国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第616号】 日台の運転免許証は双方でOK 日本は19日、台湾は21日に施行

2007/09/18



>>>>> http://www.ritouki.jp/――――――――――――【平成19年(2007年) 9月18日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
       新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――――[Vol.616]
1>> 日台の運転免許証は双方でOK 日本は19日、台湾は21日に施行
2>> きっとあなたの心に届くこの感動! 高雄市国楽団日本公演 2007年
3>> 11月10日(土)、金美齢先生を講師に第6回大阪日台交流協会記念講演
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 日台の運転免許証は双方でOK 日本は19日、台湾は21日に施行
   本会ホームページで手続きの詳細を紹介

 いよいよこの9月19日から、台湾の運転免許証を持っていれば日本国内で自動車運転が
できるようになるが、台湾でも9月21日から日本の運転免許証を持っていれば台湾国内で
運転できるようになった。なんとも嬉しい措置だ。

 産経新聞がそのことを報じているので下記にご紹介したい。

 本会のホームページではさらに詳しく報じているので、ぜひご参照ください。

■日本李登輝友の会 ホームページ:http://www.ritouki.jp/

●必要なのは所定の翻訳文と免許証

 台湾で運転する場合、日本での運転免許証を携帯するだけでは不可。必ず、「所定の
 翻訳文を免許証と共に携帯」することが求められる。

●翻訳文の取得について

・日本国内→日本自動車連盟(JAF)で申請。申請費用は3,300円。各県に支部窓口があ
 り、免許証を持参して申請する。また、日本自動車連盟HPには、台湾についての詳
 細はまだ掲載されていないが、郵便による申請も可能と思われる。詳細は日本自動車
 連盟に問い合わせのこと。

 日本自動車連盟(JAF) http://www.jaf.or.jp/inter/interna/fr/f_index.htm

・台湾国内→交流協会台北事務所・高雄事務所で申請。申請費用は600元。申請の受付開
 始日は交流協会へ問い合わせのこと。

 交流協会台北事務所 http://www.koryu.or.jp/taipei/ez3_contents.nsf/Top

●注意事項

・翻訳文は、台湾に入国した日から1年間に限り有効(台湾で取得した場合は交付日か
 ら)。ただし一部報道によれば「台湾当局の説明では、台湾は長期滞在者向けの特別
 規定がないため、滞在日数は『前回入境日』から算出されることになり、一時帰国な
 どで入境を繰り返せば、1年経過後も運転が可能」とのこと。この点についは、長期滞
 在の駐在員や留学生にとって確実な情報が求められるところ。詳細は判明次第、本会
 HP上に掲載予定。

・台湾で運転できるのは、日本で免許を取得している車種のみ。日本では自動車の運転
 免許を取得すれば、50ccの原付(スクーター)を運転できるが、台湾では50ccの流通
 が少ないので注意。

・また、台湾人が日本国内で運転する場合の翻訳文の取得方法については、交流協会の
 お知らせページをご覧ください。台湾人と日本人では、有効期間の取り扱いが異なる
 ようですのでご注意ください。
------------------------------------------------------------------------------
台湾で日本の運転免許証有効に
【9月14日 産経新聞Web版】
 
 【台北=長谷川周人】台湾の運転免許証を日本でも使えるようにする改正道路交通法が
9月19日に施行されるが、台湾外交部(外務省)は14日、相互主義の国際慣行に沿い、台
湾も日本の免許証による運転を認めると正式発表した。年間250万人が往来する日台交流
に弾みがつきそうだ。

 台湾は「国際運転免許証」を発行できる国際協定に加盟できず、日本人が台湾で自動
車を運転する場合は、技能検定を受けて現地の免許証を取得する必要があったが、今後
は所定の翻訳文を取得すれば、入境日から1年間に限り、運転が認められる。

 対象は観光客など短期滞在者で、駐在員など長期滞在者は従来通り、現地免許証の取
得が求められる。滞在日数は「前回入境日」から算出されるが、台湾当局の説明では、
台湾は長期滞在者向けの特別規定がなく、一時帰国などで入境を繰り返せば、1年経過
後も運転が可能という。

 日本人向けの翻訳文は、日本自動車連盟と日本の在台代表機関に相当する交流協会台
北、高雄両事務所が発行。料金は日本では3300円、台湾では600台湾元(約2100円)で、
台湾側の施行日は今月21日。

 日本人が台湾で自動車を運転する場合、台湾は日本と反対の右側通行の上、オートバ
イが猛スピードで疾走する特に都市部で、事故を起こすのではないかと心配する声が根
強い。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> きっとあなたの心に届くこの感動! 高雄市国楽団日本公演 2007年
   東京公演は10月19日(金)19:00、よみうりホール

