国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第615号】 李登輝前総統の日本文化観を秋田魁新報がコラムで紹介

2007/09/17



>>>>> http://www.ritouki.jp/――――――――――――【平成19年(2007年) 9月17日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
       新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――――[Vol.615]
1>> 李登輝前総統の日本文化観を秋田魁新報がコラムで紹介
2>> 9・15 アピール行進:主催者よりお礼のご挨拶と参加者の感想
3>> 10月20日(土)、アジア小僧こと芦田勝彦さんを招いて第4回日台のつどい
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝前総統の日本文化観を秋田魁新報がコラムで紹介

 秋田県の地元紙に「秋田魁(あきがけ)新報」がある。創刊は明治7年(1874年)にさ
かのぼり、一時期、後に首相になる犬養毅が主筆を務めたこともある。発行部数は約26
万部、県民の大半が購読しているという。

 先般、李登輝前総統が秋田を訪問(6月4日夕刻〜6月6日夕刻)された際にも、かなり
のスペースで報道した。

 最近、コラム「北斗星」で華道について取り上げた中、李前総統が国際教養大学で講
演された日本文化観について紹介している。ご紹介したい。

 なお、後日、本誌でも詳しく紹介したいが、現在、日本李登輝友の会では写真を多用
した李前総統の来日記録集を編纂している。もちろん、この国際教養大学における講演
の全文も収録している。刊行は10月中旬となる予定だ。         (編集部)
------------------------------------------------------------------------------
【9月14日付 秋田魁新報「北斗星」】

 「お子さんにお花を習うよう勧めたことはありますか」。華道関係者にこんなことを
聞かれて言葉に詰まってしまった。成人した娘3人の誰1人にもそんな声を掛けたこと
はなかった

▼その昔、花嫁修業といえば、華道、茶道、料理が定番だった。しかし近年は、健康増
進目的の各種クラブや趣味のカルチャースクールが大はやり。お花を習う若い女性は年
々減少しているのが現実だ

▼それでも秋田は、全国でもまだ生け花が盛んな地域といわれている。そんな秋田の生
け花の歴史をまとめた「秋田県いけばな史」が県華道連盟などによって刊行された。膨
大な資料を基に7年がかりでまとめたもので、県レベルでは全国初という貴重な一冊

▼茶の湯と並び、日本人の精神文化、美意識を端的に示す生け花。同書では、それを追
究する県内華道人たちの活動ぶりなどを詳述している。資料的価値も高く、後世に伝え
る画期的な出版といっていい

▼6月来県した台湾の李登輝前総統が国際教養大での講義で「日本文化とは何か。それ
は高い精神性と美を尊ぶ心だ」と語っていた。「花を生ければ華道、お茶を飲めば茶道。
生活におけるあらゆる行為が『道』になっている」とも

▼改正教育基本法に「伝統と文化の尊重」が盛り込まれ、中学校での「武道」の必修化
が検討されている。日本文化の特色ともいえる「道」を追い求めるのであれば、「華道」
や「茶道」もある。伝統文化に触れる機会は多いに越したことはない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 9・15 アピール行進:主催者よりお礼のご挨拶と参加者の感想

 昨日の9・15「友邦・台湾を国連へ!」アピール行進では、多くの読者の皆様にご参
加いただきました。編集部には参加呼びかけなどでバックアップしていただきました。
おかげをもちアピール行進は成功を収めることができました。

 今後も私たちは、中国の圧力で台湾だけが国連に加盟できないでいると言う状況の不
条理さを日本の政府と国民に訴え、その打破のために力を尽くしていく所存ですので、
今後ともよろしくお願いいたします。

 平成19年9月16日

                     台湾の国連加盟を支持する日本国民の会

●アピール行進の写真は、日本李登輝友の会のホームページ、ブログ「日本人台湾独立
 促進会」、ブログ「ノムさんの時事短評」で紹介しています。また、そのレポートは
 ブログ「台湾は日本の生命線!」や「SeniorNet:資深網路論壇」にも掲載されていま
 す。
 ここでは、羽鳥直之氏が発行する「「SeniorNet:資深網路論壇」から、羽鳥氏のレポ
 ートを下記にご紹介します。

