国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第441号】 1月の主な台湾関係の催し

2007/01/09



>>>>> http://www.ritouki.jp/――――――――――――【平成19年(2007年) 1月9日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>――――――――――――――――――――――――――――――[Vol.441]
1>> 1月13日(土)、台湾研究フォーラムが永山英樹氏を講師に第93回定例会
2>> 1月14日(日)、伊藤潔先生を偲ぶ会を開催
3>> 1月18日(木)、「立ち上がれ!日本」ネットワークが宮崎正弘氏を講師に公開講座
4>> 1月21日(日)、熊本李登輝友の会と日本会議熊本が中嶋嶺雄氏を講師に学習会
5>> 1月27日(土)、青森李登輝友の会・青森日台交流会がDVD鑑賞会と合同新年会

■復刻『綜合教育讀本』のプレゼントへのご応募ありがとうございました
  12月30日にご案内しました『綜合教育讀本』プレゼントは、お陰様で10名様を超える
 方々からご応募いただきました。ご案内のように先着順とさせていただき、発送をもっ
 て発表に替えさせていただきます。残念ながら順番外の方には、切手をお返しするとと
 もに、「榕樹文化」(2006年秋、第17号)に掲載された蔡焜燦先生の「これが殖民地の
 学校だろうか」のコピーをお送り申し上げます。            (編集部)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 1月13日(土)、台湾研究フォーラムが永山英樹氏を講師に第93回定例会
   テーマは「中国覇権主義と日本の事大主義−台湾=生命線を忘れた日本の危機」

台湾研究フォーラム(台湾研究論壇)第93回定例会

■講師 永山英樹氏(台湾研究フォーラム会長)

■演題 中国覇権主義と日本の事大主義−台湾=生命線を忘れた日本の危機

    日本政府が中国の「台湾問題」での妥協要求に屈服し続けていることを、なぜメ
    ディアは報じないのか。この一点に注目すれば、日中間における諸問題の本質は
    全て見えてくる。生命線である台湾を守り抜く気概がなければ、いかなる中国政
    策も無効となりかねない。現在の日本には、日露戦争前にロシアの属国になろう
    とした朝鮮の事大主義を髣髴とさせるものがあるのだ。

【日 時】 1月13日(土)午後5時45分〜8時

【場 所】 文京シビック 3F  第1会議室(TEL:03-5803-1100)
      〔交通〕JR「水道橋駅」徒歩7分
          都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分
          東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」徒歩1分

【参加費】 会員500円 一般1000円

【懇親会】 閉会後、会場付近にて。(会費3000円、学生1000円)

【申込み】 1月12日まで下記へ。
      Eメール taiwan_kenkyu_forum@yahoo.co.jp
      FAX 03−3626−1520

【問合せ】 090−4138−6397

※19年度会員募集中。当日会場でも受け付けます(年会費2000円)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第93回定例会 申込書

氏名
懇親会  参加  不参加 (○をお付けください)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 1月14日(日)、伊藤潔先生を偲ぶ会を開催

 台湾と日本の交流や台湾の民主化に貴重な足跡を遺された伊藤潔先生(杏林大学前教授、
台湾名・劉明修)が昨年1月16日に身罷り、1年を閲しようとしております。
 つきましては、伊藤先生と日頃よりご交誼賜りました皆様にお集まりいただき、生前を
偲びつつその高い御志に再び触れえるような心温まる偲ぶ会を開催いたしたく、下記のよ
うな次第で執り行うこととなりました。
 年始に当たりご多用のところ恐縮ですが、ご臨席を賜りたく謹んでご案内申し上げます。

                             呼掛人代表 何 康 夫
                   
                    記

■日 時 平成19年(2007年)1月14日(日) 午後2時〜4時30分(1時30分開場)

■会 場 アルカディア市ヶ谷(私学会館)6F 霧島
     東京都千代田区九段北4-2-25  電話:03-3261-9921
     【交通】JR・地下鉄 市ヶ谷駅 徒歩4分
     http://www.arcadia-jp.org/access.htm