寒雲からのメッセージ

 日本で歌手活動を再開して13年になりました。辛いことは沢山ありましたが、その中
で出会った全ての「人・物・事」に生きる勇気とヒントを与えられ、一つひとつの出来
事が私の価値観と生き方を変えてくれました。「生きるために歌うのなら、歌に生きる、
歌を活かす」、「生きるために活きるのなら、人生に生きる、人生を活かす」と、今そ
う思うところです。

 2005年10月の「台北市立国楽団日本公演」(大阪・小松・金沢・新湊・富山・東京)
で、台湾の民族伝統及び、現代音楽を日本の皆さんに伝える事ができ、本当に嬉しかっ
たです。以来、「もう一度聞きたいですね!」と沢山の人たちからのお声が今でも続い
ています。そんな中で、「高雄市国楽団日本公演」を企画し、一年間の奔走の末、遂に
この10月に決行となりました。お一人でも多くの方に、より台湾のことを知っていただ
ければ幸いです。

 又、国際的に高い評価を得ている「高雄市国楽団」の素晴らしい演奏はもちろんです
が、特に今回ご注目いただきたいのは、数多くの国際舞台で熱烈な反響を呼んだ「●吶」
(●=鎖の金が口)の奏者―郭進財―の演奏です。とにかく「百聞は一見にしかず」、
海を越えたこの感動を会場で実感してください!!

 では、皆さんのお越しを心からお待ちしております。

東京公演  10月19日(金) 19:00 よみうりホール
埼玉公演  10月20日(土) 18:30 埼玉八潮メセナ
山梨公演  10月21日(日) 14:30 山梨県民文化ホール
大阪公演  10月24日(水) 19:00 大阪国際交流センター
金沢公演  10月26日(金) 19:00 石川県立音楽堂コンサートホール
名古屋公演 10月28日(日) 14:30 名古屋市公会堂

■問合せ 寒雲プロジェクト 090(3768)4313 FAX 076-278-7485
------------------------------------------------------------------------------
高雄市国楽団日本公演in東京

■日 時 10月19日(金)19:00(開場18:30)

■会 場 よみうりホール
     東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7階(TEL.03-3231-0551)
     http://www.yomiuri-fudousan.co.jp/yomiuri-hall/
     【交通】JR 山手線/京浜東北線・有楽町駅 国際フォーラム口よりすぐ
         地下鉄 東京メトロ 有楽町線・有楽町駅 D4/D6出口
         日比谷線・日比谷駅 A2出口より徒歩3分
         千代田線・日比谷駅      〃
         丸の内線・銀座駅 C9出口より徒歩5分
         銀座線・銀座駅      〃
         都営地下鉄 三田線・日比谷駅 D4/D6出口

■入場料 S席5,000円 A席4,000円(当日券500円増)

■チケット取扱 (株)ポートマン TEL.03-5395-5522

■主 催 寒雲プロジェクト、台湾・高雄市国楽団

■共 催 東京新聞、フォーディズ伊藤サロンあやせ

■協 賛 台湾観光協会、高雄衛武営芸術中心

■後 援 台湾外交部、台北駐日経済文化代表処僑務委員会、(財)高雄市国楽団文化基
     金会、留日台湾同郷会、台湾婦女会、明心筝楽団
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 11月10日(土)、金美齢先生を講師に第6回大阪日台交流協会記念講演
   テーマは「台湾に息づく『日本』−世界で最も親日的な国『台湾』」

拝啓 天高く大気澄む錦秋、稔りの秋、思索の秋となって参りましたが、各位におかれ
ましてはますます御清栄のこととお慶び申しあげます。
 さて本年も本会恒例の講演会の時期となって参りました。今回の講師の先生は台湾の
ジャンヌ・ダルクとも申し上げますべき金美齢先生でございます。
 現下の世界情勢は風雲急を告げる中、まことに時宜をえました台湾独立の女性旗手金
美齢先生の御登壇であります。各位におかれましては奮ってご参加賜ります様お願い申
し上げます。                              敬具

                      大阪日台交流協会会長  野 口 一

■日 時 平成19年11月10日(土)
     14:30受付 15:00開演 17:00懇親会

■場 所 大阪会館 Aホール
     〒541-0053 大阪市中央区本町4-1-52(北御堂下)
     Tel.06-6261-9351 Fax.06-6261-5109
     地下鉄御堂筋線・中央線「本町」駅下車 2番出口から北に徒歩1分

■講 師 金美齢先生(元台湾国策顧問)

■テーマ 台湾に息づく「日本」−世界で最も親日的な国「台湾」
     金美齢先生があなたの台湾認識を新たにします。

■会 費 一般:1,500円 会員:無料(懇親会は別途5,500円)

【お問合せ】大阪日台交流協会
 〒587-0012 大阪府堺市美原区多治井289-8 野口金属産業株式会社内
 TEL:072-362-1177/FAX:072-362-3602
 E-mail:n-mic@dream.ocn.ne.jp
 ホームページ http://www.set-inter.com/nittai/event/topics.cgi

※恐れ入りますが準備の都合上、11月1日(木)迄にお申込ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。