国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第635号】 機関誌『日台共栄』11月号(第18号)を発行 李登輝前総統来日を小特集

2007/11/04



>>>>> http://www.ritouki.jp/――――――――――――【平成19年(2007年) 11月4日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――――[Vol.635]
1>> 機関誌『日台共栄』11月号(第18号)を発行 李登輝前総統来日を小特集
2>> 日本から台湾に桜の苗木を贈り一緒にお花見をしよう!! 今年も桜募金を開始!
3>> 11月15日(木)、李登輝前総統が第9回新潟JCフォーラムにビデオ出演
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 機関誌『日台共栄』11月号(第18号)を発行 李登輝前総統来日を小特集
   李登輝前総統が台湾海峡問題を論じた「台湾の危機は日本の危機」も掲載

 6月号を発行して以来、李登輝前総統来日への対応と、その記録集『李登輝訪日・日本
国へのメッセージ』の編纂に取り組んでいたため滞っていた本会の機関誌『日台共栄』
ですが、このほど11月号をようやく発行いたしました。

 会員の方からは「機関誌が届かない」という声をたくさんいただいており、ご心配を
おかけしたこと並びに発行が遅れましたことを深くお詫びいたします。

 11月号は、李登輝前総統の来日小特集です。また、去る10月22日に本会初となる全国
支部長会議を台湾で開催しましたが、そのレポートとともに、各支部がどのような活動
をしているのか、11支部(兵庫、神奈川、山梨、千葉、北海道・青森・宮城・埼玉・新
潟・愛知・福岡)の動きをご紹介しています。

 圧巻は李登輝前総統の「台湾の危機は日本の危機」です。この論考は本年8月に行われ
た第7回李登輝学校台湾研修団における修業式式辞を要約したもので、李前総統は来日時
の6月7日、「2007年とその後の世界情勢」と題してホテルオークラ東京で話されました
が、「そのときにあまり詳しく説明をしなかったこと」として、「台湾海峡をめぐる米
・日・中・台の今後」において、日本人にはぜひ知ってもらいたい「日本にとって大変
な事態」について話されました。

 これは、濱口和久理事の「中国の野心に対峙すべし」とも重なってくる内容ですので、
併せて読んでいただければ一層よく分かるかと思います。

 11月号は11月2日に発送していますので、会員の皆さまのお手元には5日くらいまでに
はお届けできる予定です。下記に目次をご紹介します。また、近々、ホームページにも
何編かご紹介します。               (機関誌『日台共栄』編集部)
------------------------------------------------------------------------------
『日台共栄』11月号 目次

【巻頭言】安全保障の観点から考える台湾の国連加盟問題●本誌編集部
台湾と私(18) 中国の野心に対峙すべし●濱口和久
今般来日の特色と日台関係●小田村四郎
李登輝前総統をお迎えして●阿川弘之・黄文雄・林建良
来日記録集『李登輝訪日・日本国へのメッセージ』を出版●柚原正敬
台湾の危機は日本の危機●李 登輝
第七回李登輝学校研修団レポート─力強く語る李校長の迫力に圧倒●早川友久
全国支部長会議in台湾─李前総統臨席の下に初の全国支部長会議●冨澤賢公
支部だより 兵 庫 全国十六番目の兵庫県支部が設立●!)田 巖
支部だより 神奈川 李登輝之友会を台湾ゆかりの地で歓迎●宮本将英
支部だより 山 梨 台湾の李登輝之友会と友情を育む交流●梶原 等
支部だより 千 葉 李前総統帰国日に第一回総会を開催●金光俊典
支部だより 各地から─北海道・青森・宮城・埼玉・新潟・愛知・福岡
青年部が『多桑』の納涼映画鑑賞会と食事会●森 悦子
日台交流日録(17)
事務局だより・編集後記

日台共栄写真館 9・15「友邦・台湾を国連へ!」アピール行進
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 日本から台湾に桜の苗木を贈り一緒にお花見をしよう!! 今年も桜募金を開始!
   来年2月末に「桜植樹式とお花見ツアー」を予定

 日本李登輝友の会はNPO法人育桜会と協力し、平成18(2006)年から毎年1,000本の
桜の苗木を台湾に寄贈し、たいへん喜ばれています。
 この寄贈は、桜が大好きな李登輝前総統のお立ち会いの下、日本から台湾の李登輝之
友会(黄崑虎総会長)に河津桜の苗木を寄贈し、日台で協力して1万本の桜を台湾に咲
かせ、一緒にお花見をしようという趣旨の寄贈調印式を平成17年10月に台北市内で行っ
てから始まっています。
 翌年2月にまず1,000本の苗木を寄贈し、平成19年2月にも苗木1,000本を寄贈、このと
きは南投県と台南県で植樹式と、「桜募金」にご協力いただいた篤志者の方々のお名前
を刻んだ記念碑の除幕式を行いました。
 つきましては、日台親善交流の象徴ともいうべきこの桜苗木寄贈を平成20年2月にも行
う予定でおり、引き続き「桜募金」もお願いしておりますので、ご協力のほどよろしく
お願い申し上げます。

