国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第518号】 雨でも「台湾のWHO加盟を支持する集い」アピール行進を行います!!

2007/05/06



>>>>> http://www.ritouki.jp/――――――――――――【平成19年(2007年) 5月6日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――――[Vol.518]
1>> 雨でも「台湾のWHO加盟を支持する集い」アピール行進を行います!!
2>> 台湾のWHO加盟を支持する集い:講演会と意見交換懇親会の主な内容
3>> 私たちは台湾のWHO(世界保健機関)加盟を支持します!!
------------------------------------------------------------------------------
■ 5月6日「台湾のWHO加盟を支持する集い」にご参加を! 
  開催要綱は日本李登輝友の会のホームページに掲載 http://www.ritouki.jp/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 雨でも「台湾のWHO加盟を支持する集い」アピール行進を行います!!

●本日のアピール行進は雨でも行います。
 昨日、アピール行進について「雨の場合は中止」とお伝えしましたが、雨天でも決行
 いたします。本日は雨になるようですので、参加の方は雨具やタオル、着替えなどを
 ご用意の上ご参加下さい。

●アピール行進参加者にオリジナルTシャツを進呈
 先着350名に「WHO加盟支持」のオリジナルTシャツを差し上げます。

●体調のよくない方やご高齢の方などは講演会からご参加下さい。
 「講演会・意見交換懇親会は、原則としてアピール行進に参加された方のみ」と案内し
 ておりますが、雨になりそうですので、体調のよくない方やご高齢の方などは講演会
 からご参加下さい。
------------------------------------------------------------------------------
台湾のWHO加盟を支持する集い━アピール行進と講演会のご案内

【このご案内をお知り合いの方に転送してください】

 台湾は1997年以来、毎年、世界保健機関(WHO)の年次総会(WHA)へオブザー
バー参加を求めてきました。しかし、「一つの中国」問題を持ち込む中国政府による執
拗かつ理不尽な圧力により、未だ実現されていません。そのため台湾は、衛生保健に関
する貴重な情報や技術、あるいは新薬を即時入手することができず、生活と安全に深刻
な影響が出ています。そこで台湾政府は去る4月11日、国内世論や立法院の支持を背景に、
WHOに初めて「台湾」の名義により正式加盟を申請いたしました。

 日本もアメリカも2002年以降、台湾のWHO年次総会へのオブザーバー参加を支持し
ています。

 台湾はすでに世界貿易機関(WTO)やアジア太平洋経済協力会議(APEC)に参
加している実績があり、WHOへの参加資格を有しているにもかかわらず、加盟どころ
か、年次総会にオブザーバーとしてさえ参加できないのはWHO憲章の趣旨にも悖り、
またそれは台湾人の基本的人権をも蹂躙する人権問題でもあります。

 そこで、5月開催のWHO年次総会を前に、医療に国境を設けるべきではなく、また
台湾がWHOに加盟していないことで最も影響を受けやすい日本の立場に鑑み、日本か
ら台湾のWHO加盟支持を発信し、そして日本政府の支持表明を促すべく、急遽「台湾
のWHO加盟を支持する集い」を催すこととなりました。

 連休最後の日となりますが、ふるってご参加くださいますようご案内申し上げます。

 平成19年4月吉日
                       日本李登輝友の会会長 小田村四郎

◇日 時  平成19年(2007年)5月6日(日)

■アピール行進

 14:30 集合:東京中華学校(東京都千代田区五番町14)
     【交通】JR中央線「四ッ谷駅」麹町口 徒歩4分
         JR中央総武線「市ヶ谷駅」徒歩5分
         地下鉄 南北線・丸の内線「四ッ谷駅」徒歩4分
         地下鉄 有楽町線・新宿線「市ヶ谷駅」徒歩5分

 15:00 アピール行進 約2キロ(40分ほど)

     東京中華学校(出発)→日テレ通り→新宿通り→半蔵門通り→大妻通り→東郷公     園(解散)→アルカディア市ヶ谷(講演会会場)へ

■講演会【無料】

 16:00〜17:00 アルカディア市ヶ谷
 講師 宋泉盛牧師
 演題「台湾のWHO加盟について−台湾の法理的地位と台湾人の人権」
  *「台湾のWHO加盟に関する日本政府への要望」を採択

