国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第528号】 李登輝前総統への来日歓迎メッセージ【2】

2007/05/18



>>>>> http://www.ritouki.jp/――――――――――――【平成19年(2007年) 5月18日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――――[Vol.528]
1>> 李登輝前総統への来日歓迎メッセージ【2】
2>> 李氏訪日に日本政府は毅然とした態度を![「立ち上がれ!日本」ネットワーク]
3>>【読者投稿】日本のプロ野球団に所属している台湾出身選手[香港 好田良弘]
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝前総統への来日歓迎メッセージ【2】

 李登輝前総統への来日歓迎メッセージが届いていますので、到着順にご紹介するとと
もに、李登輝前総統にお目にかけます。どうぞ、読者の皆さまも一言で結構ですのでメ
ッセージをお寄せ下さい。

 なお、メッセージは趣旨を変えないで添削させていただく場合もあることをご了承く
ださい。また、メッセージのタイトルは原則としてお寄せいただいたものを使わせてい
ただきますが、編集部で付け直す場合もあることをご了承ください。   (編集部)
------------------------------------------------------------------------------
秋田ではぜひ学生にメッセージを

                      秋田 国際教養大学4年 眞嶋 桐子

 李登輝下の念願の来日・奥の細道探訪が実現し、本当に嬉しく思います。

 昨年、李登輝学校研修団に参加させていただき、閣下の講演を拝聴し、沢山の事を学
びました。

 閣下が秋田へいらっしゃる日をお待ちしております。今回の国際教養大学での講演に
は是非参加させていただきます。

 学生の中にも閣下の講演を楽しみにしているものが沢山おりますので、私たち学生に
何かメッセージを頂ければ幸いです。

■眞嶋桐子さんは、昨年3月に行われた第4回李登輝学校の卒業生で、台湾大学留学中に
 参加しています。パールミルクティが大好きな、まわりを明るくさせるとても聡明な
 女性です。
------------------------------------------------------------------------------
日本人が台灣に関心を向けるご来日

                大阪 李登輝前大統領閣下を心より尊敬する若者より

 初めまして、大阪府在住の学生です。この度の御来日、心より歓迎致します。

 私が思ふに台灣と日本の紐帯は単に、過去の統治國と被統治國のみならず、東アジア
和平の運命共同体であることは勿論、精神、文化に於いて、極めて深い絆で結ばれてゐ
る唯一の友であります。

 日本人にとつて、台灣の抱へる様々な問題は、決して他人事ではありません。台灣の
真の独立は台灣人だけの問題ではなく、日本人の問題でもあります。しかし、残念なが
ら多くの日本人はそのことを理解してをりません。といふか、台灣といふ國家の存在す
ら認識してゐません。

 蒋介石は知るのに李登輝様は知らない、こんな愚かな日本人はたくさんゐます。この
ことは日本人として真に申し訳な無い事であり、真に恥ずべきことです。

 この度の御来日が、日本人が台灣に関心を向け、台灣といふ國が如何に大切な存在か
を認識する契機になれば実に良い事だと思ひます。

 東アジアは欧州に比べ100年以上遅れてゐます。未だ、1つの大国が、周辺国を属国化
し、地域を支配せんとする悪しき思想に毒されてゐます。「血のつながりがあるのなら、
一つの国であるべき」など真に馬鹿げた妄想です。

 台灣の皆様は確かにその多くが漢民族の血を引くのでせうが、だからといつて中共政
府の支配する中華人民共和國なる悪の帝國に支配される謂れはありません。

 台灣は1つの國として、民族、文化、全てに於いて、中華とは全く異なつた独立したア
イデンティティを有します。

 私の様な海の向かうから眺めてゐる人間にでも、分かりきつた事実です。

 私、日本人の願ひは、どうか悪しき思想に毒された中共政府の力に屈することなく、
真の独立を達成し、台灣國として國際連合に加盟し、将来は日本とともに新しい東アジ
アを担うパートナーとして共に歩んで行く事です。できれば、EUのやうな連合を台灣
と共に形成し、日台の結び付きをさらに強めて行きたいと思つてゐます。

