国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第702号】 中国の圧力を上回る国民世論の圧力を外務省中国課に![永山 英樹]

2008/02/15



>>>>> http://www.ritouki.jp/━━━━━━━━【平成20年(2008年) 2月15日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.702]
1>> 中国の圧力を上回る国民世論の圧力を外務省中国課に![永山 英樹]
2>> 2月16日(土)、永山英樹氏を講師に台湾研究フォーラムが第106回定例会
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 中国の圧力を上回る国民世論の圧力を外務省中国課に![永山 英樹]

【2月13日 永山英樹氏ブログ「台湾は日本の生命線!」】
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-294.html

■国民が最も信頼を寄せる中国データこそがウソなのだ

 中国政府に配慮して、台湾を中華人民共和国の領土だとの誤情報を、密かに国民に発
信しているのが外務省ホームページの「各国・地域情勢」のなかの「中華人民共和国」
に関するページだ。これは他の政府機関も出版社も国民も、所載の中国データは最も信
頼に値すると信じて疑わないものであるから重大事だ。その制作担当は中国に阿ること
で悪名高き同省中国課だ。

 たとえばそこにある中国地図にはつい最近まで台湾が含まれていた。ところが今年一
月、学研の販売する地球儀が台湾を中国領と表示していることがマスコミに問題視され、
販売停止となったため、中国課もようやく国民の修正要求に応じることになった。

 そのときの修正の理由は、「地図の誤りは技術上の問題。台湾を中国領と見ない政府
見解とは異なる」とうもの。それなら今までなぜ、国民からのクレームをさんざん受け
ながらも修正を拒み続けてきたのか。

 もっとも「修正」とは言っても、中国と台湾を同一色にした状態から、それぞれを無
色にすると言うものだった。「色」が問題だから色を抜いただけのことで、これなら国
民の非難も封じられるし、中国から台湾を切り離したわけではないから、中国に怒られ
ることもないという判断だろう。中国に媚びるためなら、恥も外聞もないと言う同課の
醜悪さをまざまざと見せ付けられた思いがした。「修正」後の地図は外務省の媚中と現
物証拠として広く紹介して行きたい。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/index.html

■なぜ「修正する」と言って修正しないのか

 次に我々が問題にしているのが、同ページに表示された中国の「面積」だ。

 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/data.html

 「956万平方キロメートル」とすべきところを、台湾を含めた「960万平方キロメート
ル」にしているのだ。これについても中国課は「技術上のミス」だとして修正すると言
っているが、それから何日も経つのに、いまだ改めていない(二月十二日現在)。

 しかし修正は簡単なことなのだ。我々は中国課の担当職員が省内のIT広報室に一言
指示を出せば、すぐに改まるものであることを知っている。

 ところが中国課がそれを躊躇うのは、おそらく地図の「修正」のように、どのような
方法なら中国にも顔向けできるかを考えているのではないか。中国課の頭には「956万平
方キロメートル(台湾を除く)」と言う表記の仕方があるらしい。これなら台湾を中国
領と扱っていることにもなる。そこで中国課に対し、「そのようなことは許さない」と
の声を上げるよう、広く呼びかけているところだが、どうなるだろう。抗議が下火にな
るのを待っているようにも見えるのだが(これが最も賢明な逃げ方だろう)。

■在日中国人数に台湾人が含まれている

 そして修正すべきはまだある。「在日中国人数(在日華僑を含む)」の項目における
数値がそれだ。「560,741名(2006年、法務省統計)」となっているが、ここには在日
台湾人も含まれているのである。

 この「法務省統計」とは、非常に問題のある法務省入国管理局の外国人登録における
統計だ。なぜならそこでの在日の「中国」国籍者には、中華人民共和国出身者だけでな
く台湾出身者も含まれているからだ。「560,741名」はまさにそこでの数値なのである。

 入管は、この「中国」とは、中華人民共和国出身者の場合は中華人民共和国だが、台
湾出身者の場合は台湾をも含む広義の「中国」だと言って必死に自己を正当化している
が、異なる両者を同じ国籍表記にするなど、外国人の身分を明確にするために設けられ
た外国人登録制度を自ら形骸化するものだけでなく、そもそもそこには大きなウソが含
まれているのである。

 そもそも台湾をも包含する「広義の中国」など、世界のどこにも存在していないのだ。
入管は「我が国が国家承認するところの『中国』には台湾も含まれている」と説明する
が、それは清国が台湾を領有していた明治二十八年の下関条約(日本に台湾を割譲)以
前の話で、台湾を中国領として扱いたい外務省中国課が編み出したウソの理屈である。
現在日本政府は台湾を、中国の領土とも、どこの国の領土とも認めてなどいないからだ。
実はそれは中国課自身も内心では認めている「真実」なのである。

■「真実」を知った上で国民を欺く中国課

 よって入管には自己を正当化する根拠を持っていないことになるのだが、それはさて
おき、ここでは取り敢えず中国課だけを問題にしたい。

 入管総務課データ第二係に問い合わせると、台湾出身者は「40,863名」だから、中華
人民共和国出身者は「519,878名」となるのだそうだ(法務省司法法制部は「519,561名」
との統計上の数値があるから、これが中華人民共和国出身者の数ではないか、と言って
いたが、入管はそれを否定していた)。

 その際私は入管に対し、「入管がこのようなおかしな在日『中国』人の数値を挙げる
から、外務省中国課はそれを中華人民共和国の出身者の数と誤解し、それを国民の前で
掲載しているのだ」と言うと、相手はそれに頷き、「このような指摘があった以上、中
国課にそれは不適切であると連絡する」と言っていた。デタラメ入管にさえ「不適切だ」
と言われるほど、中国課はさらにデタラメであるわけだ。

