国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第539号】 李登輝前総統が全日程を終え無事に帰台

2007/06/10



>>>>> http://www.ritouki.jp/――――――――――――【平成19年(2007年) 6月10日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――――[Vol.539]
1>> 李登輝前総統が全日程を終え無事に帰台
2>> 李登輝前総統への来日歓迎メッセージ【12】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝前総統が全日程を終え無事に帰台
   「訪日は非常に成功した。日本と台湾の関係は将来、もっと密接になる」

 5月30日に来日の李登輝前総統とご家族らは昨9日、10泊11日の全日程を滞りなく終え
無事に帰台されました。桃園国際空港における記者会見で李登輝前総統は「訪日は非常
に成功した」と述べ、今回の訪日を総括されました。

 来日中、本会からは私(柚原正敬常務理事・事務局長)と薛格芳理事・青年部副部長
が全行程に同行し、一行を補佐しておりましたが、靖国神社への参拝や各地での歓迎ぶ
り、講演会参加者の感想から、そして中国の発言を完全に封じ込めたことからも、まさ
に今回の訪日は大成功だったと言えます。

 また、本会では永山英樹理事・事務局次長を隊長に、冨澤賢公事務局次長を副隊長と
するキャラバン隊を結成し、早川友久理事や会員の女性2人などが同行して芭蕉の「奥
の細道」をたどられた宮城・山形・岩手・秋田・栃木の各地で歓迎体制を整えました。
一方、事務局に残った片木裕一理事・事務局次長は孤軍奮闘してホテルオークラの講演
会準備や電話の対応をし、事務局総出で歓迎体制を作りました。

 地方のご案内役は、宮城と岩手は本会支部、秋田は本会支部準備室、そして栃木は栃
木県日台親善協会にそれぞれ担当していただきました。準備期間がほとんどないにもか
かわらず、各地で県知事や市長などを招聘して歓迎レセプションを開催し、また移動車
輌の手配までやっていただき頭が下がりました。

 この間の模様につきましては、ホームページに一般報道では見られないオリジナル写
真を掲載、どのマスメディアよりも早く報道したことで、ホームページには毎日千件を
超えるアクセスがあり大好評でした。

 会員の皆さまにおかれましても、わざわざ遠く秋田などまで出掛けて歓迎していただ
いた方も少なくなく、日本李登輝友の会が一丸となって李前総統念願の「奥の細道」散
策を成功裡に導くことができたのではないかと思っています。

 今般の訪日は中嶋嶺雄・国際教養大学学長が世話人代表を務める「アジア・オープン
・フォーラム」の招聘によるものでしたが、皆さまのご協力なしではこのような結果を
導くことはできませんでした。ご協力いただいた方々にはこの場をお借りして深く御礼
申し上げます。ありがとうございました。

 李登輝前総統ご自身、「奥の細道」はまだ半分しか歩かれておらず、次回来日時には
踏破したいと述べているように、日本再訪を希望されています。その折はまた全力で取
り組みますので、さらなるご支援ご協力のほどをお願い申し上げます。

 なお、日本李登輝友の会では訪日記録集を作成し、皆さまにお頒ちする予定です。写
真や新聞記事のご提供などをお願いするつもりですが、詳細についてきましては後日お
知らせいたします。

                 日本李登輝友の会常務理事・事務局長 柚原正敬
------------------------------------------------------------------------------
李登輝前総統「訪日は非常に成功」
【6月10日 日経新聞】

 【台北=山田周平】訪日していた台湾の李登輝前総統は9日夜、台湾に帰着した。李氏
は空港で記者会見し「訪日は非常に成功した。日本と台湾の関係は将来、もっと密接に
なる」と語った。検討している今月20日前後の再訪日については、今後の体調をみて実
行するかどうかを判断するとした。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 李登輝前総統への来日歓迎メッセージ【12】

 李登輝前総統への来日歓迎メッセージが届いています。到着順にご紹介し、李登輝前
総統にもお目通しいただきます。どうぞ、読者の皆さまも一言で結構ですのでメッセー
ジをお寄せ下さい。
 なお、メッセージは趣旨を変えないで添削させていただく場合もあることをご了承く
ださい。また、メッセージのタイトルは原則としてお寄せいただいたものを使わせてい
ただきますが、編集部で付け直す場合もあることをご了承ください。
 李登輝前総統への歓迎メッセージですので、余程のことがない場合を除き、お名前を
記してお寄せいただきますようお願いします。ペンネームなどの場合はその旨を記して
ください。
 これまでの歓迎メッセージはホームページに掲載しています。今回来日に関するこれ
までのすべての報道も掲載していますので、併せてご覧ください。    (編集部)

