国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第471号】 本誌がメルマガの読者評価で「ニュース&情報」部門で第1位、総合でも第5位

2007/02/19



>>>>> http://www.ritouki.jp/――――――――――――【平成19年(2007年) 2月19日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>――――――――――――――――――――――――――――――[Vol.471]
1>> 本誌がメルマガの読者評価で「ニュース&情報」部門で第1位、総合でも第5位
2>> 日本語版『台湾史小事典』を本会会員の方にお頒ちします【料金後払い】
3>> 書評:年代順に歴史用語を解説、日本語版『台湾史小事典』[台湾週報]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 本誌がメルマガの読者評価で「ニュース&情報」部門で第1位、総合でも第5位

 驚きました。本誌メールマガジン「日台共栄」が1月の読者評価において、「ニュース&
情報」部門で第1位となり、総合ランキングでも6,000誌ほど発行されているメールマガジ
ンの中で第5位に入りました。

 購読者数からすれば1,851人(2月18日現在)と、9万人も購読しているトップメルマガの
足元にも及びませんが、読者の皆様からご高評いただいていることが分かり、今後の編集
の励みにもなり一段と力が入ります。

 何よりも、台湾と日本の交流や台湾問題に関心が高まりつつあることを嬉しく思い、今
後とも充実した台湾情報をお届けすべく力を尽くしてまいる所存です。今後ともご支援の
ほどよろしくお願いいたします。

 ちなみに「ニュース&情報」部門のベスト3は、以下の通りです。

1、メールマガジン「日台共栄」(97点)
2、週刊アカシックレコード(96点)
3、宮崎正弘の国際ニュース・早読み(96点)

 また、総合部門は下記のようになっています。

1、試験に出る英語(97点)、
2、関組長の東京・永田町ロビー活動日記(97点)
3、【TOCOTON】(97点)
4、ゆりりんの楽しい風水生活(97点)
5、メールマガジン「日台共栄」(97点)

■1月の総合ランキング TOP30 http://melma.com/contents/scorerank/index.html

                  (メールマガジン「日台共栄」編集長 柚原正敬)
--------------------------------------------------------------------------------
「score!」とは、日頃から読んでいるマガジンに、あなた独自の評価をつけることができ
るマガジン評価制度です。
 melma! では、よりよいマガジンを増やしていくことが、読者の皆様にご満足いただける
サイトになる上での最も大切な作業だと考えています。そこで、各マガジンを評価するこ
とで、マガジンの良し悪しを一目で判断できる制度として、「score!」を導入することに
致しました。読者の皆様は、少しでも良いマガジンが増えるよう、日頃から読んでいるマ
ガジンにあなた独自の評価をつけてください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 日本語版『台湾史小事典』を本会会員の方限定でお頒ちします【料金後払い】
   送料は正会員・賛助会員は無料、普通会員・学生会員は160円で送付

 先に「こんな台湾史の事典が欲しかった」「台湾関係者必携の事典」とご紹介した日本
語版の『台湾史小事典』(呉密察監修)ですが、本会でも会員の方々を対象にお頒ちする
ことといたしました。

 全国どこの書店にでも置いてあるとは限らず、書店まで足を運んでも必ず置いてあると
は限りませんので、ご自宅にいながらにしてこの素晴らしい事典を受け取ることができま
す。

 料金は後払いです。正会員・賛助会員の方には送料無料で、普通会員・学生会員の方は
送料160円でお送りします。下記のお申し込み書を本会までお送りください。

 本会のホームページでも紹介していますので、一般の方はこちらからAmazonで購入でき
ますのでご参照ください。また、次に「台湾週報」に掲載された書評をご紹介します。
                                   (編集部)

■日本李登輝友の会
 〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
 TEL: 03-5211-8838 FAX: 03-5211-8810
 E-mail: ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/

■日本語版『台湾史小事典』
 定価:2,940円(税込)
 送料:正会員・賛助会員=無料
 普通会員・学生会員=160円
--------------------------------------------------------------------------------
日本語版『台湾史小事典』お申し込み書

1、お名前
2、会員種別(学生会員・普通会員・正会員・賛助会員)
2、ご住所
3、電話番号
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 書評:年代順に歴史用語を解説、日本語版『台湾史小事典』[台湾週報]

【2月16日 台湾週報】

 『台湾史小事典』の原著は、台湾の中学校の歴史教科書の副読本として編纂され、呉密
察・台湾大学歴史学部教授による監修の下、2000年に台湾・遠流出版公司から出版された
ものである。

 この著書の特徴は、「台湾史年表」と「台湾史辞典」が合体した構成になっていて、西
暦230年〜1995年まで年代順に台湾史をひも解く重要なキーワードを引くことができるよう
になっていることだ。

 日本でも台湾の歴史に対する関心は高まっているが、これまで台湾史がコンパクトにま
とめられた手引き書は非常に少なかった。

 『台湾史小事典』日本語版は、元NHK報道局外信部記者としてアジア地域に関連する
ニュース番組制作に携わった横澤泰夫・熊本学園大学外国語学部東アジア学科教授によっ
て編訳され、原著にはなかった1996年〜2006年の歴史は訳者が加筆補充し、政権交替後の
台湾現代史のダイナミックな動きについてもカバーされている。

 歴史用語や事件の記述はいたって客観的であり、背景が丁寧に解説されている。文字文
献がほとんど残っていない史前時代や原住民についての記述量は少ないものの、清代、日
本時代にそれぞれ約90ページ、戦後に約80ページを割いている。特に台湾における日本時
代は、台湾の歴史を理解する上で非常に重要な意義をもつ一方で、近代日本が歩んできた
歴史でもあり、日本人にとっても興味深い内容となっている。

 年表の条目は947、歴史辞典項目は649という台湾史を理解するために必要な情報を網羅
した大変充実した内容でありながら、総ページ数は323ページと、持ち運べるサイズにまと
められているのがうれしい。

『台湾史小事典』
監修:呉密察
編著:遠流台湾館
日本語版編訳:横澤泰夫
出版社:中国書店
定価:2800円+税
2007年2月11日 初版発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
--------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。