国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第724号】 4月9日(水)、林建良氏を講師に時局心話會「名古屋講演会」

2008/03/19



>>>>> http://www.ritouki.jp/━━━━━━━━【平成20年(2008年) 3月19日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.724]
1>> 4月9日(水)、林建良氏を講師に時局心話會「名古屋講演会」
2>> 台北へのセンチメンタル・ジャー二一-速水和彦氏のことなど(2)[立石昭三]
3>> 陳水扁総統が「カイロ宣言」は署名がないニセモノと喝破

■日本李登輝友の会事務局からのお知らせ
 3月20日から23日まで「総統選挙見学ツアー」のため、事務局メンバーも訪台しま
 すので、21日(金)は事務所をお休みとさせていただきます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 4月9日(水)、林建良氏を講師に時局心話會「名古屋講演会」
   演題は「台湾の行方」

 1月12日の立法院選挙では与党が惨敗、中国寄りの国民党圧勝のまま、3月22日は総統
選挙を迎えようとしている。この勢いで国民党の馬英九候補が圧勝すれば、台湾の中国
化が促進され民主化は20年以上立ち遅れる、との悲観論も出ている。しかし最近は民進
党の謝長廷候補が追い上げ、差は縮まっている。この選挙結果によって台湾はどのよう
に変わるか。そしてシーレーンなどで台湾と密接に関係する日本はどう影響されるか。

 林氏は李登輝前総統の知恵袋として密接な関係にあり、台湾建国のため日本で活躍さ
れている。台湾の行く末を知る上で、弊会でも最も人気の高い講師である。

 総統選直後のこの時期、日台両国の未来を知る上で欠かせないこの企画をお見逃しな
く。

日 時/平成20年4月9日(水) PM6:00

会 場/名古屋観光ホテル18F「伊吹の間」
    名古屋市中区錦1-19-30 TEL:052-231-7711

講 師/林 建良 「台湾の声」編集長

テーマ/「台湾の行方」

参加費/20、000円

時局心話會 高村圭子
〒110-0008 東京都台東区池之端2-2-8 ウェルシャン池之端3F
TEL 03-5832-7231 FAX 03-5832-7232
shinwa@fides.dti.ne.jp
http://www.fides.dti.ne.jp/~shinwa/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台北へのセンチメンタル・ジャー二一-速水和彦氏のことなど(2)[立石昭三]

 台湾では今でも尊敬されている日本人が少なくない。先般、本誌でも鳥居信平(とり
い のぶへい)について紹介した平野久美子さんの講演会を紹介したが、この鳥居信平、
八田與一、後藤新平、児玉源太郎、明石元二郎、羽鳥又男など、数え上げれば切がない。

 その中に、速水和彦(はやみ かずひこ)もいる。速水は台湾鉄道の近代化に偉大な
功績を残した鉄道技師で、今でも台北市松山にある「台北機廠」には速水の胸像が展示
されている。中国国民党による白色テロ時代は、速水を尊敬する台湾の人々がその胸像
を倉庫に隠して保管していたというエピソードも残っていて、八田與一の銅像秘話を思
い出させる。

 最近刊行された「榕樹文化」第22号に、京都で病院を経営され、速水和彦の姪を妻と
された医師の立石昭三氏が「台北へのセンチメンタル・ジャー二一(速水和彦氏のこと
など)」と題して、速水和彦との交流の一端をつづられている。

 日本へ帰国する船でご一緒した速水和彦が船中で亡くなっていたことを初めて知った。
縁者でなければ紹介できないエピソード豊かなエッセイだ。

 著者の立石昭三氏及び「榕樹文化」の内藤史朗編集長の許可をいただいたので、ここ
に3回に分けてご紹介したい。なお、読みやすさを考慮し、適宜、改行していることを
お断りする。                             (編集部)

*昨日の第1回掲載文中、「ニューギニアの産油地、パレンバンにパラシュート部隊が
 降下」は「スマトラの産油地」の誤りでしたので、訂正いたします。ご指摘いただい
 た荒木様、有難うございました。

