国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第536号】 本日の成田での李登輝前総統歓迎について

2007/05/30



>>>>> http://www.ritouki.jp/――――――――――――【平成19年(2007年) 5月30日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――――[Vol.536]
1>> 本日の成田での李登輝前総統歓迎について
2>> 31日は都内の芭蕉記念館で李登輝氏を歓迎しよう!
3>> 李登輝前総統への来日歓迎メッセージ【9】

■李登輝前総統の来日動向は本会HPか「台湾の声」で!
 本日から李登輝前総統が来日されます。来日中は本誌編集部も同行しているため本誌
 発行が難しくなります。つきましては、李登輝前総統の来日中の今後の動向につきま
 しては、日本李登輝友の会のホームページ、あるいはメールマガジン「台湾の声」を
 ご覧下さい。                           (編集部)

●日本李登輝友の会ホームページ http://www.ritouki.jp/
●『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 本日の成田での李登輝前総統歓迎について

 本日、李登輝前総統が来日、成田空港に降り立ちます。そこで現地では以下の要領で
盛大に歓迎をいたしますので、ふるってご参加下さい。

【集合】30日正午、成田空港第二ターミナル到着ロビー

注意事項

1、成田空港に入るときに身分証の提示が求められます。できるだけ免許証、外国人登
  録証等々をご用意下さい。

2、成田空港構内では以下の規則がありますのでご注意下さい。
    ・横断幕の持ち込み禁止
    ・旗竿の持ち込み禁止
    ・プラカードは紙で作った肩幅程度の大きさまで。

3、混乱を避けるため、現場責任者の指示にお従いください。

 なお現地では日の丸、緑の台湾旗などの小旗をお配りします。

問合せ 台湾の声 koe@formosa.ne.jp
    日本李登輝友の会 03−5211−8838

当日連絡先 090−8757−7023 片木
      090−4138−6397 永山

『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 31日は都内の芭蕉記念館で李登輝氏を歓迎しよう!

【5月29日 台湾の声】

 李登輝氏は日本滞在2日目の5月31日午後1時半ごろ、東京都江東区の芭蕉記念館を
訪問されます。つきましては記念館の入口付近で歓迎しますので、ふるってご参加下さ
い。

集合日時 5月31日(木)午後1時

集合地点 江東区芭蕉記念館(東京都江東区常盤1−6−3)
      【交通】地下鉄都営新宿線・大江戸線「森下駅」A1出口より徒歩7分
          都営バス『錦11』新大橋下車(徒歩3分)
              『門33』高橋下車(徒歩5分)
              『秋26』清澄1丁目下車(徒歩8分)

※当日は混乱を避けるため、現場責任者の指示に従ってください。
※現地では日の丸、緑の台湾旗などの小旗をお配りします。

問合せ 台湾の声 koe@formosa.ne.jp 
    日本李登輝友の会 03−5211−8838

当日連絡先 090−8757−7023 片木
      090−4138−6397 永山
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 李登輝前総統への来日歓迎メッセージ【9】

 李登輝前総統への来日歓迎メッセージが届いています。到着順にご紹介し、李登輝前
総統にもお目通しいただきます。どうぞ、読者の皆さまも一言で結構ですのでメッセー
ジをお寄せ下さい。

 なお、メッセージは趣旨を変えないで添削させていただく場合もあることをご了承く
ださい。また、メッセージのタイトルは原則としてお寄せいただいたものを使わせてい
ただきますが、編集部で付け直す場合もあることをご了承ください。

 李登輝前総統への歓迎メッセージですので、余程のことがない場合を除き、お名前を
記してお寄せいただきますようお願いします。ペンネームなどの場合はその旨を記して
ください。

 これまでの歓迎メッセージはホームページに掲載しています。今回来日に関するこれ
までのすべての報道も掲載していますので、併せてご覧ください。    (編集部)

■日本李登輝友の会ホームページ
 http://www.ritouki.jp/
------------------------------------------------------------------------------
ありがたい存在

                                 茨城県 野地

 はじめまして、李登輝先生の来日が実現し、大変うれしく思っております。

 日本人が日本人らしくなくなってしまった今日、李登輝先生のような方が、どんなに
ありがたい存在か、そして、なぜマスコミはもっと先生について報道してくれないのか
と、日本人として情けなく思います。

 日本が、このように台湾に対して、情けない態度をとり続けているのに反し、台湾の
方々は、日本にたいして、よい感情を持っていてくれる方が多いと聞きます、とてもあ
りがたいことと思います。

 それには先生のお力もあったと思います。心から感謝しております。感謝してもして
も、足りないほどです。

 このたびの来日、講演等、お忙しいかもしれませんが、楽しいものになりますよう、
お祈りしております。
------------------------------------------------------------------------------
待望しておりました

                           神奈川県横須賀市 戸田正二

 奥の細道の旅が実現することを、待望しておりました。奥羽地方の旅情をお楽しみい
ただけたら幸いと思います。

 日本の心を大切にしていただける李登輝先生を尊敬いたします。           
------------------------------------------------------------------------------
秋田まで参ります

                                大阪府 高瀬富康

 李登輝閣下のご来日を、心から歓迎申し上げます。

 アジアが生んだ最大の知性と高潔なる精神は、閣下が日本で学び育まれたことを誇り
と思って頂いているそのことが、我々日本人にとっても最大の喜びだと思っております。

 混迷を極めるわが国日本にも、閣下が親しく交わって頂けることによって、大いなる
勇気と希望が生まれることでしょう。

 今回の旅が素晴らしいものになりますよう、そして日台関係がさらに発展しますこと
を、心からお祈りするものであります。

 私は沿道でひと目お目にかかりたく、秋田に参ります。
------------------------------------------------------------------------------
成田へ熱烈歓迎に参ります

                               神奈川県 江川基宏

 私も来訪歓迎のハガキをいただき是非参加をと考えておりましたので、やっと時間の
折り合いつき、今から往復ハガキを出したいと思っていますが、間に合えば幸いかと存
じます。

 一人でも成田へ熱烈歓迎に参ります。宜しくお願いします。申し遅れましたのですが、
自分は江川基宏と申します。では、明日成田で民主台湾建国の主を御出向かいに参りま
しょう。
------------------------------------------------------------------------------
東北紀行に幸多かれを祈ります

                                    高畑紀一

 はじめまして。メールマガジンの読者の高畑紀一と申します。

 このたびは李登輝前総統の来日および東北訪問の実現、お喜び申し上げます。

 私のふるさと岩手県は後藤新平氏を筆頭に、台湾ゆかりの先達を多数輩出した地です。
その一人、台湾帝国大学総長の三田定則は私の祖母の叔父に当たります。

 私自身は生前に定則大叔父を亡くしておりますが、私の母、祖母は生活をともにして
おります。

 ゆえに、台湾には一方ならぬ縁がありその行く末を見守っていたしだいですが、祖母
の存命中に李登輝前総統の岩手訪問が実現するとは夢にも思っておりませんでした。

 李登輝前総統の東北紀行に幸多いことをお祈り申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。