■日本李登輝友の会ホームページ
 http://www.ritouki.jp/
------------------------------------------------------------------------------
ご来日を歓迎致します

                                   匿名希望

 はじめまして、東北在住の日本人です。この度のご来日を心より歓迎致します。

 ご来日をきっかけに後藤新平氏や先生の御業績に改めて触れ、頭の下がる思いです。
ご滞在中のお言葉に心を打たれる者も多いと思います。厳しい日程かと思いますが、日
本での滞在が楽しいものである事を祈っております。(6月5日)
------------------------------------------------------------------------------
より良き旅をお楽しみくださいませ

                                    中村吉伸

 この度は御念願でありました来日を果たされ真におめでとう御座います。そしてまた
後藤新平賞受賞おめでとう御座います。

 新渡戸稲造にとって良き上司であり、同じ境遇から大成していった人物ですが、今回
の来日ではお二人の記念館に行かれるとの事ですので特別の感慨がおありの事と拝察い
たしております。

 どうかお体に気を付けてより良き旅をお楽しみくださいませ!また後藤新平氏に関し
ての御著書を出版して頂ければ幸いに存じております。(新渡戸稲造の 『「武士道」解
題−ノブリス・オーブリジュとは』分りやすく書かれておりましたのでとても楽しく読
ませていただきました。)

 それではまたお便りさせていただきますので、今日はこのくらいで失礼させていただき
ます。(6月5日)
------------------------------------------------------------------------------
先生は京大の宝

                     米国 山崎貴弘(李登輝学校研修団六期生)

 李登輝先生、先の研修団で、先生からご指導を賜るという長年の夢がかない、本当に
感謝しております。私は現在日本を離れておりますが、この度の訪日を心よりご歓迎い
たします。存分に日本の美しさを堪能していただけるよう切に願っております。

 3年前の訪洛時には時計台がある京大の本部キャンパスにお入りできなかったとのこと、
一卒業生として本当に恥ずかしく思います。しかし少なからぬ同窓生が先生を誇りとし、
先生を京大の宝と考えておりますので、次回の訪日時には是非母校・京大へいらっしゃ
ってください。心よりお待ちしております。

 お体に気をつけて。そしてよき滞日となりますよう。(6月5日)
------------------------------------------------------------------------------
大切な方がお越しの際は雨が降らない

                            秋田の一会社員(51歳)より

 李先生に一目お会いしたいと思っていた所、偶然にも休日が取れ、6日朝にかほ市象
潟に向かいました。当日は連日の好天後の低気圧接近の影響で、朝から豪雨状態でした。

 象潟に到着後、まだ雨、先生をお待ちの間、先発隊と思われる方に、先日の中尊寺の
非礼の件から、お話しすることができました。人が人を引きつけるとでも言えるかごと
く、親しくお話ができました。

 その後、にかほ市職員の方との話で「この地方では、大切な方がお越しの際は、雨が
降らないという言い伝えが、あります」とうかがいました。事実、先生が到着された頃
には、雨もやんでしまいました。

 境内を散策された先生は、山門に向かわれました。山門の先はプレスの方々は、ご遠
慮願うことになっておりました。私、一般人の会社員は、地元プレスより内側におり、
目の前に李先生が、思わず出た言葉が「いらっしゃいませ」、先生は、ウンと言う感じ
でうなずかれました。感激のあまり、我に返った時には、もう奥に進まれていました。
この時私は、親日家できさくなイメージの李先生の「威厳と偉大さ」を感じました。(6
月6日)
------------------------------------------------------------------------------
靖國神社参拝に感激

                            大阪府守口市 本田宗一郎

 拝啓、貴会、益々ご健勝の事とお慶び申し上げます。

 さて早速ですが、本日の李登輝先生の靖國神社を昇殿参拝、感激です。御霊となられ
た、御兄上様と、ごゆっくりして頂ければと願う次第です。

 話は少々変わりますが、先程のテレビ朝日の報道では、早速、偏向報道が始まり、ネ
ットの中では、速くも、情報戦が始まったとの声が高まっております。出来れば、多く
の方々に、李登輝先生の「真のメッセージ」を知って頂ける様、ホームページの更新を
より早く行って頂ければと強く思います。大変、お忙しいとは思いますが、ご検討の程、
何卒、宜しくお願い申し上げます。それでは失礼致します。

