国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第569号】 【募集締切迫る!】8月16日から第7回台湾李登輝学校研修団[7月18日締切]

2007/07/17



>>>>> http://www.ritouki.jp/――――――――――――【平成19年(2007年) 7月17日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
       新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――――[Vol.56]
1>>【募集締切迫る!】8月16日から第7回台湾李登輝学校研修団[7月18日締切]
2>> マンゴーのお申し込みはまだ間に合います! 今年も美味です[7月20日締切]
3>>【読者の声】李登輝さんの来日を考える [群馬県 飯野己子男]
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>>【募集締切迫る!】8月16日から第7回台湾李登輝学校研修団[7月18日締切]
   李登輝前総統が特別講義! 修了証を授与 8月16日(木)〜19日(日)

 李登輝前総統にお会いし、その謦咳に接するチャンスは極めて限られています。本会
が主催する台湾李登輝学校研修団では、李登輝学校の校長として李前総統が必ず特別講
義を行い、質疑応答も許されています。

 そして修業式では、李前総統と記念撮影を行い、李前総統ご自身が一人ひとりに「修
了証」を手渡されますが、修了証をいただけるのは、日本人研修団としては私どもの研
修団だけです。皆様のご参加をお待ちしています。

 平成19年(2007年)7月吉日

                               日本李登輝友の会
------------------------------------------------------------------------------
『第7回台湾李登輝学校研修団』のご案内

日  程:8月16日(木) 午前便で台北へ。午後から開講(視察研修含む)
       17日(金)〜18日(土) 終日研修
       19日(日) 修業式。夕方便で帰国

主  催:日本李登輝友の会

主な内容:李登輝学校校長の李登輝前総統による特別講義をはじめ、黄昭堂先生など台
     湾を代表する有識者による日本語での講義。一連の研修修了後、李登輝校長
     自ら一人ひとりに「修了証」を授与されます(一般的な観光はありません)。

     *台湾側の事情により視察研修から入ることがあります。参加申込者には後
      日、研修内容の詳細をお知らせします。

参 加 費:会員 成田発ツイン  133,000円
        成田発シングル 148,000円

     会員 現地参加ツイン  70,000円
        現地参加シングル 85,000円

     *上記価格には空港利用税や燃料特別税が含まれています。

     *宿泊は参加者数やホテルの都合によりご希望に添えない場合がありますの
      でご了承ください。

定  員:35名

申込締切:7月18日(水)(定員になり次第、締め切らせていただきます)

一般参加:研修には会員以外の方も参加できますが、参加費は上記会員価格プラス1万円
     となります(但し、申込時にご入会の方は会員価格とさせていただきます)。

そ の 他:成田空港以外からのご参加についてもできる限り対処したいと考えています
     ので、ご相談ください。その際、参加費は成田発より割高になることをご了
     承願います。

航空会社:チャイナエアライン(予定)

申込方法:下記の申込書に必要事項を記載し、FAX、メールにてお願いします。お申
     し込みいただきましたら、所定の書類を送付いたします。

     *パスポートは3ヵ月以上の残余期間[有効期限が2008年(平成20年)2月19日
      以降]が必要ですので、必ずご確認願います。

     *7月19日以降キャンセルの場合、キャンセルチャージ(参加費の20%)が発
      生します。

■お申し込み・お問い合わせ
 日本李登輝友の会事務局:片木、薛
 〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
 電話:03-5211-8838 Fax:03-5211-8810
 E-mail:ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
第7回台湾李登輝学校研修団 申込書

1、ご氏名
2、男 女
3、年齢  歳
4、会員 一般
5、出発地  成田 現地 その他(    )
6、宿泊希望(○で囲む) シングル ツイン
7、パスポート番号
8、パスポートの有効期限
9、パスポートのローマ字氏名
10、ご住所 〒
11、TEL
12、FAX
13、E-mail

*お申し込みと同時にパスポートのコピーをFAX願います。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> マンゴーのお申し込みはまだ間に合います! 今年も美味です[7月20日締切]

 先にもお知らせしましたように、5月下旬からご案内している台湾産アップルマンゴー
は7月中旬より配送をはじめています。5kgから配送をはじめたのですが、2.5kgもほぼ
配送を終えています。

 まだ届かないという方は、今週中にはお届けできますのでご安心下さい。

 今年のマンゴーも抜群に美味です。下記にご感想をご紹介します。

 お申し込みは7月20日(金)まで大丈夫です。詳しくは、本会のホームページをご覧下
 さい。お申し込み書もダウンロードできます。

■日本李登輝友の会
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/
------------------------------------------------------------------------------
10ヶ月の娘もパクパク喜んで 【千葉県 S・N】

