国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第754号】 5月17日(土)、青森李登輝友の会と青森日台交流会が合同総会

2008/04/28



>>>>> http://www.ritouki.jp/━━━━━━━━【平成20年(2008年) 4月28日】

☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.754]
1>> 5月17日(土)、青森李登輝友の会と青森日台交流会が合同総会
2>> 5月18日(日)、新潟李登輝友の会が林建良氏を招いて第6回総会
3>> 許世楷代表が金沢講演で烏山頭ダムの世界遺産登録の代理登録を提案
4>> 毒ギョーザに抗議するエプロンデモ御礼 [実行委員会代表 岡本 明子]

■編集部よりお詫びと訂正
 昨日の岐阜県支部の設立総会報告で、総会には地元選出の野田聖子・衆議院議員が駆
 けつけ、講演会の前に挨拶されたことを書き漏らしてしまいました。お詫びして訂正
 いたします。野田議員は台湾が大好きだそうで、台湾との関係は祖父の野田卯一・元
 建設大臣からであることを紹介しつつ、日台関係の重要性を訴えました。(編集部)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 5月17日(土)、青森李登輝友の会と青森日台交流会が合同総会

「青森日台交流会」「青森李登輝友の会」合同総会開催のお知らせ
(当日入会も大歓迎)
 
 春分の候、会員の皆様にはご清祥のことと、お喜び申しあげます。

 私ども青森日台交流会、日本李登輝友の会青森県支部(略称:青森李登輝友の会)は
日本と台湾が共に歩んでいく「日台共栄」理念のもと、新しい日台関係を構築するため、
青森県と台湾の交流を図ることを目的に、それぞれ平成18年4月23日、6月11日に設立い
たしました。いわば理念が同じの兄弟会です。

 それ以来、皆様のご協力の下、様々な活動をやって参りました。発足間もない会のた
め少人数とはなりますが、青森李登輝友の会と一緒に総会を開催することとなりました
(共通の会員も多数いるため、どうかご了承ください)。

 これまでの活動や会計について、会員の皆様に報告し、また今年度の事業などについ
ても皆様と一緒に検討して行きたいと思っています。

 つきましては万障お繰り合わせの上、ご出席ください。

【青森日台交流会・会員会費納入のお願い】
 当日は今年度の会費を受け付けますので、まだ納入がお済みでない方は、宜しくお願
い申しあげます。郵便振替をご利用の方はこちらまでお願い致します。

・郵便振替 18400−2241−2591
・加入者名:青森日台交流会
・正会員:2000円 賛助会員:5000円

 注1:青森李登輝友の会会員の会員更新につきましては日本李登輝友の会の本部から
    案内が届きます。
 
                     記
 
■日 時 5月17日(土)午後3時〜6時

■会 場 青森県国際交流協会ラウンジ(水産ビル5F)

■会 費 3000円

■スケジュール
 14時30分〜 受付開始
 15時〜15時40分 総会(総会のみは無料)
 16時〜18時    懇親会(懇親会会費 3000円)

■準備の都合上、申し込みはFAXかメールにて、5月14日(水)まで、お願いいたします。

■申し込み・連絡先 出町
 FAX:0172-62-6936  メール:a-nittai@hotmail.co.jp
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 5月18日(日)、新潟李登輝友の会が林建良氏を招いて第6回総会
   演題は「李登輝さんの最後の戦い」

 来る5月18日、日本李登輝友の会の支部第1号として設立した新潟県支部が第6回総会
を開催します。記念講演の講師には林建良氏(本会常務理事・「台湾の声」編集長)を
お招きして、「李登輝さんの最後の戦い」と題してお話しいただく。

 総統選挙後の台湾状勢について、李登輝前総統がどのように考えているか、日台関係
をどのように考えているかなどについて話していただく予定だ。林建良氏の『日本よ、
こんな中国とつきあえるか?』も販売、サイン会も行う予定です。

 講演会は無料、一般の方の参加も大歓迎。ふるってご参加下さい。

■日 時 5月18日(日)午後2時〜

■会 場 ホテルイタリア軒・朝日の間
     新潟市中央区西堀通7番町1574
     http://www.italiaken.com/access/index.html

■次 第 14:00〜15:00 第6回定期総会(会員のみ)
     15:00〜16:15 記念講演(参加費無料、一般も可)
             林建良氏「李登輝さんの最後の戦い」
     16:20〜18:00 懇親会(参加費:5,000円)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 許世楷代表が金沢講演で烏山頭ダムの世界遺産登録の代理登録を提案

