会、日本文
 化チャンネル桜
                                                 [順不同、5月2日現在]

 *共催団体を募集中です。ご希望団体はFAXで事務局へお申し込み下さい。

                   記

■日 時 2008年6月1日(日) 18:00〜21:00(受付:17:00〜)

■会 場  ホテルオークラ東京 平安の間
     東京都港区虎ノ門2-10-4  TEL:03-3582-0111
     【交通】地下鉄:虎ノ門、神谷町、溜池山王、六本木一丁目より徒歩5分

■参加費 10,000円

■申込み ご出席の方は「往復葉書」の往信面の裏に、!)送別会参加希望、!)ご住所、
     !)お名前、!)電話番号を、返信面に返信先をご記入の上、下記の日本李登輝
     友の会内「許世楷大使ご夫妻送別会連絡事務局」までお申し込み下さい。
     【締切:5月23日必着】

     返信葉書が「参加証」になりますので、当日、受付にお渡しの上、参加費を
     お支払い下さい。

■許世楷代表ご夫妻送別会連絡事務局
 〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号 日本李登輝友の会内
 TEL 03-5211-8838 FAX 03-5211-8810 E-mail: ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 高雄県大樹郷産の最高級ドラゴンライチのご紹介【申込締切:6月6日】
   配送は5月下旬から HPからもお申し込み可![代金前払い制]

 台湾をもっと知ってもらいたいと思い、本会は3年前から「産地厳選・高品質」をモ
ットーに台湾の特産品をご案内しています。夏はマンゴー、冬はポンカン、今年1月末
には初めてカラスミをご案内しました。

 今回ご案内するのは「ドラゴンライチ」(玉荷包)で、やはり初のご案内です。レイ
シとも言われるライチは季節もので、6月上旬、台湾はライチの季節となります。

 ご案内の「ドラゴンライチ」は、本場台湾で最も有名な高雄県大樹郷の産。普通のラ
イチより粒が大きくて種は小さく、香りがよく味に深みがあります。白く透き通った実
はプリプリとしていて、果汁たっぷり。つるっとした食感がたまりません。しかも糖度
は15度以上です。

 輸入・協力の池栄青果・台湾物産館は台湾から空輸しておりますので、現地に近いフ
レッシュなドラゴンライチをお届けできます。

 平成20年(2008年)4月吉日

                               日本李登輝友の会

 *これまでマンゴーとポンカンをお申し込みの方には、ご案内をお送りしましたので、
  裏面の申し込み書に必要事項を記入いただき、FAXでお申し込みください。

 *本会ホームページでも案内し、ホームページからお申し込みもできますし、お申し
  込み書もダウンロードできます。
  ただし、ホームページからのお申し込みは、お申し込みいただく方とお送り先が異
  なる場合はご利用いただけません。お手数ですが、メールかFAXでお申し込みく
  ださい。

 ■本会ホームページのお申し込みフォーム
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0015.reg
--------------------------------------------------------------------------
■商品の種類と価格

高雄県大樹郷産ドラゴンライチ(玉荷包)
約3kg=5,800円(税・送料込み)

■お申し込み方法【代金前払い制】

1)申し込み書に必要事項を記入いただき、FAXでお申し込みください。
 *配送の都合上、お届け先の住所は建物名称もお書きください。

2)お申し込みと同時に、下記の郵便貯金口座もしくは銀行口座までご入金ください。
  代金前払い制、振込手数料はご負担願います。

3)配送は5月下旬から開始します。6月以降は、ご入金確認後10日〜2週間以内に宅配
  便にてお届けします(お届け日の指定がある場合は、その旨お書きください)。
 *生ものですので、お届け先様が2日間ご不在の場合、送り主様へ転送いたします。

■申込締切り 平成20年6月6日(金)

■お申込み先 日本李登輝友の会 FAX: 03-5211-8810

■お支払い先
 1)銀行口座 みずほ銀行  市ヶ谷支店 普通口座 8051020
   口座名 日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
       (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)
 2)郵便貯金口座 記号−番号  10180−95214171
   口座名 日本李登輝友の会

■輸入・協力 池栄青果株式会社 台湾物産館
 〒170-0013 東京都豊島区東池袋3丁目15番7号 TEL:03-3988-3321

■お問い合せ
 日本李登輝友の会
 〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
 TEL:03-5211-8838 FAX:03-5211-8810
 E-mail: ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp HP:http://www.ritouki.jp/
 (月〜金、10:00〜17:00 土・日・祝日は休み)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 馬次期総統も参列へ 八田技師墓前祭 訪台の友好の会、水利会から歓迎受け
   石田寛人金沢学院大学長が、李登輝前総統に年内の同大での講演を依頼