■日本李登輝友の会 ホームページ:http://www.ritouki.jp/
■日本人台湾独立促進会 http://taidoku.fc2web.com/ouen122kokuren.htm
■ノムさんの時事短評 http://www.nomusan.com/~essay/index-jubilus.html
■台湾は日本の生命線! http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/
------------------------------------------------------------------------------
【参加者の感想】台湾の国連加盟 支持するぞ!! (デモ参加報告) [羽鳥 直之]

【羽鳥直之氏発行「SeniorNet:資深網路論壇」<おたより250>2007年9月20日号より】

 9月15日(土) 午後2時より、新宿で「台湾の国連加盟支持」のアピール行進があり私も
参加しました。

 コースは新宿の国際色豊かな繁華街をシュプレヒコールをしながらアピールしました。
大久保公園→職安通り→明治通り→甲州街道(新宿駅南口前)→新宿中央公園のコースで
す。
 
 日本語、英語、韓国語のプラカードを掲げて歩きました。主催は「台湾の国連加盟を
支持する日本国民の会」でした。

 シュプレヒコールは下記です。

 台湾の国連加盟 支持するぞ!!  支持するぞ!!
 日本人は台湾を 支持するぞ!!  支持するぞ!!
 中国は台湾加盟を 妨害するな!! 妨害するな!!
 台湾を 国連へ!!        国連へ!!
 台湾の人権を 守れ!!      守れ!!

 なお、台湾・高雄およびニューヨーク国連本部前はじめ世界各地で台湾人を主体とす
るアピールが行われましたが、新宿のアピール行進は日本人の呼びかけで、約400人。シ
ニアネットの友人数人にお目にかかりました。同日行われた台湾のデモ参加者は40万人
だったとのこと。

 我々のような湾生世代(戦前に台湾で生まれた日本人)のみならず、日本人を中心と
する台湾問題に関心をもつ人々、祖国を愛する台湾人、日台カップル、日本人、台湾人
の若者が多く参加しておりました。

 閉会時には台南会会長の三宅教雄さんも挨拶されたが、台湾駐日代表処の盧千恵代表
夫人からも一言あり、感謝の言葉とともに「台湾に希望と愛を続けて与えてください」
と訴えられました。

 台湾の国連新規加盟への支持行動はこれが第一歩です。同日採択されたデモ参加者の
決議文を添付しますので。ご参照ください。

(日本李登輝友の会ホームページhttp://www.ritouki.jp/には写真とともに報告があり
ます)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 10月20日(土)、アジア小僧こと芦田勝彦さんを招いて第4回日台のつどい
   テーマは「アジア小僧が行く!台湾東部の自転車旅行」

第4回日台のつどい(大阪)のお知らせ
〜アジア小僧が行く!台湾東部の自転車旅行〜

[今回のテーマ] 
 アジア小僧こと芦田勝彦さんが、ガイドブックなどではあまり紹介されない台湾東部
を、自転車で旅行された魅力をご紹介します。

※今回、お話して下さる芦田勝彦さんのホームページ 
 http://www.kcc.zaq.ne.jp/asiashida/

[日時]  2007年10月20日(土曜日) 午後2:00〜4:30

[会場]  中央区民センター  3F 第3会議室
     大阪市中央区久太郎町1-2-27  Tel:06-6267-0201
     アクセス方法 大阪市営地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町」下車!)番出口
     http://www.city.osaka.jp/shimin/shisetu/01/chuouhoken.html

[参加定員] 50名
 ※お座席に限りが御座いますので、参加申込み順で席を確保させて頂きます。
  なお、定員オーバーの際は、立見になることをご了承下さい。

[参加費]  @500円
 ※今回の会場費・資料費として

[申込み締切り]  2007年10月19日(金曜日)

[問合せ・申込み] 『日台のつどい』事務局 福田真人までお願い致します。
 E-mail : seeking_south_taiwan@yahoo.co.jp
 日台のつどいHP http://www.eonet.ne.jp/~y2k/taiwan/top.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。