 4月25日、台湾駐日代表処の許世楷代表が金沢市内で行われた講演で、金沢出身の八
田與一が造った烏山頭ダムは世界遺産に登録されるべきもので、ユネスコのメンバーと
なっていない台湾に代って日本が登録して欲しいと提案した。

 折しも、台湾との交流促進を目的とした石川県訪問団(団長・谷本正憲知事)と富山、
福井を含む観光ミッション団計約40人が20日から台湾を訪問しており、23日に烏山頭ダ
ムを視察した谷本知事は「石川の誇りだと感じた」と感銘を受けた様子だったことを読
売新聞が伝えている。

 石川県の「八田技師夫妻を慕い台湾と友好の会」(中川外司・世話人代表)は、毎年、
八田與一の命日の5月8日、烏山頭ダム湖畔の八田與一墓碑前で墓前祭を執り行っている。
今年もまた行う。

 台湾と日本を結ぶ絆の象徴が八田與一である。ぜひ日本は台湾に代って烏山頭ダムの
世界遺産登録に協力して欲しいものだ。烏山頭ダムを視察して感銘した谷本知事からも、
石川県議会としても、ぜひ政府に働きかけて欲しい。          (編集部)
--------------------------------------------------------------------------
許・駐日代表:烏山頭ダムの世界遺産登録に協力を
【4月26日 Radio Taiwan International】

 中華民国台湾の許世楷・日本駐在代表は25日、石川県金沢市で講演。この中で、許世
楷・代表は、台湾と石川県との関係は特別で、それは日本統治時代に石川県出身の故・
八田与一さんが烏山頭ダムを作って灌漑を成功させ、天気まかせの畑だった嘉南平野を
良質の農地に改造し、多くの人に幸せをもたらしたからだと説明した。故・八田与一さ
んの偉業は台湾で今も語り継がれている。

 許世楷・代表は、烏山頭ダムはユネスコの世界遺産に登録申請されるべきものだが、
台湾は国連に認められず、ユネスコのメンバーでもないため申請さえできないとし、日
本の人たち、特に石川県の人たちが烏山頭ダムを石川県人の誇りと考えるならば、台湾
に代わって登録申請してほしいと訴えた。

 許世楷・代表によると、東京上野にある国立西洋美術館はフランスによって世界遺産
に登録申請する動きがあり、登録申請の代行は前例があると言う。
--------------------------------------------------------------------------
烏山頭ダムを視察 知事、八田氏業績に感銘
【4月24日 読売新聞:石川県版】

 【台南県官田郷(台湾南部)=蒔田一彦】県訪問団(団長・谷本知事)は23日、金沢
出身の技師・八田与一氏(1886〜1942)が日本統治時代に手がけた台湾南部の烏山頭ダ
ムを訪れ、4日間の台湾訪問を締めくくった。

 地元水利組合や県によると、烏山頭ダムは1920年の完成当時、アジア一の規模で、1
万6000キロに及ぶ水路を巡らせた南西部の嘉南平野は、台湾最大の穀倉地帯になった。
八田氏の死後、ダムの近くに墓碑と銅像が建てられ、今も毎年、地元の住民らが墓前祭
を行っている。

 一行は、八田氏の写真や遺品が展示されている「八田技師記念室」を見学し、墓前に
花を手向けた。ダムは完成から80年以上たっても農業、工業、飲料用で大きな役割を果
たし、ダム湖を視察した谷本知事は「ダムに立って改めて偉業であり、石川の誇りだと
感じた」と感銘を受けた様子だった。

 一行は同日午後、次の訪問地の香港に向けて出発。24日夜に帰国する。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 毒ギョーザに抗議するエプロンデモ御礼 [実行委員会代表 岡本 明子]

皆様

 今回、女性だけで準備しましたエプロンデモでしたが、無事、終えることが出来まし
た。ご参加下さった方々、様々なご協力を頂戴した方々に深く感謝申し上げます。

 最初は集まりが悪く、早々と来ていた新聞記者、マスコミ関係者達のほうが多いので
はないか? と心配しておりましたけれども、デモが始まる頃には長い列になり、最終
的には約150名の方が参加して下さいました。(お子さんたちもいました)

