国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第613号】 本日午後2時、新宿で「台湾の国連加盟支持」のアピール行進

2007/09/15



>>>>> http://www.ritouki.jp/――――――――――――【平成19年(2007年) 9月15日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
      新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――――[Vol.613]
1>> 本日午後2時、新宿で「台湾の国連加盟支持」のアピール行進
2>> 本日午後5時45分、古市利雄氏を講師に台湾研究フォーラムが第101定例会
3>> 台湾人の運転、19日解禁 道内旅行をレンタカーで
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 本日午後2時、新宿で「台湾の国連加盟支持」のアピール行進
   沿道の人々にもチラシを配布! どなたでも大歓迎!

【転送・転載 歓迎】

 本日のアピール行進は、伊勢丹がある明治通りを歩きます。新宿では最も人通りの多
いところです。そこで、沿道の人々にも、私どもが何をアピールしているのかを分かっ
ていただくためにアピール・チラシを配布します。ご参考まで下記にご紹介します。

 老若男女、どなたでも大歓迎です。ふるってご参加を! 行進が終りましたら、参加
者の皆様全員に、台湾のおいしいマンゴージュースを差し上げる予定です。 (編集部)

*アピール行進は合法的に行います。(所要時間約1時間)
*主催者もプラカードを用意しますが、「日本人は台湾の国連加盟を支持!」「台湾に
 は国連加盟の資格あり!」「中国は台湾加盟を妨害するな!」「許すな! 国連からの
 台湾排除」「台湾は中国領土ではない!」など、オリジナルご持参も大歓迎です。
------------------------------------------------------------------------------
台湾の国連加盟を支持する日本国民の会 9・15「友邦・台湾を国連へ!」アピール行進

日本から台湾の国連加盟支持の声を!!

 台湾は今年から国連に「台湾」名義での加盟申請を行いました。しかし、潘基文国連
事務総長は「台湾は中国の一部」だとの解釈を示して申請を拒否しました。ところが、
事務総長にそのような権限はないどころか、そもそも国連が「台湾を中国の一部」など
と認定した事実もありません。

 その後、台湾の友好国の提案や、日本とアメリカが事務総長の「解釈不適切」申し入
れを行ったことにより、台湾の国連加盟については9月18日から開かれる国連総会の総務
委員会で審議されることになりました。

 こうしたなかで台湾では、国連総会開催直前の9月15日、台湾の国連加盟の正当性を訴
え、住民投票を推進する大規模デモが行われ、ニューヨークでもそれに呼応してアピー
ル行進が行われます。

 そこで、私たち日本人も呼応し、「一つの中国」なる宣伝を打破するため、この問題
への関心を喚起するとともに、国際社会で孤軍奮闘する台湾に激励のメッセージを送る
ため、アピール行進を実施しています。

 台湾を中国の侵略から守るためには、何としてでも台湾を国連に加盟させ、台湾問題
を国際社会の関心の下に置かなければなりません。このアピール行進は、友邦台湾のた
め、そして日本を含む東アジア全体の平和のための行動です。
------------------------------------------------------------------------------
どうして日本は台湾の国連加盟を支持すべきなのでしょうか?
[台湾国連加盟に関するFAQ(2007年9月7日、台湾駐日代表処発表)より]

1、台日両国とも平和支持、民主追求、人権尊重の国であり、両国間には長年にわたっ
 て共通価値観に基づいた緊密なパートナーシップがあります。自由民主台湾の繁栄と
 成長は、日本および東北アジア地域全体の利益に絶対的に合致しています。

2、国連は諸国に尊敬される国際組織であり、台湾海峡両岸の対等・平和的な対話の場
 にもなります。もし台湾が国連に加盟できれば、台湾海峡の緊張関係を有効的に緩和
 させることができます。

3、現在の台湾は、国際社会において、まるで身体の小さな優等生が腕力の強い学生か
 ら長い間「いじめ」を受けているような立場にあります。最近、日本では学校の「い
 じめ」現象が注目され、防止策が求められています。アジア地域の主要国家および台
 湾の近隣国家としての日本は、「いじめ防止」と同様、その道義を重んじる観点から、
 台湾のことを支持するよう、強く期待されています。

4、日本の国益から見ると、台湾が中国に併合される「現状変更」と、台湾が独立国家
 として機能している「現状を維持すること」と、どちらがいいでしょうか。地理的に
 至近距離にある日本もこの問題を真剣に考えるべきです。その答えが後者であるなら
 ば、必然的に台湾の国連加盟を支持するという結論に行き着くことでしょう。

●連絡先:日本李登輝友の会 TEL:03-5211-8838 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp●
------------------------------------------------------------------------------

■日 時:2007年9月15日(土) 14時:出陣式 14時30分:出発

■集 合:大久保公園
     新宿区歌舞伎町2-43[職安裏、都立大久保病院前]
     【交通】JR新宿駅東口から歌舞伎町方面へ徒歩7分。西武新宿駅から徒歩3
         分。都営大江戸線「東新宿駅」から徒歩4分。

■コース:大久保公園→職安通り→明治通り→甲州街道(新宿駅南口前)→新宿中央公園

■主 催:台湾の国連加盟を支持する日本国民の会

■問合せ:日本李登輝友の会(担当:柚原、片木)
     TEL:03-5211-8838 E-mail:ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp

