国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第544号】 私の奥の細道 李登輝(5)靖国参拝−周到な調整 念願果たす

2007/06/16



>>>>> http://www.ritouki.jp/――――――――――――【平成19年(2007年) 6月16日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――――[Vol.544]
1>> 私の奥の細道 李登輝(5)靖国参拝−周到な調整 念願果たす
2>> 李登輝前総統への来日歓迎メッセージ【15】
3>> 日本でも台湾の運転免許証が使える! 道交法改正案が14日可決
4>> 元祖!台湾産アップルマンゴー特級品のご紹介【7月20日までの期間限定】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 私の奥の細道 李登輝(5)靖国参拝−周到な調整 念願果たす

 6月9日、皇太子殿下ご成婚記念日の佳日、李登輝前総統は総統退任後、3度目となる日
本訪問の旅「学術・文化交流と『奥の細道』探訪の旅」を終えて帰台された。

 6月12日から、李前総統の全行程に同行取材した産経新聞の長谷川周人・台北支局長が、
李氏が発信したメッセージは何だったかを探るべく「私の奥の細道 李登輝」と題する
レポートを同紙に連載し始めた。下記にご紹介したい。本日は第5回目、最終回である。

 ちなみに、「私の奥の細道」というタイトルは、李前総統が今回の旅の目的について
「芭蕉の『奥の細道』を歩いて、日本文化とはなにかを、『私の奥の細道』と題して世
界に紹介したい」と発言されたことに由来している。

 なお、今朝の記事冒頭で「台湾団結連盟が主催する春節(旧正月)祝賀宴」とあるが、
これは昨年2月11日、台湾・李登輝之友会(黄崑虎総会長)が主催して国賓大飯店で開催
した春節(旧正月)祝賀宴の誤り。本会が実施した「第1回烏来と天燈の里ツアー」一
行24名がこの春節祝賀宴に招待された。詳細は、本誌平成18年2月18日発行の第276号を
参照してください。                         (編集部)
------------------------------------------------------------------------------
私の奥の細道 李登輝(5)靖国参拝−周到な調整 念願果たす
【6月16日 産経新聞】

 昨年2月中旬、台北市内の高級ホテルで、李登輝前台湾総統が後ろ盾となるが開かれ
ていた。台湾団結連盟が主催する春節(旧正月)祝賀宴が開かれていた。会場では英国
留学から戻った李氏の孫娘、李坤儀さん(27)が世界的なヒット曲、「ケ・セラ・セラ」
などを熱唱。伸びやかな歌声に李夫妻は目を細め、台湾メディアの関心も彼女に集中した。

 華やかな雰囲気の中、寡黙なひとりの日本人がVIPテーブルに座っていた。小柄な
この男性は李氏の正面に座り、背後に陣取る報道陣からは死角に入る。ほとんど誰も気
付かなかったが、男性は靖国神社の宮司、南部利昭氏だった。非公式訪台した南部氏は
実は、祝宴前にホテル内の密室で李氏と「私的雑談」(関係者)を交わしていた。

 「靖国には行きますか?」。今回の訪日直前、曾文惠夫人が私邸で李氏に尋ねた。李
氏の亡兄、李登欽氏が「岩里武則」の日本名で合祀(ごうし)される靖国神社への参拝
実現は、李一家にとり一大事である。「兄の遺髪もなければ、遺骨も遺灰もない。位牌
(いはい)は靖国神社にのみ残されている」。李氏は参拝30分前の緊急会見でこう述べ
たが、靖国行きは唐突なものではなく、靖国側との調整も1年前から始まっていたのだ。

 日本政府関係者によれば、李氏は5月30日の東京到着後、靖国側から「私的参拝は大
歓迎」との「最終判断」を得た。だが、東北旅行を前に参拝すれば、政治問題化して後
半の日程に支障も出かねない。一方で、「中国に反論のすきを与えない離日直前が理想
だが、やり逃げ的な印象も残したくない」(李氏の同行筋)。参拝日時をめぐる調整は
慎重を要した。

