国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第676号】 1月の主な催し

2008/01/03



>>>>> http://www.ritouki.jp/―――――――――――【平成20年(2008年) 1月3日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――――[Vol.676]
1>> 1月5日(土)、川村純彦氏を講師に神奈川李登輝友の会が時局講演会
2>> 1月12日(土)、台湾・屏東にて池上一郎博士文庫七週年紀念祭
3>> 1月16日(水)、中嶋嶺雄氏を講師に政民合同會議が定例会
4>> 1月26日(土)、青森日台交流会がDVD鑑賞会と新年会【1月24日締切】
5>> 1月26日(土)、「私が台湾にハマった理由〜初心者のための台湾一周」講演会 
6>> 1月30日(水)、林建良氏を講師に時局プレス会議

■日本李登輝友の会本部事務局の年末年始
 本部事務局は12月27日(木)から1月3日(木)までお休みします。皆様のご多幸をお祈り
 申し上げます。
■台北の1月1日
 本会ホームページに台北101ビルの年越花火大会の写真を掲載しています。
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 1月5日(土)、川村純彦氏を講師に神奈川李登輝友の会が時局講演会
   演題は「アジア太平洋地域の安定と中国の海洋進出」

■日 時:平成20年1月5日(土) 午後2時から4時まで(受付:1時30分)

■演 題:アジア太平洋地域の安定と中国の海洋進出

■講 師:川村純彦先生
     (かわむら すみひこ) 昭和11年、鹿児島市生まれ。防大卒業(4期)後、海
     上自衛隊入隊。対潜哨戒機パイロット、在米大使館防衛駐在官、第5(那覇)
     及び第4(厚木)航空群司令、統幕学校副校長等を歴任。平成3年、海将補で退
     官。現在、川村研究所代表、岡崎研究所副理事長、日本李登輝友の会理事、
     同会千葉県支部長。

■会 場:神奈川県立かながわ労働プラザ 3Fホール(通称:Lプラザ)
     横浜市中区寿町1−4 電話045-633-6110(大代表)
     【交通】JR根岸線「石川町駅」北口下車 徒歩3分
         北口の中華街とは反対側から出て、石川町北口交差点から首都高速
         神奈川三号線をくぐり、次の信号を右折。有料駐車場有り。

■会 費:1000円

■懇親会:3000円

■申込み:FAXかメールでお願い致します。
     FAX:045-713-7342 メール:harimao@r8.dion.ne.jp

■主 催:日本李登輝友の会神奈川県支部(支部長:石川公弘)
     〒232-0071 横浜市南区永田北3-18-14 南洋物産!)気付
     FAX:045-713-7342 メール:harimao@r8.dion.ne.jp

■協 賛:日本李登輝友の会千葉県支部
------------------------------------------------------------------------------
神奈川李登輝友の会時局講演会 申込書

お名前                 お電話

所属支部

□講演会     □懇親会     (参加は□にチェックを)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 1月12日(土)、台湾・屏東にて池上一郎博士文庫七週年紀念祭

【案内】池上一郎博士文庫七週年紀念祭

 池上一郎博士文庫七週年紀念祭が2008年1月12日(土)に台湾・屏東縣竹田驛園で開か
れます。

 池上一郎博士は台湾の日本時代に竹田にあった野戦病院院長に派遣されていましたが、
軍隊兵士に加え村人たちの治療も行った方で、戦後は日本において台湾からの留学生を
支援するとともに、晩年は第二のふるさとである竹田に対し書籍や奨学金寄付を行いま
した。

 地域住民からは大変尊敬され、台湾政府文建会によって竹田駅公園内に、池上一郎博
士文庫が2001年1月16日に完成しました。これまで毎年1月16日に紀念祭が行われていま
したが、より幅広く多くの方々が参加しやすいよう、今年から1月16日直近の「土曜日」
に開催することになりました。

 どうぞ多くの方々のご参加をお待ちしています。(予約は不要です)。

■開 催:2008年1月12日(土)午前10時開始(昼食後解散)

■場 所:竹田驛園(高雄から各駅停車の電車で約60分)
     [参考] 高雄発09:00枋寮行き竹田下車(09:58着)

■問合せ:台湾・池上一郎博士文庫 TEL (08)7711647
     *月曜日休館、土日は午前中

     日本:http://www.a-eda.net/cgi/mail/mail.html(枝)

     池上一郎博士文庫関連サイト:http://www.a-eda.net/asia/ikegami.html
     *これまでの紀念祭についての記事も掲載されています。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 1月16日(水)、中嶋嶺雄氏を講師に政民合同會議が定例会
   演題は「台湾の総統選挙と中国」

●平成20年1月16日「政民合同會議」ご案内●

タイトル 「台湾の総統選挙と中国」
講師/中嶋 嶺雄  国際教養大学学長

 台湾の国会に当たる立法委員選挙は2008年1月12日、総統選挙は3月22日に迫った。親
中派の国民党・馬英九候補、独立派の民進党・謝長廷候補の対決となる本選挙は、独立
と統一の間で揺れる台湾にどのような運命をもたらすか。

