国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メールマガジン日台共栄:第120号】12月27日の名古屋空港での李登輝前総統奉迎は誰でも参加可

2004/12/25

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ―――――――――【平成16年(2004年)12月25日】

☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
        新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――[Vol.120]
1>> 12月27日の名古屋空港での李登輝前総統奉迎は誰でも参加可
2>> ようこそ日本へ、李登輝(リー・ティンフイ)さん?
3>> 日台共栄の夕べに李登輝前総統から祝辞
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 12月27日の名古屋空港での李登輝前総統奉迎は誰でも参加可
   粛々としかし熱烈に歓迎しよう

 12月27日、いよいよ李登輝前総統とご家族の方々が来日されます。
 名古屋空港では下記の要領でお出迎えいたします。国際線ターミナルの1階で
す。国内線ターミナルではありません。
 名古屋空港へ来ていただければ、奉迎場所にご案内いたし、日の丸の小旗や台
湾旗などをお渡しします。賓客の奉迎ですので、それなりの服装でご参加をお願
いしますが、当日の天候は大丈夫のようですが、いささか冷え込むようですので
暖かい格好でお出かけください。年末ご多忙のこととは存じますが、老若男女、
国籍も問わず、どなたでも参加できますので、多くの皆様のご参加をお待ち申し
上げております。
 なお、金沢駅、京都駅などでも奉迎いたしますが、詳細につきましては、後日
、お知らせいたします。1月2日のお見送りも、詳細は後日お知らせします。

■日  時  12月27日(月) 午後6時
■集合場所  名古屋空港 国際線ターミナル1階 到着ロビー

■空港まで  名古屋駅から(所要時間:約30分)→名古屋空港
       1、名鉄バスセンター(メルサ3階:5番乗場、10分に1便、
         870円)
       2、新幹線口(空港バス乗場、20分に1便、870円)
       3、広小路口(空港バス乗場、30分に1便、870円)

       名古屋空港 http://www.nagoya-airport-bldg.co.jp/

*この奉迎記事をできるだけ多くの方に転送してください。    (編集部)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> ようこそ日本へ、李登輝(リー・ティンフイ)さん?
   李登輝前総統もこのお便りを読まれています

 このコーナーへ続々お便りをいただいております。台湾に確認したところ、今
でもたいへんお忙しいにもかかわらず、李登輝前総統は必ず目を通されているそ
うです。来日後もこのコーナーを続けますので、どうぞ奮ってお寄せください。
                               (編集部)
---------------------------------------------------------------------------
●台湾大好きな女の子
 こんにちは! 初めてお便りします。台湾が大好きな東京に住む女の子です。
 いろいろよそから雑音が聞こえますが……(台湾に帰ってからが心配です。も
うずっーとご家族で日本に住まれたらいいのにぃ!)
 ご家族でご旅行との事。是非是非、日本に滞在の間、楽しんでください(短期
間で残念です)。皆様が至福につつまれ、幸せな時を堪能し、過ごせる様遠くか
らですが、お祈りしてます。だいぶ寒くなってきましたので、どうかお身体には
、気をつけて起こし下さい。テレビで元気なお顔が拝見できるのを楽しみに待っ
てます。
 追伸 日本には、日本の人もそれ以外の国の人も変な人が住んでいますから、
友の会の人もどうか気をつけて、頑張って下さいね。李さんご家族の滞在時の、
身辺警護は何卒万全でお願いします。

◆台湾から統一派の活動家も乗り込んでくるという噂も出ています。細田官房長
官は「万が一のため」警護を付け、「公人」並みの扱いであることも明らかにし
ていますので、政府としても万全の警備体制を敷いているようです。最大の警備
は、日本人が大歓迎していることを行動で見せつけてやることかもしれません。

●メールマガジン読者
 初めまして。メールマガジンの読者です。
 このたびは李登輝前総統の訪日お喜び申し上げます。一日本人として歓迎いた
します。12月27日(月)、名古屋空港に友人とお出迎えに行きたいと思っている
のですが、スケジュールが立たず困っております。前回の訪日の際にはこちらの
メールマガジンで告知があったと伺っております。搭乗される便など決まれば誌
上で教えていただけませんでしょうか? 無理は申しませんので、もしよろしけ
れば、よろしくお願いいたしますm(_ _)m
 応援しておりますのでこれからもがんばってください。