 李登輝先生 万歳、台湾加油 !!(6月7日)
------------------------------------------------------------------------------
本当に勇気ある行動

                                兵庫県姫路市 岸本

 私の祖父はフィリピンで先の大戦にて戦死しております。

 我々日本国民はアジアの諸外国にご迷惑をおかけしたのは事実です。しかし、李登輝
総統閣下のご家族にも迷惑をおかけしているのも関わらず、日本国民ですら避けたい話
題を外国政府のトップに認めていただき私の祖父も喜んでおります。
 
 本当に勇気ある行動ありがとうございました。
------------------------------------------------------------------------------
日本に対する深い造詣と行動力に驚嘆

                                      三浦

李登輝前総統様
曾文恵御夫人様

 今回の訪日誠に有難うございます。一日本国民として衷心より歓迎申し上げます。

 日頃より李前総統の日本を想い日本国民に勇気をお与えになられるお姿には大変感動
致しております。

 今回は芭蕉の「奥の細道」を巡られる旅との由、我々日本人でさえもなかなか思い及
ばない事に、李先生と曾文恵御夫人の日本に対する深い造詣と行動力には驚嘆するばか
りです。

 そういえば以前李先生は何かの報道関係の取材の折に、“私は日本人でした……”と
話されるのを聞いて、私たち戦後世代の日本人は一瞬「あれっ? どうして?」という
ような反応を示したものでした。

 非常に残念な事ですが日本に於ける戦後六十数年の学校教育は、戦争の悲惨さだけが
強調されるあまりに自国の歴史と良き伝統、精神を放棄した自虐的な色彩を帯びており
ますから、過去(特に戦前)の台湾と日本との関係を正確に知っている国民は極めて少
数になっております。
 
 米国と戦った事や、ましてや一時期「台湾が日本であった」というのさえ特に殆んど
の若い世代は知りません。

 今回の旅先の深川や松島で詠まれた御両人の珠玉の句に甚く感動致しました。恥ずか
しい限りですが、平泉では中共からの嫌がらせでご両人、随行の方々に大変不快な思い
をさせてしまいました事に日本国民としてお詫び申し上げます。このような失礼極まる
こと、凡そ仏に仕える宗教人の取るべき態度とは思えません。

 本日(7日)は午前中に御兄様が祀られている靖国神社を参拝されるとの事ですが、念
願が叶い本当に良かったことだと思います。中共や朝鮮は果ては日本国内のシンパ政治
家、マスコミ等に屈することなく、「国のために殉じた英霊を敬う」という“当たり前
の”ことを勇気をもってなさる李先生のお姿に感謝申し上げます。

 いま私は、三十年前の学生時代に台湾を旅行した当時を懐かしく思い出しております。
沖縄から基隆まで船で行って、そこから台北〜高雄までの主に西部地域を旅してきまし
た。行く先々で台湾の人々の素朴で暖かなおもてなしを受け、風光明媚な景勝地に感激
しました。ホテルはもとより賑やかな屋台や食堂での美味しい台湾料理を口に運びなが
ら、街の交差点で見かけるバイク・オートバイの多さやそのエネルギッシュな情景に接
して、必ずや台湾は大きく発展する国になる、との思いを強くしたものでした。その後
の貴国の目を見張るご発展は言うに及ばずであります。

 最後に、ご夫妻共々残り三日間の日本ご滞在を存分にお楽しみになられますように、
また今後の台湾と日本両国の強い絆になります事とご夫妻益々のご健勝をご祈念申し上
げます。(6月7日)
------------------------------------------------------------------------------
本当に励まされました

                                秋田市 佐藤典子

 李登輝先生、昨日の先生のご講演を伺った秋田市在住のものです。すばらしいご講演
でした。先生のお言葉に勇気づけられ、日本には誇るべき精神文化があることを再認識
致しました。本当に励まされました。

 また、本日は靖国ご参拝され、ありがとうございました。だれでも自由に参拝できて
当たり前なのに、いちいち問題視されていた現状に多くの心ある日本人が心をいためて
おりました。

 先生の今回の旅も残りわずかとなってしまいましたが、旅路の御安全を心より祈って
おります。ぜひ、近い将来、奥の細道の続きの旅にいらしてください。(6月7日)
------------------------------------------------------------------------------
靖国参拝に涙が止まりませんでした

