国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第504号】 4月26日(木)、京都で蔡焜燦さんを囲む座談会

2007/04/19



>>>>> http://www.ritouki.jp/――――――――――――【平成19年(2007年) 4月19日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>――――――――――――――――――――――――――――――[Vol.504]
1>> 4月26日(木)、京都で蔡焜燦さんを囲む座談会
2>> 海を渡る蝶アサギマダラ−日本列島と台湾の自然(2)[台北 林 彦卿]
3>>【読者投稿】台湾最大の危機としたたかな中国の戦略[東京都 小林 正成]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 4月26日(木)、京都で蔡焜燦さんを囲む座談会

【4月18日 産経新聞・大阪夕刊】

蔡焜燦さんを囲む座談会

 台湾の実業家、蔡焜燦さんの来日を記念して「日本人と台湾人の精神的遺産」と題する
座談会が、26日午後六時半から京都ロイヤルホテル(京都市中京区)で開かれる。

 蔡さんは司馬遼太郎さんの著書にも登場する愛日家で、日本統治下にあった台湾の清水
公学校で学んだ体験を語り合う。当時の校長で優れた教育者だった川村秀徳さんの遺族も
参加する。会費一万円。

 申し込み問い合わせは事務局長の内藤史朗さん(Tel.&FAX075-711-3982)。

*内藤史朗氏は下記に紹介している「榕樹文化」を発行している榕樹会本部の事務局長で
 す。「榕樹文化」第17号に、蔡焜燦氏の「これが殖民地の学校だろうか−母校『清水公
 学校』」が掲載されています。                    (編集部)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 海を渡る蝶アサギマダラ−日本列島と台湾の自然(2)[台北 林 彦卿]

 林彦卿氏の「海を渡る蝶アサギマダラ」の2回目をお届けする。アサギマダラはやはり
日本から2000キロメートルも飛んで台湾へ渡っていた。また、台湾から日本へも飛んでき
ていた──。

■榕樹文化の購読申し込み
 〒603-8071 京都市北区上賀茂北大路町25-13
 TEL・FAX 075-711-3982
 榕樹会本部事務局長 内藤史朗
--------------------------------------------------------------------------------
海を渡る蝶アサギマダラ−日本列島と台湾の自然(2)

                                    林 彦卿
【榕樹文化 第18号 2007年・新年】

■屏東で発見された大阪生駒山から放ったアサギマダラ

 2000年(平成12年)初夏に、うちの娘が草山(陽明山)に採集に行き、若干収穫があっ
た。3匹アサギマダラがいたが、中の1匹は後翅にアルファベットとアラビア数字がマー
キングされていた。ビックリしたが、まだ元気なので戸外に出し放してやった。

 あれは日本から飛んで来た個体だったのだろうか。マーキングがカタカナか漢字だった
ら、何時何処で放したかが分かったのに、その文字数字も写さず、写真も撮らないで放し
てしまったのは大失策だった。展翅して標本にしても良かったのにと残念に思った。

 当時、京都の昆虫学者谷角さんが来台していた。専門はカブト虫だが、蝶も詳しい。マ
ーキングされたアサギマダラを採取したことを話し、日本から飛んできたものではないか
と尋ねたら、「日本で放したもので一番遠くまで行ったのが、与那国島で、台湾ではまだ
発見されていない」とのことであった。

 ところが、その翌年(2001年)の11月25日、大島新一郎(78歳)が大阪生駒山から放し
たアサギマダラが、62日後、2000キロメートル離れた屏東の寿[上下](シュカ)で捕獲
された。左前翅に「IK」、左後翅に「SOA118」と標記された雄のアサギマダラだ
った。寿[上下](シュカ)とは高砂族語の地名の当て字で、屏来県と台東県との県境の
峠である。

 寿[上下](シュカ)には、ずっと普、陳維寿さんと一緒に行って、キシタアゲハの雌
を1匹捕らえたことがあった。4月頃にキシタアゲハが発生するので、蝶採りの商売人は
その時期よくここに集まる。

 この蝶は元来、台湾南部のガランピ半島では普通種だったが、開墾と乱獲のため激減し、
絶滅寸前である。台東の沖に紅頭嶼(蘭嶼)かあり、この島にはキシタアゲハに非常に似
たコウトウキシタアゲハが生息している。本種は下翅の黄金色紋がキシタアゲハより広く、
腹部全体は黄色である。コウトウキシタアゲハはキシタアゲハの亜種ではなく、全く別種
なのである。