■意見交換懇親会【無料】
 
 17:00〜19:00  アルカディア市ヶ谷
  *国会や都議会などでも取り組んでいただけるよう各界アピールと懇親パーティー

◇主 催  日本李登輝友の会

◇協 賛  日本台湾医師連合、在日台湾同郷会、台湾研究フォーラム、メルマガ「台
      湾の声」、東京台湾教会、池袋台湾教会、高田馬場台湾教会、千葉台湾教
      会、台湾基督長老教会川越教会、怡友会、在日台湾婦女会、台南会、在日
      台湾同郷会関西支部、台湾問題座談会、遠州日華親善協会、大阪日台交流
      協会、神奈川県日華親善協会、日台関係を促進する地方議員の会、東京台
      湾の会、ゲンキニッポンの会、日本台医人協会、日本政策研究センター、
      日本媽祖会、三沢市梅桜の会、台湾団結連盟日本支部、栃木県日台親善協
      会、日台鉄路愛好会、日本中華聨合総会、留日台湾同郷会、旅日栄光聯誼
      会、日本華商総会、日本林氏宗親総会、華心会、華心会横浜代表、東京中
      華学校校友会、留日東京華僑総会、東京華僑商工聨合会、栃木県日華親善
      協会、青森日台交流会、日台交流同友会、埼玉社会問題研究会、日台稲門
      会、宮城県台湾同郷会、宮城県台湾婦女会、新渡戸基金、岩手台湾懇話会、
      山口県日台文化経済交流会、台湾出身戦歿者慰霊の会、高座日台交流の会、
      日台交流教育会、維新政党新風東京都本部、維新政党新風埼玉県本部、國
      民新聞社、熊本台湾同郷会、大陸問題研究協会 (55団体 5月5日現在)

◇連絡先  日本李登輝友の会
      〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
      TEL: 03-5211-8838 FAX: 03-5211-8810
      E-mail: ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
      ホームページ:http://www.ritouki.jp/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾のWHO加盟を支持する集い:講演会と意見交換懇親会の主な内容

 アピール行進の後、アルカディア市ヶ谷にて開催する宋泉盛先生(牧師、太平洋神学
校教授、台湾神学文化研究院院長)による講演会と意見交換懇親会の主な内容をご案内
します。(敬称略)

■講演会 16:00〜17:00 [司会:多田 恵]

 開会挨拶 小田村四郎 日本李登輝友の会会長
 挨拶   羅  坤燦 台湾駐日代表処副代表

 講演   宋  泉盛 太平洋神学校教授、台湾神学文化研究院院長
 演題   台湾のWHO加盟について−台湾の法理的地位と台湾人の人権

      宋泉盛先生略歴
      台湾・台南生まれ。台湾大学哲学系卒業。ニューヨーク・ユニオン神学校
      神学博士。イギリス・エディンバラ大学神学名誉博士、アメリカ・コーネ
      ル大学名誉人文学博士。台南神学院院長、世界キリスト教会協議会信仰職
      制部門副幹事、プリンストン神学校、ハーバード大学神学部、日本同志社
      大学神学部の客員教授を歴任。現在、カリフォルニア州バークレーの太平
      洋神学校及び合同神学大学院の神学教授。改革派教会世界連盟主席、台湾
      神学文化研究院院長。

 「台湾のWHO加盟に関する日本政府への要望」採択

■意見交換懇親会 17:00〜19:00  [司会:古市利雄]

 開会挨拶 石井公一郎 日本李登輝友の会副会長
 挨拶   中津川博郷 前衆議院議員、日本・台湾安保経済研究会会長
 樺山 卓司 東京都議会・自民党日台友好議員連盟会長
 盧  千恵 許世楷台北駐日経済文化代表処代表夫人

 閉会挨拶 林  建良 日本李登輝友の会常務理事
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 私たちは台湾のWHO(世界保健機関)加盟を支持します!!

 「台湾のWHO加盟を支持する集い」への協賛をお願いして以来、賛同のご連絡とと
もに激励のお便りをいただいていますので、ここにご紹介します。
------------------------------------------------------------------------------
一緒に立ち上がりましょう!

 台湾がなぜWHOに加盟できないのでしょうか。
 それは台湾が「国家ではない」からではなく、中国がWHO及び加盟各国に対し卑劣
な妨害の圧力をかけているからです。それさえなければ、台湾は当然のように加盟でき
るのです。
 明日は世界各国一斉運動の一環として、都内で台湾WHO加盟の支持を訴えるデモを
実施し、多くの在日台湾人が参加の予定です。そこで我々日本人諸団体も台湾応援の為
に参加します。
 今の状況を許せないと思う方は一緒に立ち上がりましょう!

                              台湾研究フォーラム
------------------------------------------------------------------------------
日本人として見て見ぬふりできるか!
5・6WHO加盟アピールデモに参加しよう

 台湾のWHO加盟実現を訴える為、世界各国で台湾人がアピールのデモを行うことに
なりました。日本でもきたる5月4日に都内で行いますが、この日は在日台湾人だけでは
なく、私たち日本人も一緒になって歩き、「台湾人のWHO加盟は台湾人の生存権の問
題」、「中国の卑劣な妨害に反対」を大きな声で叫びたいと思います。
 台湾には加盟する権利があるのです。それでもそれが妨害されると言う不条理な状況
を、友邦の国民として見て見ぬふりなどできるでしょうか。
 台湾を愛する日本人の皆様、台湾の国民、中国政府、そして世界中が私たちを見てい
ますので、ぜひご参加下さい。
 堂々と歩きましょう!

                         日台交流同友会会長 渡辺 隆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。