国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第758号】 5月5日(祝)、【日台共闘】侵略者・胡錦濤の日本入国を許すな!デモ行進

2008/05/02



>>>>> http://www.ritouki.jp/━━━━━━━━【平成20年(2008年) 5月2日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
         新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.758]
1>> 5月5日(祝)、【日台共闘】侵略者・胡錦濤の日本入国を許すな!デモ行進
2>> 5月6日(休)、胡錦濤訪日に抗議する! 5/6 緊急国民大行進
3>> 胡錦濤に政治利用される母校早大に会場提供辞退の要請を!
4>>【読者の声】胡錦濤来日、中止しなかったのは遺憾 [国分寺]
5>>【読者の声】長野聖火リレー後始末記 [千葉 健康法師]

■ドラゴンライチのお申し込み【ホームページ】
 http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0015.reg

 ただし、ホームページからのお申し込みは、お申し込みいただく方とお送り先が異な
 る場合はご利用いただけません。お手数ですが、申込書をダウンロードしてFAXか
 メールでお願いします。              (日本李登輝友の会事務局)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 5月5日(祝)、【日台共闘】侵略者・胡錦濤の日本入国を許すな!デモ行進
   今日のチベットは明日の台湾、そして日本だ!

 半世紀に及ぶ「チベットの悲劇」を生んだのが中華膨張侵略主義。そしてそれを隠蔽
するために行われるのが「平和の祭典」と銘打った北京五輪だ。しかしそれが「平和の
祭典」ではなく「中華ナショナリズムの祭典」であることは、先ごろの長野聖火リレー
現場における在日中国人集団を操縦しての対日威嚇行動によって完全なまでに露呈した。

 かつてのナチスドイツによるベルリン五輪と同様、国威発揚の場としての北京五輪を
成功させた中華膨張主義の次なる目標は台湾、そして日本である。二十年連続の二桁成
長を続ける軍事費は、台湾を併呑して日本を制し、東アジアと西太平洋に覇権を確立す
るための軍備拡張に注ぎ込まれている現実を見よ。そしてこの侵略主義国家の元首であ
る胡錦濤主席が五月六日、日本を訪問しようとしている。それを歓迎するのが属国心理
の日本政府。すでに日本は中国の影響下に陥りつつあるのだ。

 長野事件で多くの日本人が中国への怒りを高ぶらせている。そこで我々はそれを代表
する形で、下記の要領で都内渋谷の繁華街においてデモ行進を行い、チベット人を殺戮
し、世界を欺く胡錦濤の入国絶対拒否の声を上げ、日台国家防衛の決意を中国、そして
世界に向けて表明する。

 当日は奮って参加を! 勇気ある日本人と台湾人は立ち上がれ!

                   記

■日 時 5月5日(祝) 14時10分 出陣式 14時45分 デモ行進出発

■集 合 宮下公園(東京都渋谷区神宮前6丁目)
     (交通)JR渋谷駅から新宿方向に北へ歩いて3分。明治通り山手線に挟ま
         れた細長い公園。

■コース 宮下公園→神宮前六丁目左→東電電力館前右→渋谷消防署角左→神南一丁目
     右→渋谷駅前左→宮須坂益坂左→宮下公園(所要時間:約40分)

     ※プラカード、横断幕、拡声器等の持参歓迎!

■主 催 「生命線・台湾防衛」デモ実行委員会(以下は加盟順。4/30現在)
     台湾研究フォーラム、維新政党新風東京都本部、維新政党新風埼玉県本部、
     メールマガジン「台湾の声」、在日台湾同郷会、台湾出身戦歿者慰霊の会、
     日台交流会

■問合せ 090−4138−6397(永山英樹)
     taiwannokoe@googlegroups.com(台湾の声編集部)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 5月6日(休)、胡錦濤訪日に抗議する!緊急国民大行進

日本を愛する皆様へ

 先の毒餃子事件に対しても、人権問題改善の余地がないまま開催される北京五輪に対
しても、日本政府が“友人として”さえ毅然とした態度を取れずにいる中、3月のチベ
ット蜂起以来最初の外国訪問として、胡錦濤 中国国家主席が来日する。

 その動向と日本の対応を世界が注視する中、日本人としての意思を示すべく、草莽た
ちが結集します。どうぞご参集ください!

★ 中国政府によるオリンピックの政治利用に抗議する!
★ チベット人の虐殺・人権弾圧を許すな!
★ 中国政府は、毒餃子事件をうやむやにするな!

※ チベット国旗のTシャツをお持ちの方は、ぜひご着用ください!

