国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第688号】 台湾の総統選挙は立法委員選挙と異なり与野党伯仲!【チャンネル桜】

2008/01/20



>>>>> http://www.ritouki.jp/―――――――――――【平成20年(2008年) 1月20日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――――[Vol.688]
1>> 台湾の総統選挙は立法委員選挙と異なり与野党伯仲!【チャンネル桜】
2>> 東京消防庁:OBら台湾・台南の名誉市民に
3>> 台湾・新竹市で岡山市の物産展 7月中にも開催

■昨日メルマガの文字化け
  昨日発行した本誌で、外務省のホームページにある中華人民共和国の面積が「960万
 平方キロメートル(日本の約25倍)」と表記され、台湾の面積を含んでいることが問
 題だと指摘しましたが、地図帳の数字が文字化けしてしまいました。記号を使ったた
 めです。つきましては、下記のように訂正いたします。

  昭和30年代や40年代の地図帳では、中華人民共和国の面積は「9561(千キロ平方メー
 トル)」と表記され、台湾は国名こそ「中華民国」や「台湾」とあるが、面積は「36
 (千キロ平方メートル)」と、完全に区別されて表記されていた。ところが、昭和52
 年版では、中華人民共和国の面積が「9597(千キロ平方メートル)」と変わり、台湾
 の面積が中華人民共和国に吸収されてしまっているのである。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 台湾の総統選挙は立法委員選挙と異なり与野党伯仲!【チャンネル桜】
  「日本文化チャンネル桜」の討論番組で立法委員選挙と総統選挙を分析

 昨夜、日本文化チャンネル桜が(CS放送)「台湾は日本の生命線か? ─中台の行方
と日本」をテーマに、井上和彦(軍事ジャーナリスト)、加瀬英明(外交評論家)、黄
文雄(作家・評論家)、佐藤守(軍事評論家・元空将)、張茂森(自由時報・東京支局
長)、永山英樹(台湾研究フォーラム会長)、宮崎正弘(作家・評論家)、柚原正敬(
日本李登輝友の会常務理事・事務局長)の8氏により、3時間にわたって人気番組「日本
よ、今…闘論!倒論!討論!」を放送した。司会は水島総・日本文化チャンネル桜代表。

 先の立法委員選挙については、出演者からそれぞれ小選挙区制、投票率、5%ルール、
1票の格差などの問題点が指摘された。

 大勝した中国国民党議員の70人は本省人で11人が外省人という報告(宮崎氏)もあり、
また、中国国民党は3分の2以上の議席を獲得して総統罷免案を発議できるようになった
が、もし3月の総統選挙で民進党の謝長廷候補が勝って総統に就いた場合、総統を罷免で
きたとしても、再び総統選挙を行わなければならず、その場合、必ずしも中国国民党候
補が勝つということはないので、この罷免権はなかなか使えないだろうとの見方が優勢
だった。

 総統選挙については、投票率も上がり、今度は政党対決となるので、地方のボスを選
ぶ地域密着型の立法委員選挙と違って伯仲するという見方が大勢だった。

 中国国民党や民進党の対中、対米、対日政策などについても議論され、間もなくバブ
ルがはじけようとしている中国を目の当りにすれば、台湾経済の中国進出もストップす
るだろうという見方(黄氏)も提示された。

 中国は武力ではなく合法的な台湾侵略を企てているので、アメリカも日本も、安全保
障上の日米台連携を強化し、日本は「生命線」としての台湾のWHOや国連加盟を積極
的に支持すべきという意見が大勢を占めた。

 なお、昨日は台湾駐日代表処の許世楷大使が日本記者クラブで記者会見し、中国国民
党が圧勝した立法委員選挙の結果が3月の総統選に反映されるとは限らないとの見方を
示し、日本文化チャンネル桜に出演した方々の見方とほぼ同じだったようだ。