 何時までもお元気で、台灣、いや台灣のみならず日本のために頑張つてください。

 台灣國万歳!!
------------------------------------------------------------------------------
心より訪日を歓迎いたします

                      長野 第6回李登輝学校卒業生 T・Y

 李登輝先生、3月の李登輝学校では大変お世話になりました。李登輝先生が長年望んで
おられた奥の細道を巡るとの一報を聞き、心より訪日を歓迎いたします。

 今回、先生は講演などで旅行どころではないかも知れません。私は先生のご心労にな
らなければ良いがと案じております。
------------------------------------------------------------------------------
来日に心から感謝

                          李登輝学校二期生 飯田義人
                              同二期生 竹崎俊茂
                              同五期生 卯里通彦
                     聞け!台湾人英霊の声編集長 高山 清

 民主台湾建国の父、李登輝先生の来日に心から感謝いたします。

 我ら日本人4つの願い。東アジアの平和の為に。
 ・日台魂の同盟
 ・日米台、自由・民主の3国同盟
 ・李登輝先生にノーベル平和賞授与
 ・万難を排し、我らとともに靖國神社参拝

 一生李登輝。一生台湾。

 我々は台湾人英霊28,000柱の魂を承継します。 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 李氏訪日に日本政府は毅然とした態度を![「立ち上がれ!日本」ネットワーク]

【5月14日発行 「立ち上がれ!日本」メールマガジン74号】
 
 台湾の李登輝前総統が5月30日から11日間、観光を目的に私人の立場で訪問すること
が明らかになった。6月9日までの滞在中、李氏が希望していた「奥の細道」ゆかりの
地を訪ねるほか、現役を退いてから初めて東京に立ち寄り、講演と記者会見を行うとの
こと。

 今回の訪日に対して、中国は今のところ何も日本政府に抗議(圧力)を行っていない
が、訪日が近づくにつれ、中国の抗議も予想されるが、日本政府の毅然とした態度を期
待したい。

■「立ち上がれ!日本」ネットワーク
 http://www.tachiagare-nippon.org
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>【読者投稿】日本のプロ野球団に所属している台湾出身選手[香港 好田良弘]

 阪神タイガースの林威助選手に関する投稿があったので、現在、日本のプロ野球団に
所属している台湾出身選手を以下に紹介します。
 
北海道日本ハムファイターズ
陽仲寿
 
西武ライオンズ
許銘傑
 
福岡ソフトバンクホークス
陽耀勲
李杜軒
 
千葉ロッテマリーンズ
呉偲佑
 
東北楽天ゴールデンイーグルス
林恩宇
林英傑
 
中日ドラゴンズ
陳偉殷
 
阪神タイガース
林威助
 
読売ジャイアンツ
姜建銘
 
 なお、ファイターズとホークスの陽選手は、兄=耀勲選手、弟=仲寿選手です。

 また、このうち何人かは、台湾代表として、今秋11月30日から12月2日まで、台北の天
母球場で開催が予定されている北京五輪の野球競技予選において、日韓と本大会出場権
を争うことになると思います。
 
 この時期は立法委員選挙と重なるかもしれません。野球日本代表にせよ、研修生がお
世話になった荘孟学氏を始めとする台連の立候補予定者にせよ、それぞれの戦いを勝ち
抜くことは容易ではないでしょう。

 幸い、この時期は週末に当たっていますので、現地に赴いて、両者を応援するのは意
義あることと考えます。もちろん、渡邊氏の店での祝勝会も予定に入れましょう。

 またこの機会に、台湾には馴染みの薄い野球ファンを伴って、試合以外の時間にいろ
いろと紹介すると、交流拡大に繋がります。検討してみては如何でしょう。

■好田良弘様
 これほど台湾出身のプロ野球選手が日本で活躍していることに驚きました。次回の第7
 回李登輝学校研修団はちょうどこの時期に計画しています。1・6期生の渡邊崇之氏が
 台北で開いている「火間土」は台北でベスト10に入るほどの料理屋さん。ここで祝勝
 会というのも魅かれます。検討してみます。(柚原)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 台湾人2007/07/17

    日本は台湾の一番友達です.台湾は世界に一番親日の国家.日本と台湾.万歳

  • 台灣人2007/06/10

    感謝日本人友好.謝謝.