国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第671号】 「2008総統選挙見学ツアー」参加者を仮募集! 3月22日の投票結果を台湾で!!

2007/12/27



>>>>> http://www.ritouki.jp/―――――――――――【平成19年(2007年) 12月27日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――――[Vol.671]
1>>「2008総統選挙見学ツアー」参加者を仮募集! 3月22日の投票結果を台湾で!!
2>> 福田首相は「台湾の住民投票」に関して中国の言い分に組してはならない
3>> <台湾>陳政権の「脱蒋介石化」進む ひ孫も賛意表明

■日本李登輝友の会本部事務局の年末年始
 本部事務局は本日(12月27日)から1月4日までお休みします。今年もお世話になりま
 した。良いお年をお迎えください。皆様のご多幸をお祈り申し上げます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>>「2008総統選挙見学ツアー」参加者を仮募集! 3月22日の投票結果を台湾で!!
   台湾の命運を左右する総統選挙の熱気を肌で感じてください

 ご存じのとおり、台湾の命運を左右すると言っても過言でない総統選挙。この投票日
が来年の3月22日(土)で、その日のうちに結果が出ます。今回、日本李登輝友の会では
その瞬間を台湾で迎えたく「2008総統選挙見学ツアー」を催行します。

 ツアーの内容は、1月12日に投開票が行われる立法委員選挙後に発表いたします。

 総統選挙は4年に1回しかありません。日本の針路にも深くかかわる台湾の総統選挙で
す。この機会に是非、台湾の熱気を肌で感じてください。

                          (日本李登輝友の会 事務局)
------------------------------------------------------------------------------
日  程:3月20日(休)午後便(CI-109便、14:15発)で台北へ。
       21日(金)未 定
       22日(土)未 定
       23日(日)午後便(CI-018、14:20発)か夕方便(CI-106、16:45発)で帰国

主  催:日本李登輝友の会

定  員:40名(定員に到達次第、締め切ります)

航空会社:チャイナエアラインを予定

 本来は参加費、内容、宿泊ホテル等も記載して案内すべきですが、現時点ではこれら
は未定です(参加費は成田発ツインで10万円前後となる見込みです)。それでも現時点
で案内しましたのは、このスケジュールを見ていただいても分かるとおり大変混雑の予
想される時期(=航空券の高い時期)ですので、まず仮申込みいただき、後日、参加費、
内容、宿泊ホテル等を案内させていただこうと判断いたしました。もちろん、確定申込
みは詳細案内後で結構です。

申込方法:下記の申込書に必要事項を記載し、FAX、メールにてお願いします。お申
     し込みいただきましたら、所定の書類を送付いたします。
     
     注:パスポートは3ヵ月以上の残余期間[有効期限が2008年(平成20年)6月
       25日以降]が必要ですので、必ずご確認願います。

■お申し込み・お問い合わせ
 日本李登輝友の会事務局:柚原、片木、薛
 〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
 電話:03-5211-8838 Fax:03-5211-8810
 E-mail:ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
「2008総統選挙見学ツアー」仮申込書

1、ご氏名
2、男 女(○で囲む)
3、年齢  歳
4、会員 一般(○で囲む)
5、宿泊希望 シングル ツイン(○で囲む)
6、パスポート番号
7、パスポートの有効期限
8、パスポートのローマ字氏名
9、ご住所 〒
10、TEL
11、FAX
12、E-mail
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 福田首相は「台湾の住民投票」に関して中国の言い分に組してはならない
   日本は米仏やシンガポールに追従するなかれ

 昨日の産経新聞の社説「主張」が、今日から訪中する福田首相に対し、台湾が3月の総
統選挙と同時に行おうとしている「台湾の名義での国連加盟」の是非を問う住民投票に
ついて適切な助言を呈している(下記に全文を紹介)。

 周知のように、すでにこの住民投票については中国の要求に応じたアメリカやフラン
スが反対を表明し、最近ではシンガポールも反対の姿勢を打ち出している(12月25日)。
しかし、これは台湾を一度も統治したことのない中国の「台湾は自国領」とする言い分
を丸呑みした明らかな内政干渉だ。

 台湾の外交部が表明しているように、「この公民投票は台湾の民意を示すもので、台
湾の人々が国連に参与したいという強い願いを表現するもの」に過ぎない。

 ましてや、産経新聞が指摘しているように、日本はサンフランシスコ講和条約という
国際条約にのっとって「台湾の帰属については発言する立場にはない」と主張してきた
のであるから、中国の言い分に組してはならないのである。