 下記にMSN産経ニュースの記事を紹介したい。           (編集部)
------------------------------------------------------------------------------
台湾総統選では別の結果も
【1月19日 MSN産経ニュース】

 台湾の駐日代表である台北駐日経済文化代表処の許世楷代表は1日、都内の日本記者ク
ラブで記者会見し、3月の台湾総統選について「(浮動票が増え)投票率が上がること
が予想される」と述べ、野党国民党が勝利した立法院(国会)選挙の結果が総統選にそ
のまま反映されないだろうとの見方を示した。

 許代表は、今回の立法院選挙の投票率は58%で、総統選の投票率は通例80%になると
指摘、「民主進歩党(民進党)にとって総統選では組織票以外の票の獲得が課題になる」
と話した。

 選挙では、外交面を中心に主張した民進党に対し、国民党は内政問題や経済問題を重
点に政策を訴えたため勝利したと分析した。(共同)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 東京消防庁:OBら台湾・台南の名誉市民に

【1月15日 毎日新聞Web版】

 台湾・台南市の消防局で14年間にわたり、ボランティアで技術指導などを続けてき
た東京消防庁のOBら8人が同市の名誉市民に選ばれた。外国人が名誉市民を受けるの
は初めて。日本と台湾には国交がないが「消防に国境はない」とする草の根レベルでの
活動が評価された。

 東京消防庁荏原消防署や地元の消防団員ら59〜82歳(現役1人を含む)の8人で、支
援団体「台南会」を作り活動してきた。20日に現地で感謝状が贈られる。94年に消防の
国際会議に参加するため来日していた台南市の消防隊員らが荏原消防署を見学したのを
きっかけに交流が始まった。

 95年に台南市を初めて訪問し、目に留まったのは装備の不十分さだった。屋根のない
旧式ポンプ車や油圧式ジャッキすら搭載されていない消防車。訓練する隊員の手つきも
おぼつかなく、支援することを決めたという。

 メンバーは、消火資機材のカタログを紹介したり、訓練に立ち会ったりしたほか、店
舗への立ち入り検査の手法などを教えた。約2300人が死亡した99年の台湾大地震の際は、
義援金集めにも奔走した。

 台南会の平吉男会長(81)は「市民の安全を守る消防の使命を持って活動してきたの
で評価されて光栄です」と話している。【古関俊樹】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 台湾・新竹市で岡山市の物産展 7月中にも開催

【1月18日 岡山日日新聞】

 岡山市・新竹市友好都市議員連盟(会長・安井聰岡山市議)は17日、国際友好交流都
市、台湾・新竹市と特産品の販路拡大を目的とした物産展を相互に開催することで合意
したと発表した。新竹市での物産展は、早ければ7月中にも開催される見込みで、岡山
市の特産品をアピールする。

 林政則新竹市長が昨年12月に来岡した際、安井会長が提案して実現。同議員連盟は、
8日から11日まで新竹市に訪問団を派遣し、協議書に9日調印した。同市議会の議員連
盟が、具体的な交流事業で調印したのは今回が初めて。調印式は新竹市内のホテルで、
同訪問団の20人、林市長や新竹市議ら約20人が参加し、宮武博議長が立会人となり行わ
れた。

 今夏、新竹市で開催予定の物産展では、モモ、マスカットなど岡山の旬のものをPR
し、秋季にも開催。岡山市で開く物産展では、ビーフンやガラス工芸品など新竹市の特
産品を紹介するという。両物産展とも、開催地や開催時期などは今後検討する。両市と
も実現に向けて協力し、経済や教育など、多様な分野での実質的な交流を促進させるよ
うに取り組むという。

 また、岡山県は昨年、台北(台湾)、香港(中国)などでアンテナショップを展開し、
県産農畜産物の輸出に取り組んでいるが、同議員連盟は将来的に県との連携も考えてい
きたいという。安井会長は「大きな成果がありうれしい。政令市になると市議会も役割
が増える時代。国際交流に限らず、市の発展のために努めていく」と意気込んでいる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。