 参拝前日の6月6日、李氏サイドは日本の警察当局に「警備要請」を出した。ドイツ
での主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)に出席中の安倍晋三首相にも、外務
省経由で電話による事前通告を行った。8日には日中首脳会談が予定されており、「日
本に迷惑はかけたくない」と言う李氏と、日本当局は水面下で連携を図っていた。

 参拝は、時間をかけた周到な準備と配慮の末に日の目を見たのである。

 さて、靖国に合祀される約2万8000人の台湾人英霊への参拝という李氏のもうひとつ
の悲願は今回、成ったのか。「奥の細道」をたどる旅も、日光東照宮(栃木県)で締め
くくられ、新潟以西は今後に先送りされた。

 李氏は今年84歳。「余った時間は台湾にささげて奮闘する」という決意に、再訪日、
さらには訪米をも視野に台湾の将来に新たな道筋を付けようとする執念がにじんだ。
(長谷川周人)
                                    =おわり

写真:岩手県平泉町にある中尊寺の金色堂を訪れた李登輝前総統
写真:靖国神社から提供された李前総統の兄の遺影
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 李登輝前総統への来日歓迎メッセージ【15】

 李登輝前総統への来日歓迎メッセージが届いています。到着順にご紹介し、李登輝前
総統にもお目通しいただきます。どうぞ、読者の皆さまも一言で結構ですのでメッセー
ジをお寄せ下さい。

 なお、メッセージは趣旨を変えないで添削させていただく場合もあることをご了承く
ださい。また、メッセージのタイトルは原則としてお寄せいただいたものを使わせてい
ただきますが、編集部で付け直す場合もあることをご了承ください。

 李登輝前総統への歓迎メッセージですので、余程のことがない場合を除き、お名前を
記してお寄せいただきますようお願いします。ペンネームなどの場合はその旨を記して
ください。

 これまでの歓迎メッセージはホームページに掲載しています。今回来日に関するこれ
までのすべての報道も掲載していますので、併せてご覧ください。

 なお、これまでメールマガジン「日台共栄」へのコメントを紹介する機会を逸してい
ましたので、今回は本会宛のものと併せてご紹介します。        (編集部)

■日本李登輝友の会ホームページ
 http://www.ritouki.jp/
------------------------------------------------------------------------------
何度でも日本にいらして下さい

                      李登輝学校台湾研修団二期生 森 悦子

 昨年、李登輝先生の訪日が延期になって以来、一日千秋の思いでお待ちしておりまし
た。今回はようやく李登輝先生が待ち望んでいらした「奥の細道」の訪問や講演会が実
現されますね。心からお喜び申し上げます。

 「後藤新平賞受賞式」の申し込みは最初先着順だったのですが、あまりにも申込人数
が多かったため抽選になりました。このことからも、どれだけの日本人が李登輝先生の
来日を待ち望んでいたか、お話を伺いたいかの証拠だと思います。

 これからも何度でも日本にいらして下さい。いつでも大歓迎です!(5月28日)
------------------------------------------------------------------------------
肝の座った政治家

                                   匿名希望

 日本にもこの「李登輝」という 肝の座った政治家がいたらと思います。明せきな頭
脳に行動力。感動します。日本を楽しんで、是非 再来日していただきたいです。(6月
8日)
------------------------------------------------------------------------------
印象的なお言葉

                                  台湾は友達

 秋田での講演会を聞いて参りました。李登輝とは何者という話の中で、先生は「実践
躬行」の人と自らを表現されておりました。とても印象的なお言葉でした。(6月10日)
------------------------------------------------------------------------------
日本人としての何よりの喜び