 参加者の方々によれば、沿道からは応援の声や、賛同・共感する声が少なからず聞こ
えてきて、或る方が「一緒にどうですか?」と誘ったところ、デモに急遽参加された方
もいらしたようです。

 そんな中で、デモに参加できてよかった、シュプレヒコールに涙が流れたと仰って下
さった女性もいらしたと聞きました。

 当初は、毒ギョーザや衣類、環境の問題に的を絞って行なうつもりだったエプロンデ
モでしたけれども、チベットや五輪問題にも広げてほしいという要望が寄せられまして、
チベット旗も掲げてのデモとなりました。

 シュプレヒコールの中でも、中国に五輪を開催する資格はない、チベットへの弾圧を
やめろ、ということも訴えました。

 一番賑やかな数寄屋橋のところで、救う会の署名活動をしておられた増本さんや支援
者の方々にエールを送り、拉致された人たちを絶対取り戻そう!というシュプレヒコー
ルも行ないました。

 一般の国民の中に、私たちと同じく、生活に身近な食や衣類、そうしたことへの不安、
不平というものがあり、その上で、それらの問題は、チベット問題などにも無関係では
ないということを、多くの国民の皆さんに伝えられたことの意義は大きかったと思いま
す。

 また、女性が主体となって立ち上がったデモということで、マスコミにも大いにアピ
ールしたようです。

 最初だけ取材するのかなと思っておりましたが、最初から最後まで記者たち、それか
らフジテレビのカメラも付いてきました。

下記に、各紙掲載の記事と、ブログをご紹介します。

 これで終わりという問題ではありませんから、今後も、エプロンデモ企画メンバーも
それぞれの場で、頑張りたいと思っております。皆様、本当に有難うございました。

*以下、ひとりごと……

 デモ参加者に、頭にすっぽり入るギョーザ(ナポレオン帽みたいな)を作ってきてた
人がいました。コキントー国会演説のときに、国会周辺を、ギョーザをかぶって、エプ
ロンして歩いたらいいかも♪

 ギョーザの前側には「祝国賓 毒餃子危険」 後頭部には「パリッと焼けて、コロッ
と死ねる」とでも書いて……

 これなら、警察も取り締まれず、顔も見えず、男性でもオッケー。 乞協力者!

                                  岡本明子拝
--------------------------------------------------------------------------
【朝日新聞】 4月26日(土)朝刊14版35頁

ギョーザ事件への対応求め 食の安全、主婦ら訴え
エプロン姿で都心デモ きょう

 台所から食の安全確保を訴えたいと首都圏の主婦たちが26日に都心をエプロン姿で
デモ行進する。中国製冷凍ギョーザ事件で食への不安が高まったのに原因は未解明のま
ま。食卓をあずかる消費者として日中両政府に責任ある対応を求めたいという。
 呼びかけ人のひとりが小池よし子さん。1月末の中毒事件の発覚後、横浜市内で開く
洋裁教室でも食をめぐる問題が話題にのぼった。
 教室では春になると、裏の土手にはえているフキをとってきゃらぶき(フキの茎のつ
くだ煮)を作る。小池さんは「地場のもの、旬のものを大切にするのが食生活の基本」
と考えている。
 友人の楠木恵子さんは「事件で中国製には手を出さなくなりました」と話す。輸入の
食品に頼らざるを得ない日本の食糧自給率の低さが、事件の背景にあるのではないかと
も考えた。
 事件の原因はいまだ明らかにならず、解決の展望もみえない。小池さんらは「こんな
大事な問題がうやむやのままでいいわけがない」と意見が一致。思いついたのが、家庭
の台所をあずかる立場の象徴であるエプロンをかけて町中を歩くことだった。
 誰もデモ行進の経験などないが、それぞれが友人やネットを通じて賛同者を募り、数
十人に輪が広がった。26日は台所道具であるお玉や鍋など手に歩き、台所から事件へ
の「抗議」の意思を表すつもりだ。(中野晃)
--------------------------------------------------------------------------
毎日新聞 4月27日(日)朝刊14版26頁
◆中国政府に抗議デモ