■日  時:平成20年5月6日(火・振替休日)

■集合場所:水谷橋公園
      東京都中央区銀座1-12-6
      地下鉄銀座線「京橋」駅 2番出口
      地下鉄有楽町線「銀座1丁目」駅 7番出口

■集合時間:午前10時30分

■行進出発:午前11時00分

■コ ー ス:水谷橋公園 → さくら通り → 外堀通り → 数寄屋橋 → 日航ホテル → 
      日比谷公園

■主  催:草莽全国地方議員の会、チベットの自由と独立を支持する会、誇りある日
      本をつくる会

■連 絡 先:TEL 03-5766-2011 / FAX 03-3311-7810
      E-mail:info@matsuura-yoshiko.com
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 胡錦濤に政治利用される母校早大に会場提供辞退の要請を!
   在野反骨の批判精神、「学の独立」の建学の理想はどこへ行ったのか

早大出身同志校友各位(一人でも多くの稲門有志に伝えてください)

 憂うべき事態になっています。

 5月8日午後、チベット民族に対する民族自決封殺・人権蹂躙の最高責任者・胡錦濤が
北京五輪強行のための地ならし強化の為、我らが母校を利用しようとしています(下記
記事参照)。

 政府筋(外務省)から申し出を受けた大学当局は「国賓待遇なので申し出を受けた」
などと言っています。在野反骨の批判精神、「学の独立」の建学の理想はどこへ行った
のでしょうか。

 このままでは早稲田大学は世界人道への敵対者=中国政府に阿り利用された「客寄せ
パンダ」として失笑を買い、日本の未来や国際社会に大きな負い目を負うことになりま
す。

 我々卒業生が善光寺のような決然とした要請辞退を大学当局に強く求めましょう。

■抗議要請先:早稲田大学総長室校友課
 電話:03-3202-8040 ※電話の方が効果的です。
 ファックス:03-3202-8129
 郵送:169-8050 新宿区西早稲田1-6-1 

 ※ファックス・郵送の宛名(早稲田大学総長:白井克彦殿)
  氏名と同時に必ず在学時の学部学科卒業年次を書きましょう。

文例:

「チベット虐殺の最高責任者・胡錦濤国家主席による母校の政治利用=日中青少年友好
交流年式典会場を辞退せよ・善光寺を見習え」

「母校早稲田を世界人権の敵に加担させるな。日中青少年友好交流年式典への会場を至
急返上せよ」

「チベットでの人権侵害容認をめざす中国の微笑外交に『学の独立』の精神でNO!を
貫いてください。胡錦濤氏に政治利用される母校の会場提供を至急中止してください」
 
 ご多忙のところ恐縮ですが、できれば電話(是非総長・理事会に至急連絡しろと念押
しする)・ファックス・郵送の三発攻撃をお願いします。官僚的な大学職員は少々言っ
た位ではマニュアル的にかわして何も対応しませんから。
 
(以下ニュース引用)

 2008年4月16日、上海紙「解放日報」(電子版)が伝えたところによると、5月の胡錦
濤・国家主席の来日を控え、日中両国政府は同主席と福田康夫首相が一緒に卓球するな
ど、“ピンポン外交”を展開する方向で調整中であることがわかった。
 胡主席訪日の地ならしのため、自民党の伊吹文明、公明党の北側一雄両幹事長がこの
ほど訪中。同主席と会談し、「日本は北京五輪の成功を願っている」と書かれた福田康
夫首相の親書を手渡した。
 外交筋によると、胡主席は5月6日訪日の予定で、同8日、早稲田大学で開かれる日中
青少年友好交流年の式典に福田首相と出席。その後、両首脳が卓球で汗を流すことが予
定されているという。この“試合”には日中両国で知名度の高い福原愛選手が招かれて
いるほか、訪日団の一員である中国卓球界の女王、王楠(ワン・ナン)選手も参加する。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>>【読者の声】胡錦濤来日、中止しなかったのは遺憾 [国分寺]

 5月上旬に、中国国家主席の胡錦濤が来日する予定になっている。チベットの顕在的
な事態(勿論、チベット弾圧は、顕在的な事態が起こらなくても「現在進行形のテロ」
であることには変わりがないが)が起こった直後に、胡錦濤を迎え入れることは、日本
がチベット弾圧に対して何らの抗議の意思を有していないものであると、国際社会から
誤認されかねず、極めて遺憾である。チベット人からも、日本人の裏切りと看做されか
ねない。

 チベットの事態が発生した時点で、政府は胡錦濤来日を中止または延期すべきであっ
た。また、国会議員の中から、胡錦濤来日中止を政府に進言する人が、どうもいなかっ
たようであるのも、困ったものである。

 後一週間であるので、今更言っても仕方がないかも知れないが、日本の信用を傷つけ
かねず、大半残念である。(4月28日)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
5>>【読者の声】長野聖火リレー後始末記 [千葉 健康法師]

