国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第708号】 この桜木は本校の宝 [高雄日本人学校校長 矢木 信夫]

2008/02/23



>>>>> http://www.ritouki.jp/━━━━━━━━【平成20年(2008年) 2月23日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
         新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.708]
1>> この桜木は本校の宝 [高雄日本人学校校長 矢木 信夫]
2>>【読者投稿】広辞苑を書店に返品した [佐賀 久米 哲次]
3>> 「尖閣」表記が違反と説明 上海税関、書籍差し止めで

■日本李登輝友の会事務局からのお知らせ
 ご案内のように、来る2月27日(水)〜3月2日(日)まで「桜植樹式とお花見ツアー」
 のため、本部事務局員が訪台します。つきましては、この間は事務所をお休みとさせ
 ていただきますのでご了承のほどお願いします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> この桜木は本校の宝 [高雄日本人学校校長 矢木 信夫]

 昨年12月初旬、台湾の李登輝之友会(黄崑虎総会長)が交流協会高雄事務所の神戸浩
道所長を介し、高雄日本人学校(矢木信夫校長)からの依頼に応じて7本の桜木を贈っ
たところ、1月末に何輪かが開花した。

 これには、高雄日本人学校の矢木校長はじめ先生方や生徒たち、親御さんたちも大感
激。矢木校長から黄崑虎総会長に、その感激を伝える御礼の手紙(2月1日付)が届けら
れた。以下にご紹介したい。手紙の見出しは編集部で付したことをお断りします。

 もちろんこの桜木は、私どもが贈った河津桜だ。今回の「桜植樹式とお花見ツアー」
では、この高雄日本人学校にも立ち寄ることになっている。桜木を贈って「本校の宝」
とまで喜ばれると、いささか面映い感はあるが、心から嬉しくなってくる。共に喜びを
分かち合いたい。高雄の大地にしっかりと根を張り、暑い夏を乗り切って大きく育って
欲しいものだ。                           (編集部)
--------------------------------------------------------------------------
この桜木は本校の宝 

                        高雄日本人学校校長 矢木 信夫

 拝啓 新春の候 貴台におかれましては益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
 さて、先週、池の縁に植林しました桜の木が2輪開花しました。子どもが大変に喜
び、「校長先生、もう桜の花が咲きました!」と小学5年生の女の子が校長室に駆け込
んできました。開花時期の速さにビックリしました。こんなにもはやく桜の花を観賞す
ることができ感激です。子どもたち、保護者、教職員共に喜んでおります。

 そして今朝は、正門の北側の桜が開花しました。何と3輪が一箇所の所から開花して
いるのです。河津桜の特色でしょうか。綺麗に咲き、周囲を楽しませてくれています。

 卒業式を1ヶ月後に控え、桜の花が咲く校庭を式辞の中で語れることを大変にうれし
く思い、喜びに浸っています。台湾のしかもこの高雄で桜の植林は無理だろうと言われ
ながら、多くの方々のご好意、ご支援で桜花を見ることが出来まして心から感謝してお
ります。

 この桜木を大切に見守り、本校の宝として大きく成長させていく所存でございます。
衷心よりお礼申し上げます。

 黄崑虎様の益々のご活躍とご健勝はもとより、黄家のご多幸とご繁栄を御祈念申し上
げましてお礼のことばとさせていただきます。               敬具
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>>【読者投稿】広辞苑を書店に返品した [佐賀 久米 哲次]

 1月に『広辞苑』(第6版)を購入しましたが、メルマガで紹介された三宅教子さん
の記事を読み、これではいかんと購入した書店に返品を認めさせましたので、その経緯
をご報告します。

小生「この最新版の『広辞苑』、先月喜んで購入したが引きたい漢字が載っていないば
 かりか、嘘の記載がある。だから返品します」

店員「そんなことを私共に言われても困ります、お客様の方から出版社に電話して頂け
 ませんか」

小生「何で、販売しているのは貴方の会社でしょう。『私共の責任ではありませんの
 で』と開き直るが、貴方は問題点を履き違えている。著者が、自らの思想・信条等か
 ら好き勝手に書いている雑誌なら、これは正しいとか間違っているとか、とやかく言
 うつもりはありません。内容によっては「何だ此奴」と腹が立つものもあれば、人生
 を教えてくれたり、眼から鱗が落ちて脳の洗濯ができるものもありで、雑誌とは実に
 面白く有難いものです。

  だが、辞書は違う。辞書は物事を正しく知らせる為にあるものであり、知るための
 もの。その辞書に嘘偽りがあれば、学んだ者達は嘘偽りを信じて世間に恥曝しをする
 ことになる。読者を洗脳する刷りこみ記事などもっての外。

  たとえば、君の引く英語の辞書が嘘の翻訳をしていたら、それで学んだ君はどうな
 る。また、君の開き直りは、『確かに餃子に毒物が混入していましたが、それは製造
 元の問題ですから、中国の製造元に直接電話をして下さい』と言っているようなもの
 だぞ。それがここの販売方針か」