 今週の水曜日(11日)、美味しいマンゴーが自宅に届きました。とても甘くてジュー
シーなので10ヶ月の娘も喜んでパクパク食べ、今年も台湾の味を満喫することができま
した。ありがとうございます。                
------------------------------------------------------------------------------
「特秀」は美味しかった 【台湾人 T・S】

 マンゴーの注文はまだ間に合いますか? 早急に返事を頂きたいのですが。因みに、
この前注文した「特秀」は美味しかったです。   
------------------------------------------------------------------------------
ご近所にも喜ばれています 【東京都 K・Y】

 送っていただいた台湾特産のアップルマンゴーをご近所にお裾分けしたところ、たい
へん喜ばれています。「こんな高級なものを」と御礼を言われましたが、宮崎産マンゴ
ー効果でしょうか。
 でも、宮崎産はハウス栽培、台湾は地下栽培だそうですので、太陽の陽射しをたっぷ
り浴びて育った台湾の方がおいしく感じます。それに、御中元としてはちょっと値が張
るのですが、宮崎産に比べたら値段もずっと安いですし……。「台湾のことをもっと知
っていただくため」というご案内の趣旨にも感ずるところがあります。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>【読者の声】李登輝さんの来日を考える [群馬県 飯野己子男]

李登輝さんの来日を考える

                       群馬県 飯野己子男(46歳、会社員)

 私は李登輝さんが大好きです。ネットを探していたら、御会のことを知りました。

 以下の拙文は私が県内地方紙に投稿したものです(掲載時=台湾とのお付き合い)。
ただし、「付記」以降は私のワープロメモです。

 この拙文をどうしてくれという特に希望はないのですが、御会の存在を知りうれしく
なりましたので、意を決してメール送付いたします。

 台湾(中華民国)の前総統・李登輝さんが3度目の来日をした。長身でガッチリした
体躯のこの方は来日するたびに満面の笑みを浮かべる。22歳まで日本人だったと言う李
登輝さんは、いまだ日本人には人気が高い。

 実兄が太平洋戦争で日本人として戦死し祀られている靖国神社の問題に対しても「こ
ういう問題が外国政府に批判される理由はない」と明言するが、真っ当なことにも関わ
らず、こんなことを言ってくれる外国要人は李登輝さん以外にいない。さらには「中国
や韓国が自国の中で処理できないがゆえに(対日カードとして)作り上げられた」と中
韓両国を非難する冷静さと大胆さを持っている。

 大正12年生まれの李登輝さんは既に84歳になり、あと何回も日本に来られない。台湾
に対し日本もお返しができないものか。それには台湾出身者の永住者や就労者が、まと
めて中国籍となって不当な扱いを受けないような法改正をしてあげることがいいと思う。
王貞治、テレサ・テン、欧陽菲菲、安藤百福(日清食品創業者)、蓮舫など芸能界、ス
ポーツ界、実業界で活躍する方々が少なからず悩んだ国籍問題を解決してあげたい。お
つきあいとは、そういうものだと思う。

【付記】
 李登輝さんは国賓であるが、政府要人が会うことが適わない方である。しかし、この
笑みは郷里に帰る人の顔である。180センチを超えるこの方の笑顔は絵になる。

  平成19年6月9日、李登輝前台湾総統帰国。滞在は5月30日から6月9日までの11日
間。「観光」のため来日。講演会も数カ所で開催。9日夜、中華航空機で帰台した。

 確かに今回は、米国での実績を踏まえ、事前に日本国政府に打診してあった上での訪
日らしい。これを政府も賛意を示し目を瞑った。いまできる最良のいい訪日だったと思
う。何回も懐かしい第二の故国に来て欲しいものだ。

●「意を決して」メールをお送りいただいたとのこと、飯野さん、ありがとうございま
 した。ご指摘のとおりこういう「冷静さと大胆さを持っている」真の政治家は本当に
 少なくなりました。外国人登録証明書の国籍問題を解決してあげたいというご希望で
 すが、私どもも5年前の設立以来、この問題の解決に取り組んでいます。今春には住
 民票に「中華人民共和国台湾省」と記されていることが発覚しています。これは日本
 が訂正すべき、日本の問題です。どうぞご協力をお願いします。    (編集部)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。