国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第684号】 日本のメディアは台湾の立法委員選挙結果をどうとらえたか

2008/01/14



>>>>> http://www.ritouki.jp/―――――――――――【平成20年(2008年) 1月14日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――――[Vol.684]
1>> 日本のメディアは台湾の立法委員選挙結果をどうとらえたか
2>> 長男の通夜の日に国会に臨んだ国士・西村眞悟議員の国会議員としての覚悟
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 日本のメディアは台湾の立法委員選挙結果をどうとらえたか
   日本政府はマスコミの論調につられて台湾の国民投票に口出しすべきではない

 台湾の立法委員選挙は中国国民党の圧勝に終った。報道によれば、総統候補の馬英九
氏は13日、蒋経国元総統の遺体仮安置所を訪れ「小政党や中間層の声にも耳を傾ける。
多数を誤って用いたり、乱用したりはしない」と述べ、巨大政党化への懸念の払しょく
に努めたという。

 一方の民進党は13日、総統候補の謝長廷氏が高雄の決起集会で「本日から、すべての
選挙や政策、路線の100%について、私が責任を負う」と述べ、陳水扁総統に代わって党
の陣頭指揮を執る考えを表明したという。

 この台湾の立法委員選挙結果を受け、日本のメディアは朝日新聞を除いて一斉に社説
を掲載して選挙結果を分析した。すべての社説が、この立法委員選挙を総統選挙の「前
哨戦」と位置付け、ほとんどのメディアが住民投票(国民投票・公民投票)について取
り上げた。

 読売と東京が結果分析の要点として「政党支持率に近い比例代表の今回得票率は、国
民党約51%、民進党約37%と、議席数ほどの大差はない」「小選挙区制は得票率よりも
議席の差が開く」と鋭く指摘している。

 一方、台湾の国連加盟の是非を問う住民投票については、産経を除く全メディアが取
り上げているが、「台湾海峡で不測の事態を招かないためにも、中台双方は相手を挑発
するような言動は厳に慎むべきだ」(日経)や「日本は独自の立場から、台湾海峡の緊
張を高めないよう中国に自制を求めると同時に、台湾にもさまざまなルートで働き掛け
るべきだ」(東京)のように、台湾と中国に自制を求めるものがほとんどだ。

 あるいは、アメリカやフランスが住民投票反対を表明したことで、「米台関係の悪化
を心配する有権者の不安は国民党の追い風だった」と位置づけ、「福田康夫首相は昨年
暮れの訪中で、『台湾独立は支持しない』と発言した。中国は日本に『反対する』と言
わせたかったようだが、外圧の必要はない。台湾では民主主義が機能しているからであ
る」と、中国などが「外圧」をかけなくても、台湾の民主主義を楯に住民投票は成立し
ないと暗に書いた毎日のような例もある。

 だが、この毎日の社説は自ら「外圧の必要はない」と書きながら、まるで外圧の意味
を理解していない。外圧とは「外部から働く力」であり「外部からの強い干渉」に他な
らず、反対語が内圧である。

 つまり、毎日の社説は、台湾が中国から「外圧」を受ける、すなわち台湾が中国の一
部ではないことを認めていることになる。にもかかわらず、米国からの「外部からの強
い干渉」に他ならない反対表明に対しては「米台関係の悪化を心配する有権者の不安は
国民党の追い風だった」と容認する姿勢を示している。

 反対であれ賛成であれ、台湾の住民投票へ介入することは台湾の主権を侵しかねない
内政干渉である。すでに台湾政府は、「国民投票は、正当な民主的手続きをもって国際
社会に対し台湾の主流の民意を示すものであり、統一か独立かを問うものではなく、海
峡両岸の現状を変更するものでもない」(2007年12月28日発表の台湾外交部声明)と述
べている。

 従って「日本は独自の立場から、台湾海峡の緊張を高めないよう中国に自制を求める」
(東京)だけでよく、「台湾にもさまざまなルートで働き掛けるべきだ」(東京)とか
「地域の安定を損なわないよう働きかけるべきだ」(読売)などは、いらぬお節介なの
であり、それこそ「外圧」なのである。

 このようなマスコミの論調につられて福田首相が再び住民投票に反対(不支持)する
姿勢を示せば、逆に台湾住民は対日不信を強め、「日台関係にも悪影響を及ぼす。台湾
海峡の緊張を高める結果にもつながりかねない」(12月26日付「産経新聞」主張)ので
ある。

