国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第612号】 明日15日、新宿で「台湾の国連加盟支持」のアピール行進

2007/09/14



>>>>> http://www.ritouki.jp/――――――――――――【平成19年(2007年) 9月14日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
       新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――――[Vol.612]
1>> 明日15日、新宿で「台湾の国連加盟支持」のアピール行進
2>> 明日15日、古市利雄氏を講師に台湾研究フォーラムが第101定例会
3>> 9月29日(土)、鈴木浩大氏をゲストに新日台交流の会が第70回講演会
4>> 9月30日(日)、憲法学の権威、李鴻禧先生を講師に第3回台湾主権記念会を開催
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 明日15日、新宿で「台湾の国連加盟支持」のアピール行進
   老若男女、どなたでも大歓迎! 9・15「友邦・台湾を国連へ!」アピール行進

【転送・転載 歓迎】

 台湾は今年から国連に「台湾」名義での加盟申請を行いましたが、潘基文事務総長は
「台湾は中国の一部」だと申請を拒否しました。その後、台湾の友好国の提案や、日米
政府が事務総長の「解釈不適切」申し入れを行ったことにより、9月18日から開催の国連
総会で審議されることになりました。

 台湾では総会直前の9月15日にその正当性を訴える大規模デモが行われ、ニューヨーク
でもアピール行進が行われます。

 そこで、私たち日本人も呼応し、国際社会で孤軍奮闘する台湾に激励のメッセージを
送るため、アピール行進を実施します。日本を含む東アジア全体の平和のための行動で
す。老若男女、どなたでも大歓迎です。ふるってご参加を!

*アピール行進は合法的に行います。(雨天決行! 所要時間約1時間)

*主催者もプラカードを用意しますが、「日本人は台湾の国連加盟を支持」「台湾には
 国連加盟の資格ある」「中国は台湾加盟を妨害するな」「許すな!国連からの台湾排
 除」「台湾は中国領土ではない」などオリジナルご持参も大歓迎です。

■日 時:2007年9月15日(土) 14時:出陣式 14時30分:出発

■集 合:大久保公園
     新宿区歌舞伎町2-43[職安裏、都立大久保病院前]
     【交通】JR新宿駅東口から歌舞伎町方面へ徒歩7分。西武新宿駅から徒歩3
         分。都営大江戸線「東新宿駅」から徒歩4分。

■コース:大久保公園→職安通り→明治通り→甲州街道(新宿駅南口前)→新宿中央公園

■主 催:台湾の国連加盟を支持する日本国民の会
     台湾出身戦没者慰霊の会、台湾研究フォーラム、維新政党新風東京都本部、
     維新政党埼玉県本部、日本李登輝友の会、日台交流同友会、政経調査会、國
     民新聞社、栃木県日台親善協会、日本青年協議会、高座日台交流の会、李登
     輝学校日本校友会(9月13日現在)

     *賛同の日本人団体を募集中!(ご連絡は下記まで)

■問合せ:日本李登輝友の会(担当:柚原、片木)
     TEL:03-5211-8838 E-mail:ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp

■当日連絡先 090-4138-6397(永山)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 明日15日、古市利雄氏を講師に台湾研究フォーラムが第101定例会
   演題「見えてきた!日台の未来─台湾留学生活あれこれ」

台湾研究フォーラム(台湾研究論壇)第101回定例会

■講師 古市 利雄氏(台湾研究フォーラム事務局長)

■演題 見えてきた!日台の未来─台湾留学生活あれこれ

 今回は、2年間の語学留学を終え、今年帰国した本会の古市利雄・事務局長にお話しし
ていただきます。

 氏は日本語学科の学生を中心として、多くの友人と交流した経験から、今の若い台湾
人が自分たちの国について、日本について、中国について、どのように考えているのか
を、自らの台湾生活の体験談をふまえつつ、これからの日台関係についてお話ししてい
ただきます。また、台湾留学生活についても触れますので、台湾へ留学を考えている方、
定年後のロングステイを考えている方にも、役に立つ情報が得られます。
------------------------------------------------------------------------------
(こいち・としお)昭和55年、千葉県鴨川市生まれ。國學院大學文学部史学科を卒業。
学士論文は「日本時代における台湾地方選挙について」。2005年から台湾・淡江大学華
語中心に語学留学。中国語だけでなく台湾語も学び、多くの若い台湾の友人を得る。台
湾の政治情勢をウオッチングしつつ、台湾の文化を肌で感じながら2年間の留学生活を送
り、2007年5月帰国。現在、台湾の本を数多く出版している「まどか出版」編集部勤務。
------------------------------------------------------------------------------
【日 時】 平成19年9月15日(土)午後5時45分〜8時30分

【場 所】 文京シビック3F 第一会議室(TEL:03-5803-1100)
      JR「水道橋駅」徒歩10分
      都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分
      東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」徒歩1分

【参加費】 会員500円 一般1000円

【懇親会】 閉会後、会場付近にて。(会費3000円、学生1000円)

【申込み】 Eメール taiwan_kenkyu_forum@yahoo.co.jp
      FAX 03−3626−1520

【問合せ】 090−4138−6397
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 9月29日(土)、鈴木浩大氏をゲストに新日台交流の会が第70回講演会
   テーマは「鈴木浩大のおススメ台湾温泉−名湯から秘湯・珍湯まで」