 ガランピ半島で採れた記録はあるが、土着していないようで迷蝶に属する。この二種と
もフィリピン系の蝶であるが、台湾産マダラチョウ中最大のオオゴママダラもフィリピン系
の蝶で、台湾南端では普通種であるが、最近は北部にも現われ琉球まで飛んでいく。

■台湾から日本への北上は3例

 2006年(平成18年)、NHKは旅をする蝶アサギマダラの番組を放映した。奥津敬一郎
教授が「アサギマダラを調べる会」のホームページからパンフを手に入れて郵送してくれ
た。

アサギマダラの移動調査ネット

台湾から3例目の北上記録:台湾→大分県
今年は3年ぶりに台湾からの北上記録が出ました
2000年(平成12年)に出た台湾→鹿児島県指宿、台湾→滋賀県に続き3例目の記録となり
ました。
台湾陽明山(草山)→大分県別府市鶴見岳
北東へ約1300km移動(移動日数67日)
標識:058F YMS NTU
性別:♂
標識地:台湾陽明山(草山)
標識日:2003年6月10日
標識者:李 信徳
再確認地:大分県別府市鶴見岳山頂
再確認日:2003年8月6日
再確認者:鶴田須美子・寺本 勲
再確認の方法:撮影(撮影)

 李信徳さんは台湾大学でアサギマダラの調査をされている大学院生。
 大分県で写真撮影された鶴田須美子さんと寺本勲さんは、鶴見岳でたまたまマークのつい
たアサギマダラを見つけて撮影したそうです。喜界ケ島の福島誠さんへ問い合わせがあり、
移動が判明しました。*

*喜界ヶ島は、奄美諸島の一つの小島で、以前、標識のついたアサギマダラが日本から飛
 来したのを島民の福島さんが確認している。

 この台湾から日本へ海を越えて移動した第3例目のアサギマダラのマーキングは、「0
58F YMS NTU」であって、「YMS」はYang Ming San 陽明山で、「NTU」
はNationa1 Taiwan university 国立台湾大学とすぐに分かったが、日時の表記が無いので
、台湾胡蝶保育学会に電話したら、林伯昌さんが出て来られて、058Fが日時の記録だと
言う。すなわち、Fはアルフアベットの6番目のFで、第6回の放蝶を意味する。 058
はその日の第58匹目にマーキングしたという意味であり、捕獲者NTUはここでは林信徳
氏で、彼に開くと、Fは6月10日だと判明した。

 アサギマダラは、前翅が5〜6センチメートル、青灰色半透明で、後翅には褐色が混ざ
る。地味な渋い色調は優雅で気品があり、日本全国で行われた「あなたの一番好きな蝶は」
のコンテストでは第1位だった。

 日本ではアサギマダラの研究が20年前から進められていて、この蝶は毎年春から夏への
気候の移り変わり目の頃、沖縄群島から北の方向に移動し、日本本州、四国、九州へ大移
動するのだが、もう今では日本に土着して生息し、従来観察例が少ない北海道の利尻島、
釧路、特に函館山辺りに多く、ロシアの沿海州でも見つかっている。

                                   (つづく)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>【読者投稿】台湾最大の危機としたたかな中国の戦略[東京都 小林 正成]

■中国の台湾への武力侵攻はあるのか

 中国は台湾に対し、事あるごとに「文攻武嚇」を繰り返す。しかし、実際に武力を行使
することは、まずないと私は考える。

 なぜなら、中国が台湾に武力行使し、短期で台湾を占領するのは不可能だからである。
さらに言うならば、1996年に行われた台湾の総統選挙の際、中国はミサイルを台湾近海に
撃ち込んで、「独立派の頭目」と攻撃してきた李登輝を圧倒的多数票で当選させ、尚且つ
米国の空母艦隊の出動事態まで引起したことで、充分に学習しているはずだからだ。

 中国が台湾に武力侵攻して、メリットが有るのか考えてみたい。

 中国は台湾問題は中国の内政問題だと強弁しても、国際的な視点で見れば明らかな侵略
行為である。そうなれば、国際社会からの批判・制裁・資本の引揚げなどによる経済破綻
から、共産党独裁体制の崩壊に至る可能性もある。当然、米国の空母艦隊の出動もあるだ
ろうし、台湾人民の内部結束を固めるこよになり、何一つメリットになるものは見当たら
ない。