                              福岡在住 40代 女性

 今回は特にお兄様が祀られている靖国神社に参拝できて、私も日本人の一人としてほ
っとしています。これまでずっと申し訳なく思っていました。テレビで映像をみて涙が
止まりませんでした。当たり前のことがやっと出来たのですね。

 これからもお元気でお過ごしください。そしてまたいつでも日本にいらしてください。
(6月7日)
------------------------------------------------------------------------------
日台友好にご活躍を

                                     鶴田

 李前総統の訪日を心から歓迎し、今回のご旅行が前総統にとって良き思い出になりま
すように、心から祈念します。

 私は普通の日本人女性ですが、本や記事で前総統のご見識の高さ、お人柄等を知って
から、ずっと親しみを感じています。

 今回は都合で前総統を直に拝見することができず、講演も拝聴できなかったのが非常
に残念でなりません。

 また当HPで、中尊寺の件を知り、東北出身の私はそれも残念に思っています。しか
し、前総統に親しみを感じ、歓迎している日本人は沢山いると思います。どうぞご健康
に留意され、今後も永く日台友好にご活躍ください。(6月7日)
------------------------------------------------------------------------------
靖国参拝を心から喜んでいます

                                   匿名希望

 本日靖国神社を参拝され、日本人として心から喜んでいます。お兄様との久しぶりの
対面どうでしたか? 

 これからも日台友好発展の為に毎年毎年の来日を希望します。もちろん体調の事も考
えられての話です。

 李前総統のますますの活躍を一個人として期待しています!(6月7日)
------------------------------------------------------------------------------
学ぶ所多い李登輝先生

                                   小林芳文

 今回、李登輝先生御夫妻が、奥の細道、靖国神社へお兄さん及び台湾人戦死者への参
拝、講演、観光の目的で訪日された事は、私日本人一市民として非常に良かったと思い
ます。訪日に当たり関係者方々には大変御苦で有ったと思います。

 また、安倍首相が今回中国に対する姿勢として取られた事は非常に良かったと思いま
す。また、靖国神社参拝に曽野綾子夫妻、西村信吾等が同行された事も良かったと思い
ます。

 近隣中国とは友好関係は大切ですが、戦歴に対する歪んだ日本への批判は納得出来ず
逆に中国への批判を強く感じます。また、日本人で不幸にも逆の考えを持って主張する
人達には「誠の愛国心が有るのか」とこの時代に情けなく思います。

 李登輝先生は、台湾国民を愛し今日までの台湾国の基礎を築き上げられました。我々
日本人には学ぶ所が多く有ります。

 エリートには、第一に“教養”第二に“愛国心”、政治には“倫理観を持った愛国心”
と言われた記事を拝見し強く感じ入りました。

 確かに、日本の政治家、政府高官、会社重役、には何人この様な事を普段感じて活動
されているのか。私は日々のニュースで強く感じます。

 私は現在小さな会社を営む者ですが、李登輝先生のお言葉を考えながら日本人として
社会へ貢献出来る活動をして行こうと思っています。

 無事帰国され、李登輝先生御夫妻の御健康と今後のご活躍をお祈り致します。(6月8日)
------------------------------------------------------------------------------
中尊寺に県人として強く抗議

                                 岩手県 熊谷達雄

 岩手の水沢にて李登輝先生をお迎えした一人です。中尊寺には県人として強く抗議の
電話とファクスを入れました。

 このたびは本当におめでとうございました。今回の李登輝さんの訪日成功により、こ
れから日本人も真実に目覚め、台湾との連携の大切さを理解していくものと期待されま
す。

 当地の倫理法人会という会の友人達も台湾との友好親善を深めたいと秋ごろに訪台し
たいと申しております。二度ほど台中市の倫理研究会を訪問しましたが、唯の観光では
なく何か台湾の皆さんにとっても喜ばれる様な旅行ができればと思います。

 台湾の声の林氏にメールで問い合わせしたところ、貴会に連絡すればよいのではとの
アドバイスがありました。

 そこで貴会への入会も視野に入れて何かそうした機会が無いものかとお尋ねしてみま
した。ちなみに岩手の貴会準備会代表の岩根氏は小生の同窓生です。(6月8日)
------------------------------------------------------------------------------
真の友人といえる国はどこか

                                  佐藤 49歳

 今回、李登輝前総統の講演が拝聴できなかったことが大変残念でなりません。しかし、
沢山の来日のお写真を拝見し、お元気そうなご様子に安心し、嬉しく思います。

 閣下が以前、何かのインタビューで「日本は今、アジアに真の友人といえる国がある
のだろうか」とおっしゃった言葉が胸に残っています。いまの日本人は台湾という友人
を軽視し、大国にへつらっているのが現状です。