■日 時 2007年9月29日(土)午後3時〜5時(講演と質疑応答)

■ゲスト 鈴木浩大(すずき・こうだい)さん

■テーマ 鈴木浩大のおススメ台湾温泉─名湯から秘湯・珍湯まで

 台湾は、100ヵ所以上にもおよぶ温泉地を持つ「温泉大国」です。 

 9月の定例会は、今年5月に『湯けむり台湾紀行─名湯・秘湯ガイド』(まどか出版)
を上梓した温泉研究家の鈴木浩大さんに、台湾の温泉の魅力について語っていただきま
す。 

 台北滞在中のフリータイムを利用して誰もが訪れやすい温泉から、ヘビーなリピータ
ーをも満足させる知られざる秘湯・珍湯まで、「入門編、中級編、上級編」といった構
成で、魅力ある台湾のさまざまな温泉を目的別に指南します。 

●鈴木浩大(すずき・こうだい)
 1962年生まれ。神奈川県横須賀市出身。早稲田大学卒。根っからの旅好き。学生時代
 から温泉や離島めぐりにハマリ、就職後も週末や休暇を利用して旅漬けの日々を送る。
 約20年間に回った温泉地は、国内と海外を合わせて3900湯を数える。若い頃には、1日
 に10湯を超えるハシゴ湯や山道をひたすら歩いてたどり着く野渓温泉を楽しんだが、
 最近は仕事が忙しく、あまり回れないのが悩み。野渓温泉、素朴な共同浴場、離島に
 湧く温泉が特に好み。海外では、台湾、ニュージーランド、ハンガリー、カナダなど
 の湯に詳しい。著者に『湯けむり台湾紀行─名湯・秘湯ガイド』(まどか出版)など。 

■会 場 台湾資料センター 3F 会議室
     東京都港区三田5-18-12
     地図:http://www.roc-taiwan.or.jp/data
     地下鉄南北線・三田線 「白金高輪駅」下車 2番出口より徒歩3分

■参加費 無料。ただし、事前に電話でのお申込みが必要です。

■連絡先 台湾資料センター 03-3444-8724
     *日曜、月曜、祝日は休み。
     *開館時間:火曜−土曜 9時−12時、13時−17時30分
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 9月30日(日)、憲法学の権威、李鴻禧先生を講師に第3回台湾主権記念会を開催
   演題「国際法における台湾の位置づけ」(使用言語:日本語 参加費:無料)

台湾主権の新たな挑戦 
〜第3回台湾主権記念会開催のご案内〜

 行政院大陸委員会が2007年4月に実施した世論調査によると、77.3%の台湾住民が台湾
名義で国連を含む国際組織に加盟申請することに賛成しており、台湾の国民が国連の加
盟国となる期待や声が高く響きました。

 しかし、7月23日、国連が「第2758号決議」を根拠に、台湾の申請を受理せず、返却し
たことを明らかにした。これに対し7月24日、台湾外交部は「第2758号決議案は台湾の代
表権問題を処理していない」として遺憾の意を表明しました。

 国連第2758号決議案のみならず、日本が1951年9月8日に署名したサンフランシスコ平
和条約も台湾の主権を放棄することは明言されたが、台湾主権の帰属は述べられていま
せんでした。

 サンフランシスコ講和条約は台湾にとって非常に重大な意味を持っている。だが残念
なことに、北京や以前の国民党政府は政治的意図で同条約の存在を故意に無視するかわ
りに、「カイロ宣言」や「ポツダム宣言」を強調してきました。

 我々はサンフランシスコ平和条約その日を境に、台湾山河の主権が再び台湾人自らの
手に帰ってきたとして、台湾主権復帰の9月8日を台湾人の歓喜と希望の日として、台湾
の主権回復を記念すると同時に台湾主権を守る決意を世界にアピールするために、今年
も9月30日(日)に主権記念会を開きたいと思います。


【日 時】2007年9月30日(日)
     講演会 PM1:00〜2:30
     音楽会 PM2:40〜4:00

【ところ】浜離宮朝日ホール
     東京都中央区築地5-3-2 朝日新聞社新館2階 電話03-5541-8710
     [交通]都営大江戸線築地市場駅下車A2出口すぐ 
         日比谷線/築地駅2番出口・東銀座駅6番出口(徒歩約8分)

【内 容】第一部 講演会(90分)
     李鴻禧先生(台湾大学名誉教授・前凱達格蘭学校校長)
     演題:国際法における台湾の位置づけ(使用言語:日本語)

     略歴:東京大學法政研究所公法科(憲法組)博士。台湾憲法学の頂点に立つ
        人物で陳水扁総統から「国師」と尊ばれる。

     第二部 東京「福爾摩沙」音楽会(80分)
     台湾の名曲、日本の愛唱歌等
     女高音/莊美麗・朱君苑 
     男高音/陳忠義・王惠民 
     男中音/張寶郎

【参加費】無料

【主 催】日本台湾医師連合・日本台医人協会・日本台湾語言文化協会

【協 賛】日本李登輝友の会・台湾研究フォーラム・在日台湾同郷会・池袋台湾教会・
     在日台湾婦女会・東京台湾教会・留日東京同学会(TSA)

【後 援】台北駐日経済文化代表処

【問合せ】代表幹事 田川博章
     TEL:03-3664-5057
        メールアドレス:dylan@tcat.ne.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。