【5月7日 北國新聞】

【台南7日=正札武晴】「八田技師夫妻を慕い台湾と友好の会」(金沢市)の一行は六
日、台湾に到着し、金沢出身の八田與一技師が築いた烏山頭ダムを管理する嘉南農田水
利会から、台南市内で歓迎を受けた。水利会の徐金錫会長は、馬英九次期総統が八日に
同ダムで営まれる八田技師夫妻の墓前祭に参列する見通しを報告し、「新総統は日本と
台湾の良好な関係のため訪れる」と強調した。 

 馬氏の総統就任は今月二十日で、八年ぶりに対中融和路線の国民党が政権に返り咲く。
馬氏はかつて尖閣諸島の領土問題などで反日の立場を取っていたが、総統候補となって
からは訪日時の講演で八田技師の功績をたたえるなど姿勢を変化させていた。

 馬氏の墓前祭参列は親日にも気を配る姿勢をアピールする狙いがあるとみられる。参
列は水利会が招待した。 

 水利会が主催した六日夜の歓迎夕食会では、石田寛人金沢学院大学長が、李登輝前総
統に年内の同大での講演を依頼するとし、水利会に側面支援を求めた。八田技師の孫、
修一さん=名古屋市=は「墓前祭を通じた日台交流は変えてはならず、毎年できる限り
参加する」とあいさつした。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 対中経済関係さらに強化 馬英九・台湾次期総統と会見

【5月6日 フジサンケイ ビジネスアイ】

【台北=長谷川周人】台湾の馬英九・次期総統(57)は5日、台北市内の中国国民党本
部内で産経新聞の単独会見に応じ、「地域の平和と繁栄に寄与する事柄はすべて歓迎す
る」と述べ、中国の胡錦濤・国家主席の訪日を歓迎する意向を示した。台湾としても今
月20日の新政権発足後、中国経済との連携強化で地域の発展に貢献する考えを強調した。

 しかし、「国際社会における中国の責任は増大している」とも指摘。チベット問題な
ど中国の民主化の遅れは、今後の中台両岸対話でも障壁になり得るとの懸念もにじませ
た。

 馬氏はまず、中国経済の発展は東アジア経済にとり「デメリットよりメリットの方が
大きい」と指摘し、次期総統として対中融和による台湾経済の活性化に自信を示した。

 その上で馬氏は、過度な対中経済への傾斜を招けば「中国にのみ込まれてしまう」と
の懸念に対し、「経済の連携は地域の平和と安定につながる」とした。「台湾は香港で
はない」とも強調し、台湾の主体性を失うとの一部世論が抱える不安の払拭(ふつしよ
く)に努め、「『3つのノー』(統一せず、独立せず、武力行使を許さず)」という従
来の主張を確認した。

 馬氏は、台湾海峡の安全確保こそ世界の利益にかなうとの基本認識に立ち、新政権と
しては今後、両岸対話の緊密化による緊張緩和を目指し、来年の世界保健機関(WHO)
への加盟実現を目標に環境整備を進める方針を表明。その最大のネックとなる中台の主
権が絡む政治課題は当面、あいまいさを残したまま先送りとする考えを示した。

 対日関係では、対中投資で日台の企業による共同投資を呼びかけ、日台の人的・物的
な関係強化をめざして、ローカル線専用の台北・松山空港と、東京の羽田空港間で新た
な航路を開設する構想を提唱。将来的には松山と虹橋(上海)、金浦(ソウル)の4つ
の都市空港を結び、経済活性に結びつけたいとした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見箱への投稿をどうぞ
 岐路に立つ日台関係。ご意見・ご感想をお寄せ下さい。
 ■ご意見箱 info@ritouki.jp

●本誌の転載転送を歓迎
 本会活動をより多くの方々にご理解いただきたく、転載転送をお願いします。その際、
 本誌からの転載転送である旨を記していただければ幸いです。

●日本李登輝友の会へのご入会─入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 このところ、本誌「メールマガジン日台共栄」が届かなくなったという方が続出して
 います。通常は週に3回以上発行しております。購読を解除したわけでもないのに届
 かなくなったという場合は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!
--------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/05/08

    日本のおい米、イチゴは海外でものすごく人気があるそうですね。特にイチゴは「柔らかさ」が好評なようです。日本の農家も海外向けに果物を作る農家が増えているようです。台湾産の果物も好評なようですね。うれしい限りです。