 平成19年(2007年)11月1日

                       日本李登輝友の会会長 小田村四郎

■桜植樹式とお花見ツアー
 来年2月末、第3回目となる桜寄贈を行う予定です。台湾の桜もかなり成長しています
 ので、いよいよ花見ができそうです。「桜植樹式とお花見ツアー」は、日程が決まり
 次第、本誌やホームページにてご紹介します。
------------------------------------------------------------------------------
【桜募金要項】*本会ホームページでもご案内しています。http://www.ritouki.jp/

■ 1口=2,000円
 *平成19年12月末までに、25口(5万円)以上ご協力いただいた方は、台湾に建立す
  る記念碑にお名前を刻印させていただきます。

■郵便局
 加入者名 日本李登輝友の会
 口座番号 00110−4−609117

 *郵便局備え付けの「郵便払込取扱票」をお使いください(「桜募金」とお書き添え
  ください)。
 *会員の方は、機関誌『日台共栄』に添付の郵便払込取扱票をお使いください。

■銀 行
 東京三菱銀行 市ヶ谷支店 普通口座 1360423
 日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
 (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

 *銀行振込の場合はお名前しかわかりませんので御礼状はお出しできません。ご了承
  ください。

■日本李登輝友の会[小田村四郎会長]
 〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
 TEL 03-5211-8838 FAX 03-5211-8810
 E-mail:ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp

■後援:台北駐日経済文化代表処
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 11月15日(木)、李登輝前総統が第9回新潟JCフォーラムにビデオ出演
   基調講演・パネリストは岡崎久彦氏と渡部昇一氏【先着340名まで参加費無料】

 去る10月16日、本会の斡旋により、新潟青年会議所が李登輝前総統からビデオメッセ
ージをいただいてきました。このビデオメッセージは、来る11月15日に本会副会長でも
ある外交評論家の岡崎久彦氏と上智大学名誉教授の渡部昇一氏を招いて新潟市内で開催
する「第9回新潟JCフォーラム」で上映されます。

 李登輝前総統は「若き人へのメッセージ─希望の国、日本」と題して話されたそうで
す。その撮影の模様ならびに「第9回新潟JCフォーラム」の詳細につきましては、下記
のホームページをご覧ください。

 先着340名まで参加費無料とのことですので、新潟県内の方はもちろん、近県の方もど
しどしメールかFAXにてご応募ください。               (編集部)

■新潟青年会議所ホームページ
 http://www.niigata-jc.com/2007/
------------------------------------------------------------------------------
2007年度社団法人新潟青年会議所11月公開例会・第3回定時総会
第9回新潟JCフォーラム どうする!?「日本」〜情報戦略から考える安全保障〜

申込みはこちら http://www.niigata-jc.com/2007/jcforum.html

 先の敗戦による国際連合下の枠組みの中で、資源を背景にした外交、軍事力を背景に
した外交が出来ない我が国の安全のためには情報戦略を駆使した外交戦略が命綱である
と考えます。しかし現実には日本の情報戦略による外交戦略があまり成功していないこ
とは国家情報の流出・歴史認識問題・国連常任理事国入り問題、拉致問題における以前
からの取り組みを見ても明らかです。

 安全保障は国家の仕事ですが、生命や財産や我々の住む社会に密接にかかわっている
以上、新潟に住む我々も国際的な情勢や国家戦略に無関心・無理解ではいられず、国民
国家として一人一人の国民が自覚と責任を持たなければなりません。

 日本の置かれている国際情勢を知り、さらには外交力・情報力の欠如により日本が被
っている不利益を知り、それを踏まえさらに我国はほかのどの国にもまして情報戦略が
必要だということを認識し、その戦略は、この国はどうあるべきかを考える機会になる
と考え、本例会を企画致しました。また、本例会において第3回定時総会も併せて開催
いたします。

 時節柄御多忙とは存じ上げますが、何卒本例会の趣旨を御賢察の上、御出席賜ります
ようお願い申し上げます。


■日 時:2007年11月15日(木) 18:00〜21:20 (受付開始 17:30〜)

■会 場:新潟市民プラザ ホール
     新潟市中央区西堀通6番町866番地(TEL:025-226-5500)

■講 師:岡崎久彦氏 (外交評論家)/渡部昇一氏 (評論家)

■定 員:一般定員340名様(定員になり次第締め切らせていただきます)

■申込み:社団法人新潟青年会議所
     メール http://www.niigata-jc.com/2007/jcforum.html
     FAX 025-222-7234

■お問い合わせ・主催
 社団法人新潟青年会議所
 〒951-8068 新潟市中央区上大川前通7番町1243 新潟商工会議所中央会館5F
 TEL.025-229-0874
------------------------------------------------------------------------------
どうする!?「日本」〜情報戦略から考える安全保障〜
− 第9回NJCフォーラム参加依頼 −

以下の項目をご記入の上送信して下さい。 

お名前 :
性 別 :
年 齢 :
郵便番号:
住 所 :
電話番号:
備 考 :
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。