 ましてや、日台「関係の悪化を心配する有権者の不安は国民党の追い風」となり、日
本が一方の政党を暗に支持する結果になってしまうであろう。

 日本は、2004年の総統選挙のときに行われた住民投票に対して、アメリカに追従する
ように「申し入れ」を行って中国国民党に有利な状況を作り、台湾国内に大きな混乱を
もたらした。その失策を踏襲しないために「外圧」となるような発言は厳に慎むべきな
のである(下記に、読売、東京、産経、毎日、日経の順に社説を掲載)。

                   (メルマガ「日台共栄」編集長 柚原正敬)
------------------------------------------------------------------------------
台湾野党大勝 中台関係にどう影響するのか
【1月14日付 読売新聞「社説」)

 2期8年の陳水扁政権に対する予想を超える厳しい審判である。台湾の前途と中台関
係を軸とする東アジア情勢にどんな影響を及ぼすのか。
 地域の安全保障や経済関係にも連動するだけに、日本は今後の展開を注視する必要が
ある。
 3月の台湾総統選の前哨戦となった立法院(国会)選挙で、最大野党・国民党が定数
(113議席)の3分の2を上回る81議席を獲得し、圧勝した。与党・民進党は、勝敗ライ
ンとした45議席を大幅に割り込む27議席に終わった。
 台湾の国政レベル選挙は、対中融和を掲げる国民党に対し、独立志向の強い民進党が
「台湾人意識」の高まりを基盤に勢力拡大を図る構図が続いてきた。
 今回、国民党は、対決姿勢に終始して手詰まり状態の対中政策を批判するだけでなく、
陳水扁総統周辺の腐敗や経済失政を攻撃し、現政権への不満を地滑り的大勝に結びつけ
た。第2野党・親民党など野党勢力と共闘態勢を築いた。持ち前の組織力がフル回転したことも奏功した。
 民進党は、陳総統自ら陣頭指揮し「国民党が絶対多数をとれば、中国との統一が唯一
の選択肢になる」と訴えたものの、有権者の反応は鈍かった。
 国民党は、8年ぶりの政権奪還に王手をかけた。だが、国民党幹部自身が戸惑うほど
大勝したとはいえ、それがそのまま総統選につながるのか。それが総統選の焦点となっ
てきた。
 台湾では選挙のたびに勝敗が入れ替わる「振り子現象」が続いてきた。政党支持率に
近い比例代表の今回得票率は、国民党約51%、民進党約37%と、議席数ほどの大差はな
い。
 民進党は、総統選候補の謝長廷・元行政院長(首相)を中心に、党員、支持者の危機
感をバネに、態勢をどこまで立て直せるかがカギとなる。ただ、謝候補が「逆転勝利」
で政権を維持しても、巨大野党の前に政権運営は不安定になる。
 3分の2以上の議席を握った国民党は総統罷免案を発議できる。無所属議員などを取
り込めば4分の3を超え憲法改正も可能だ。馬英九・前党主席が総統選を制すれば、国
民党独裁時代をほうふつとさせる巨大与党の政権が誕生する。
 総統選と同時に、陳総統が推進してきた「台湾名での国連加盟」の是非を問う住民投
票も行われる。中国は「独立への一歩」と警戒を強め、米仏も反対するなど国際的な関
心事となりつつある。
 「現状変更につながるなら支持できない」とする日本としても、地域の安定を損なわ
ないよう働きかけるべきだ。
------------------------------------------------------------------------------
台湾立法委選 政策を競う時代が来た
【1月14日 東京新聞】

