国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第643号】 明日、鈴木浩大氏を講師に台湾研究フォーラムが第103回定例会

2007/11/16

>>>>> http://www.ritouki.jp/―――――――――――【平成19年(2007年) 11月16日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――――[Vol.643]
1>> 明日、鈴木浩大氏を講師に台湾研究フォーラムが第103回定例会
2>> 李登輝先生来日の意義 [日本李登輝友の会事務局長 柚原 正敬]
3>>【『李登輝訪日・日本国へのメッセージ』読後感】出版社に届いた読者カードから
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 明日、鈴木浩大氏を講師に台湾研究フォーラムが第103回定例会
   演題は「台湾温泉、その魅力と歴史をゆったりと堪能」

「台湾の温泉は、北投に始まり北投に終わる」

 今回お招きする温泉研究家の鈴木浩大さんが仰った、台湾温泉の格言です。この意味
を知りたい方、どうぞ11月17日(土)午後6時からの台湾研究フォーラムの定例会にい
らしてみてください。
 あいにく都合が……という方は、鈴木さんの本だけでもご覧になってみてください。
まさに台湾温泉図鑑。台湾好きなら、持っていて損をしない一冊だと思います。

                     台湾研究フォーラム事務局長 古市 利雄

■講師  鈴木 浩大氏 (温泉研究家)

■演題  台湾温泉、その魅力と歴史をゆったりと堪能

 今回は温泉研究家の鈴木浩大さんに、台湾温泉の魅力について語っていただきます。
毎年多くの日本人観光客が訪れる台湾ですが、100をも超える温泉大国だとは、ほとんど
知られていません。台湾温泉初心者の方から、マニアの方までを満足させる「台湾温泉
指南」や、日本時代に発見、開発された温泉といった「台湾温泉史における日本」につ
いてもお話をいただきます。
------------------------------------------------------------------------------
(すずき・こうだい)昭和37年生まれ。神奈川県横須賀市出身。早稲田大学卒。根っか
らの旅好き。学生時代から温泉や離島めぐりにハマリ、就職後も週末や休暇を利用して
旅漬けの日々を送る。約20年間に回った温泉地は、国内と海外を合わせて3900湯を数え
る。野渓温泉、素朴な共同浴場、離島に湧く温泉が特に好み。海外では、台湾、ニュー
ジーランド、ハンガリー、カナダなどの湯に詳しい。著書に『湯けむり台湾紀行』(ま
どか出版)がある。

『湯けむり台湾紀行』(まどか出版)
http://www.madokabooks.com/bd/ISBN4-944235-35-6.html
------------------------------------------------------------------------------
【日 時】 11月17日(土)午後6時 〜 8時15分

【場 所】 文京シビック5F 区民会議室(TEL:03-5803-1100)
       ※いつもの3F会議室ではございません。
      JR「水道橋駅」徒歩10分
      都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分
      東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」徒歩1分

【参加費】 会員:500円 一般:1000円

【懇親会】 閉会後、会場付近にて。(会費:3000円、学生:1000円)

【問合せ】  090−4138−6397
------------------------------------------------------------------------------
第103回定例会 申込書

氏名

懇親会  参加  不参加 (○をお付けください)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 李登輝先生来日の意義 [日本李登輝友の会事務局長 柚原 正敬]

 去る10月25日、本会の柚原正敬事務局長が東京神田ロータリークラブの例会に招か
れ、「李登輝先生来日の意義」と題して講演しました。

 東京神田ロータリークラブの例会は毎週木曜日の昼、九段のホテルグランドパレスで
開催しており、午後1時より30分間を卓話の時間とし、毎回、ゲストのスピーチを行っ
ているそうです。

 この日の卓話は、日本李登輝友の会理事で、東京神田ロータリークラブに所属する宇
都宮鐵彦氏の紹介によるものです。

 一昨日、東京神田ロータリークラブのホームページにもその要旨が掲載されましたの
で、ここにご紹介いたします。                    (編集部)

■東京神田ロータリークラブ
 http://tokyo-kanda-rc.jp/
------------------------------------------------------------------------------
李登輝先生来日の意義

                     日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬氏

 日本李登輝友の会は、平成14年に作家の阿川弘之さんを初代会長として設立されまし
た。現在は拓殖大学元総長の小田村四郎会長の下、1500人の会員が所属している台湾と
の交流団体です。

 台湾と日本の交流は、1990年代後半から非常に盛んになりました。昨年は116万人が日
本から台湾に行き、130万人が台湾から日本に来ています。ちなみに中国から来た人は80
万人で、母数である人口は中国13億人に対して台湾は2300万人と、大きく違います。こ
れには、愛知万博をきっかけにビザが不要になったことが大きく関係しています。

 そんな中で、今回、李登輝さんが来日されました。李登輝氏が正式に台湾の総統に就
かれたのは1990年です。台湾では蒋介石の時代から38年間戒厳令が布かれて、自由な言
論や集会等はすべて禁止されていました。この戒厳令が解かれたのは蒋経国時代の終わ
りの1987年で、蒋経国の死後、副総統であった李登輝氏が総統に就任しました。当時は
彼がどんな政治をするのかと世界中が注目する中で、李登輝氏は憲法を改正するなど次
々と民主化に取り組み、1996年には国民が直接選挙で総統を選ぶという画期的な制度を
導入しました。これは、台湾の民主化を象徴する大きな出来事です。