 日本における台湾・中国問題の第一人者が、2ヶ月後に迫った総統選挙を直前分析する。
また、今後の中国情勢や日中関係についてもうかがう。

 2008年のアジア情勢を読み解く上で重要な意味を持つ、年頭を飾るにふさわしい特別
講演にご期待ください。

日 時/平成20年1月16日(水)AM 11:50〜PM 1:30

会 場/参議院議員会館 1F「第1会議室」
    東京都千代田区永田町2−1−1

参加費/4,000円(お弁当代含む)

お申込/政民合同會議へのお申込は、事前に担当の高村圭子(03-5832-7231)までご連
    絡ください。

■政民合同會議
 http://www.fides.dti.ne.jp/~shinwa/jikyokushinwakai/kouenkai/seimin.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 1月26日(土)、青森日台交流会がDVD鑑賞会と新年会【1月24日締切】
   第2部では李登輝先生奥の細道散策in秋田の映像も上映

 11月の許世楷台湾大使講演会は無事に成功に終えました。すべては皆様のお蔭です。
誠にありがとうございました。

 講演会後はご無沙汰いたしておりましたが、下の通りDVD観賞会&新年会を開催す
ることに致しました。新しい年を祝うとともにお互いの親睦を深めたいと存じます。ぜ
ひご参加ください。

 尚、DVD観賞会の出欠の有無はいりませんが、新年会の出欠につきましては、1月
24日(木)までに、 電話かFAXでお知らせくださいますようお願い申し上げます。

 2007年12月28日

                                青森日台交流会

                     記

■日 時 2008年1月26(土)12:30〜18:00

■場 所 青森県国際交流協会ラウンジ(水産ビル5F)

■会 費 DVD観賞会:無料 新年会会費:3000円(当日お支払いください)

     12:30〜12:40 挨拶・解説
     12:40〜14:10 第1部 DVD「台湾民主化之道」鑑賞会
     14:10〜14:20 休憩
     14:20〜15:50 第2部 李登輝先生奥の細道散策in秋田の映像上映
     15:50〜16:00 休憩
     16:00〜18:00 第3部 同場所で新年会

     立食パティー形式(台湾料理、お楽しみ抽選会など、もご用意しております。
     お楽しみに!) 

■申し込み・問い合わせ 青森日台交流会 出町まで。
     TEL:090−6685−6887
     FAX:0172−62−6936

■主催:青森日台交流会

■協力:日本李登輝友の会青森県支部(略称:青森李登輝友の会)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
5>> 1月26日(土)、「私が台湾にハマった理由〜初心者のための台湾一周」講演会 

 台湾の魅力は台北だけじゃなかった! 台湾の真の魅力、台湾人の素顔、そして初心
者でもらくに回れる台湾一周のコツとは!? 

 『らくらく台湾一周旅行』の著者・松田義人(まつだ よしひと)が台湾で撮ってき
たスライドとともに台湾の魅力、台湾人の素顔、台湾一周旅行のコツを紹介します。 

●日 時:2008年1月26日(土)15時〜17時

●場 所:東京・白金高輪 台湾資料センター会議室
     東京都港区三田5-18-12
     http://www.taiwanembassy.org/public/Data/711311572571.jpg

●料 金:無料 

 ※来場ご希望の方はあらかじめお電話にて入場の旨をお伝えください。
 ※台湾資料センター 03-3444-8724(火曜日〜土曜日9 時〜12時・13時〜17時30分) 

松田義人(まつだ よしひと)
1971年・東京都生まれ。出版社勤務を経てフリー編集者に。『たのしい中央線』(太田
出版)シリーズ責任編集を務めるかたわら、趣味の台湾旅行に余念がない。台湾で最も
好きな場所は花蓮(食べ物もウマいし、自然も豊富。もちろん人も暖かい)。

■書名 らくらく台湾一周旅行
■著者 松田義人 http://deco-tokyo.com/main/
■体裁 四六判、並製、208ページ
■定価 1,260円(税込)
■版元 白夜書房
    http://www.byakuya-shobo.co.jp/product_info.php?products_id=1484
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
6>> 1月30日(水)、林建良氏を講師に時局プレス会議
   演題は「台湾の運命を決する総統選」

●平成20年1月30日「時局プレス会議」ご案内●

タイトル 「台湾の運命を決する総統選」
講師/林 建良 「台湾の声」編集長

 3月22日に迫った、総統選挙では国民党の馬英九候補と民進党の謝長廷候補の一騎打ち
になることが予想される。中国との統一か独立かをめぐる決選投票だ。選挙の行方によ
って台湾はどう変わり、日本はどのような選択を迫られるか。また中国が台湾に軍事攻
撃を加えるという説もあるが、実際はどうなのか。

 1月12日、日本の国会議員に当たる立法委員選挙の結果も踏まえて、台湾問題で右に出
る者のない論客が緊急分析する。

 2008年のアジア情勢を左右する歴史的な選挙、そしてその重要な指針となる本講演を
お見逃しなく。

日 時/平成20年1月30日(水)PM6:00

会 場/日本外国特派員協会  20F「メディアルーム」
    有楽町電気ビル北館20F
    !)03-3211-3161

参加費/8,000円(食事付)

お申込み先/!)03-5832-7231またはメールshinwa@fides.dti.ne.jp

*事前申込のない方は参加できません。ご注意下さい。

■時局プレス会議
 http://www.fides.dti.ne.jp/~shinwa/jikyokushinwakai/kouenkai/press.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。