◆12月27日(月)午後6時、名古屋空港の国際線ターミナル1階、到着ロビーに集
 合してください。

●小林大輔
 私は李登輝氏の前回の訪日の際は外務省にもメールでビザの許可を懇願させて
頂いたのですが、今回は海外にいる事もあり何も出来ませんでしたが、ビザの発
給を心よりお喜び申し上げます。
 前回の手術の際は病院宛てにお見舞いのお手紙を書かせて頂いたのですが、ご
丁寧にお礼のお手紙まで頂きまして李登輝氏の温かみ、また義理深さに日本人の
姿を見るようでした。
 今回の日本へのご旅行が心身共に御くつろぎ頂ける素晴らしいものになる様陰
ながら願っております。また、中国共産党の李登輝氏訪日に関する醜い妨害には
日本国民として幻滅の極みです。中国とはビザ協定を見直し、日本で犯罪を繰り
返す犯罪者中国人を全員強制送還する事を願っています。
 日本と台湾の友好関係の更なる発展を目指して日本李登輝友の会様の活動を応
援させて頂きたいと存じます。

●神藤 燿
 長年の念願かない李登輝さんの来日が決定して大変喜んでおります。不当で見
苦しい中国の反対に屈することなく、日本政府も丁重にお迎えできるように、官
民合わせて熱烈歓迎したく願います。
 報道によりますと、金沢を訪問なさるそうですが、詳しい旅程をご存知でしょ
うか。八田与一氏の記念行事があるのでしょうか。
 関西から台湾を訪れ、彼の地に生きる日本精神に触れて大変感動している者が
多くございます。京都かどこかで感謝と歓迎の心を表したいと願っていますが、
スケジュールがお分かりでしたら、教えていただきたく、お願い申し上げます。

◆詳しい旅程は判りませんが、金沢駅、京都駅で、地元の方々を中心に奉迎いた
します。昨日と本日、名古屋空港での奉迎についてお知らせしていますが、この
ような形で、3日前くらいにお伝えいたしますので、よろしくお願いいたします。
 1月2日に予定しているお見送りについても、集合時間や場所が確定し次第、
このメールマガジンとホームページでお知らせいたします。

●鈴木
 李登輝氏の訪問が当然のことながら許可されてほっとしてます。心配な話を見
たのでとりあえず……。 
 2004.12.28 PM5:30放送 緊急特番「筑紫哲也スペシャル 李登輝前総統と100
人の市民」に李登輝さんが出演されるらしいですが、筑紫と言えば日本でもっと
もテレビ出演している左翼芸能人です。(皆さんは既にご存知でしょうが)
 中国の人権問題と政治問題はいっさい取り上げず、チベットなど無いような姿
勢の筑紫です。台湾問題などいつも無視でした。 
 情報通で賢明な李登輝さんなら筑紫がどういう人物か既にご存知かと思います
が、いらぬ心配かとは思いますが、このことは李登輝にパイプのある日本李登輝
友の会の方からぜひ本人のお耳に伝えといてくださいませ。要らぬ心配かと思い
ますが一応……。
 本当なら筑紫の番組などに李登輝さんに出てほしくないのですが、海千山千の
大物の李登輝さんにはやはりお考えがあるのでしょうとおもいます。なにとぞ警
戒して出演してください。
 お手数になると悪いので返信はいりません。筑紫のことや、日本には悪い場合
は李登輝さんをうっとうしがるような心情左翼マスコミが多いことをぜひぜひお
つたえください。
 手短、ぶしつけですが、これにて、それでは。李登輝氏の日本訪問が有意義な
ものになることをお祈り申し上げます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 日台共栄の夕べに李登輝前総統から祝辞
   250人を超える参加者で熱気あふれた感謝の夕べ 

 23日に開催された「日台共栄の夕べ」には250人を越える参加者が集い、李登輝
前総統が来日されることも相俟って、マスコミ関係者も日台20社近くに及び、こ
の1年を締めくくるにふさわしい会となり盛況裡に終えることができました。
 翌24日、メールマガジン「台湾の声」がその模様を伝えていますので、李登輝
前総統の祝辞とともにご紹介します。               (編集部)
---------------------------------------------------------------------------
【報告】日台共栄の夕べ
【12月24日付 メールマガジン「台湾の声」】

