国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第653号】 本日、台湾特選ポンカンのお申し込みを締め切ります!

2007/11/30



>>>>> http://www.ritouki.jp/―――――――――――【平成19年(2007年) 11月30日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――――[Vol.653]
1>> 本日、台湾特選ポンカンのお申し込みを締め切ります! 
2>> 本日から第8回李登輝学校研修団が開始!
3>>【書評】李前総統の表情がとてもいい [月刊「正論」1月号]
4>> 12月8日(土)、台湾研究フォーラムが第104回定例会(忘年会)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 本日、台湾特選ポンカンのお申し込みを締め切ります! 

 11月中旬に台湾特選ポンカンのご案内をしたところ、例年以上のお申し込みをいただ
いております。ありがとうございます。

 事務局では、台湾からの留学生にもお手伝いいただいて伝票作成に取り組んでおりま
すが、留学生もその申し込み量に驚きつつ、「日本の方がこんなに台湾のくだものに関
心があるとは知らなかった」と、嬉しそうに黙々と打ち込んでいます。

 さて、ポンカンのお申し込みは、本日が締切日。数量的にはまだ大丈夫ですので、本
日中にお申し込み書をFAXにてお送りください。

 お支払いは【前金制】となっております。こちらから「ご請求書」は参りませんので、
お申し込みいただいた方は、同時にご入金もお忘れなきようお願いします。 (編集部)

■本会ホームページでも案内し、お申し込み書もダウンロードできます。
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/
------------------------------------------------------------------------------
 台湾の冬のフルーツ、といえばポンカンですが、日本李登輝友の会では昨年好評につ
き今年もご案内いたします。

 今回のポンカンも産地を苗栗県卓蘭鎮に特定、糖度11度以上で大きさも揃った特選品
ですので、ご自宅で召し上がるだけでなく、お歳暮などの贈答品にも最適です。

 今年の特選ポンカンは、20〜24個入りの5kgと、3Lサイズ(250g程度)12個入りの
3kgの2種類をご用意、特製の化粧箱に入れてお送りします。

 なお、全ての商品は台湾から直輸入し、台湾物産館(池栄青果)にて検品を行なう都
合上、11月末日までの期間限定とさせていただきます。

 平成19年(2007年)11月

                               日本李登輝友の会
------------------------------------------------------------------------------
1.商品の種類と価格
 
 *20〜24個・5kg=3,900円(税・送料込み)
 *3L×12個・3kg=3,000円(税・送料込み)

2.お申し込みとお支払い(前金制)

 *お申し込み書に必要事項をご記入いただき、FAXでお申し込みください。
  ・お申し込み者の方やお届け先氏名には必ず振り仮名をお願いします。

 *同時に、下記の郵便貯金口座もしくは銀行口座までご入金ください。
  ・振込手数料はご負担願います。

 *FAX送信先 03-5211-8810(日本李登輝友の会)

 *お支払先【代金前払い制】
  ・郵便貯金口座
   記号番号 10180 95214171 日本李登輝友の会

  ・銀行口座
   みずほ銀行市ヶ谷支店 普通預金 8051020
   日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
   (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

3.お申し込みの締切と発送

 *11月30日(金)をもって締切といたします。

 *ご入金が確認できましたら、12月13日以降25日頃までに随時発送いたします。

 *配達指定日がございましたら、その旨をお書き添えください。

4.輸入・協力 池栄青果!) 台湾物産館

■お問い合せ
 日本李登輝友の会[担当:片木]
 〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
 TEL: 03-5211-8838 FAX: 03-5211-8810
 E-mail: ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 本日から第8回李登輝学校研修団が開始!

 本日から「第8回李登輝学校研修団」(竹市敬二団長、高松好夫副団長)が始まります。
今年は李登輝前総統に来日された関係で初めて夏場の8月に開催したことで、これまた初
めてのことですが年3回の開催となりました。

 また来年の台湾は、1月の立法委員選挙、3月の総統選挙と選挙が続きますので、秋ま
で李登輝学校を開けない事情もあり、できるだけ本年中にと開催した次第です。

 今回は、桃園空港に着いた足で台中に向かい、台湾李登輝学校の台中校友会との交流
から始まります。2日目以降の主なスケジュールと講師の先生方についてご紹介します。

■12月1日(土) 野外研修=彰化車庫、台中放送局、宝覚寺、淡水の老街散策

■12月2日(日) 研修=1:林明徳先生「台湾の主体性の追求」、2:馬薩道輝先生「台
         湾原住民の歴史と文化」
         野外研修=立法委員選挙見学

■12月3日(月) 研修=3:DVD「台湾民主化の道」鑑賞、4:黄昭堂先生「立法委員
         選挙と総統選挙について」、5:迫田勝敏先生「日本人の台湾生活経
         験」、6:黄天麟先生:総合座談会