■会 費 無料(生花等もご遠慮申し上げます)

■お申込 日本李登輝友の会(FAXかメールにてお申し込み下さい)
     FAX: 03-5211-8810
     E-mail: ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp

■呼掛人[50音順]
 伊藤  隆 東京大学名誉教授
 丘  哲治 日本台湾医師連合会長
 何  康夫 在日台湾同郷会会長
 許  世楷 台北駐日経済文化代表処代表
 黄  昭堂 台湾独立建国聯盟主席
 黄  文雄 台湾独立建国聯盟日本本部委員長
 呉  阿明 自由時報社董事長
 蔡  焜燦 李登輝之友会台北市会長
 笹川 陽平 日本財団会長
 朱  文清 台北駐日経済文化代表処広報部長
 白川 浩司 文藝春秋常任監査役
 田久保忠衛 杏林大学客員教授
 田代 明裕 前在日台湾同郷会会長
 中里 憲文 怡友会会長
 永山 英樹 台湾研究フォーラム会長
 平松 茂雄 中国軍事問題研究者
 宗像 隆幸 アジア安保フォーラム幹事
 柚原 正敬 日本李登輝友の会事務局長
 林  建良 メルマガ台湾の声編集長
 連  根藤 台生報編集長
 老   包 週刊「新台湾」社長

■連絡先 日本李登輝友の会
 〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
 TEL: 03-5211-8838 FAX: 03-5211-8810
 E-mail: ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 1月18日(木)、「立ち上がれ!日本」ネットワークが宮崎正弘氏を講師に公開講座
   テーマは「2007年、今後中国はどうなる」

「立ち上がれ!日本」ネットワークの第5回目の公開講座です。
どなたでもご自由に参加出来ます!

(1)講 師  宮崎正弘氏(評論家)

(2)テーマ  「2007年、今後中国はどうなる」

(3)日 時  1月18日(木) 18時30分〜20時30分

(4)会 場  全国町村会館 2階 第1会議室
        東京都千代田区平河町1-11-35 TEL:03-3581-0471
        地下鉄(有楽町線、半蔵門線、南北線)・永田町駅 3番出口徒歩1分
        会場地図 http://www.zck.or.jp/kaikan/access/index.htm

(5)会 費  資料代として500円

参加ご希望の方はお名前と「第5回公開講座参加希望」と但し書きをされて下記にメール、
もしくはFAXにお送りください。
メールは kokaikoza@tachiagare-nippon.org
FAXは 03(5211)6310

お申し込みいただいた方にはネットワークの事務局より確認のメールを差し上げます。

お申し込みが定員(100名)を超えた場合、後日お断りの連絡を差し上げる場合があります。
ご了承ください。

(当日、会場にて宮崎正弘氏のサイン会も行います)。

■「立ち上がれ!日本」ネットワーク 事務局
 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-1-2 葛西ビル303
 http//www.tachiagare-nippon.org
 e-mail:mail@tachiagare-nippon.org
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 1月21日(日)、熊本李登輝友の会と日本会議熊本が中嶋嶺雄氏を講師に学習会
   テーマは「安倍政権の誕生で教育政策、アジア外交はどのように変わるのか」

 皆様ご承知の様に、安倍政権は教育政策に力を入れ、教育基本法の改正に着手し、様々
な諸制度を改革する為、教育再生会議を立ち上げました。中嶋先生はその教育再生会議の
委員としてご活躍中です。また先生は中国問題の専門家でも御座います。
 安倍政権のブレーンのお一人である先生に、「教育政策」「アジア外交」はどのように
変わっていくのかについて詳しくお話しいただきます。
 つきましては、下記の要綱にて「教育問題・国際情勢」を考える学習会・新年会を開催
いたしますので、ご参加くださいます様お願い申し上げます。