 冷凍ギョーザ中毒事件やチベット人権問題などに抗議するデモが26日、東京や大阪、
福岡で行われた。中国政府に批判的な市民団体などが企画した東京・銀座にはインター
ネットでの呼びかけに応じた市民約150人が参加した。
 当初デモの主な目的はギョーザ事件への抗議で、エプロン姿でお玉を打ち鳴らす主婦
たちが先頭に立ちプラカードを片手に毒ギョーザ事件の責任をとれ」と叫んだが、チベ
ット旗を掲げ「フリーチベット(チベットに自由を)」を訴える若者たちも加わった。
--------------------------------------------------------------------------
東京新聞 4月27日(日)朝刊12版24頁
ギョーザ事件に主婦ら抗議デモ 銀座

 中国製ギョーザ中毒事件の真相究明を求めて、エプロン姿の主婦らが中国・日本両政
府に抗議するデモが二十六日、東京・銀座であり、約百三十人が「事件をうやむやにす
るな」などとシュプレヒコールを上げた。
 デモは食の安全に関心の高い神奈川県の主婦仲間がインターネット上などで参加を呼
びかけて実現。三十−五十代が中心の主婦らは、両手にお玉や鍋を持って打ち鳴らしな
がら「国民の生活を守れ」などと絶叫。デモを企画した一人で同県相模原市の岡本明子
さんは「食卓を預かる主婦が団結して声を上げたかった」と話していた。
--------------------------------------------------------------------------
読売新聞 4月27日(日)朝刊

※エプロンデモについての記事はなし。福岡の抗議活動には言及。

騒動避け店開けず・「ネット市民」次々  聖火一過
(中略)
 各地で抗議活動
 聖火リレーが行われた26日、福岡市などでチベット支援者らによる抗議活動があっ
た。
 福岡市では、福岡県大野城市の市民団体メンバーら約20人が「チベットに自由を!」
と書かれた横断幕を掲げた。在福岡中国総領事館前では約40人が抗議文を読み上げ、
「チベットに独立を」と声を上げた。名古屋市では、中国政府から非合法化された気功
集団「法輪功」を支援するNPOのメンバー約200人がパレード。宮崎市では法輪講
のメンバーが集会を開いた。
--------------------------------------------------------------------------
【サンスポ】 4月27日(日)朝刊7版25頁
銀座では主婦が中心
エプロンデモ

◆…東京・銀座でも26日、中国製ギョーザ中毒事件やチベット問題を引き起こした中
国政府に対する「エプロンデモ」が行われ、参加者は「問題だらけの中国にオリンピッ
ク開催の資格はない!」と訴えた。
 おたまと鍋を持ったエプロン姿の主婦が中心となり、チベット旗を掲げた学生らも加
わり約150人が参加。「毒ギョーザをまき散らすな」「チベット人の人権を守れ」な
どと声を上げながら繁華街を練り歩いた。女子学生(25)は「長野に行けなくて参加
した。中国は耳を傾けるべきです」と語った。
※SANSPO.COMにも同じ記事がありました
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200804/sha2008042705.html
--------------------------------------------------------------------------
【ブログでレポートが載っているところ】

毒ギョーザに抗議するエプロンデモ参加リポート
http://dadao.kt.fc2.com/ron119.htm

家族がいちばん: (速報)エプロンデモ、大成功!
http://nonbe.way-nifty.com/blog/2008/04/post_9b34.html

Titovの憂鬱: 毒ギョウザに抗議するエプロンデモ@銀座
http://egor.seesaa.net/article/94818680.html

毒ギョーザに抗議するエプロンデモに参加して - 日本李登輝友の会千葉県支部ブログ
「千葉発日台共栄」 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/chibanittai/37480893.html

デモに参加して再認識 - りぃーんりん - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/mushi_suzu/6993634.html

中国旗ばかり?それは当然、要所は日本人締め出しですから:イザ!
http://ringx.iza.ne.jp/blog/entry/555500
--------------------------------------------------------------------------
NPO法人(申請中)家族の絆を守る会(FAVS)
事務局長 岡本明子
FAVSブログ http://familyvalueofjapan.blog100.fc2.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見箱への投稿をどうぞ
 岐路に立つ日台関係。ご意見・ご感想をお寄せ下さい。

 ■ご意見箱 info@ritouki.jp

●本誌の転載転送を歓迎
 本会活動をより多くの方々にご理解いただきたく、転載転送をお願いします。その際、
 本誌からの転載転送である旨を記していただければ幸いです。

●日本李登輝友の会へのご入会─入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 このところ、本誌「メールマガジン日台共栄」が届かなくなったという方が続出して
 います。通常は週に3回以上発行しております。購読を解除したわけでもないのに届
 かなくなったという場合は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!
--------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。