■「榕樹文化」のお問合せ先
 〒603-8071 京都市北区上賀茂北大路町25-13 内藤方「榕樹会事務局」
 TEL&FAX:075-711-3982 E-mail:fwkv6294@mb.infoweb.ne.jp

■速水和彦氏・略歴
 明治22年、北海道に生まれる。父速水経憲は通信技手。母はゑい。明治28年、経憲は
 電信技手として、北白川能久親王に仕え、台湾へ渡る。妻子もその頃台湾へ渡る。小
 学校は、台北では総督府立小学校として、第一尋常高等小学校が唯一の小学校だった。
 中学は府立台北中学(台北一中の前身)が出来るが、和彦氏は滋賀県立膳所中学へ進
 学、更に第三高等学校へ進んだ。京都帝大工学部を卒業し、上海の商社へ就職したが、
 直ぐに父に台湾に呼ばれて、台湾総督府交通局鉄道部へ鉄道技師として就職した。終
 生技師であったが、終戦当時は二千人の部下がいた。生涯クリスチャンであった。
                                 (立石昭三氏)
--------------------------------------------------------------------------
台北へのセンチメンタル・ジャー二一(速水和彦氏のことなど)【2】

                                  立石 昭三

 戦後、台湾の人たちは国民政府軍が中国大陸から台湾に来ることを「光復」と称して
大いに歓迎したが、最初に乗り込んできた陳儀長官以下の軍隊を見ると、服装も様々、
ズックの靴をはいた兵士もあり、背に唐傘を背負い、鍋釜をぶら下げ、歩調も取れず、
これが戦勝国の軍隊かと情けなく思った。

 予想に反せず、蒋介石の政府は中国本土に於ける様に腐敗しきっていて、賄賂なしに
行政をすることはなく、軍隊も台湾の人々の私財を略奪したりして、台湾の人々の不満
も買い暴動となった。これが2・28事件である(文献5、9)。

 台湾人達は初めの内こそ、外省人(台湾人以外の中国本土から来た人々)を攻撃して
その不満を発散し、外省人は台湾人が襲撃しない日本人宅に逃げ込んで来たりしたが、
武器を持たない本省人には利あらず、次々に反乱分子は捕らえられ、あるものは街頭で
モーゼル拳銃で頭を撃ち抜かれて処刑され、あるものは斬首され、その首は南門、麗正
門などに獄門に処せられた。

 これにより外省人側も多少は反省もあったのであろうか、以後はあまり酷い略奪など
の行為は控えられたのであろう。

 1949年8月になって、最後の引揚船、日本丸が台湾に来るという知らせがあり、私ど
もの家庭でも一人四個まで許されるという柳行李に、ドンゴロスと称する麻の布を張っ
て、それに撥水性の塗料を塗ったりしたものを用意した。もとより何もかも持参して帰
国するわけには行かないので、当時、戦後の日本で手に入るまいと思われた生活必需品
を詰め込み、骨董、書籍、美術品などは家の前でガレージ・セールよろしく売った(文献
6)。この選択は全く逆で、いらない鍋、釜、着衣、靴などより私どもが手放した品々を
持ち帰ればよかったのである。

 その頃、速水和彦氏は脳出血で意識を無くし、植物状態に陥った。日本丸の入港で、
私どもも荷物をまとめ台北を汽車で出発した。速水家にはヴィーとベンという夫婦の番
犬がいて、貰い先まで決まっていたが出発の数日前に行方不明となり、出発の前に速水
家の床下で死んでいるのが発見された。犬にも心があり別れを惜しんでいるのか、と私
どもは言い合った。

 1949年8月8日、基隆(キールン)に入港した日本丸を見た時にはやはり感激した。何
に感激したかといえば、マストに翻る日章旗を見たことと、ピストルを腰に帯びた日本
人警官7人が乗船していたことである。