 台湾の議会に当たる立法院選挙は野党・国民党が圧勝した。選挙で示されたのは、中
国との統一か独立かという選択よりも台湾海峡の緊張を避け、より清潔で信頼できる政
治を望む民意ではないか。
 今回は3月の総統選挙の前哨戦で、中選挙区から小選挙区比例代表並立制に移行して
初の選挙だった。
 定数も225から113にほぼ半減する激戦となった。これまでも野党が多数を占めていた
が、国民党は3分の2を超える81議席を獲得。与党・民主進歩党は27議席の惨敗に終わ
った。
 中国との統一を志向する国民党は民進党政権の8年間に政治腐敗が進み、経済が不振
に陥ったと攻撃した。一方、独立を志向する民進党は国民党こそ政治腐敗の元凶で、同
党が勝てば統一に突き進むと反撃した。
 結果から見れば、台湾経済が4−5%台の成長を維持しながらも、貧富の差が拡大し
た経済政策への批判票が国民党に集まった。また、民進党の陳水扁総統の夫人や同党幹
部らが交際費の横領罪で起訴されるなどの疑惑に対する批判が噴き出した。
 ただ、この選挙結果が中国との統一を望む民意を示したとは言えない。各種世論調査
では中台関係の現状維持を望む声が大半を占め、選挙前に、国民党の馬英九総統候補は
政権を獲得しても、統一に進まず現状を変えないと約束しているからだ。
 一方、民進党の謝長廷総統候補も「台湾は既に独立している」として独立宣言はせず、
現状を維持すると明言している。このため、立法委員選の先頭に立った陳総統が「独立
か、統一か」が争点と強調したにもかかわらず実は、この問題は選択の基準でなくなっ
ていると言ってよい。
 むしろ台湾海峡の緊張を緩和し中国の経済力をも取り込みながら、経済と民生を向上
させる政策を競い合うことが両党に求められている。
 立法委選の勝利で国民党は総統選でも有利になった。しかし、小選挙区制は得票率よ
りも議席の差が開くうえ、選挙民のバランス感覚も働くので総統選は予断を許さない。
 陳総統は今後、総統選と同時に行う台湾名義での国連加盟の是非を問う住民投票問題
などで、中国と対決姿勢を強めるだろう。中国の強硬姿勢を引き出せば、台湾で反発が
強まり、選挙で有利になることを熟知しているためだ。
 日本は台湾とは歴史的にも深いつながりがある。米国は住民投票に露骨に反対し台湾
の反発を買っている。日本は独自の立場から、台湾海峡の緊張を高めないよう中国に自
制を求めると同時に、台湾にもさまざまなルートで働き掛けるべきだ。
------------------------------------------------------------------------------
台湾立法委選 与党は解党的出直し必要
【1月14日 産経新聞「主張」】

 12日の台湾立法委員(国会議員、定数113)選挙で、最大野党の中国国民党が全議席の
3分の2を超える81議席を獲得し、圧勝した。台湾生まれの与党、民主進歩党(民進党)
は27議席にとどまる歴史的な惨敗を喫した。
 与党の敗因として政権の腐敗や経済不振、対外関係の悪化などが指摘される。これを
機に民進党には解党的出直しを求めたい。国民党は3月22日の総統選挙で8年ぶりの政
権奪還を実現するための有利な足場を築いたが、民進党の奮起なしには台湾民主政治の
健全な発展は望みがたいからである。
 今回の選挙では定数を従来の225から半分に減らし、小選挙区比例代表制を導入した。
議会の簡素化、効率化と二大政党を柱とした民主政治の高度化を図る狙いがあった。
 国民党は持ち前の資金力と組織力を活用して新選挙を有利に戦った。メディアを通じ
て陳水扁政権の腐敗や台湾経済の低迷、中国や米国との関係悪化などを選挙民に強く印
象づけた。
 民進党は陳総統を中心に、人口の8割強を占める本省人(日本統治時代から台湾に住
む住民とその子弟)の台湾人意識に訴える従来の作戦を繰り返した。台湾名義での国連
加盟の是非を問う住民投票を総統選と合わせて実施するなどの戦術がそれだが、選挙民
の目は覚めていた。
 陳水扁総統が大敗の責任をとり、党主席を辞任する意向を表明したのは当然だ。小選
挙区制では選挙の勝敗が極端に分かれる傾向が強いが、国民党の議席は総統罷免案を単
独で可決できる3分の2(76)を上回り、住民投票を経て憲法を改正できる4分の3
(85)にも近づく大勝ぶりだ。
 国民党が総統選にも勝てば、蒋介石・蒋経国の両政権時代を連想させる強大な権力を
握ることになる。民進党の総統候補、謝長廷・元行政院長は陳総統の急進的な台湾独立
路線とは異なり、穏健独立派で経済再生、就業など住民の身近な問題への関心が強い。
 これまで陳総統の陰に隠れていたが、総統選や党の抜本的再建に存分に指導力を発揮
してもらいたい。中国との関係改善や将来の中台統一を視野に入れる国民党の総統候補、
馬英九・前台北市長との間で、台湾の将来をめぐる中身のある選挙戦を望みたい。
------------------------------------------------------------------------------
台湾総選挙 陳総統の実績に厳しい審判
【1月14日 毎日新聞「社説」】