■12月4日(火) 研修=7:李登輝先生
         終業式、記念撮影、李登輝先生と一緒に修業昼食会

 なお、研修の模様はまた機関誌『日台共栄』2月号に掲載の予定です。  (編集部)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>【書評】李前総統の表情がとてもいい [月刊「正論」1月号]

 本会編になる『李登輝訪日・日本国へのメッセージ』(まどか出版)が10月末に発売
されて以降、本誌ではその読後感や書評を紹介しています。

 今回は、明日発売の月刊「正論」誌に掲載されている書評をご紹介します。「正論」
誌では書名だけでしたので、上記タイトルは編集部が付けたものです。   (編集部)

■月刊「正論」
 http://www.sankei.co.jp/seiron/

 因みに、「正論」1月号は<総力特集>と銘打ち、「米中“新密約”時代に日本は生き
残れるか」をテーマに、本会副会長の中西輝政・京都大学教授と評論家の石平氏が「中
国は必ず台湾・尖閣諸島を獲りにくる」と題して対談し、本会の黄文雄・常務理事の「ア
メリカは中台の『現状』を維持できるか」を掲載しています
------------------------------------------------------------------------------
月刊「正論」平成20年1月号(平成19年12月1日発売)「読書の時間」欄

 二〇〇七年五月に来日した台湾の李登輝前総統の「旅と講演」の全記録である。十一
日間にわたって、李前総統は、松尾芭蕉の「奥の細道」の足跡をたどり、兄が祀られる
靖国神社に参拝し、三度にわたる講演や数回の記者会見を行った。政治に翻弄された過
去の来日ではできなかったことばかりである。実は、靖国参拝は当初のスケジュールに
入っていなかったという。それが李前総統の強い希望によって日程に組み込まれ、招聘
者がドイツ訪問中の安倍晋三首相(当時)に連絡を入れたのは、参拝の二時間前だった。
李前総統は、その靖国訪問を、「一生で忘れがたい出来事」と綴っている。
 
 ふんだんに盛り込まれた写真が捉える李前総統の表情がとてもいい。中でも夫人とと
もにソフトクリームを頬張る姿はとてもほほえましかった。
------------------------------------------------------------------------------
『李登輝訪日・日本国へのメッセージ』の目次や割引販売につきましては、本会ホーム
ページでも掲載していますのでご参照ください。            (編集部)

■日本李登輝友の会ホームページ:http://www.ritouki.jp/

■『李登輝訪日・日本国へのメッセージ−2007旅と講演の全記録[完全保存版]』
 日本李登輝友の会編、まどか出版刊
 A5判・上製本・176ページ、定価:1,890円

■割引
・1冊〜9冊のご注文  → 送料サービス
・10冊〜29冊のご注文 → 1割引・送料サービス
・30冊以上のご注文   → 2割引・送料サービス

■お申し込み【代金後払い】
 1)お名前、2)ご住所、3)電話番号、4)注文冊数(『李登輝訪日・日本国への
 メッセージ』と書き添えてください)を明記の上、FAXかメールでお申し込みくだ
 さい。まどか出版より1週間以内にお届けします。代金は後払い。本と一緒に郵便振替
 用紙(払込料:無料)を同封、1週間以内に郵便局でお支払いください。

■お申し込み先
・日本李登輝友の会 FAX:03-5211-8810 E-mail: ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 12月8日(土)、台湾研究フォーラムが第104回定例会(忘年会)
   佐々木理臣・東京新聞前台北支局長が特別スピーチ

台湾研究フォーラム(台湾研究論壇)  第104回定例会(忘年会)

■特別スピーチ 佐々木 理臣氏 (東京新聞前台北支局長)
        「今年の日台中の動きをどう見るか」

 今年本会は講演会の定期開催のほか、台湾側諸団体との提携強化などを精力的に推進
してまいりましたが、日台問題が益々多難となる中、来年におけるさらなる取り組みに
向け、大いに気力を養いたく、年末恒例の忘年会を開催いたします。

 また当日は東京新聞の佐々木理臣前台北支局長をお招きし、今年一年の日台中の動向
についてお話をしていただきます。

 初参加の方も歓迎いたします。ふるってのご参加をお願いいたします。

【日 時】 12月8日(土) 午後5時 〜 7時30分

【場 所】 新宿・三平酒寮別館4階 (03-3352-5351)
      http://www.shinjukuku-town.com/map/sj020250/

【交 通】 JR新宿駅:東口 徒歩3分 アルタ裏(1階はゲームセンタ―)

【参加費】 3500円

【申込み】 12月 5日まで下記へ。
       Eメール taiwan_kenkyu_forum@yahoo.co.jp
       FAX   03−3626−1520

【問合せ】  090−4138−6397
------------------------------------------------------------------------------
第104回定例会(忘年会) 申込書

氏名
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。