国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メールマガジン日台共栄:第103号】日本・台湾安保経済研究会が許世楷代表を講師に特別勉強会

2004/11/25

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ―――――――――【平成16年(2004年)11月25日】

☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
        新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――[Vol.103]
1>> 日本・台湾安保経済研究会が許世楷代表を講師に特別勉強会
2>> 11月27日、周英明先生を講師に「第9回若者塾」
3>> 台湾留学生に部屋を貸します
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 日本・台湾安保経済研究会が許世楷代表を講師に特別勉強会
   台湾の民主化・自由化を支持する画期的な「決議」を採択

 昨11月24日、民主党の国会議員で構成する「日本・台湾安保経済研究会」(中
津川博郷会長)が衆議院議員会館内において、講師に許世楷駐日代表(大使に相
当)を招いて特別勉強会を開いた。
 この勉強会は去る5月18日に「日本・台湾安保経済研究会」が発足して以来初
めての会合で、すでに加盟議員は衆参合わせて50名ほどになっている。この特別
勉強会には未加盟の議員も参加し、ほとんどが加盟したようだ。
 本会からは伊藤哲夫・常務理事(日本政策研究センター所長)と柚原正敬・事
務局長が招かれ、また、産経新聞や台湾の自由時報や中央通信社などの特派員も
取材した。
 勉強会は事務局長の大江康弘・参議院議員が司会進行役をつとめ、冒頭、中津
川会長が、日本と台湾がお互い海洋国家として深いつながりがあることを述べ、
「台湾のことは台湾の国民が決めることであり、今後、新たに憲法や国名なども
決めようという動きになってきているが、私たちは台湾がそうするなら支援し支
持したい。李登輝前総統の『奥の細道』を訪ねたいとする希望も実現したい。そ
のために、研究会のメンバーで一緒に台湾へ行くことや駐日代表処へも訪ねてみ
たい」と挨拶。
 その後、許世楷代表の講演となったが、講演が終わった後、幹事長の長島昭久
・衆院議員の説明により、出席議員の満場一致で採択された画期的な「決議」の
内容について先に報告したい。この「決議」は、現在、李登輝前総統を先導者と
して台湾で進められている民主化と自由化を目指した新しい国造りを全面的に支
持する内容で、これは台湾の人々にとって何よりの励みになるのではないだろう
か。また、日本の国会議員の良識を示す「決議」でもあり、以下にその全文をご
紹介したい。
---------------------------------------------------------------------------
 本日、日本・台湾安保経済研究会は、台湾の民主化・自由化を支持し、その更
なる発展に貢献すべく、以下決議する。

 一、台湾の憲法、国名については台湾の民意を尊重し支持する
 一、台湾のWHOへの加盟を支持する
 一、李登輝前台湾総統の訪日を実現する
 一、台湾観光客のノービザ入国を実現する
 一、在留台湾人国籍の「台湾」への表記変更を実現する
       
                      平成十六年十一月二十四日
                      日本・台湾安保経済研究会
---------------------------------------------------------------------------
 日中共同声明を発表し、日華断交したいわゆる「72年体制」からの脱却を訴え
た許世楷代表の講演内容についは、昨日発行のメールマガジン「台湾の声」がそ
の詳細を掲載しているので、転載して紹介したい。
---------------------------------------------------------------------------
 日本の国会議員連盟、台湾新憲法制定支持を決議
 【メールマガジン「台湾の声」 11月24日】

 許代表の講演では現在の日台関係は72年体制というべきもので、国際的な状況
も、現在は主たる脅威の来源が変わっている。台湾でも国民党一党独裁から、民
主化、政権交代を経て日本と共通の価値観を持つにいたっており、今、日台関係
に見直しが必要であると訴えた。
 また現在、台湾の大学で、日本語学科が無い大学が珍しいというような、親日
的な状況を作り出した李登輝前大統領が、日本からビザさえもらえないという問
題を指摘した。
 質疑応答では、中国原潜領海侵犯問題など、日本と台湾が安保対話を行う可能
性について台湾側の受け入れ状況についての質問があった。
 許代表は、台湾側は大切なことと認識し「ずっと対話を望んでいる」とした。
今回の中国原潜の件で、台湾から日本政府に通報を行ったが、日本側が中国に配
慮してこの事実を認めにくいという現状を挙げ、日本側の態勢が整っていないと
指摘した。
 また。対中ODAの問題について、台湾からすれば、台湾に向けられた600
基のミサイルは日本のODAから来ているのではないかと疑問を持っている。国
際社会では中国が台湾にミサイルを向けていることを理由として武器禁輸措置が
継続されている。今回の原潜もODAで出来ているという見方もありうるのでは
?と、ODA支援行うべきではないという考えに十分な理由があるという見方を
示した。
 また靖国問題について、アメリカはA級戦犯の合祀を問題視していないという
例を挙げ、中国が、執拗に抗議を繰り返して外交問題化し、外交カードに仕立て
ていると指摘した。
 尖閣問題については、「見方がさまざまある」と、あまり踏み込むことは出来
なかった。これは、本国政府がこれまでの立場を継承しているために、立場上や
むをえないのだろう。国際社会での認知を浸透させるためには台湾自身が変わる
ことが必要だ。それでも、中国側は日本に話し合いもせず開発を進めているが、
台湾は武力に訴えるとは言っていないと対照してみせた。
 講演と質疑応答から、原潜問題にせよ、日本は「外交問題」化を避ける方向で
解決しようとして、国益のために交渉を行うということをしていないという問題
が明らかになった。
 代表処関係者によると許代表は着任後、国会議員のグループを前に、すでに3
回ほど講演を行い、台湾支持を訴えている。