 台湾の立法院(国会に相当)総選挙は、野党・国民党が圧勝、陳水扁総統の与党・民
進党は惨敗した。
 国民党の議席は定数の3分の2を超えた。陳総統の罷免案を出せる数を与えられたこ
とになる。
 3月には陳総統の任期満了に伴い、総統選挙が行われる。台湾独立を掲げる民進党は
謝長廷・元行政院長、国民党は大衆的な人気が高い馬英九・前党主席が出馬する。
 今回の選挙で馬陣営に弾みがついた。総統選で民進党から国民党へ政権交代する可能
性が高くなった。民進党が勝ったとしても、これほど議席が減っては安定した政権運営
は難しい。
 中国は、独立反対の国民党が勢いを増したことを歓迎しているだろう。ただし忘れて
ならないのは、台湾の有権者は政権を選ぶ権利があり、その結果として議席の増減や政
権交代が起きるということである。中国共産党は台湾の民主政治に学ぶべきである。
 今回、有権者の最大の関心はなにか。陳水扁政権2期8年の停滞感から抜け出したい
という変化への期待だったとすれば、総統選のテーマでもある。
 陳総統は就任以来、台湾独立の理念を前面に立て、中台の緊張を高めた。中国への投
資や技術移転も厳しく制限した。
 しかし経済で結果を出せず、台湾の株価は陳政権発足当時の水準を下回ったままだ。
民進党支持派の台湾資本も陳政権と距離を置くようになった。
 米国も変わった。ブッシュ政権は、北朝鮮に核廃棄を迫るために中国の協力が必要
で、「台湾の独立に反対」と明言している。
 3月の総統選では、同時に「台湾名義で国連に加盟申請するかどうか」を問う住民投
票が行われる。中国は「事実上の独立投票になる」と反発している。米国も住民投票断
念を求めている。米台関係の悪化を心配する有権者の不安は国民党の追い風だった。
 民進党の友党だった李登輝前総統派の台湾団結連盟が、今回は陳政権と距離を置いた。
それでも一議席も獲得できなかったのは象徴的だった。
 立法院選でも、国民党資産などをテーマに住民投票が実施された。棄権が半数を超え
ると不成立になるが、国民党が棄権を呼びかけ、不成立に終わった。
 3月の国連加盟住民投票の前哨戦だと見れば、中国が心配するまでもない。台湾への
軍事的威嚇などは逆効果になるだろう。
 民進党にとっても、住民投票の狙いが中国と摩擦を起こすことなら票は逃げるという
教訓になるだろう。
 福田康夫首相は昨年暮れの訪中で、「台湾独立は支持しない」と発言した。中国は日
本に「反対する」と言わせたかったようだが、外圧の必要はない。台湾では民主主義が
機能しているからである。
------------------------------------------------------------------------------
台湾、総統選へ波乱呼ぶ国民党圧勝
【1月13日 日経新聞】
 
 中国で8月に北京五輪が開催される今年、台湾では3月に総統選挙が実施される。その
前哨戦となった12日の台湾立法院(国会)選挙で、最大野党である国民党が圧勝し、与
党の民進党は大敗を喫した。総統選候補の馬英九・前国民党主席に追い風となろう。だ
が総統選に向け、中台関係は波乱要因を抱えたままだ。中台双方の冷静な対応を望む。
 今回の選挙は3月22日投票の総統選を控え、台湾独立色の強い民進党と、対中融和姿勢
をとる国民党の2大政党が総力戦を演じた。民進党主席を兼ねる陳水扁総統が陣頭指揮に
立ち、同党総統選候補の謝長廷・元行政院長が全土を回れば、国民党の馬氏も精力的に
遊説した。
 立法院選は今回から小選挙区比例代表並立制を初めて導入した。定数を従来の225から
113(小選挙区73、比例区34、先住民区6)とほぼ半減し、任期も3年から総統と同じ4年
に延長した。
 2期8年にわたり台湾独立路線を走った民進党政権の信任が問われた今回の選挙で、国
民党は経済重視を掲げた。国民党は定数の3分の2を超す81議席を獲得、総統罷免を単独
で提案できるようになった。
 陳総統は「台湾人意識」を訴える戦術をとったが惨敗し、党主席を辞任した。民進党
が27議席にとどまったのは、経済運営への不満などが有権者にあったからではないか。
 選挙結果は中台関係も左右する。陳総統はかつて憲法の抜本改正で台湾の政治体制や
対中関係を変えようとし、前回の立法院選(2004年12月)の結果、「現状維持」にとど
まった経緯がある。今回の立法院選の民意も中台関係については現状維持を選択したと
いえるだろう。
 民進党は3月の総統選と同時に「台湾名義での国連加盟」の住民投票を予定している。
今回の敗北を受け、総統選での巻き返しを狙って住民投票を強行する公算が大きい。
 中国は住民投票に強く反発、米国やフランスも台湾海峡の緊張を高めかねないと反対
している。これに対し陳総統側は実施しても中国が北京五輪前に武力行使するようなこ
とにはならないと踏んでいるらしい。
 日本政府は一貫して中台関係の平和的解決を主張、「いずれかの側によるいかなる一
方的な現状変更の試みも支持できない」との立場だ。福田康夫首相も住民投票が「一方
的な現状変更につながっていくのであれば支持できない」と述べている。
 台湾海峡で不測の事態を招かないためにも、中台双方は相手を挑発するような言動は
厳に慎むべきだ。 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 長男の通夜の日に国会に臨んだ国士・西村眞悟議員の国会議員としての覚悟

