国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第608号】 9月15日(土)、新宿で9・15「友邦・台湾を国連へ!」アピール行進

2007/09/09



>>>>> http://www.ritouki.jp/――――――――――――【平成19年(2007年) 9月9日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
        新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――――[Vol.608]
1>> 9月15日(土)、新宿で9・15「友邦・台湾を国連へ!」アピール行進
2>> 9月15日(土)、古市利雄氏を講師に台湾研究フォーラムが第101定例会
3>> 10月に「寒雲&台湾高雄市国楽団」が日本巡回公演
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 9月15日(土)、新宿で9・15「友邦・台湾を国連へ!」アピール行進
  「台湾の国連加盟を支持する日本国民の会」が賛同する日本人団体を募集中!

 台湾は今年から「台湾」名義での加盟申請を行いましたが、潘基文国連事務総長は
「台湾は中国の一部」だとの解釈を示して申請を拒否しました。しかし、事務総長にそ
のような権限はないどころか、そもそも国連が「台湾を中国の一部」などと認定した事
実はありません。つまりこれは、ここまで国連が中国の影響下に置かれているというこ
となのです。

 その後、台湾の友好国の提案や、日米が事務総長の解釈を不適切とする申し入れを行
ったことにより、台湾の国連加盟については9月18日から開かれる国連総会の総務委員会
で審議されることになりました。

 こうしたなかで台湾では、国連総会開催直前の9月15日、台湾の国連加盟の正当性を訴
え、住民投票を推進する大規模デモが発動されます。ニューヨークでもそれに呼応し、
現地の台湾人がアピール行進を行います。

 そこで、我々日本人も呼応し、「一つの中国」なる宣伝を打破するため、あるいはそ
れを台湾の存在アピールの好機として、東京においてアピール行進を実施し、「日本政
府は台湾加盟を支持せよ」「中国の反対圧力に反対する」「国連は台湾を排除するな」
と訴え、この問題への関心を喚起するとともに、国際社会で孤軍奮闘する台湾に激励の
メッセージを送ります。

 台湾を中国の侵略から守るためには、何としてでも台湾を国連に加盟させ、台湾問題
を国際社会の関心の下に置かなければなりません。これは友邦台湾のため、そして日本
を含む東アジア全体の平和のための行動です。

 賛同する日本人団体を募っています。ご賛同いただける場合は、下記までご一報のほ
どお願いします。

 当日のご参加は、日本人、台湾人にかかわらず、老若男女、どなたでも大歓迎です。
ふるってご参加ください。

 平成19年9月8日
                     台湾の国連加盟を支持する日本国民の会
------------------------------------------------------------------------------
9・15「友邦・台湾を国連へ!」アピール行進

■日 時 2007年9月15日(土) 14時:出陣式 14時30分:アピール行進出発

■集 合 大久保公園(新宿区歌舞伎町二丁目43番)
     ※ハローワーク(職安)裏、都立大久保病院前
      【交通】JR「新宿駅」東口から徒歩7分。歌舞伎町方面へ。
          西武「新宿駅」から徒歩3分。
          都営大江戸線「東新宿駅」から徒歩4分。

■コース 大久保公園→職安通り→明治通り→甲州街道(新宿駅南口前)→新宿中央
     公園(所要時間:約1時間)
     ※プラカード、横断幕、拡声器等の持参歓迎!

■主 催 台湾の国連加盟を支持する日本国民の会
     台湾出身戦没者慰霊の会、台湾研究フォーラム、維新政党新風東京都本部、
     維新政党埼玉県本部、日本李登輝友の会、日台交流同友会、政経調査会(9月
     8日現在)
     ※賛同の日本人団体を募集中!