 米国が台湾関係法に従って、台湾を防衛するという政策を放棄しない限り、中国の台湾
に対する武力侵攻はないと判断する。

 しかし、一点だけ可能性がある。それは、中国が政権の腐敗体質から民衆の暴動などに
より、独裁体制の維持が困難になった時、人民の目を逸らす為に、台湾海峡で戦争を起こ
す事態である。そのようなことにならない限り、台湾問題に関しては、時間は中国に有利
に動くと思う。

 中国は台湾に対して、国民投票によって国名を変更したり、台湾憲法を制定したりすれ
ば、軍事行動を起こすと恫喝してきた。台湾に面した大陸沿岸部に多数のミサイルを配置
し、原子力潜水艦や最新鋭の航空機の配備をし、遠くない将来に航空母艦を持つ計画も進
んでいるようだ。

 このような軍事力増強は、台湾侵攻を目的としたものでなく、台湾の独立に向けた何ら
かの行動は、中国を刺激して戦争になるから、台湾は中国の意に反した行動を取ってはな
らないとする、米国の現状維持政策を守らせる手段に過ぎないと思う。

■外務省キャリアの裏話

 ただ、日米に限らず、世界の指導者は中国人のしたたかさを認識していないようだ。例
えば、大分前の話だが、外務省官僚が!)小平を「雲の上の人」と発言したのを、「ボケ老
人」と作為的に曲解し、官僚の首を切らせたことがあった。こんなことは、中国人の常套
手段である。針小棒大、白髪三千丈方式で、自分を大きく見せたり、相手を利用(悪用)し
たり、陥れたり、千変万化・変幻自在な手練手管が使える民族は中国人以外にはないので
はないか。

 私には、外務省筋にキャリアの身内がいる。あるとき私はその彼を前に、外務省の中国
に対する土下座外交を痛烈に批判し、なじったことがあった。すると彼は、「気持ちは判
るけど……」と言いながら、次のような裏話をしてくれた。

 当時、彼の同僚にやる気満々の人物がいた。外務省の事務処理の中で、当人は正当な理
由から、中国の意にそぐわない発言を何度か重ねた。すると、中国は彼が担当する事項に
対して徹底的にクレームを付けてきた。政治家や経済界の訪中団や文化交流団体等に対し
て、「私達中国人は、中日友好を深め、未来永劫に亘って強い信頼の絆に結ばれていきた
いと願っているのですが、残念ながらお国の外務省に○○さんという方がおられて、友好
の妨げになっていることが大変残念でなりません」と言うのだった。その結果、彼はその
部署から外されたのだという。

 中国側は、中日友好の障害になる人物であると、色々な場所で発言させることによって
追い詰めて行く。

 こんな手段は、日本人には思いつかないことである。どんなに力量のある人でも、一度
左遷の憂目に遭ったら役人は出世できないから長い物には巻かれろ的な思想が根付き、今
日の外務省の主体性の無い六原則〔謝罪・朝貢・風見鶏・先送・棚上・土下座〕外交とい
う、世界で例を見ない外交が定着したのだろう。

 腹が立つより、呆れて頭が狂いそうだ。しかし、これが現実なのだ。

■中国の日米離間工作

 現在、米国でアイリス・チャンの創作『ザ・レイプ・オブ・南京』を題材にした反日映画
が作られ、日系三世のオッチョコチョイ議員が、米国議会に日本非難決議案を提出してい
る。
 
 裏面で中国の反日政策と連動しているようだ。中国は口では中日友好を語り、裏では日
本の足を引っ張り、日本の国連安保理常任理事国入りを妨害し、日本を貶めて国際社会で
日本を自国の下に置き、日米の離間工作を行っているのである。

 また、台湾に対する働きかけは、台湾の独立に連なる言動には、今にも軍事行動を起こ
すような激しい口調で攻撃する一方、統一派を助けて政権を奪取させようとしている。そ
して三通を太いパイプにして、台湾経済が中国に依存する度合いを高めて行く。この政策
は、台湾の統一派とも利害の一致するところである。