 去る1月9日、西村眞悟・衆院議員のご長男の西村林太郎氏が議員宿舎から転落して亡
くなられた。西村議員がその日のうちに手記を発表されたことに強い衝撃をうけた。だ
が、夕刻からご長男のお通夜が行われた11日午後1時、衆議院本会議で行われたテロ特措
法案の採決に臨んだことにさらに強い衝撃を受け、深く心を揺さぶられた。

 まさに国会議員、いや国士としてのふるまいを見せていただいた。採決直前に本会議
をすっぽかして選挙応援に行った某政党の代表とは、国会議員としての覚悟に天地雲泥
の差がある。人は土壇場にならないと本性は分からない。

 西村議員は国会に臨んだ心境を、昨日発行した自らのメルマガ「西村真悟の時事通
信」(No.326)でつづられている。西村議員が日本李登輝友の会の設立以来の会員であ
ることを誇りに思う。

 ご長男のご冥福を心からお祈りするとともに、ここに手記掲載の報道とともにご紹介
したい。                              (編集部)

■西村真悟の時事通信
 http://www.emaga.com/info/shingo.html
------------------------------------------------------------------------------
ありがとうございます

                                西 村 眞 悟

 息子の西村林太郎は、十一日の通夜、十二日の告別式を経て、皆さまとお別れしてい
きました。

 そして、今は永遠の安らぎのもとにいます。

 氷雨の中の通夜そして告別式にご参列下さいました皆さま、ご弔意をいただいた皆さ
ま、お祈り頂いた皆さま、心よりお礼申し上げます。ありがとうございます。

 九日から今までの間に、今まで気付かなかった事実を知り愕然としています。それは、
何と多くの若者が林太郎のように亡くなっているのだろうということです。

 葬儀の時、「私の子も、二十六歳で亡くなりました」と涙を流された方がおられまし
た。また、林太郎の死と自分の息子の死が同じなので体が震えて葬儀に出席できないと
の伝言を託してくれた方がありました。この方の息子さんが亡くなったことは知ってい
ましたが、まさか林太郎と同じ亡くなり方だとは思いませんでした。

 さらに、十日の午前一時十七分にファックスを頂きました。お名前を書かれていない
ので、この場で公表させて頂くことのご了承をえることができませんが、次のようなフ
ァックスでした。

「長男さん、林太郎さんのご冥福を心からお祈りいたします。
 私も昨年の夏の明日10日というか今夜早朝、一人っ子の長男26歳がうつ病の末、飛び
降りて自死しました。
 心の整理もついていないときとは思いますが、何故世間では自殺と表現するのでしょ
うか。本人は殺していません。自らの判断で一生に区切りをつけたのと思います。
 ありがとう、今まで頑張った息子に感謝しています。私は自殺と表現されるのに抵抗
があります。
 ぜひ、以前にテレビで拝見していた様に、世間で自殺と表現しない様に言っていただ
けませんか。申し訳ありません、時間がたっていないときに、でも、今夜息子のことを
思い出している時のニュースで知り書かずにはいれませんでした。
 再度、林太郎さんのご冥福を祈ります。
 自死遺族会リメンバー福岡の会員です。」

 このファックスが東京の私の事務所に到着した十日の午前一時十七分は、この方が言
われる「明日10日、というか今夜早朝」という時間ではないか、と思われます。この時
私は、林太郎を連れて東名高速の豊橋付近を走行していました。

 十一日にこのファックスを拝読しましたが、全く私も同じ思いです。よくぞ、ファッ
クスをしてくださいました。お礼申し上げます。そして、一人っ子のご長男のご冥福を
心よりお祈り申し上げます。

