国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メールマガジン日台共栄:第93号】中盤戦に入った台湾の立法委員選挙

2004/10/29

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ―――――――――【平成16年(2004年)10月29日】

☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
        新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>――――――――――――――――――――――――――――[Vol.93]
1>> 中盤戦に入った台湾の立法委員選挙
2>> 台湾の石原都知事、存在感を発揮!
3>> 10月30日から11月3日まで事務所を留守にします
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 中盤戦に入った台湾の立法委員選挙
   民進党は110議席、台湾団結連盟は30議席で過半数を確保か

 台湾の立法委員(国会議員に相当)選挙は10月12日に立候補届出が終わり、12
月11日の投票日まであと1カ月半に迫った。
 陳水扁総統の母体である民進党(87議席)と、李登輝前総統を精神的支柱とす
る黄主文主席の台湾団結連盟(13議席)の与党連合が現在の少数与党を脱して、
過半数の113議席を越えるかどうかが注目されている。
 駐日代表処の「台湾週報」と、評論家で本会理事の宮崎正弘氏の「宮崎正弘の
国際ニュース・早読み」から、関連ニュースを紹介します。    (編集部)
---------------------------------------------------------------------------
立法委員選挙に496人 与野党とも過半数目指す
【台湾週報 10月28日 2164号】

 12月11日に投開票される立法委員選挙の立候補届けが10月12日に締め切られ、
426人で定数の225議席を争うことになった。定数の内訳は選挙区176六議席(先住
民枠8議席を含む)、比例代表区49議席(海外華僑枠8議席を含む)である。焦
点は民進党と台湾団結連盟の与党連合が過半数を確保して現在のねじれ現象を解
消できるかどうかである。これについて民進党は「2001年には87議席を得たが、
これに上積みし110議席は得たい」としている。台湾団結連盟は「前回13議席だっ
たが、今回は25から30議席に迫りたい」との目標を立てている。野党第1党の国
民党は「前回は選挙区53三議席、比例区15議席、計68議席だったが、今回は67議
席から72議席の間」との見通しを立てている。第2野党の親民党は前回46議席を
得たが、今回は35から40議席と見られている。 (台北『自由時報』10月13日)
---------------------------------------------------------------------------
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成16年(2004)10月29日(金曜日)通巻 第940号
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
 台湾総選挙は中盤、突如、嘲笑を浴びたのは施明徳と許信良。
 トウ小平と写真を並べたり、孫文の肖像を使ったりの不思議な行動
*************************************
 12月11日投票日をめざして台湾総選挙、中盤戦である。

 許信良は台北北区から立法委員に理工補しているが、台北のど真ん中、忠孝東
路と復興路の交差する繁華街のビルに大型看板を掲げた。
 な、なんと許はトウ小平の写真と自らを並べて「加速西進、一統中国」と書い
た(10月24日)。
 国民党の強かった時代の元野党党首とはいえ、民進党党首までつとめた人間が
「統一」を言いだしたからには怒りの収まらない人が多い。
 トウ小平の写真を並べた理由を「かれは三回も失脚したのに73歳で立ち直るや
20年、改革開放の先頭にたった。尊敬している」と発言し、民進党支持者からは
失笑を買った。
 一説に許はトウと同じく客家人だから、と解説する人もいるが、それなら李登
輝もリークアンユーも客家人である。
 許は嘗て10年ほど米国に亡命していたため、フィリピンの野党指導者だったア
キノや、日本亡命から大統領にまでなった韓国の金大中にならおうとして世界の
テレビをあつめ、鳴り物入りで台北に帰国を試みた。
 ともかく売名行為が大好きな人物である。
 ただしこの看板は僅か一日で撤去。
 「あれは(北京に対しての)何かのメッセージだったのか」。
 2000年の総統選挙でも許信良は突如、無所属候補として出馬し、陳水扁の票を
食うため国民党から巨額の裏金がでた、と囁かれた。
 挙動不審はいつものことゆえに許信良(きょしんりょう)は挙動不審良(きょ
どうふしんりょう)だ」と日本語世代に間には冗句が飛んだ。
 さてもう一人の話題の主は施明徳。
 この人も獄中十年(十数年?)の台湾独立闘士。民進党党首をつとめた人間だ。
 数年前も、思いつきで高雄市長にふらり立候補、民進党は主席経験の謝長挺(
現市長)を立候補させていたから票の食い合いになると批判されたのも何処吹く
風。
 しかし、投票前日に「有り難う。役目は終わった」として事務所を畳んだ逸話
がある。(実態は選挙資金が底をついた)。
 今回も立法委員(国会議員)選挙に台北南区から立候補し、資金欠乏も手伝っ
て泡沫扱いを受けているが、何を思ったか「一人百元カンパ」を始めた。
 問題はそのポスターである。
 台湾ドルの百元を後景に使うのは当然だろうが、わざわざ孫文の肖像を大きく
出しているのだ。
 台湾独立の主張は孫文を「国父」と認識させる国民党歴史教育を評価しておら
ず、統一、中華思想に結びつくデザインは避けるはずである。
 これも売名行為のフライングか? それとも何かのメッセージか。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◎ 宮崎正弘のホームページ
 http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
 小誌の購読は下記で登録できます(↓無料です)
 http://www.melma.com/mag/06/m00045206/a00000060.html
 (↑この左欄をクリックされると過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2004
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾の石原都知事、存在感を発揮!
   東台湾を豪華で安全な列車旅の案は都知事だった