 このように詰め寄り、辞書に執筆者の思想・信条が反映するような余計な事象は記載
すべきではなく、この『広辞苑』は辞書の範囲を逸脱している、と注意しました。

 慌てた店員はあちこちへ電話していましたが、30分くらい後に店長らしき人が出てき
て、店員の応対の悪さを詫びると同時に、記事の間違いを認め、返品に応じてくれまし
た。その際、「この出版社はお堅いことで有名なんですがね、どうしたことでしょう」
と呟(つぶや)いていました。

 出版社へ反省を促すために購入されている方たちは、記事訂正後改めて購入する旨を
伝え、一斉に返品していただきたいものです。

 未だ購入しておられない方は、ご面倒でしょうが、一度購入して返品されれば出版社
も少しは反省するものと思います。
--------------------------------------------------------------------------
 『広辞苑』の1998年11月出された第5版以降、「日中共同声明」は下記のような記述
をしている。この共同声明で日本は、台湾が中国に「帰属することを承認」していな
い。                                (編集部)

【日中共同声明】一九七二年九月、北京で、田中角栄首相・大平正芳外相と中華人民共
和国の周恩来首相・姫鵬飛外相とが調印した声明。戦争状態終結と日中の国交回復を表
明したほか、日本は中華人民共和国を唯一の正統政府と認め、台湾がこれに帰属するこ
とを承認し、中国は賠償請求を放棄した。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 「尖閣」表記が違反と説明 上海税関、書籍差し止めで

【2月22日 MSN産経ニュース】

 中国上海市の上海日本人学校浦東校が日本から取り寄せた書籍の通関が差し止められ
た問題で、上海の税関は22日、中国が領有権を主張している尖閣諸島(中国名・釣魚島)
を日本領と書籍で表記していたことが理由だったことを明らかにした。共同通信の取材
に文書で回答した。

 税関は「わが国の領土である『釣魚島』を『尖閣』と表示している上、日本の領土に
入れている」と指摘。その内容は、中国の出版管理条例の規定に違反していると説明し
た。書籍は税関が保管していて、規定に従って処分するという。

 この問題では、浦東校が日本から先月取り寄せた図書館用書籍892冊の通関が差し止め
られ、日本総領事館が14日に早期通関を要請。結果的に地理関係の8冊以外は浦東校に
届けられたが、8冊は通関できないままになっていた。(共同) 
--------------------------------------------------------------------------
「尖閣」日本領表記の副教材、上海税関が差し止め
【2月10日 読売新聞】

 中国上海市の上海日本人学校浦東校(児童・生徒数1089人)が授業で使用するために
1月に日本から取り寄せた副教材など約800冊が、上海市の税関当局により通関を差し
止められていることが9日、分かった。

 税関当局からの具体的な説明はないが、日本政府は中国が領有権を主張する尖閣諸島
を日本領と表示している副教材があったことが理由と見ている。

 通関を差し止められているのは、社会科の地理の副教材など。1月29日に日本から上
海港に到着後、通関検査を受けた際、「問題がある」と指摘を受けた。税関当局は具体
的な説明はしていないが、浦東校は中国側の関係者を通じ、「取り寄せられた本のうち、
尖閣諸島に関する記述のある本が理由である可能性が高い」との報告を受けた。

 中国が問題視したと見られる地図は、日本の国土について説明する章の中にあり、中
国やロシアなど周辺国と色分けして日本の領土を示している。排他的経済水域(EEZ)
を線で表示して、尖閣諸島を日本領として示している。また、記述では、「東シナ海の
石油や天然ガス資源の開発を巡って、日本と中国が領有権を主張している」と説明して
いる。

 このまま、通関検査を通らなかった場合、全冊が日本に返送されるか、没収、廃棄の
可能性もある。現在、輸入元である上海の日本企業が、当局との間で、問題の地理の副
教材を除いた残りの本の通関を認めてもらうように交渉しており、日本政府は差し止め
の理由などが明らかになった段階で、対応を検討する方針だ。

 中国の日本人学校の教材を巡っては、2005年にも大連日本人学校が日本から取り寄せ
た社会科の副教材約130冊が税関当局に差し止められ、一部が日本に返送されたことが
ある。中国側は、副教材の地図で中国と台湾が色分けされていることが条例違反になる
などと説明した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●日本李登輝友の会へのご入会─入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。
 ■入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 このところ、本誌「メールマガジン日台共栄」が届かなくなったという方が続出して
 います。通常は週に3回以上発行しております。購読を解除したわけでもないのに届
 かなくなったという場合は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!

 現在登録しているマガジン名やマガジンIDが分からない方は、下記アドレス宛に空
 メールをお送りください。折り返しメルマ!事務局からご登録マガジンの一覧が送ら
 れてきます。
 ■登録マガジンお取り寄せアドレス ⇒ maglist@melma.com
--------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。