 一般の日本人は台湾の複雑な歴史と問題、閣下の業績に対して無知で、情けなく思い
ます。真の友人といえる国はどこか、皆が気づくのを願っています。(6月8日)
------------------------------------------------------------------------------
先生はお父様以上に長生きなさってください

                                埼玉県 高阪淳子

 李登輝先生、第1回後藤新平賞受賞おめでとうございます。

 私は、運良く授賞式に参加させていただき、先生の講演を直接伺うことができました。
先生の力強い言葉ひとつひとつに大変感銘を受けました。一般聴衆としてあの式典に参
加できたことは、とても幸運なことと思っております。本当に貴重な体験となりました。

 また、靖国神社へ参拝され、お兄様の御霊もお喜びのことと思います。

 ところで、先生のお父様は98歳という長寿を全うされたとのことですが、先生はどう
ぞお父様以上に長生きなさってくださいね。お好きなときにいつでも日本にいらしてく
ださい。

 次回の来日を心待ちにしております。どうぞお体にお気をつけて。(6月8日)
------------------------------------------------------------------------------
日本人が忘れかけていたこと

                                      東条

 この度の訪日では日本人が忘れかけてしまっている数多くの事を教えていただき本当
にありがとうございました。どれほどの一般日本国民が李登輝前総統の訪日を喜んだこ
とでしょうか。

 また是非いらしてください。心からお待ちしております。どうしてもその気持ちを伝
えたくメールさせて頂きました。

 日本と台湾が友好国になりますよう心から祈っております。(6月9日)
------------------------------------------------------------------------------
ぜひまた日本にいらして下さい

                             李登輝先生を敬愛する者

 日本に来てくださり、ありがとうございました。

 失礼なことをした、日本人もいたとのこと。日本人の一人としてお詫びいたします。

 今の日本の国会議員に、先生のような方が一人でもいらっしゃれば、日本も変わるの
でしょうに。

 ぜひまた日本にいらして下さい。心よりお待ちしております。そのときこそ、先生の
お話をお聞きしようと思います。(6月9日)
------------------------------------------------------------------------------
何度でも日本にお迎えしたい

                                八ッ橋ファミリー

 第2回、第3回の李登輝学校に参加いたしました、八ッ橋です。

 先生ご家族のお元気なお姿、靖国昇殿参拝を含む凛とした発言・行動等、11日間の日
本滞在中の先生を拝見するにつけ、日本、ひいてはアジア、世界のために、日本国民挙
げて何度も、日本にお迎えしなければならないお方であると、今更ながらに痛感いたし
ました。

 また、日本と台湾を行き来されながら、日本で台湾問題を語っていただきたいとも思
いました。

 日台関係は兄弟のような宿命的もので、そこを分けて考えようとする事自体が、文字
通りの「無理」なのだと思います。しかし、現実に「世界的ワル」は存在するわけで、
共産中国と付きあわざるを得ない両国が(できることなら、つきあいたくはありません
が)、どうしたら一番賢くつきあうことができるかを、本質論から語り続けていただけ
ればと切望いたします。

 先生が離日に際しおっしゃっておられた「これまでの(来日で)最高でした。日本の
皆様の支持のたまものです」は、とりわけて皆様に向けてのお言葉だと思います。

 何もお手伝い出来なかった「落第生」としてお詫びすると共に、日本国民の一人とし
て、皆様のご尽力に深甚なる感謝を申し上げます。

 まことにありがとうございました。(6月9日)
------------------------------------------------------------------------------
何度でも日本に遊びにおこしください

                           大阪市阿倍野区 平野良治

 李登輝先生、久しぶりの日本は如何でしたか? またいつでも気軽にお越しください。
日本人の殆どがお待ちしております。

 無事台北にお着きになったと思います。帰り空港でへんな男があばれましたが、すぐ
に逮捕されました。中共の男で、私が警察ならば、かなり痛い目にあわせてやるのです
が。

 先生のおっしゃる通りでして、他国の者や政府が口だしするものではありません。日
本人の心の問題ですから。

 また、兄上の霊に参拝され本当に良かったですね、60何年ぶりだとか、兄上様もきっ
と喜んでおられる事と存知ます。敬服申し上げます。

 どうぞこれからもお体大切にして何度でも日本に遊びにおこしください。(6月9日)
------------------------------------------------------------------------------
目頭が熱くなりました

