国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第631号】 早稲田大学で11月2日まで台湾文化週間【本日は台湾映画祭】

2007/10/30



>>>>> http://www.ritouki.jp/――――――――――――【平成19年(2007年)10月30日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――――[Vol.631]
1>> 早稲田大学で11月2日まで台湾文化週間【本日は台湾映画祭】
2>> 11月10日(土)、許世楷大使を講師に愛知李登輝友の会が秋季講演会
3>> 11月10日(土)、金美齢先生を講師に大阪日台交流協会が第6回講演会
4>> 11月11日(日)、林建良氏を講師に岩手・花巻産経新聞友の会が講演会
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 早稲田大学で11月2日まで台湾文化週間【本日は台湾映画祭】

「早稲田大学 創立125周年記念行事 台湾文化週間」案内
2007年10月27日(土)〜11月2日(金)(入場無料)
http://www.waseda.jp/prj-taiwan/index.html

■10月27日(土)〜11月2日(金)「台湾写真展」
 会場:学生会館・辜振甫記念アトリウム 9:00−17:00 

 日本統治時代から現代までの台湾の民主化と経済発展の歩み、美しい自然や観光地な
 ど多数の写真を展示。 

■10月31日(水)「台湾原住民文化・歌」
 会場:小野記念講堂 (小野梓記念館地下2階) 
 地図 http://www.waseda.jp/jp/culture/map.html 

 10:30−12:00 14:30−16:00 

 原住民の研究者である林道生氏による、原住民の文化・歴史及び歌の紹介を行います。 

■10月29日(月)〜30日(火)「台湾映画祭」
 会場:小野記念講堂 (小野梓記念館地下2階)
 地図 http://www.waseda.jp/jp/culture/map.html 

   30日(火)(1)ドキュメンタリー映画『梨園春暁−台湾歌仔劇』
         (2) 台湾映画関連のシンポジウム
         (3) 台湾からの歌手・小高(シャウカウ)さんが歌を披露します。
         (4) ドキュメンタリー映画『ぼくのフットボールの夏(奇蹟的夏
           天)』監督:楊力州・張栄吉
         (5) 『ぼくのフットボールの夏』 楊力州監督Q&A

 問い合わせ先:03−3444−8724 台湾資料センター

■11月1日(木)〜2日(金)「台湾伝統人形劇」
 会場:国際会議場 井深大記念ホール 10:00−11:30 14:30−16:00 
 地図 http://www.waseda.jp/jp/campus/nishiwaseda.html

 台湾の「人間国宝」と称される鍾任壁氏が団長を務める新興閣掌中劇団が出演します。
 演目は「西遊記」を予定し、午前の部が公演、午後の部は解説となります。二日間に
 渡り、計四回の公演予定です。

 問い合わせ先:03−3444−8724 台湾資料センター 
        03−3280−7836 台北駐日経済文化代表処文化部
------------------------------------------------------------------------------
■10月30日(火)「台湾映画祭」プログラム 

会場:早稲田大学 小野記念講堂 (小野梓記念館地下2階)
東京都新宿区戸塚町1−103
地図 http://www.waseda.jp/jp/culture/map.html

9:30      受付開始
10:10−10:40 ドキュメンタリー映画『梨園春暁−台湾歌仔劇』上映
10:40−11:00 田村志津枝氏による解説
11:10−12:20 台湾映画シンポジウム(上)「歴史のなかの台湾映画」
        呉文星(国立台湾師範大学教授)「映画の背景となる台湾史」
        三澤真美恵(日本大学准教授)「日本植民地統治期台湾における映画受容」
休憩

13:10−14:10 台湾映画シンポジウム(下)
        許菁娟(大仁科技大学助理教授)「国民党時代の『奇妙』な反共映画
        『苦恋』」
        小山三郎(杏林大学教授)「総括:政治と映画の密接な関係」
14:20−14:50 台湾の歌手・小高(シャウカウ)さんによる台湾語歌曲
        ドキュメンタリー映画『風を聴く〜台湾・九分物語』(『傾聴風声』)
        挿入歌
15:00−16:40 ドキュメンタリー映画『僕のフットボールの夏』(奇蹟的夏天)上映
16:50−17:30 楊力洲監督Q&A
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 11月10日(土)、許世楷大使を講師に愛知李登輝友の会が秋季講演会
   演題は「日台関係の現状と展望」

 福田内閣誕生・北京オリンピック開催・台湾海峡パワーバランス変化……日本を取り
巻く東アジア情勢が日々刻々と変化している中、日本はどのような舵取りをしていかな
くてはならないのでしょうか。
 30年以上の日本滞在経験を持ち、憲法学、歴史学、国際関係学と様々な方面に精通す
る許世楷台湾大使に、日本と台湾は今後どのような歴史を築いていくべきかを講演して
いただきます。日台交流にご興味のある方は是非ご参加くださいますようお願い申し上
げます。

 平成19年10月吉日

                    日本李登輝友の会愛知県支部長 重冨 亮

                     記

■日 時 平成19年11月10日(土) 午後2時〜4時(午後1時30分:受付)

■会 場 東京第一ホテル錦 3Fドルチェ
     名古屋市中区錦3-18-21(052-955-1001)
     (地下鉄東山線栄駅1番出口より徒歩2分)

