国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第701号】 またもや中国で「尖閣」日本領表記の副教材通関差し止め問題が発覚!

2008/02/10



>>>>> http://www.ritouki.jp/━━━━━━━━【平成20年(2008年) 2月10日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
         新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.701]
1>> またもや中国で「尖閣」日本領表記の副教材通関差し止め問題が発覚!
2>> 2月16日(土)、永山英樹氏を講師に台湾研究フォーラムが第106回定例会
3>> 烏山頭ダム工事の映像が発見! 2月21日の八田與一の誕生日に公開
4>> 江戸前ハマグリの育ての親は台湾だった! これぞ日台共栄!!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> またもや中国で「尖閣」日本領表記の副教材通関差し止め問題が発覚!
   日本の子供たちに日本国内と同じ教科書を使うのは当り前ではないか

 だから、中国は嫌われる。

 昨日、上海日本人学校浦東校が1月に日本から取り寄せた副教材など約800冊が上海市
の税関当局により通関を差し止められていることが発覚した。読売新聞が伝えるところ
によれば、中国が領有権を主張する尖閣諸島を日本領と表示している副教材があったこ
とが理由らしい。

 中国では3年前の平成17年(2005年)4月にも同じような教科書差し止め事件が起こ
った。大連日本人学校が授業で使う地理教科書15冊の中に、中国と台湾を異なる色で塗
った地図が見つかったのを理由に大連税関が差し押さえ、日本に返送処分された。

 だが、日本人学校は外国人学校なのだ。そこで、日本の子供たちを教育するために、
日本国内と同じ教科書を使うのは当り前ではないか。世界のいかなる国であろうと、い
かに国境紛争が起こっていようと、その国の外国人学校で使う教科書や副教材を国家権
力で差し押さえたとは、寡聞にして知らない。何とも心の狭い国だ。

 もちろん、日本の地理教科書の中には台湾を「台湾島」と記す(日本文教出版)など
おおいに問題があることはすでに知られている通りだが、だんだん中国に迎合するよう
な記述に偏向していくのは、このようなことも影響しているのかもしれない。

 事は2度目である。中国の特殊事情ではすまされない。政府は、差し止めの理由など
が明らかになった段階で対応を検討する方針だという。今度こそ日本政府の毅然とした
対応が求められる。
                                      (メルマガ「日台共栄」編集長 柚原正敬)
--------------------------------------------------------------------------
「尖閣」日本領表記の副教材、上海税関が差し止め
【2月10日 読売新聞】

 中国上海市の上海日本人学校浦東校(児童・生徒数1089人)が授業で使用するために
1月に日本から取り寄せた副教材など約800冊が、上海市の税関当局により通関を差し
止められていることが9日、分かった。

 税関当局からの具体的な説明はないが、日本政府は中国が領有権を主張する尖閣諸島
を日本領と表示している副教材があったことが理由と見ている。

 通関を差し止められているのは、社会科の地理の副教材など。1月29日に日本から上
海港に到着後、通関検査を受けた際、「問題がある」と指摘を受けた。税関当局は具体
的な説明はしていないが、浦東校は中国側の関係者を通じ、「取り寄せられた本のうち、
尖閣諸島に関する記述のある本が理由である可能性が高い」との報告を受けた。

 中国が問題視したと見られる地図は、日本の国土について説明する章の中にあり、中
国やロシアなど周辺国と色分けして日本の領土を示している。排他的経済水域(EEZ)
を線で表示して、尖閣諸島を日本領として示している。また、記述では、「東シナ海の
石油や天然ガス資源の開発を巡って、日本と中国が領有権を主張している」と説明して
いる。

 このまま、通関検査を通らなかった場合、全冊が日本に返送されるか、没収、廃棄の
可能性もある。現在、輸入元である上海の日本企業が、当局との間で、問題の地理の副
教材を除いた残りの本の通関を認めてもらうように交渉しており、日本政府は差し止め
の理由などが明らかになった段階で、対応を検討する方針だ。