 うつ病のなかでの死、これは病死です。

 自殺ではありません。病死なのです。

 九日の午後、林太郎の希望をかなえるための角膜と心臓弁提供の手術中つまり林太郎
の貴重な仕事中に、私は林太郎の通夜と葬儀の日程を決めました。

 息子は父に何を望んでいるだろうかと林太郎にたずねたのです。すると、おやじ公務
を疎かにしたらあかん、と林太郎が告げているように思いました。

 そして、秘書に電話し、テロ特措法案の衆議院本会議上程日を確認させました。暫く
して、十一日午後一時の本会議開催でほぼ確定との返事が来ました。

 これで、十日早朝に帰宅した林太郎は、十日の夜は家でゆっくりと過ごし、十一日に
は通夜の場であるカトリック堺教会に移ることが出来るという素晴らしい日程が決まっ
たのです。

 私は無所属です。何処の政党の指示も受けない立場です。

 つまり、忠誠を尽くすのは、国家ネイションであって何処かの政党の親分ではありま
せん。従って、私の決定は政党の指示を受ける議員より重いのだと自負しています。

 十一日の衆議院本会議場で私の名前を呼ばれた時、法案への賛成を示す白票を持っ
て、「林太郎、行くぞ」と言って壇に登りました。そして、直ちに堺へ向かい午後五時
前に新大阪駅に着いたのです。

 国家のために、この法案が成立してよかったのです。

 おやじには言わなくとも、林太郎は時々私のこの時事通信をみていました。従って、
林太郎も私がこの法案に賛成票を投じる機会を確保してくれたと思っています。

 昨年秋の十月二十六日に、私は次のような感想をメモ用紙に書き込みました。この度
の本会議に臨んで、自分の書き込んだことが今の状況にぴったりだと改めて思った次第
です。

「かつての社会党は、反対の為に政治闘争をした。
 今の民主党は、政治闘争のために反対をする。
 いずれがタチが悪いか。」 
                                    (了)
------------------------------------------------------------------------------
死亡長男は「強いうつ状態だった」 西村議員が手記
【1月9日 MSN産経ニュース】

 西村真悟衆院議員(無所属)は9日午後、長男の林太郎さん(26)が東京都港区の
衆院赤坂議員宿舎から転落死したことについて自筆のコメントを発表、林太郎さんが医
師に強いうつ状態と診断されていたことを明らかにした。

 コメントによると、林太郎さんは昨年末からうつ状態となり、慶応大病院精神科で今
月8日、強いうつ状態と診断された。9日朝も病院に行く予定だった。

 西村議員は9日午前、林太郎さんがいなくなったと妻から告げられ外出先から宿舎に
戻った。ベランダから身を乗り出して下を見ると、林太郎さんが横たわっていたという。

 西村議員はコメントで「なぜ、林太郎の転落を止められなかったのかと深く自責の念
にかられながら、今、林太郎はうつの苦しみから解放され、神に召されたのだと慰め合
っています」としている。

■西村議員が公表した手記の全文は次の通り(原文のまま)

 本日 私の長男林太郎(26才)は衆議院赤坂宿舎20階の私の室のベランダから転落し、
12時07分に死亡が確認されました。

 林太郎は今年より出版社に勤務しておりましたが、昨年末より、ウツ状態に陥り、昨
日8日午後4時より、慶応病院精神科で受診し、強いウツ状態と医師より伝えられまし
た。

 私ども親も本人も入院するつもりで医師も入院が望ましいとの意見でした。

 しかし、医師が問い合わせると病院に入院ベッドの空きがなく宿舎に引き上げ楽しく
食事をして就寝した次第です。

 本日朝、私は林太郎によく寝たかと声をかけ、午前9時30分に外出しました。

 そして、午前10時27分に林太郎を慶応病院に連れていくために妻の携帯に電話した直
前に本人が室からいなくなっている旨、訴えたので、驚いて、宿舎に戻り、自室ベラン
ダから身を乗り出して下を見て横たわる林太郎の姿を認め、119番通報した次第です。

 自室には妻と妹と林太郎がいました。妻が歯をみがくため30秒ほど目を離した間に、
こつ然と林太郎の姿が室から消えていたという状態でした。

 救急隊の必死の救命活動そして慶応病院の救命活動の後に、12時07分死亡が確認され
て後私どもは、この突然の悲しみの中でなぜ、林太郎の転落を止められなかったのかと
深く自責の念にかられながら今、林太郎は、ウツの苦しみから解放され、神に召された
のだと慰め合っています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。