                        日本会議熊本   会長 山内 新
                        熊本李登輝友の会 会長 紀伊 進

                    記

日 時  平成19年1月21日(日)午後2時〜5時(開場 午後1時半)

会 場  熊本交通センターホテル 6階 菊の間
     熊本市桜町3-10 TEL.096-326-8828
     http://www.kyusanko.co.jp/hotel/access_map/index.html

講 師  中嶋嶺雄先生(国際教養大学学長・教育再生会議委員)

演 題  安倍政権の誕生で教育政策、アジア外交はどのように変わるのか(仮題)

※講演終了後、講師をお囲みしての新年会(懇親会)を開催致します。

 ご出欠は1月12日まで、日本会議熊本までお願いします。

■日本会議熊本
 熊本市宮内3-1 熊本県神社町内
 TEL.096-322-7484(担当:片岡)

■問合せ先
 日本会議熊本   TEL.096-322-7484(担当:片岡)
 熊本李登輝友の会 TEL.096-353-3301(担当:小佐井)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
5>> 1月27日(土)、青森李登輝友の会・青森日台交流会がDVD鑑賞会と合同新年会
   DVD鑑賞は台湾テレビ制作の「台湾民主化之道」(日本語字幕)

青森李登輝友の会&青森日台交流会合同
「『台湾民主化之道』DVD鑑賞および新年会」のご案内

*開演時間を13時から13時30分に変更致しました。ご参加の方はお気をつけ下さい。

 青森李登輝友の会、青森日台交流会は、台湾の前総統李登輝氏が唱える「日台運命共同
体」理念に呼応し、日台関係を強化するために様々な親善交流活動を行っておりますが、
このたび青森李登輝友の会と青森日台交流会の合同による「『台湾民主化之道』DVD鑑
賞および新年会」を開催いたします。
 この機会に県下および近県の親台湾メンバーが集結し、さらなる日台親善・交流を推進
していきたいと思います。どなたでもお気軽に参加いただけますので、日台交流にご興味
のある方は是非ご参加くださいますようお願い申し上げます。

                    記

【日   時】 平成19年1月27日(土) 13時30分開演 (13時開場)

【会   場】 青森県国際交流協会ラウンジ 水産ビル5F
        青森市安方1丁目1−32 水産ビル5F(アスパムの隣)
        TEL:017-735-2221
        http://www.kokusai-koryu.jp/

【挨拶・解説】 13時30分〜14時

【DVD鑑賞】 14時〜15時30分 (90分)
   
        タイトル:「台湾民主化之道」 台湾語 日本語字幕

        台湾が戦後どのように民主化の道を進んできたのか、228事件(台湾
        史上最悪の政府による国民大虐殺)、白色テロの戒厳令時代、李登輝氏
        総統就任、初の総統直接選挙、そして初の政権交代という台湾民主化へ
        の戦いの歴史を実録により検証します。制作=台湾テレビ

        ※ホーロー語:台湾で一番人口の多いホーロー人が話す言語。台湾では
         その他、客家語やタイヤル語・アミ語等の原住民語、そして中国語が
         話されています。

【合同新年会】 16時〜18時  青森駅前店「魚民」1F(青森駅前。看板あり)
        TEL:017-774-2088

【参 加 費】 DVD鑑賞会:無料
        新年会 会員:3000円 一般:3500円
        (新年会のみご出席の方も歓迎します)

【 申し込み 】 FAXかメールでお願いいたします。
        FAX:0172-62-6936
        E-mail:a-nittai@hotmail.co.jp
        1.氏名 2.連絡先 3.懇親会へのご出欠もお書き添えください。

【連 絡 先】 TEL:090-6685-6887(出町)
        FAX:0172-62-6936
        E-mail:a-nittai@hotmail.co.jp
        http://shukuei.blog19.fc2.com/

【主   催】 青森李登輝友の会 青森日台交流会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
--------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。