                      李登輝学校研修団一期生 羽田野 直樹

 李登輝先生、この度は日本をご訪問戴きまして有難う御座居ました。

 ご念願の奥の細道を巡られて,日本の自然や精神の重要さをご指摘戴いた事は日本人
として何よりの喜びで御座いました。更になつかしいお兄様とじっくりお話しする時間
をお取り戴けました事は有難くも実に清々しい気持ちで御座居ます。

 今こそ我々日本人が、きちんと日本人で居る事自体が重要である事をあらためて感じ
ました。

 またしてもご不快の念を抱かれても仕方ない局面も御座居ましたが、日本が先生のご
訪問を喜んでいるのはお天気が証明しています(お帰りになられた翌日の関東はまさし
く大嵐だったんですよ)。

 長旅でお疲れになられたと思います。どうぞゆっくりとご休養をお取り下さい。

 また芭蕉の旅の続きでご来日戴けます事を、日本人一同、心よりお待ち申し上げます。
(6月14日)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 日本でも台湾の運転免許証が使える! 道交法改正案が14日可決
   施行は9月以降。日本の運転免許証も台湾で可能に!

 6月14日、衆議院で道路交通法が改正され、台湾の運転免許証を持っていれば日本国内
での自動車運転ができるようになる。施行は9月以降になる見通しだが、一昨年9月の台
湾人観光客へのノービザ実施に続く措置となり、日台の交流はますます盛んになるだろ
う。

 14日、台北駐日経済文化代表処の許世楷代表(大使に相当)も「もう一つの平等互恵
原則の具体的な進展となる。わが方も速やかにこれに対する措置を講ずる」と、日本の
運転免許証も台湾で使用できることを示唆した。

 台北駐日経済文化代表処のプレスリリース、関連記事、台湾で免許証を取得した産経
新聞の長谷川周人支局長の「台湾有情」を併せて紹介したい。      (編集部)
------------------------------------------------------------------------------
「道路交通法改正案」通過に関するプレスリリース
【2007年6月14日 台北駐日経済文化代表処】

 6月14日、日本の衆議院において「道路交通法改正案」が通過した。今後、近いうち
に台湾の運転免許が日本で使用可能となる。

 許世楷・台北経済文化代表処駐日代表は、日本のこの善意ある措置に評価と歓迎の意
を示し、この修正案の通過は台日関係がさらに緊密化する象徴であり、日本が台湾観光
客のノービザ措置恒久化を実施後、もう一つの平等互恵原則の具体的な進展となる。わ
が方も速やかにこれに対する措置を講ずる。今後わが国から日本を訪れる観光客の旅行
方法は、一定の地点に限定された旅行パターンからより柔軟に多様化できるようになる、
との認識を示した。

 また、許代表は、わが国の観光客は日本で運転するときは、現地の交通ルールを遵守
し、安全運転を心がけるよう呼びかけた。
------------------------------------------------------------------------------
台湾の運転免許証、日本で運転可能に
【6月15日 な〜るほど・ザ・台湾ニュース】

 日本の衆議院で14日、「道路交通法修正案」が可決された。改正道交法では、外国運
転免許制度の対象に台湾の機関が発給する運転免許証が加えられ、台湾の運転免許証保
持者が日本で車を運転できるように改正された。台湾は互恵の原則に基づき、日本の運
転免許証での台湾での運転を認め、近く法制化に入る予定。

 改正道交法はすでに参議院を通過しているため正式に成立し、年内にも実施される。
しかし、具体的な実施方法はこれから決められる。台湾の免許証を直接日本で通用させ
るか、国際免許証に切り替えるかは今後の日台の話し合いを待たなければならない。

 去年、日本を訪問した台湾人は延べ130万人。台湾の免許証の承認で台湾人観光客が5
%増加すると見込まれている。
------------------------------------------------------------------------------
台湾での免許取得
【平成19年2月15日 産経新聞「 台湾有情」】