■講 師 許世楷氏(台湾駐日代表処代表)

     講師 プロフィール
     許世楷(KOH SE-KAI コー・セカイ)。1934年7月7日、台湾彰化市生ま
     れ。国立台湾大学卒業後、日本に留学。早稲田大学政治学修士、東京大学法
     学博士。津田塾大学で助教授、教授、学科主任を経て、現在、津田塾大学名
     誉教授。主な著書は『日本政治裁判史録』(共著、全5巻)、『日本統治下の
     台湾』『台湾新憲法論』『台湾前途危機管理』『台湾は台湾人の国』など。

■演 題 「日台関係の現状と展望」

■会 費 1000円

■懇親会 会費 ¥6,000−(希望者のみ、午後4時半〜6時)

■お申込 FAXかメールで愛知李登輝友の会まで
      FAX:052−763−4588 E-mail:info.aichi@csc.jp

■後 援 日本会議愛知県本部・日本世論の会

■主催・お申し込み先
 日本李登輝友の会愛知県支部(略称:愛知李登輝友の会)
 事務局 〒464-0836 名古屋市千種区菊坂町3-5-302(日本会議内)
 TEL&FAX:052−763−4588
 E-mail:info.aichi@csc.jp
------------------------------------------------------------------------------
愛知李登輝友の会秋季講演会 申込書

1、氏名
2、住所
3、電話
4、FAX
5、E-mail

*懇親会 出席 欠席(いずれかに○印をお付け下さい)
*同伴者が有る場合、ご記入下さい(  )名
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 11月10日(土)、金美齢先生を講師に大阪日台交流協会が第6回講演会
   演題は「台湾に息づく『日本』−世界で最も親日的な国『台湾』」

拝啓 天高く大気澄む錦秋、稔りの秋、思索の秋となって参りましたが、各位におかれ
ましてはますます御清栄のこととお慶び申しあげます。

 さて本年も本会恒例の講演会の時期となって参りました。今回の講師の先生は台湾の
ジャンヌ・ダルクとも申し上げますべき金美齢先生でございます。

 現下の世界情勢は風雲急を告げる中、まことに時宜をえました台湾独立の女性旗手金
美齢先生の御登壇であります。各位におかれましては奮ってご参加賜ります様お願い申
し上げます。                              敬具

                       大阪日台交流協会会長  野 口 一


■日 時 平成19年11月10日(土)
     14:30受付 15:00開演 17:00懇親会

■場 所 大阪会館 Aホール
     〒541-0053 大阪市中央区本町4-1-52(北御堂下)
     Tel.06-6261-9351 Fax.06-6261-5109
     地下鉄御堂筋線・中央線「本町」駅下車 2番出口から北に徒歩1分

■講 師 金美齢先生(元台湾国策顧問)

■テーマ 台湾に息づく「日本」−世界で最も親日的な国「台湾」
     金美齢先生があなたの台湾認識を新たにします。

■会 費 一般:1,500円 会員:無料(懇親会は別途5,500円)

■主 催 大阪日台交流協会

■後 援 台北駐大阪経済文化弁事処、日本会議大阪、日本李登輝友の会

■問合せ 大阪日台交流協会
     〒587-0012 大阪府堺市美原区多治井289-8 野口金属産業株式会社内
     TEL:072-362-1177/FAX:072-362-3602
     E-mail:n-mic@dream.ocn.ne.jp
     ホームページ http://www.set-inter.com/nittai/event/topics.cgi

※恐れ入りますが準備の都合上、11月1日(木)迄にお申込ください。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 11月11日(日)、林建良氏を講師に岩手・花巻産経新聞友の会が講演会【要申込】
   演題は「台湾の建国運動と日本」

【岩手・花巻講演会】『台湾の建国運動と日本』

●と き  11月11日(日) 午後5時開会 ☆懇親会:6時30分〜

●ところ  ホテル花城 
      花巻市東町9-30 TEL.0198(22)2333

●講 師  林 建良氏(台湾の声編集長・日本李登輝友の会常務理事)
      略歴
      1958年、台湾・台中市生まれ。1987年、日本交流協会奨学生として来日し、
      東京大学医学部博士課程を修了する。栃木県で地域医療に携わる傍ら、世
      界台湾同郷会副会長、台湾団結連盟日本代表、メールマガジン「台湾の声」
      編集長、台湾独立建国聯盟日本本部国際部長、日本李登輝友の会常務理事
      として活動し、また自らが名付け親である「正名運動」も展開中である。
      台湾独立建国運動の若手リーダー。主な著書に『母親e名叫台湾』(台湾・
      一橋出版社)『日本よ、こんな中国とつきあえるか』(並木書房)など。
      2007年9月15日、ニューヨークにて台湾の建国運動に対する貢献を記念する
      「林一洋記念奬」を受賞。

●テーマ  『台湾の建国運動と日本』

●会 費  講演会:1,000円 懇親会:3,500円

●申込み  11月5日(月)までに、電話・FAX・メールにて

●主 催  花巻産経新聞友の会

●後 援  日本李登輝友の会岩手県支部

●問合せ・お申込み 事務局:戸田努まで
      電話・ファクス 0198-24-1137
      E-mail t-toda@mx5.et.tiki.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
ファクス用参加申込書→0198−24−1137

・お名前
・ご住所
・お電話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。