 長野の北京五輪聖火リレーも嵐のごとく来て、あっという間に過ぎ去りました。かの
国は世界中に何をアピールしたのか、言わずもがなであります。怒りを通り越して哀れ
みさえも感ずる昨今であります。

 さて皆さん、北京五輪本番に対して行動する前に、ここで一息入れて考えてみようで
はありませんか。

 今まで善光寺に、長野市にいろいろな形で抗議活動等を行ってきた方は大勢いらいら
っしゃると思います。それに対して、善光寺は聖火の出発式地点を辞退されました。そ
れも、その理由を中国のチベットに対する弾圧を理由の一つにしてであります。これは、
全世界に対して日本の仏教者としての良識を示したこととして賞賛に値することと思い
ませんか。

 ハガキと電話で抗議をした者として、これほど嬉しいことはありませんでした。 日
本の政治家、マスコミ、宗教家、教育者のほとんどが中国に対して何も言えないなかで
の胸の透く出来事であったと思います。

 私が提案をしたいのは、善光寺に対して感謝と賞賛の念を表明することも大事なこと
ではないかということであります。いろいろな表現で抗議を送った文章も垣間見られま
した。反省と感謝の念を持ち、一区切りをつけて、次の段階に進もうではありませんか。

 私は、善光寺に対して抗議のハガキと電話をした者として、その願いを受け入れてい
ただいたことに対して、感謝のハガキを出しました。佛教人として正しい判断をし、聖
火リレー当日、チベットの犠牲者に対して追悼法要までしたことは大半の日本人が、い
や全世界が支持しているに違いありません。

 小生、今年還暦であります。善光寺では9月に還暦参り・祈願があるそうな。昭和23
年生の団塊の世代の同志諸氏、路銀をためて、秋には今回のお礼参りを兼ねて善光寺還
暦祈願と洒落込みませんか。(4月29日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見箱への投稿をどうぞ
 岐路に立つ日台関係。ご意見・ご感想をお寄せ下さい。

 ■ご意見箱 info@ritouki.jp

●本誌の転載転送を歓迎
 本会活動をより多くの方々にご理解いただきたく、転載転送をお願いします。その際、
 本誌からの転載転送である旨を記していただければ幸いです。

●日本李登輝友の会へのご入会─入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 このところ、本誌「メールマガジン日台共栄」が届かなくなったという方が続出して
 います。通常は週に3回以上発行しております。購読を解除したわけでもないのに届
 かなくなったという場合は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!
--------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 国分寺在住者2008/05/04

    (政治家諸氏は、今迄の失点を取り戻して欲しい)

     先日の産経新聞に、中曽根氏が胡錦濤と会談した時のことが載っていた。胡錦濤は、中曽根氏に対して、「台湾問題、チベット問題、オリンピックに関する、日本の対応を感謝する」と語っている。中国側に感謝されるということは、日本の対応が、全く、いい加減、或いは、殆ど何もしていないことを意味する。閣僚のなかには、チベットで起こっている事態を、人権問題であることを明瞭に認めない人もいる。(まして、民族自決の観点から言及されることは、全くない) 福田総理は、「中国との間で、率直に話し合える関係を築きたい」そうであるが、重要な問題に全く、頬かむりしておいて、一体、何を話し合うというのであろうか。

     勿論、これは福田内閣だけの問題ではない。与野党を問わず、中国に対して、情緒的に「友好」を唱える人が、今迄余りに多かった。近年は、外交や国防に関して、日本の立場を主張する議員も増えてきたが、チベット弾圧に関しては、今のところ、全く不十分な対応に終始していると言わざるを得ない。ガソリン税のような細かな課題で、野党が、悉く、恣意的に与党の逆を主張して、内閣の足を引張っていることも、内閣が中国に対して毅然とした態度を取れないことの一因である。

     国会議員諸氏には、今後は、今迄の失点を補うべく、国会での質疑を通じて、チベット弾圧に関する議論を行い、そして、内閣を叱咤激励するよう努めてもらいたい。また、胡錦濤が来日してしまうのであれば、会談の機会を設けて、チベット弾圧に関して、強い抗議の意思を示し、そして日本はじめ全世界で怒りの声が沸き起こっていることを、どう認識しているのかを、問い質して欲しい。

      当然、一般人も、更に、中国に対する抗議とチベット人に対する連帯の意思を示していかなければならない。(勿論、危険な行動は禁物であるが)

     国際社会から、失笑と失望を買わないようにしなければならない。



  • 名無しさん2008/05/02

    中国に工場を進出しているためか、正面から批判をする国は皆無といっていいほど無いのが残念である。