『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html
『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 11月27日、周英明先生を講師に「第9回若者塾」
   テーマは「日本への提言」

 私共の『若者が未来を変える会』が主催しています自主勉強会『若者塾』を、
11月27日に開催させて頂きます。詳細は下記をご参照下さい。
 今回は周英明先生をお招きし、「日本への提言」というテーマで、ご講義を頂
く予定です。万障お繰合わせのうえ、何卒ご参集下さいますようお願い申し上げ
ます。
                若者が未来を変える会 会長 関口 忠相

第九回若者塾

■講 師  周 英明 先生
■テーマ  日本への提言
■コーディネーター 高木 啓 先生
■日 時  11月27日(土) 開場18:00 開始18:30
■ところ  赤羽会館 3階 第2集会室 
      東京都北区赤羽南1-13-1 
■参加費  一般 2,000円 学生 1,000円(北区在住の方は無料)
■講師プロフィール
 周 英明先生
 1933年、福岡県八幡市にて出生。1946年、台湾に帰国。1956年、台湾大学電気
工学科卒業、義務兵役(空軍少尉)。1957年、台湾大学助手。1961年、日本文部
省国費留学生として東京大学大学院修士課程に留学。1964年、金美齢(早稲田大
学留学中)と結婚。1968年、同大学大学院博士課程修了(工学博士、マイクロ波
工学専攻)。東京理科大学講師、助教授、教授を経て、1996年、理工学研究科長
、社団法人回路実装学会会長。
 1961年、来日後直ちに台湾独立運動に従事。1975年、台湾独立建国連盟日本本
部委員長。月刊「台湾青年」発行人。著書『日本よ、台湾よ』(周英明・金美齢
共著、扶桑社)

■ご参加希望の方は下記メールアドレスまでご連絡頂ければ幸いです。
 ring@ak.wakwak.com
■ご連絡先 事務局長 瀧澤伸一郎 090−8451−7873
 また、ホームページにも詳細を掲載しておりますのでご覧下さい。
 http://park1.wakwak.com/~ring/wakamono

 若者塾は、多彩な講師方々のお話や塾生との議論の中で、縦軸を学び、横軸を
広げることによって、未来を変える多くの「若者」を育成・成長させるために設
立致しました。若者塾が指す「若者」とは、年齢的なものは一切関係なく常に向
上心と探究心、そして知的好奇心を強く持つ方のことです。是非、若者塾を自己
研鑽の一助として頂きたく存じます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 台湾留学生に部屋を貸します
   ピアノ可、ケーブルテレビ導入済、エアコン、仲介料半額

 本会会員の方が関係するワンルームマンションへの入居者を募集しています。
これまでも台湾からの留学生をお迎えしたことがあるそうです。ピアノも可です。
詳しくは取り扱い不動産会社へおたずねください。
---------------------------------------------------------------------------
・物件所在地 東京都練馬区羽沢1丁目
・その他交通 西武池袋線江古田 徒歩7分、有楽町線小竹向原 徒歩9分
・間取り詳細 洋室9 面積19,5?
・入居条件 ピアノ可
・方位 南
・入居時期 即
・物件階層 1/3
・駐車場 無
・設備 電気 ガス(都市) 水道 風呂 トイレ 給湯 シャワー エアコン
 インターホン フローリング 収納 CATV 洗面台 シューズボックス
 クローゼット
・特記事項
 ☆人気のピアノ可物件☆ケーブルテレビ導入済☆エアコン☆仲介料半額
■取り扱い不動産会社
 株式会社 パルハウジング 池袋西口本店
 TEL:03-3988-2601 FAX:03-3590-3770
 東京都豊島区西池袋1-7-8関ビル6階 会社情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ご購読ありがとうございます。お知り合いの方にもご購読をお勧め下さい。
●お申し込み・バックナンバーはこちらから↓
 http://www.melma.com/mag/57/m00100557/
●ご意見・ご感想はこちらにお寄せ下さい。↓
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
●配信ご不要の方はこちらまで↓
 http://www.melma.com/taikai/ マガジンID:m00100557 by melma!

◇日本李登輝友の会の会員を募集中!!
■日本に在住あるいは勤務する方で、日台共栄を目的とする本会の趣旨に賛同さ
 れる方であれば、どなたでも入会できます。
■学生会員を除く、普通会員、正会員、賛助会員(個人・法人)には、李登輝前
 総統の論考やオリジナル日台情報満載の機関誌『日台共栄』を進呈します。
■台湾など海外在住の方も、賛助会員として入会できます。
■詳しい入会案内はホームページに掲載、入会申込書もダウンロードできます。
 http://www.ritouki.jp/

◇機関誌『日台共栄』の見本誌を送ります
■日本李登輝友の会の機関誌『日台共栄』は日本李登輝友の会の会員(学生会員
 を除く)へお送りしています。見本誌をご希望の方は、80円切手を5枚お送りく
 ださい。送料サービスで最新号をお送りいたします。
■『日台共栄』の創刊号から第3号までの「目次」や主な内容はホームページをご
 覧ください。
---------------------------------------------------------------------------
マガジン名:メールマガジン「日台共栄」
発 行 日:毎週配信(ほぼ毎日)
発   行:日本李登輝友の会・メールマガジン「日台共栄」編集部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2004 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。