 だが実際には中国課は入管の上げる数値を誤解などしていない。つまり「560,741名」
に台湾出身者が含まれていることは知っているのである。なぜなら他の国のページを見
ると、どこも「在日当該国人数」と書かれ、在日するその国出身者の数が掲げられてい
るが、「中華人民許和国」のページだけは「在日中国人数」となっているからである。
つまり「広義の中国」を意味する在日「中国」人数だと言うわけだ。そのため台湾のペ
ージでは、「在日当該国人数」なり「在日台湾人数」なりがすっぽり抜け落ちている。
「40,863名」との数値が厳然と存在するにもかかわらずに、である。

■小細工を弄してまで国民を騙す理由は何か

 「在日中国人数」とは中国課もうまく言ったものだ。国民からクレームがくれば、
「これは広義の中国のことで……」と言って逃れることができると言うわけだ。だが
「中華人民共和国」のページに載っている以上、これを見たものは誰でも「在日中華人
民共和国人数」と誤解することだろう。もし国民にきちんと奉仕すると言う気持ちが中
国課にあるのなら、「560,741名」は即刻「519,878名」に改めるべきだろう。

 国民が危機感を以って考えるべきは、なぜ中国課はここまで「小細工」を弄してまで、台湾を中国領、台湾国民を中国国民としなければならないかである。

 文部科学省が教科書会社に台湾を中国領扱いにする地図を掲載するよう指導している
のも、外務省の要請によってだ。法務省が外国人登録で台湾出身者の国籍を「中国」に
するのも、外務省の提供するウソの論理だ。中国の国益、野心、戦略に奉仕する傀儡グ
ループ中国課の力はじつに侮れないものがあるが、彼らに力を与えているものは、じつ
は国民の無関心なのである。

■台湾問題は日本の安保問題─国のため抗議を!

 台湾問題は歴史問題とは違い外国問題だとの認識から、国民のそれへの関心はなかな
か高まらないが、じつは台湾問題は、日本にはきわめて重大な安保問題なのである。歴
史問題で日本は中国の精神的な属国になりかけたが、これから台湾問題でしくじれば、
日本は海上輸送路を中国に押さえられ、その国の正真正銘の属国になることになるのだ。

 中国が日本に最も望むのは、台湾を中国領と認めて台湾併呑を支持することだ。そし
てその希望に沿う形で、中国の政治宣伝の代行を行っているのが中国課なのである。

 中国課は中国の圧力は恐れるが、それを上回る国民世論の圧力が必要なのだ。そもそ
も彼らの一人ひとりが、出世と保身を図るだけの小心者のサラリーマンにすぎないこと
は、我々が直接確認しているところである。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 2月16日(土)、永山英樹氏を講師に台湾研究フォーラムが第106回定例会
   演題は「台湾は中国領ではない─中国の対外世論戦を打ち破るには」

■講師 永山英樹氏(台湾研究フォーラム会長)
■演題 台湾は中国領ではないー中国の対外世論戦を打ち破るには

猛烈な勢いで軍の近代化を遂げ台湾併呑攻勢を強める中国を前に、日本人が安閑として
いられる理由の一つが、台湾問題を中国の国内問題とする誤った認識がある。ではこの
危険な誤認識はどこから齎されたかと言えば、それは執拗にして巧妙なる中国の対日宣
伝工作であり、それに付き従う外務省などの媚中勢力である。この宣伝工作を打ち破る
にはどうすればよいのか。これに関して最近『日本の命運は台湾にありー軍拡中国があ
る東アジアで』を著し、日本が取るべき対中国戦略を提唱した永山英樹氏が語る。
--------------------------------------------------------------------------
(ながやま・ひでき)昭和36年、埼玉県生まれ。法政大学法学部法律学科卒。中国・山
西大学漢語班修了。台湾は我が国の生命線、運命共同体であるとの見地から、日台関係
の強化と正常化、台湾報道の正常化、台湾独立建国の支援、台湾国連加盟の支援等を訴
える活動を展開している。著書に『日本の命運は台湾にあり』(まどか出版)、共著書
に『台湾と日本・交流秘話』(展転社)、『国士内田良平─その思想と行動』(展転社)
、共訳書に『台湾国民中学歴史教科書・台湾を知る』(雄山閣)がある。ブログ「台湾
は日本の生命線!」を主宰。日本李登輝友の会理事。
--------------------------------------------------------------------------
【日 時】 2月16日(土)午後5時45分〜8時30分

【場 所】 文京シビック3F 第一会議室(TEL:03-5803-1100)
      JR「水道橋駅」徒歩10分
      都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分
      東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」徒歩1分

【参加費】 会員500円 一般1000円

【懇親会】 閉会後、会場付近にて。(会費3000円、学生1000円)

【申込み】 2月15日まで下記へ。
      Eメール taiwan_kenkyu_forum@yahoo.co.jp
      FAX   03−3626−1520

【問合せ】 090−4138−6397

■会員募集中 年会費2000円(定例会会場でも受け付けます)
--------------------------------------------------------------------------
第106回定例会 申込書

氏名

懇親会  参加  不参加 (○をお付けください)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●日本李登輝友の会へのご入会─入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これで手軽にご入
 会申し込みができますのでご利用ください。
 ■入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 このところ、本誌「メールマガジン日台共栄」が届かなくなったという方が続出して
 います。通常は週に3回以上発行しております。購読を解除したわけでもないのに届
 かなくなったという場合は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!

 現在登録しているマガジン名やマガジンIDが分からない方は、下記アドレス宛に空
 メールをお送りください。折り返しメルマ!事務局からご登録マガジンの一覧が送ら
 れてきます。
 登録マガジンお取り寄せアドレス ⇒ maglist@melma.com
--------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。