 中国の日本人学校の教材を巡っては、2005年にも大連日本人学校が日本から取り寄せ
た社会科の副教材約130冊が税関当局に差し止められ、一部が日本に返送されたことが
ある。中国側は、副教材の地図で中国と台湾が色分けされていることが条例違反になる
などと説明した。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 2月16日(土)、永山英樹氏を講師に台湾研究フォーラムが第106回定例会
   演題は「台湾は中国領ではない─中国の対外世論戦を打ち破るには」

■講師 永山英樹氏(台湾研究フォーラム会長)

■演題 台湾は中国領ではないー中国の対外世論戦を打ち破るには

猛烈な勢いで軍の近代化を遂げ台湾併呑攻勢を強める中国を前に、日本人が安閑として
いられる理由の一つが、台湾問題を中国の国内問題とする誤った認識がある。ではこの
危険な誤認識はどこから齎されたかと言えば、それは執拗にして巧妙なる中国の対日宣
伝工作であり、それに付き従う外務省などの媚中勢力である。この宣伝工作を打ち破る
にはどうすればよいのか。これに関して最近『日本の命運は台湾にありー軍拡中国があ
る東アジアで』を著し、日本が取るべき対中国戦略を提唱した永山英樹氏が語る。
--------------------------------------------------------------------------
(ながやま・ひでき)昭和36年、埼玉県生まれ。法政大学法学部法律学科卒。中国・山
西大学漢語班修了。台湾は我が国の生命線、運命共同体であるとの見地から、日台関係
の強化と正常化、台湾報道の正常化、台湾独立建国の支援、台湾国連加盟の支援等を訴
える活動を展開している。著書に『日本の命運は台湾にあり』(まどか出版)、共著書
に『台湾と日本・交流秘話』(展転社)、『国士内田良平─その思想と行動』(展転社)
、共訳書に『台湾国民中学歴史教科書・台湾を知る』(雄山閣)がある。ブログ「台湾
は日本の生命線!」を主宰。日本李登輝友の会理事。
--------------------------------------------------------------------------
【日 時】 2月16日(土)午後5時45分〜8時30分

【場 所】 文京シビック3F 第一会議室(TEL:03-5803-1100)
      JR「水道橋駅」徒歩10分
      都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分
      東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」徒歩1分

【参加費】 会員500円 一般1000円

【懇親会】 閉会後、会場付近にて。(会費3000円、学生1000円)

【申込み】 2月15日まで下記へ。
      Eメール taiwan_kenkyu_forum@yahoo.co.jp
      FAX   03−3626−1520

【問合せ】 090−4138−6397

■会員募集中 年会費2000円(定例会会場でも受け付けます)
--------------------------------------------------------------------------
第106回定例会 申込書

氏名

懇親会  参加  不参加 (○をお付けください)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 烏山頭ダム工事の映像が発見! 2月21日の八田與一の誕生日に公開
   写真パネル展や今夏公開予定の八田アニメ原作者の記念講演も【入場無料】

 金沢出身の八田與一が台湾・台南に建設した東洋一(当時)の烏山頭ダムは昭和5
年(1930年)に完成している。

 これによって台湾第2の嘉南平野は沃野に変わり、台南の人々は喜んだ。潤ったのは
土地ばかりでなく、日本と台湾の関係にも及んだ。台湾の人々は毎年、命日とされる5
月8日に烏山頭ダムの畔に立つ八田の銅像の前で墓前際を開き、多くの日本人も参加し
て交流を続けている。八田與一が日台交流のシンボルとされる所以である。

 何と、最近、烏山頭ダムを工事している様子が写された20分ほどの映像が見つかった
という。八田の122回目の誕生日である2月21日(木)、「金沢ふるさと偉人館」3階に
おいて、午後2時から始まる「八田與一百二十二年生誕祭」の中で公開される。