■当日連絡先 090-4138-6397(永山)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 本日午後5時45分、古市利雄氏を講師に台湾研究フォーラムが第101定例会
   演題「見えてきた!日台の未来─台湾留学生活あれこれ」

台湾研究フォーラム(台湾研究論壇)第101回定例会

■講師 古市 利雄氏(台湾研究フォーラム事務局長)

■演題 見えてきた!日台の未来─台湾留学生活あれこれ

 今回は、2年間の語学留学を終え、今年帰国した本会の古市利雄・事務局長にお話しし
ていただきます。

 氏は日本語学科の学生を中心として、多くの友人と交流した経験から、今の若い台湾
人が自分たちの国について、日本について、中国について、どのように考えているのか
を、自らの台湾生活の体験談をふまえつつ、これからの日台関係についてお話ししてい
ただきます。また、台湾留学生活についても触れますので、台湾へ留学を考えている方、
定年後のロングステイを考えている方にも、役に立つ情報が得られます。
------------------------------------------------------------------------------
(こいち・としお)昭和55年、千葉県鴨川市生まれ。國學院大學文学部史学科を卒業。
学士論文は「日本時代における台湾地方選挙について」。2005年から台湾・淡江大学華
語中心に語学留学。中国語だけでなく台湾語も学び、多くの若い台湾の友人を得る。台
湾の政治情勢をウオッチングしつつ、台湾の文化を肌で感じながら2年間の留学生活をお
くり、2007年5月帰国。現在、台湾の本を数多く出版している「まどか出版」編集部勤務。
------------------------------------------------------------------------------
【日 時】 平成19年9月15日(土)午後5時45分〜8時30分

【場 所】 文京シビック3F 第一会議室(TEL:03-5803-1100)
      JR「水道橋駅」徒歩10分
      都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分
      東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」徒歩1分

【参加費】 会員500円 一般1000円

【懇親会】 閉会後、会場付近にて。(会費3000円、学生1000円)

【申込み】 Eメール taiwan_kenkyu_forum@yahoo.co.jp
      FAX 03−3626−1520

【問合せ】 090−4138−6397
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 台湾人の運転、19日解禁 道内旅行をレンタカーで
   全日空、JTBパック商品続々

 6月14日、衆議院で道路交通法が改正された。台湾の運転免許証を持っていれば日本国
内で自動車運転ができるようになる。いよいよこの9月19日から施行される。一昨年9月
の台湾人観光客へのノービザ実施に続く措置となり、日台の交流はますます盛んになる
だろう。

 台湾の観光客が27万人も押し寄せる北海道では、全日空が往復航空券にホテルとレン
タカーを付けた商品の予約販売を始め、JTBも、ホテルとレンタカーをセットにした
商品を19日に発売することを北海道新聞が報じている。

 この改正道交法の施行により、許世楷代表(大使に相当)が「もう一つの平等互恵原
則の具体的な進展となる。わが方も速やかにこれに対する措置を講ずる」と、日本の運
転免許証が台湾で使用できるようになることを示唆していたように、台湾側も早々の施
行を目指している。                         (編集部)
------------------------------------------------------------------------------
台湾人の運転、19日解禁 道内旅行をレンタカーで
全日空、JTBパック商品続々
【9月14日 北海道新聞】

 台湾の自動車運転免許証が十九日から日本国内でも使えるようになるのに合わせ、全
日空とJTBの両グループは、ホテルとレンタカーをセットにした道内旅行パック商品
を全国に先駆けて投入する。道内への台湾人の入り込み数は年間約二十七万人と人気は
根強く、リピーターも増加傾向にある。車で自由に周遊する個人旅行の潜在需要は高い
とされ、両グループは新商品を通じて、新たな客層の掘り起こしを目指す。

 全日空では系列旅行会社のANAセールス(東京)が、台湾−新千歳直行便を運航す
るエバー航空などと提携、八月末から台湾で、往復航空券にホテルとレンタカーを付け
た三泊四日の商品の予約販売を始めた。

 商品は登別・富良野・札幌、登別・洞爺湖・札幌の二ルートで、中国語の話せるスタ
ッフが新千歳空港で旅行者を出迎え、レンタカー手続きなどを手助けする。また、旅行
期間中のトラブルなどにも、電話を通じて助言を行う。

 料金は日本円で一人八万円台から用意。今回は試験販売とし、期間を二十五日から十
月三十一日までの約一カ月間に限定したが、同社は「結果を分析したうえで、本格商品
として売り出していく」としている。

 一方、JTBでは、アジア専門のJTBエイティーシー(東京)が京王プラザホテル
札幌などと提携し、同ホテル一泊(二人分)とレンタカー(十二時間使用)をセットに
した商品を十九日に発売する。

 車種が小型車からワゴン車まで、十五種類から選べるほか、日程の延長にも応じる。
料金は一泊の基本商品で三万円弱(閑散期)から用意。同社も中国語が話せるスタッフ
が電話で相談に応じることにしており、来年三月末までに「千人分は販売したい」と目
標を掲げている。

 台湾は、国際運転免許証交付に必要な国際条約に加盟していないが、観光立国を推進
する国の方針により、規制緩和された。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。