 これは「両岸の人民が話し合いで台湾問題を解決する」という米国の政策とも合致して
いる。しかも、中国は多数の特務を台湾に送り込み、定着させている。

 このように思考を巡らせて行くと、台湾海峡に面した沿岸に、ミサイルを一千発も設置
しているのは、威嚇によって台湾を屈服させることと、米国に対する陽動作戦の二面性を
備えたものと考える。

■台湾最大の試金石は立法委員選挙と総統選挙

 いずれにしろ、年末に行われる台湾の立法委員選挙と、来年三月に行われる総統選挙に
よって、台湾の運命が決まる可能性が大きい。民進党が引続き政権を取れば、不安定なが
ら現状維持路線が継続されるだろう。しかし、もし統一派の勝利となれば、台湾で民主的
な選挙が行われることは二度とないと考えるべきである。

 台湾のある識者は「あなたの考えはあまりにも悲観的であり、現実的でないし、台湾人
はそれほど馬鹿ではない」と言ったが、果たしてそうだろうか。

 私は、台湾人は馬鹿だとは言わない。しかし、海洋民族特有のお人良しで、忘れっぽい。
他民族に支配される植民統治慣れとでもいう性格が備わっているように思えてならない。
民主的な発言が自由にできる社会で、86%の人民がわずか14%の人間に牛耳られている現
実を見ていると、そうとしか思えないのだ。

 いずれにしても、先述の二つの選挙が台湾人にとって最大の試金石になる事は間違いな
いだろう。

 一方、米国は台湾人民がデモクラシーの原則に従い、国民投票で国名を変更したり、憲
法を制定することに反対している。だが、米国自身の建国理念である自由・民主・人権の
柱を台湾人民が確立することに反対するのは、天にツバするものとしか思えない。

 確かに米国は今、イラクの泥沼に入り込み、北朝鮮、イラン問題、その他にも多くの問
題を抱えている。しかし、自国の建国の理念をドブに捨てるような言動は、国際社会の信
頼を失うばかりか、自国を貶めることだと知るべきである。

 とは言っても、中国の陽動作戦に乗せられた米国の台湾政策が、急変するとは考えられ
ないので、日、米、台、中の関係は現状のまま推移して行くだろうが、時間がかかるほど
中国に有利に展開していくことだけは間違いない。

■悪夢−もし中国が台湾を併呑したら

 米国が望む方式で、中国が台湾を併呑した場合を想像してみよう。米国の台湾関係法は
解消され、台湾海峡とバシー海峡も南シナ海も中国の内海になる。日米安保にとって最も
重要な沖縄の米軍は、ハワイに撤退することになるかもしれない。

 こうした状況の中で、中国は米国の企業に更なる投資を呼びかけ、ほどほどの利益を上
げさせて、米国の企業を喜ばせる。日本は中国の属国となり、日米同盟は解消され、国際
社会に於ける日本の存在感は薄れ、国際社会に対する日本の声は無視されることになるだ
ろう。

 中国が尖閣諸島を占領しても、中国の属国と化した日本にはなす術がなかろう。中国が
次に手を出すのは沖縄であろう。中国の御用学者達は、明、清朝時代を通じて琉球は中国
の保護国であり、中国の図版の中にあったのに、清朝の弱体化が進んだのをチャンスにし
て、島津が火事場泥棒の様に奪い取ったものであり、当然中国に復帰すべきであると主張
しよう。

 中国が日本の経済、軍事を抑えたら、もう地球上で中国の暴走を止められる国はないだ
ろう。大中華教(天に二日なく、地に二王なし)の一統思想が完結。人類は終着駅に着く
のだ。もし、米国が中国の暴走を止めようとすれば、核戦争になり、人類は滅びるのだ。

 あの時、米国が台湾人民の自決を支援してさえいれば、こんな事態にはならなかったの
に……。米国を諫めて進言もせず、米国に追従した日本も罪深い。我が身に火の粉は及ぶ
まいと、対岸の火事よろしく死の商人を決め込んだヨーロッパ諸国も同罪である。人間と
は、こんなにも愚かな生き物たったのか。自分たちが創り、発展させてきた文明を自ら滅
ぼす。

 限界的頂点に達すると、自ら種を滅ぼす習性を持つ生き物がある、と聞いたことがある。
まさか人類がそうなるとは、考えたこともなかった。100万年に及ぶ人類の歴史が、因果応
報とは言え、悲しい結末に終るとは──。

 《悪夢》に終ることを祈るばかりである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
--------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。