 この問題に関する宮崎正弘氏の見解を本誌で紹介した際(12月23日、第668号)にも指
摘したように、日本は、2004年の総統選挙のときに行われた住民投票に対して、アメリ
カに追従するように「申し入れ」を行って台湾国内に大きな混乱をもたらした。その失
策を踏襲しないため、これまで何ら明確な方針を表明していない。

 日本は「相手の嫌がることはやらない方がいい」のではなく、国益に適うなら、中国
の嫌がることでもやらなければならない。日本は日本の国益のために、台湾の住民投票
に口をはさむような内政干渉をしてはならないのである。福田首相の対応をしかと見極
めたい。               (メルマガ「日台共栄」編集長 柚原正敬)
------------------------------------------------------------------------------
福田首相訪中 台湾への姿勢を変えるな
【12月26日 産経新聞「主張」】

 福田康夫首相が27日から4日間、中国を訪問する。中国側の主要な狙いのひとつは、
台湾の陳水扁総統が計画する「台湾の名義での国連加盟」の是非を問う住民投票に対し、
日本の反対表明を引き出すことにあるのだろう。

 中国はこの住民投票が台湾独立につながると警戒を強めている。米仏は中国の求めに
応じて反対の姿勢を打ち出したが、日本は従来の台湾政策を堅持し、これに同調しては
なるまい。

 福田首相の訪中は当初、1月の予定で調整が進んでいた。年内に繰り上がったのは中
国側の働きかけによるところが大きい。日中の最大懸案である東シナ海のガス田問題で
は、今回の訪中で突破口が開ける状況にはない。

 にもかかわらず中国が早期訪中を望んだのは、来年3月の総統選挙時に予定される住
民投票が要因のひとつだろう。米国はこの住民投票を「台湾海峡の緊張を高める」(ラ
イス国務長官)として反対を表明してきた。

 中国は、台湾が独立問題をも住民投票で決めるような事態に発展するのを極度に警戒
し、独立阻止のためには武力行使も辞さない姿勢を強調している。米国は台湾の安全保
障に関与することを明示した台湾関係法を制定しているだけに、中台の緊張激化にひと
きわ神経質にならざるを得ない。

 しかし、日本は台湾問題には慎重であるべきだ。日本は「台湾は自国領」とする中国
の立場を「理解し尊重する」としているが、「サンフランシスコ講和条約では台湾への
領土権を放棄したのみで帰属先は触れていないため、台湾の帰属については発言する立
場にはない」と主張してきた。

 親日感情の強い台湾に向け、日本の首相が「住民投票反対」を言えば影響は大きい。
投票を強行しても住民投票不成立の可能性が高まる。日本の反対表明は、住民投票支持
の与党、民主進歩党候補には不利に働き、野党の中国国民党候補には有利に働こう。

 福田首相が住民投票に反対する姿勢を示せば、台湾住民は日本も中国の要求に屈した
とみなし、対日不信を強めるだろう。日台関係にも悪影響を及ぼす。台湾海峡の緊張を
高める結果にもつながりかねない。日本は台湾有事を誘発しないためにも、中台緊張緩
和の橋渡し役となるべきだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> <台湾>陳政権の「脱蒋介石化」進む ひ孫も賛意表明

【12月25日 毎日新聞Web版】

 【台北・庄司哲也】台湾の陳水扁政権が進める蒋介石元総統の威光を否定する一連の
キャンペーンに、元総統のひ孫の蒋友柏氏(31)が賛意を表し、注目されている。友柏
氏は25日、陳総統が蒋元総統を記念した「中正記念堂」の名称を「台湾民主記念館」
に改めたことについて「個人的には賛成だ」と発言。かつて曽祖父が率いた最大野党・
国民党に対しても「自らを調整する能力を欠いている」などと批判した。

 陳政権は来年3月の総統選をにらみ、中国大陸とのつながりが強かった蒋元総統の威
光を排除することで、有権者の台湾人意識を高揚させ、与党・民進党政権を後押ししよ
うとしている。

 メディアから意見を求められた友柏氏は「(民進党の)選挙戦略」との見方を示す一
方、「『脱蒋介石化』は一つの時代を終わらせるためであり、民主化や文明化に進み、
より住みやすい時代になる」と賛意を表した。

 友柏氏の母親は国民党の現職の立法委員(国会議員)。自分は政界に入らず、デザイ
ン会社を設立してF1カーの車体デザインも手掛ける。ハンサムな外見とその生き方に
女性を中心に台湾の若い世代に影響を与えている。これまでも「蒋家が台湾人民を迫害
したことについて批判を受けるべきだ」などと発言し、周囲を驚かせてきた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。