 戦後、4年間、国府軍の青天白日旗しか見た事がなかったし、日本軍も警察も武装解
除され、身に寸鉄も帯びない邦人しか見た事がなかったので一層、感激した。

 和彦氏は担架に乗せられたまま、台湾人学生により船内に運ばれた。これらの学生は
その後、出帆時には隠れて下船せず日本に密入国し、その中には日本人と結婚し、日本
国籍を取った人もあるという。

 帰国船内では船員から船に付き物の怪談を聞いたり、外洋に出てからは夜間、セント
・エルモの火を初めて見たり、これも面白い経験であった。

 船が沖縄に近づいた頃、昏睡状態の和彦氏は奥様とご母堂に看取られて亡くなられた。
和彦氏は1889年12月19日、北海道で出生、8歳で台湾へ行き、一生の殆どを台湾の鉄道
の発展に尽くされた。1949年8月12日、享年60歳であった。

 千葉宗雄船長の同意を得て(文献7)、台湾鉄道の礎となっていた速水和彦氏の遺体は
日本と台湾の中間点、沖縄沖で水葬にする事が決まった。

 船大工が木の香も真新しい柩を作り、帆布でくるみ、その底には水が入る様な穴を開
け、舟のキールにあるバランスの石を入れ、乗客、船員の賛美歌478番、「海ゆくとも 
山ゆくとも わが霊のやすき いずれにか得ん」の斉唱のうちに日の丸に包まれた柩は
船側から落ちた。「バーン」という海面に落ちた大きな音は今も私の耳に残っている。

 船はその回りを汽笛を鳴らしつつ一周し、沖縄で購入した色鮮やかなグラジオラスの
花束を投入し、その間に柩は水中に没した。

 私は船長室で船の軌跡を記す計器を見ながら故人の冥福を祈ったし、それを見ていた
学生の一人は後年、牧師となったが、この水葬を目の辺りにした事が動機付けになった
と私に語ってくれた。                        (つづく)

文献5;金関丈夫「すれ違い」。台湾青年27号、1963.2.25
文献6;金関丈夫「カーの思い出」。沖縄タイムス、1956.9.15
文献7;加藤昭三(清水高等水産学校昭和24年卒、練習船船長、航海訓練部長等を経
    た)「シージャックと速水氏の水葬」千葉宗雄監修「練習帆船・日本丸」原書
    房、1984.8.9
文献9;林彦卿「非情山地」先鋒電脳排席版印刷有限公司 1993年4月
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 陳水扁総統が「カイロ宣言」は署名がないニセモノと喝破

 台湾問題を誤解する根底に「カイロ宣言」(1943年11月27日)がある。

 「同盟国の目的は、千九百四年の第一次世界戦争の開始以後に日本国が奪取し又は占
領した太平洋におけるすべての島を日本国からはく奪すること、並びに満州、台湾及び
澎湖島のような日本国が清国人から盗取したすべての地域を中華民国に返還することに
ある。」(『解説 条約集』三省堂)

 外務省の台湾に対する見解の根底にもこの「カイロ宣言」があり、地球儀問題や外務
省ホームページ問題のときにも「台湾は中国に返還されるのが自然なのではないか」と
述べたのには、改めてその根の深さに驚いた。その上、橋本総理時代に「台湾の独立は
支持しない」と打ち出したバックボーンとなっていると説明するのだから、この「カイ
ロ宣言」の呪縛を解かない限り、日本の台湾問題への姿勢は常に及び腰にならざるを得
ない。それが中国を利することにもなっている。

 台湾の陳水扁総統が、英国紙「フィナンシャルタイムズ」のインタビューで、いかに
「カイロ宣言」なるものが嘘っぱちで拘束力のないものかを喝破している。「台湾週報」
から転載してご紹介したい。                     (編集部)
--------------------------------------------------------------------------
陳水扁総統:「カイロ宣言」は署名がないニセモノ
【3月18日 台湾週報】

