国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メールマガジン日台共栄:第122号】本日午後6時、名古屋空港、金沢駅は29日11時20分

2004/12/27

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ―――――――――【平成16年(2004年)12月27日】

☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
        新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――[Vol.122]
1>> 本日午後6時、名古屋空港、金沢駅は29日11時20分
2>> 各紙報道
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 本日午後6時、名古屋空港、金沢駅は29日11時20分

 いよいよ本日、李登輝前総統が来日されます。李登輝前総統はご家族とともに
日本留学時代の思い出の地や台湾と縁のある名古屋、金沢、京都を巡り、1月2
日、関西国際空港から台北に戻られる予定だそうです。
 日本国民や在日台湾人の多くは大歓迎です。本会の小田村四郎会長も歓迎のメ
ッセージを李登輝前総統に送っています。後日、本誌でご紹介します。
 日本国民や在日台湾人の多くが歓迎していることを、名古屋空港や金沢駅、京
都駅、関西国際空港で示したいものです。誰でも参加できます。こぞってご参加
ください。                          (編集部)

*この奉迎案内をできるだけ多くの方に転送してください。
---------------------------------------------------------------------------
■日  時  12月27日(月) 午後6時
■集合場所  名古屋空港 国際線ターミナル1階 到着ロビー

■空港まで  名古屋駅から(所要時間:約30分)→名古屋空港
       1、名鉄バスセンター(メルサ3階:5番乗場、10分に1便、
         870円)
       2、新幹線口(空港バス乗場、20分に1便、870円)
       3、広小路口(空港バス乗場、30分に1便、870円)

       名古屋空港 http://www.nagoya-airport-bldg.co.jp/
---------------------------------------------------------------------------
■日  時  12月29日(水) 午前11時20分
■集合場所  金沢駅改札口
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 各紙報道

李登輝氏きょう訪日
【産経新聞 12月27日付】

 【台北=河崎真澄】日本政府から観光目的の入国査証(ビザ)を発給された台
湾の前総統、李登輝氏(81)は二十七日午後、夫人の曾文恵さん(78)や長
男(故人)の妻、孫娘(23)、主治医らとともに台北を出発、夕刻、名古屋空
港に到着する。
 李氏の訪日は、李氏が二〇〇〇年五月に総統を退任し、すべての公職を退いて
から二度目で、心臓病治療を目的に、大阪と岡山を訪れた前回の二〇〇一年四月
以来、三年八カ月ぶり。家族旅行としての訪日は初めて。
 李氏一行は名古屋や金沢を観光し、能登半島の和倉温泉に投宿。さらに李氏の
母校、京都大学の同窓生や恩師などとの再会を予定している。京都観光を経て、
来年一月二日午後、関西国際空港から台北に戻る予定だ。
 李氏は、学生時代や学徒兵時代を過ごした京都や名古屋を、戦後初めてゆっく
り訪ねることや、孫娘を日本の温泉に連れて行くことなどを楽しみにしていると
いう。また李氏自身、乗車したことがない日本の新幹線への乗車も希望している。

李台湾前総統、27日訪日…中国は報復検討も
【読売新聞 12月27日付】

 【台北=石井利尚】台湾の李登輝・前総統(81)が27日に日本を訪問し、
来月2日まで、名古屋、金沢、京都などを家族と観光旅行する。
 今回の訪日は、「懐古の旅」とされているものの、日台のきずなの強さをさり
げなくアピールする色彩も帯びている。李氏訪日に強く反発する中国が、日本と
の公的交流の一部凍結など何らかの報復に出る可能性がある。
 李氏の側近は、今度の旅について、「青年時代を懐かしむセンチメンタルジャ
ーニー」と語る。「22歳まで日本人でした」と語る李氏はかつて、「岩里政男」
という名前を持ち、日本の教育を受けて育った。今も日本語の本を愛読し、同行
する曽文恵夫人(78)とは日本語で会話する。
 正月を過ごすことになる京都は、京都帝国大学時代に過ごした土地。学徒出陣
に加わり、高射砲部隊の陸軍少尉として終戦を迎えたのが、27日に到着する名
古屋だ。
 日中関係がこじれる中、李氏は沈黙を守る。台北に住む親友、何既明さん(8
0)は、「李氏は、観光客として自由に歩き、戦後の変化を肌で感じたがってい
る」とその心境を代弁した。
 初めて訪れる金沢は、日本統治下の台湾で大規模農業用水を建設した日本人技
師・八田与一の故郷。李氏は「日本人が行った良いことを、日本人にも知っても
らいたい」(別の側近)考えだという。
 李氏は、初めて新幹線にも乗る予定だ。1月に試運転が始まる台湾高速鉄道(
台湾版新幹線)システムは、日台経済協力のシンボル。李氏の影響力で、日本企
業連合が欧州を破って逆転受注したとされる。
 「孫娘と水入らずの温泉旅行」という名目でビザを取った今回の訪日では、日
本政府に配慮して、講演などの「政治活動」は行わない。だが、訪問予定地から
は、過去、現在、将来にわたる日台の結びつきを感じさせる外交的な側面がうか
がえる。
 中国政府は、日本政府に対し、急進独立派政党「台湾団結連盟」の後ろ盾とし
て「台湾の国をつくろう」と訴える李氏が「日本で政治活動を行うことを許さな
い」よう強く求めている。前回訪日時、中国は、政権ナンバー2の李鵬・全国人
民代表大会常務委員長(当時)の訪日を延期、政府高官の日本派遣も停止した。 

李前総統、27日に訪日=夜に名古屋到着、7日間滞在−台湾
【時事通信 12月26日】

 【台北26日時事】日本政府からビザ(査証)を発給された台湾の李登輝前総
統は27日午後、日本アジア航空機で台北を出発し、夜に名古屋空港に到着する
。家族旅行を目的に1月2日まで7日間滞在する予定だが、中国は「台湾独立勢
力の代表人物」として訪日に反対しており、今後の日中関係に影響を及ぼす可能
性がある。
 李氏の訪日は、岡山県倉敷市の病院で心臓疾患の治療を受けた2001年4月
以来、約3年8カ月ぶり。李氏サイドは今回の訪問を「プライベートな家族旅行
」(関係者)としており、記者会見などを含む政治的な活動は一切しない見通し
だ。  
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ご購読ありがとうございます。お知り合いの方にもご購読をお勧め下さい。
●お申し込み・バックナンバーはこちらから
 http://www.melma.com/mag/57/m00100557/
●ご意見・ご感想はこちらにお寄せ下さい。
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
●ホームページはこちらから
 http://www.ritouki.jp/
●配信ご不要の方はこちらまで
 http://www.melma.com/taikai/ マガジンID:m00100557 by melma!

◇日本李登輝友の会の会員となって李登輝さんを応援しよう!!
■日本に在住あるいは勤務する方で、日台共栄を目的とする本会の趣旨に賛同さ
 れる方であれば、どなたでも入会できます。
■台湾など海外在住の方も「賛助会員」として入会できます。
■詳しい入会案内はホームページに掲載 http://www.ritouki.jp/
---------------------------------------------------------------------------
マガジン名:メールマガジン「日台共栄」
発 行 日:毎週配信(ほぼ毎日)
発   行:日本李登輝友の会・メールマガジン「日台共栄」編集部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2004 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。