 入場料は無料だという。お近くの方は、ぜひお越しください。     (編集部)

■日 時 2008年2月21日(木)午後2時〜5時
■会 場 金沢ふるさと偉人館 3階(約100名収容)
■入場料 無料

■金沢ふるさと偉人館
 〒920-0993 金沢市下本多町6-18-4 TEL(076)220-2474 FAX(076)220-2197
 ijinkan@city.kanazawa.ishikawa.jp
 http://www.city.kanazawa.ishikawa.jp/bunho/ijin/index.htm
--------------------------------------------------------------------------
烏山頭ダム工事の映像 金沢、生誕祭で初公開
【2月9日 北國新聞】

 金沢市出身の八田與一技師が、日本統治時代に台湾南部で建設した烏山頭(うざんと
う)ダム工事の作業風景を収めた映像が見つかり、八日までに同市の金沢ふるさと偉人
館が確認した。工事の様子を収めた映像が見つかったのは初めてで、同館は二十一日の
「八田與一百二十二年生誕祭」(北國新聞社後援)で映像を公開し、功績をたたえる。

 映像は「幸福の農民」というタイトルで、約二十分間。撮影は「台湾教育会」となっ
ている。烏山頭ダムの基礎部分の工事などが収録され、汽車が煙を上げて走り、ダム工
事に使うために運び込まれた土砂が荷台から勢いよく落ちる場面など、当時の様子が生
き生きと伝わってくる。

 収録日時は不明だが、同館は、八田技師が手掛けた烏山頭ダムと水路網で構成される
かんがい施設「嘉南大(かなんたい)しゅう」が一九三〇(昭和五)年に完成している
ことから、大正末期から昭和初期にかけて撮影されたとみている。音声はなく、現在の
ところ、八田技師の姿は確認できていないという。 

 映像は、八田技師を題材にした長編アニメーション映画を製作中の虫プロダクション
(東京)からふるさと偉人館が借り受け、確認した。映画は今夏公開予定で、製作費一
億五千万円を投じ、アニメ版「鉄腕アトム」などを手掛けた石黒昇氏が監督を務める。 

 同館は八田技師の百二十二回目の誕生日にあたる二十一日の生誕祭で映像を公開する。
アニメの原作者である財団法人全国建設研修センター(東京)の緒方英樹氏による記念
講演やダム工事の写真展を開き、台湾政府から八田技師に贈られた褒賞も披露する。 

 松田章一館長は「映像が残っていたことに驚いている。製作中のアニメ映画も見ごた
えのあるものになるだろう」と話している。

http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20080209103.htm
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 江戸前ハマグリの育ての親は台湾だった! これぞ日台共栄!!
   シナハマグリを一掃して台湾で育った国産ハマグリを大いに食べよう

 昔は東京湾でハマグリがたくさん採れた。ところが、高度成長期に沿岸埋め立てや生
活排水による水質悪化でほぼ全滅した。そこで国産に代わって流通したのが中国から輸
入のシナハマグリ。ところが、純国産の江戸前のハマグリを蘇らそうと頑張っていた人
々がいた。千葉県漁協連合会だ。

 その甲斐あって、昨年は25トンの収穫があり、今年は120トンを放流し30トンほどの
出荷を見込んでいるという。

 なんと驚いたことに、江戸前ハマグリの育ての親は台湾だった。親は有明海の天然ハ
マグリで、高い養殖技術を持つ台湾に稚貝を送って2センチほどまで育て、それを東京
湾に放流してきたのだという。

 これぞまさしく「日台共栄」ではないか。台湾よ、ありがとう。日本からシナハマグ
リを一掃して、台湾で育てていただいた国産ハマグリを大いに食べようではないか。

 江戸前のハマグリは軟らかくて甘味があるという。実は、ハマグリのしぐれ煮は酒の
つまみにもピッタリなのだ。                  (編集部・左党)
--------------------------------------------------------------------------
江戸前のハマグリ漁が東京湾で約40年ぶりに…
【2月9日 毎日新聞「雑記張」】