 日本と中国は1972年に日中共同声明を発しています。その中で、中国政府は「台湾は
中国の不可分の領土の一部である」と言っていますが、それに対して日本政府は「理解
し、尊重する」と言っているだけで、「承認する」とは言っていません。ところが、徐
々に「一つの中国」政策なるものが登場してきて、日本政府はそれを尊重するという立
場を取ったため、台湾では民主化が進んでいるにもかかわらず、その現状が認識できな
いという状況が90年代後半まで続いていました。そこで、私どもは新しい台湾との交流
を図るために「日本李登輝友の会」を設立した次第です。

 李登輝氏はご存じのとおり京大の農学部を卒業されています。その後、今回を含めて
5回来日していますが、平成13年には岡山で心臓のカテーテル手術を受けようとしたの
に対して、政府の許可が出たのは来日直前でした。今回の来日は後藤新平賞の受賞式に
出席されるためでもあったのですが、李登輝氏は以前から靖国神社に参拝することを希
望されており、飛行機の中でそれをマスコミに発表されたために、日本に到着されてか
らの記者会見ではそのことに質問が集中してしまいました。

 そのときに「一緒に参拝しませんか」と声を掛けてくださったのが、作家の曽野綾子
さんです。曽野さんは李登輝氏と同じくクリスチャンで、李登輝ご夫妻とは台湾の大地
震の際に日本財団の理事長として義援金を持って行かれて以来のおつきあいだそうで、
「クリスチャンが靖国神社に参拝して悪いわけがないし、まして李登輝さんは実兄をな
くしておられるご遺族なのだから」とおっしゃっていました。このときもマスコミが大
きく取り上げて書き立てたので中国が反発してくるだろうと思っていたのですが、予想
に反して何も起こりませんでした。当時の安倍首相は「人には信仰の自由があるから」
とおっしゃったのみです。

 今回の来日で、李登輝氏は講演と東京訪問、記者会見、奥の細道の散策、そして靖国
神社の参拝を実現されました。奥の細道に関してはまだ半分回られただけなので、ご本
人も「次回に持ち越しますが、そのときはよろしく」とおっしゃっています。ただし、
本来はどこを訪問されても、誰とお会いになっても構わないはずで、政治家や閣僚との
面談についてはまだ実現していません。

 日本政府の台湾に対する姿勢を見ていると、平成14年以降、台湾を容認する方向に変
わってきたように思います。例えば台湾の運転免許があれば日本でも運転ができるよう
にするなど、中国とは違った措置を取り始めました。今後、台湾自体が揺れる可能性も
ありますが、日本、アメリカ、オーストラリア、インド等が台湾の動きを支援するよう
な形になれば、台湾の現在の国際的な閉塞状況が破られる方向に動くのではないかと思
っています。そのためにも、私どもは微力ではありますが、皆様のお力添えをいただき
ながら、今後も活動を推進していきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>【『李登輝訪日・日本国へのメッセージ』読後感】出版社に届いた読者カードから
   読後感を募集中! 李登輝前総統も目を通されます!

 10月末に全国書店で発売された李登輝前総統の来日記録集『李登輝訪日・日本国への
メッセージ』(日本李登輝友の会編、まどか出版)は好スタートを切っています。

 本書に添付の「読者カード」も版元のまどか出版に届いており、読後感を本会に送っ
て来られる方もいます。

 そこで、本誌では「読者カード」や本誌に寄せられた「読後感」を順次ご紹介してま
いります。本書を読まれた方は、短いものでも長いものでも結構ですので、どうぞお気
軽に読後感をお寄せください。

 なお、この「読後感」は、李登輝前総統にもお送りして読んでいただきます。ふるっ
てお寄せください。

 今回は、版元のまどか出版に寄せられた「読者カード」からご紹介します。(編集部)
------------------------------------------------------------------------------
 07年6月、ホテルオークラ東京での李登輝先生のご講演を伺いに行き、今日、訪日の全
体像が読めてよかった。

                            東京都葛飾区 浅野 嘉雄
------------------------------------------------------------------------------
 記念すべき写真と文章との一体化。短時間で強い印象。よく理解できる。

                           長野県松本市 穂苅 甲子男
------------------------------------------------------------------------------
 李先生のご来日の全てを知りました。ホテルオークラ東京での講演会に出席しました
が、その時の熱気はいまでも思い出します。

                            福井県福井市 藤田 敏男
------------------------------------------------------------------------------
 本書の目次や割引販売につきましては、本会ホームページでも掲載していますのでご
参照ください。                           (編集部)

■日本李登輝友の会ホームページ:http://www.ritouki.jp/

■『李登輝訪日・日本国へのメッセージ−2007旅と講演の全記録[完全保存版]』
 日本李登輝友の会編、まどか出版刊
 A5判・上製本・176ページ、定価:1,890円

■割引
・1冊〜9冊のご注文  → 送料サービス
・10冊〜29冊のご注文 → 1割引・送料サービス
・30冊以上のご注文   → 2割引・送料サービス

■お申し込み【代金後払い】
 1)お名前、2)ご住所、3)電話番号、4)注文冊数(『李登輝訪日・日本国への
 メッセージ』と書き添えてください)を明記の上、FAXかメールでお申し込みくだ
 さい。まどか出版より1週間以内にお届けします。代金は後払い。本と一緒に郵便振替
 用紙(払込料:無料)を同封、1週間以内に郵便局でお支払いください。

■お申し込み先
・日本李登輝友の会 FAX:03-5211-8810 E-mail: ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
・まどか出版 FAX:0120-426-855
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。