■問合せ 03−5211−8838(日本李登輝友の会)
     090−4138−6397(永山英樹)
     koe@formosa.ne.jp (台湾の声編集部)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 9月15日(土)、古市利雄氏を講師に台湾研究フォーラムが第101定例会
   演題「見えてきた!日台の未来─台湾留学生活あれこれ」

台湾研究フォーラム(台湾研究論壇)第101回定例会

■講師 古市 利雄氏(台湾研究フォーラム事務局長)

■演題 見えてきた!日台の未来─台湾留学生活あれこれ

 今回は2年間の語学留学を終え、今年帰国しました古市氏にお話していただきます。氏
は日本語学科の学生を中心として、多くの友人と交流した経験から、今の若い台湾人が
自分たちの国について、日本について、中国について、どのように考えているのかを、
自らの台湾生活の体験談をふまえつつ、これからの日台関係についてお話していただき
ます。また台湾留学生活についてもお話してもらうので、台湾へ留学を考えている方、
定年後のロングステイを考えている方にも役に立つ情報を得られることと思います。
------------------------------------------------------------------------------
(こいち・としお)昭和55年、千葉県鴨川市生まれ。國學院大學文学部史学科を卒業。
学士論文は「日本時代における台湾地方選挙について」。2005年から台湾・淡江大学華
語中心に語学留学。中国語だけでなく台湾語も学び、多くの若い台湾の友人を得る。台
湾の政治情勢をウオッチングしつつ、台湾の文化を肌で感じながら2年間の留学生活をお
くり、2007年5月帰国。現在、台湾の本を数多く出版している「まどか出版」編集部勤務。
------------------------------------------------------------------------------
【日 時】 平成19年9月15日(土)午後5時45分〜8時30分

【場 所】 文京シビック3F 第一会議室(TEL:03-5803-1100)
      JR「水道橋駅」徒歩10分
      都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分
      東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」徒歩1分

【参加費】 会員500円 一般1000円

【懇親会】 閉会後、会場付近にて。(会費3000円、学生1000円)

【申込み】 9月13日(木)まで下記へ。
      Eメール taiwan_kenkyu_forum@yahoo.co.jp
      FAX 03−3626−1520

【問合せ】 090−4138−6397
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 10月に「寒雲&台湾高雄市国楽団」が日本巡回公演
   東京、埼玉、山梨、大阪、金沢、名古屋を巡回

 秋の一日、台湾音楽でたっぷりと台湾情緒を味わってみませんか。高雄市国楽団は、
二胡・南胡・琵琶・阮・笙・古筝・揚琴・篠笛・チェロ・ベース・ドラムなどの40人編
成。東京公演などにつきましては、後日、本誌に詳細をご紹介しますが、下記に北陸中
日新聞が主催する金沢公演の記事を紹介します。            (編集部)

東京公演  10月19日(金) 19:00 よみうりホール
埼玉公演  10月20日(土) 18:30 八潮市民文化センター
山梨公演  10月21日(日) 14:30 山梨県民文化ホール
大阪公演  10月24日(水) 19:00 国際交流センター
金沢公演  10月26日(金) 19:00 石川県立音楽堂
名古屋公演 10月28日(日) 14:30 名古屋公会堂

■問合せ 寒雲プロジェクト 090(3768)4313まで
------------------------------------------------------------------------------
高雄市國楽団 金沢公演
【7月20日 北陸中日新聞】

 本社は台湾・高雄市の専業楽団を招へいし、金沢公演を開催します。同楽団は風土民
情を描く創作曲をはじめ、西洋楽器との協奏にも取り組んでいるほか、海外での演奏活
動も精力的に行っています。また白山市在住の歌手、寒雲さんも賛助出演します。

【とき】2007年10月26日(金)午後7時開演(同6時開場)

【ところ】県立音楽堂コンサートホール(金沢市昭和町20ノ1)

【前売り入場料】S席=五千円、A席=四千円、B席=三千円(全席指定、当日は五百
 円高、消費税込み)

【前売り発売】7月21日(土)から県立音楽堂チケットボックス、香林坊大和、山蓄(香
 林坊109店、めいてつ・エムザ店)、アピタ松任ティオ、中日サービスセンターで一斉
 発売。また北陸中日新聞各支局、通信局(部)、販売店でも取り次ぎいたします。

【問い合わせ】寒雲プロジェクト=(電)090(3768)4313=まで

<共催>石川テレビ放送、寒雲プロジェクト、台湾・高雄市國楽団

<後援>台湾外交部、(財)高雄市國楽団文化基金会、石川県、同教育委員会、金沢市、
 同教育委員会、エフエム石川ほか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。