◇江戸前のハマグリ漁が東京湾で約40年ぶりに復活し8日、千葉県漁連が木更津沖の干
 潟で漁を公開した。木更津市中里漁協の組合員らは、直径4〜5センチに育ったハマ
 グリを水揚げした。
◇国内のハマグリ漁獲量は激減し、現在流通するほとんどは中国産。県漁連は有明海の
 天然ハマグリを、高い養殖技術を持つ台湾に送って稚貝を生産する方法で、04年から
 本格的に木更津沖に放流してきた。
◇今年は15〜30トン出荷できる見通しで、県漁連の安室宏会長は「プランクトンを食べ
 て育つハマグリは、東京湾浄化にも役立つ。できるだけ多く出荷し、安くておいしい
 ハマグリを多くの人に食べてほしい」。              【児玉賢二】
--------------------------------------------------------------------------
『江戸前ハマグリ』復活を 木更津沖 今年は120トン放流 千葉県漁連が挑戦
【2月8日 東京新聞】

 高度成長期に死滅した東京湾のハマグリを40年ぶりによみがえらせようと、千葉県漁
協連合会が「ハマグリ復活プロジェクト」を進めている。数年来の稚貝放流が実を結び
つつあることから8日、同県木更津市沖でハマグリの採取作業を公開した。ハマグリな
どの二枚貝には海水をろ過する水質浄化作用があり、東京湾の水質改善にもつながる。
地元漁業者は「江戸前ハマグリの隆盛を再び」と意気込む。
                      (木更津通信部・岡村淳司、写真も)

 同漁連によると、東京湾ではかつて年間数千トンのハマグリが採れた。しかし、沿岸
埋め立てや生活排水による水質悪化で大量死が頻発。1968年に同県袖ケ浦市で発生した
大量死を最後に姿を消した。

 全国的にも同様の傾向で、65年まで年間1万トン以上あったハマグリ類の国内漁獲量
は今では1千トン前後。うち8割が外洋性のチョウセンハマグリ(純国産種)で、東京
湾と同じ内湾性ハマグリは絶滅の危機にある。国産に代わったのが中国から輸入される
シナハマグリで、流通量は国産の10倍以上という。

 こうした中、木更津市の中里漁協が2002年、九州・有明海の天然稚貝を試験的に放流。
これを機に県漁連と県内約10漁協による復活プロジェクトが始動した。

 放流するのは有明海の天然ハマグリを親とし、台湾で育てた殻長約2センチの人工稚
貝。これを06、07年に約20トンずつ東京湾沿いの千葉県内数カ所に放流したところ、昨
年は内湾性ハマグリの全国漁獲量の8分の1にあたる25トンを採取できた。これを追い
風に今年は120トンを放流し、本格的な復活を目指す。

 県漁連東京湾漁業振興室の多田和夫室長は、「東京湾のハマグリは軟らかくて甘味が
あり、江戸時代からしぐれ煮などで親しまれてきた。早く昔のような状態を取り戻した
い」と話している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●日本李登輝友の会へのご入会─入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これで手軽にご入
 会申し込みができますのでご利用ください。
 ■入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 このところ、本誌「メールマガジン日台共栄」が届かなくなったという方が続出して
 います。通常は週に3回以上発行しております。購読を解除したわけでもないのに届
 かなくなったという場合は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!

 現在登録しているマガジン名やマガジンIDが分からない方は、下記アドレス宛に空
 メールをお送りください。折り返しメルマ!事務局からご登録マガジンの一覧が送ら
 れてきます。
 登録マガジンお取り寄せアドレス ⇒ maglist@melma.com
--------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/02/11

    中共当局による日本人学校の教科書検閲。日本の教育の主権はないがしろにされています。日本政府は断固中共に抗議してもらいたいです。