 昨晩(23日)、日本李登輝友の会主催の「日台共栄の夕べ」が池袋のホテルメ
トロポリタンで行われた。立ち見が出るほどの盛況で、第一部は約250名が参
加した。李登輝前大統領の来日を控え、マスコミの関心も高く、新聞社だけでな
く、台湾のテレビ局、日本のテレビ局の取材もあった。
 第一部では、小田村四郎会長、許世楷大使の挨拶のあと、李前大統領からの祝
辞を永山英樹事務局次長が読み上げた。メインプログラムは、許大使の夫人でも
ある盧千恵氏が「私と世界人権宣言」という題で講演された。盧氏は、冒頭、天
皇誕生日、また自身がクリスチャンであることからクリスマス、そして李登輝前
大統領来日決定に祝意を示した。中華民国政府のもと国内外の台湾人の人権が如
何に蹂躙されたか、そしてそれに理解を寄せた日本人の働きがあったというエピ
ソードを披露した。関係者によればアムネスティ日本支部は、もともと台湾人政
治犯を救援するためにできたのだという。
 またドキュメンタリーフィルム「ダンス時代」のオリジナル予告篇の紹介があ
った。台湾人出演者が日本のことをよく知っている場面に、会場からは驚きの声
が上がった。チャンネル桜で番組を持つ謝雅梅理事の司会で和やかに会は進行し
た。
 第一部閉会の挨拶にたった黄文雄常務理事は「今日、石原慎太郎都知事が李登
輝さん来日を妨害しようとする中国に対して『みっともない』というのを聞いて
スカッとした」という感想を披露し、会場の共感を呼んだ。また先に配信したよ
うに、柚原正敬事務局長から李登輝前大統領の奉迎活動の内容が明らかにされた。

 【李登輝さん奉迎活動】27日午後6時名古屋空港集合。
 http://www.emaga.com/bn/?2004120074678204002041.3407

 第二部の大忘年会にも200名余りの参加があった。田久保忠衛副会長の開会挨拶
の後に中條・アサヒビール名誉顧問、河野昭・高雄中学校同窓会会長の祝辞
があり、陳鴻基副大使が日本語で乾杯の音頭をとった。また民主党で台湾との交
流を進め、李登輝前大統領来日に関しても尽力されている中津川博郷・衆議院議
員からも祝電があったほか、自民党の高木啓氏も壇上でスピーチを行った。
 終盤には、日本李登輝学校台湾研修団および台湾人留学生がリードして李登輝
さん賛歌「阿輝伯(アフイペ)」を台湾語で斉唱して盛り上がった。
 閉会挨拶に立った林建良常務理事(本誌編集長)は、「中国は李登輝さんが『
台湾建国の頭目だ』として目の敵にしているが、それは建前で、本当は、武士道
精神に満ちあふれた李登輝さんが日本人の目を覚ましに来たのを恐れているのだ。
つまり日本が自分のよさを知って、自信を持つことを中国は恐れているのだ」と
指摘した。
 また「日本の領海を侵犯しながら謝罪しない軍拡主義の中国には、李登輝さん
を戦争メーカー呼ばわりする資格がない」と、ダブルスタンダードな中国を切っ
て捨てた。もちろん最後は日台共栄のための万歳三唱で締めくくった。会場では
年配の男性が感極まって男泣きするシーンも見られた。

『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html
『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文
---------------------------------------------------------------------------
【李登輝前総統からの祝辞】

 「日台共栄の夕べ」にお集まりの小田村四郎会長、副会長の皆様、理事の皆様、
会員の皆様、今晩は。
 本年も残りわずかとなりましたが、この一年間における皆様の台湾に対するご
支援、日台関係促進におけるご努力に、心から感謝を申し上げます。
 さて本年は、日本は台風や新潟県中越地震など、相次ぐ天災に見舞われました
が、同じように台湾でも、やはり台風などで大きな被害を被るなど、まことに心
の痛む一年でした。しかしそうしたなかでも両国の国民は、お互いの被害に大き
な関心を寄せ、心のこもった支援を行いました。
 このような、自然と湧き上がった行動からもわかるように、両国民の間には強
い心の絆があるのです。台湾と日本は兄弟のように、心の通う、仲のよい国であ
ると、つくづく感じさせられました。私たちはこうした貴い友情関係をさらに大
切にし、発展拡大していきたいものです。
 今後も台日共栄の理念の下、貴会とはさらに提携を強め、両国のため、そして
アジア全体のために努力、邁進していきたいと考えております。
 本日のご盛会と、来年における皆様のますますご健闘をお祈りいたします。

 二〇〇四年十二月月二十三日
                              李 登 輝
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ご購読ありがとうございます。お知り合いの方にもご購読をお勧め下さい。
●お申し込み・バックナンバーはこちらから
 http://www.melma.com/mag/57/m00100557/
●ご意見・ご感想はこちらにお寄せ下さい。
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
●ホームページはこちらから
 http://www.ritouki.jp/

◇日本李登輝友の会の会員となって李登輝さんを応援しよう!!
■日本に在住あるいは勤務する方で、日台共栄を目的とする本会の趣旨に賛同さ
 れる方であれば、どなたでも入会できます。
■台湾など海外在住の方も「賛助会員」として入会できます。
■詳しい入会案内はホームページに掲載 http://www.ritouki.jp/
---------------------------------------------------------------------------
マガジン名:メールマガジン「日台共栄」
発 行 日:毎週配信(ほぼ毎日)
発   行:日本李登輝友の会・メールマガジン「日台共栄」編集部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2004 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。