 運転免許証は、身分証明書代わりにもなり、社会生活の中でさまざまな役割を果たし
ている。携帯電話や銀行口座の契約から郵便物の受け取りまで、免許証は実に便利だっ
たと思う。「だった」としたのは、外交関係がない日本と台湾の間では、日本の免許証
は承認されず、台湾では法的効力を持たないからだ。おかげで赴任からこの1年、免許
証がないため不便を強いられてきた。

 そこで意を決し、休刊日を利用して免許を取得することにし、ぶっつけ本番で試験に
臨んだ。慣れない左ハンドルでの受験には勇気がいるが、合格すれば、時間的には最短
コースだ。仕組みは日本と同様、身体検査に始まり、筆記試験、技能試験と進む。筆記
を辛うじてクリアし、技能試験も車庫入れ、縦列駐車まで難なくこなした。が、次のS
字カーブを抜けると、何と行き止まり。試験官はにっこり笑って「バックで戻ってね」。
予想外のお題目に緊張したが、これを切り抜けると、実質的な合格らしい。かくして念
願の免許は2時間たらずで取得できた。

 さて、晴れて手にした免許証をみると、発行機関は「中華民国交通部(交通省)」と
あった。中国色を排して「主権確立」を目指す陳水扁総統の残り任期は1年余り。それ
までに、免許証にも「台湾」の2文字を入れることができるか−。(長谷川周人)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 元祖!台湾産アップルマンゴー特級品のご紹介【7月20日までの期間限定】
   特別仕立ての箱に大きさや形のそろったもの6 〜8 個入り(2.5kg)と、12〜16個
     入り(5kg)の2種類。産地厳選・高品質!

 マンゴーといえば、台湾です。最近なにかと「宮崎産」が話題になっていますが、元
祖は何といっても「台湾産」です。ということで、今年も日本李登輝友の会はアップル
マンゴーのご紹介を実施いたします。内容は昨年同様、特別仕立ての箱に大きさや形の
そろったもの6〜8個入り(2.5kg)と、12〜16個入り(5kg)の2種類で、産地厳選・
高品質を維持するため、7月20日までの期間限定とさせていただきます。

■案内の詳細は本会ホームページをご覧下さい。申込書もダウンロードできます。
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/

                             平成19(2007)年5月吉日

1.商品の種類と価格
 ・2.5kg(6〜8個) =3,800円(税・送料込み)
 ・5kg  (12〜16個)=6,500円(税・送料込み)

2.お申し込み方法
 ・申し込み書に必要事項を記入いただき、FAXでお申し込みください。
  日本李登輝友の会 FAX: 03-5211-8810

 ・お申し込みと同時に、下記の郵便貯金口座もしくは銀行口座までご入金ください。
  代金前払い制、振込手数料はご負担願います。

  郵便貯金口座
  記号番号 10180 95214171 日本李登輝友の会

  銀行口座
  みずほ銀行 市ヶ谷支店 普通預金 口座番号 8051020
  日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬(ユハラマサタカ)


 ・配送は6月下旬から開始します。7月以降は、ご入金確認後10日〜2週間以内に宅
  配便にてお届けします(お届け日の指定がある場合は、その旨お書きください)。
 *入荷の遅れにより、配送は7月中旬からとなっています。

3.申込締切り 7月20日(金)

4.輸入・協力 池栄青果株式会社 台湾物産館

  笹塚本店 〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-14-15ウェルト笹塚ツインビル1F
  TEL&FAX:03−5304−7801 営業時間 10:00〜20:00
  港南台店 〒234-0054 横浜市港南区港南台3−1−3 港南台バーズ1F 
  TEL&FAX:045−830−5901 営業時間 10:00〜21:00

5.その他
  お届け先が不明・長期不在の場合は、お申込者へ転送いたしますので、ご了承願い
  ます。

■お問い合わせ等は、下記までお願い申し上げます。
 日本李登輝友の会
 〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
 TEL: 03-5211-8838 FAX: 03-5211-8810
 E-mail: ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
 (月〜金、10:00〜17:00 土日祝日は休み)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。