国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第556号】 沖縄県宮古島市と台湾・基隆市が姉妹都市を締結

2007/07/01



>>>>> http://www.ritouki.jp/――――――――――――【平成19年(2007年) 7月1日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――――[Vol.556]
1>> 沖縄県宮古島市と台湾・基隆市が姉妹都市を締結
2>>【読者投稿】日台の航空協議は中国政府の了承がないとできないのか?
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 沖縄県宮古島市と台湾・基隆市が姉妹都市を締結
   日台自治体の姉妹都市提携は14自治体に

 6月28日、沖縄県宮古島市と台湾の基隆市が姉妹都市を締結しました。今年に入って日
本の自治体が台湾の自治体と姉妹都市を結ぶのは、3月6日の鳥取県東伯郡三朝町と台中
県石岡郷に引き続いて2番目で、日本と台湾の姉妹都市提携は14自治体となります。

 昨年は仙台市(1月20日)と台南市、八王子市と高雄市(11月1日)と2自治体が提携し
ています。

 昨日報道の小松空港と桃園空港の定期便化といい、各自治体が地元物産を積極的に台
湾でPRするなど、このところ日台の交流はいっそう深まる傾向を見せています。その
究極が姉妹都市提携です。さらに増えることを願って止みません。下記に関連ニュース
をご紹介します。                          (編集部)

■宮古島市
 http://www.city.miyakojima.lg.jp/site/view/index.jsp

■基隆市
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%BA%E9%9A%86%E5%B8%82
------------------------------------------------------------------------------
宮古島と基隆市が姉妹都市に
【6月29日 な〜るほど・ザ・台湾 最新ニュース】

 沖縄県宮古島市と基隆市が28日、姉妹都市となった。基隆市の張通栄市長、張芳麗市
議会議長と宮古島市の伊志嶺亮市長、友利恵一市議会議長が声明書に署名し、記念品を
交換した。宮古島市は基隆市の16番目の姉妹都市となる。

 宮古島市はまた基隆市にとって最も近い外国の都市。宮古島市と基隆市は昔から関係
は深い。大戦中には宮古島の島民が基隆市に疎開したこともある。宮古島市は観光を中
心に発展しており、マラソン、トライアスロン、ビーチバレーなどの大会が開かれてい
るが、台湾は毎回、参加者を派遣している。
------------------------------------------------------------------------------
10月に基隆へ直行便/姉妹都市締結などを記念
【6月27日 宮古毎日新聞】

 宮古島市と台湾基隆市の姉妹都市締結と宮古空港ターミナル創立三十周年・新ターミ
ナルビル併用開始十周年を記念する「宮古島−台湾直行チャーター便ツアー事業」が今
年十月に行われる。募集人員は百五十人、期日は十月五日から八日までとなっている。
二十六日に会見した伊志嶺亮市長は「宮古島市と基隆市の経済、文化、スポーツの交流
のためにも、多くの市民に参加してもらいたい」と話した。

 同事業は、宮古島市と基隆市の市民が友好交流を図ることが狙い。宮古島市や宮古観
光協会、宮古空港ターミナル、琉球華僑総会宮古支部、沖縄ツーリストが共催する。

 ツアーは、十月五日に宮古島市を出発。同日のうちに基隆市を訪ねる。その後は台北
などを視察および観光する日程となっている。

 伊志嶺市長は「宮古島市と基隆市の交流事業第一弾と位置付けている。このツアーを
成功させたい」と話し、市民にツアー参加を呼び掛けた。詳細な行程や料金などは未定。
問い合わせは沖縄ツーリスト宮古支店(電話73・0008)まで。

写真:台湾基隆市へのツアー参加を呼び掛ける伊志嶺亮市長ら(左から2人目)=26日、
   宮古島市役所平良庁舎
http://www.miyakomainichi.co.jp/modules/bulletin/article.php?storyid=497
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>>【読者投稿】日台の航空協議は中国政府の了承がないとできないのか?

 質問します。
 日台の航空協議は、中国政府の了承がないとできないのでしょうか。もし、そうであ
るとすれば、大問題であると思います。ご教示下さい。

                           近藤 和雄(在大阪 会員)
------------------------------------------------------------------------------
 いつも大変お世話になっております。そしてメルマガをいつも配信頂き、お骨折りに
は誠に感謝致します。
 ただし、本日のメルマガを見て非常に違和感を感じました。小松空港と台湾との定期
便の件です。
 李登輝学校一期生の宮元さんたちの血のにじむような努力があって定期便就航にこぎ
つけたことは歓喜にたえません。
 また、お隣の富山県でも先日出張で富山空港を利用した際に中華航空のチャーター便
が駐機しており、日本海側と台湾の都市との交流の広がりに心を躍らせていました。
 ですから、今回の一報には喜びがありますが、「中国政府承認」と書いてある記事を
見て非常に違和感を感じました。
 何で台湾と日本の定期便就航に中国政府の了承が必要なのか?
 外務省と北國新聞の了見を疑います。
 この点はおかしいです。また、他の会員からも抗議や問い合わせがくると思います。
 是非、次回のメルマガではこの点について厳しく切り込んでいただき、改めて台湾は
中国ではないという事を広めていただきたいと思います。
 
                  日本李登輝友の会千葉県支部事務局 金光 俊典
------------------------------------------------------------------------------
●やっぱり変ですよね。違和感を覚える方が当たり前の感覚かと思います。実は定期便
 化を進めてきた宮元陸県議も、先にこのニュースをお知らせいただいた際、「どうし
 て中国政府の了承を得なければならないのか、分からない。慣例なのかどうか、慣例
 であってもおかしいので県議会で質問したい」とのことでした。
 編集部としても調べてみますが、この件について詳しい方がいらっしゃいましたらご
 一報をお願いします。(編集部)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。