                                    匿名希望

 李登輝前総統が日本に来て頂いて本当にうれしいです。目頭が熱くなりました。

 弱気な日本、しかも自国に対しても傍観的な日本に骨太な勇気あるご発言ありがたく
思います。是非また訪日して頂きたいです。本当にありがたいと思いました。(6月9日)
------------------------------------------------------------------------------
お言葉が胸に響きました

                            神奈川県鎌倉市 塩野規夫

 李登輝総統も台湾も、日本国民にとって大切な友人です。どうぞ、お身体を大切に是
非また日本にいらして下さい。

 「日本の政治は、あまりにも弱かった……」というお言葉が胸に響きました。ありが
とうございました。(6月9日)
------------------------------------------------------------------------------
お元気な内に何回でも靖国へ

                               岐阜県 山田 稔

 この度の李登輝訪日を大成功の内に完遂されたことこころよりお慶び申し上げます。

 お見送りの空港にてひやりとさせることがあったと聞きますが、大事にいたらなかっ
たことと併せ本当にご苦労さまでした。

 この度の訪日の今後に与える影響は、想像を超えたはかりしれないものがありと思い
ます。すなわち、台湾からついてきたマスコミが、たとえ李登輝の信奉者でなくとも、
これだけ日本で歓迎される理由を考えないわけにはいかなくなるでしょう。

 日本のマスコミも大挙して駆けつけたにもかかわらず、日経とNHKがほんのわずか
なコメントをしただけで、記者とカメラマンは一体なんのために来たのかと怒りさえこ
み上げてくる現実の日本よりは恐らく台湾の反響のほうが大きいのでは思うのです。な
ぜ日本であれだけの尊敬の対象になるのかという好奇心ととともに。

 それがまた日本にこだまして、改めて無関心であった日本人の心を目覚めさせるとい
う響き合うこだまとなることが期待されます。

 従って、お願いがあります。台湾でどのようにマスコミが報道するのか。国民のどの
ような層が、どのような反応をするのかをウオッチングしてもらいたいのです。

 居眠りマスコミ、政治家、経済界を覚醒させる大きな力となることを期待するもので
す。これを契機に、お元気な内に何回でも靖国へ、講演会にお呼びすることを期待する
ものです。(6月9日)
------------------------------------------------------------------------------
私達は常に台湾の味方です

                                     笠原

 李登輝前総統様 ようこそ日本にお越しくださいました。

 なかなか実現せずやきもきしておりましたがやっと実現し、うれしいです。奥の細道
は堪能していただけましたか。

 お兄様もおられる靖国神社への参拝ありがとうございました。国の為尊い命を捧げた
人々を敬いねぎらうのは国民として当然のことであり、まさに先生の言われた外国にと
やかく言われる事では有りません。

 本当に日本人に勇気を与えて頂き、感謝しております。最後に「私達は常に台湾の味
方です」と言わせてください。

 私も二度ほど訪台しておりますが素敵なお国ですね。またぜひ行きたいです。ではお
体を大切に次回の来日を楽しみにお待ち申し上げております。(6月9日)
------------------------------------------------------------------------------
ご無事で何よりでした

                                   村田誠一郎

 李登輝先生が台湾へ帰国される際に中国人を名乗る男にペットボトルで襲撃されたと
のことでしたが、幸い先生には当たらずご無事で何よりでした。

 まったく日本側の警備はどうなっていたのか怒りを通しこして呆れました。裏で中国
が糸を引いていたと疑われざるを得ない出来事でしたね。李登輝先生ご無事でなにより
でした。

 それにしても、日本は中国に媚び諂いで一日本人として非常に頭にきております。経
済界も中国寄りでこの先非常に不安です。いま中国がやっていることはバブル時の日本
そのもので、バブルがはじけたときの不安がかなり大きいです。

 李先生も指摘されておりましたが中国なんてまともな企業ほとんどないでしょうね。
石原慎太郎東京都知事の言葉を借りれば「民度の低い」国ですからね。

 李先生。お兄様が祭られておられる靖国神社参拝出来てよかったですね。ぼくも靖国
神社参拝したいと思っております。

 それではどうかお体をお大事に。(6月9日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2007/06/11

    興味深く読ませていただきました。

    正常な価値観を持った日本人を増やすため、また数少ない真の友好国台湾との発展促進のためますますの貴会の発展をお祈りいたします。