 陳水扁総統は3月13日、英国紙「フィナンシャルタイムズ」のインタビューに応じ、
その内容が同紙インターネット版に掲載された。

 このなかで陳総統は、4年前に中国の温家宝・総理が「中国が台湾の主権を有してい
ることは『カイロ宣言』できわめて明確に示されている」と発言したことに関して、
「多くの人は『カイロ宣言』に、中国が台湾の主権を有することが明確に言明されてい
ると信じている。過去、われわれが学生のときも、国民党政府の教育はわれわれにこう
教えてきた。国際社会もそのように認識していた。(カイロ宣言が発表された)1943年
からいまに至るまで、60年もの間、1943年に蒋介石、チャーチル、ルーズベルトの3カ
国の首脳が中国は台湾の主権を確かに有していると決定したと、多くの人々が信じて疑
わなかった」と述べた。

 そのうえで、陳総統は「1943年12月1日の『カイロ宣言』についてはっきりしている
のは、時間と日付が記されておらず、蒋介石、チャーチル、ルーズベルトの3首脳のい
ずれも署名がなく、事後による追認もなく、授権もない。これはそもそもコミュニケで
はなく、プレスリリース、声明書に過ぎないのだ」と指摘した。

 陳総統は「12年後の1955年2月1日、チャーチル首相は国会質問で、『カイロ宣言』
に基づいて中国が台湾に対する主権を有するということには同意できないと答えたよう
に、当時3人にはそもそもコンセンサスなどなく、そのため署名もなかったのだという
ことが見てとれる」と述べ、「こんなに重要な文書が英国の国家ファイルでも原本が見
つからない。歴史は歪曲、改竄されることはよくあることで、以前われわれが学んだ歴
史の中の『カイロ宣言』の部分は、完全にだまされていたのであり、これはきわめて厳
粛な問題である」と訴えた。

 陳総統は「中国はいまも『カイロ宣言』をもとにして、中国は台湾の主権を有してい
ると宣伝しているが、『カイロ宣言』は事実上問題がある」との認識を示し、「歴史を
書き改めなければならない。われわれ台湾は主権国家であり、台湾の主権は中国大陸13
億の人民には属していない。台湾の国家主権は台湾2,300万国民に属している。これは
事実であり、現状でもある」と強調した。 

 さらに、陳総統は「ほぼ99.9%の人が『カイロ宣言』にはそもそも中国が台湾の主権
を有することが書かれたわけではないというこの事実を知らないのは、過去の教育が杜
撰であり、歴史が改竄されていたからだ。だからこそ、中国は自己に有利なためこれを
引用し、国民党は台湾を統治する際の法的統一の基礎としたのだ」との認識を示した。 

 また、陳総統は「1971年の国連第2758号決議文の全文153字の中にはそもそも『台湾』
が触れられていない。国連第2758号決議は『中国』代表権問題のみが解決しただけであ
り、中華人民共和国が台湾2,300万の人々を代表してよいとは言っていない。パン・ギ
ムン(潘基文)国連事務総長や中国はこれを拡大解釈、誤った解釈をもって、『台湾は
中華人民共和国の一省であり、地方政府に過ぎない』とミスリードするのは、完全に事
実と合致しない」と強調した。 

 陳総統は「中国の誤った解釈は『カイロ宣言』に基づいている。国連第2758号決議の
誤った解釈も『カイロ宣言』から来ている」と指摘し、中国は信用できない商品が多い
ことを挙げたうえで、「『カイロ宣言』もニセモノだ」と糾弾し、駐外代表処や大使館
など外交ルートを通じて「カイロ宣言」の歴史の真相を明らかにする考えを示した。 
 
                           【総統府 2008年3月14日】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●日本李登輝友の会へのご入会─入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。
 ■入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 このところ、本誌「メールマガジン日台共栄」が届かなくなったという方が続出して
 います。通常は週に3回以上発行しております。購読を解除したわけでもないのに届
 かなくなったという場合は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!

 現在登録しているマガジン名やマガジンIDが分からない方は、下記アドレス宛に空
 メールをお送りください。折り返しメルマ!事務局からご登録マガジンの一覧が送ら
 れてきます。
 ■登録マガジンお取り寄せアドレス ⇒ maglist@melma.com
--------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。