 去る10月24日、東京都の石原慎太郎都知事が予定通り訪台したことは先にお伝
えしましたが、28日夜、台湾各地で親台湾派としての存在感を遺憾なく発揮して
帰国しました。その後の動静を各紙からご紹介します。
 片倉佳史氏の「台湾便り」は、さすがに台湾在住でかつ根っからの鉄道ファン
(鉄ちゃん)だけあって読み応え十分です。           (編集部)
---------------------------------------------------------------------------
 台湾で石原知事 豪華列車で観光地を視察
 【iiV News 10月26日】

 台湾を訪問中の石原知事は、台湾当局が海外からの観光客誘致を目的に導入し
た豪華列車の出発式に招待され、この列車で現地の観光地を視察しました。この
列車は台湾で最高級の設備を備え、2泊3日などの日程で主要な観光地を回ると
いうものです。
 出発式で石原知事は「このプログラムをきっかけにして、日台関係をもっと大
きな、熱く素晴らしいものにしていきたい」と挨拶しました。台湾当局は2002年
に、海外からの観光客を年間250万人から500万人へと倍増させる計画を立て、主
に日本人観光客の誘致に力を入れています。
---------------------------------------------------------------------------
 ■片倉佳史の台湾便り■
 2004/10月27日 豪華列車フォルモサスター

 片倉佳史です。
 拙著『台湾日本統治時代の歴史遺産を歩く』ですが、どこの本屋なら確実に購
入できるのかというお問い合わせを数多くいただいてきました。そこで、拙サイ
ト内に書店リストを設けました。どうぞご覧ください。これらの書店は出版社が
直接営業をかけておりますので、棚になくても、スタッフに声をかけていただけ
れば、出してもらえると思います。
 http://my.so-net.net.tw/katakura/shinkan.html

▲台湾版豪華列車『フォルモサスター』▲
 先日、台風が台湾北部を通り過ぎていきましたが、これによって鉄道において
も大きな被害が出ました。特に八堵で基隆方面と分岐して、宜蘭・花蓮方面に向
かう宜蘭線では土砂崩れが起きたり、軌道が流されたりして大混乱でした。もち
ろん、列車も運行停止です。
 しかし、10月25日は台湾鉄路局が社運(局運?)をかけてデビューさせた豪華
列車『寶島之星』の出発日でした。この列車は拙掲示板にも書きましたが、台湾
を一周する特別列車で、通称『フォルモサスター』と呼ばれます。台北発で宜蘭
、花蓮、台東と回り、その後、屏東、高雄。さらに日月潭にも寄って台北に戻り
ます。宿泊地となるのは、花蓮の遠来大飯店、知本温泉の老爺酒店、日月潭の涵
碧樓(THELALU)です。
 この列車のアイデアを出したのが東京都知事の石原慎太郎氏。5月の総統就任
式に参列した際、交通部との雑談の中で話題に上がったのだそうです。台湾東部
の自然が美しいことは知っていたようで、「外国人のシニア世代を対象とした豪
華で安全な列車の旅を提供してみては?」という提案があったそうです。
 新幹線開業で確実に大打撃を受ける台湾鉄路局(台鉄)は即断し、なんと3ヶ
月あまりで特別車両を製作。今回の一番列車に石原都知事を招待したのです。
 ところが、台風24号の影響で台北県福隆付近に土砂崩れが発生してしまいまし
た。とりあえず、出発は一日遅れることになりました。台湾鉄路局は慌てて復旧
工事を始め、徹夜で作業を続けたそうです。それで、単線運転で仮復旧を終わら
せ、26日午前8時15分。「フォルモサスター」は出発を果たしました。
 現在も、宜蘭線の一般列車の運行は見合わせていますが、新聞などでは、特別
列車は走るのに、一般の列車はなぜ走らせないという文句を言う人々も出てきて
いるようです。特に統一派メディアは今回の石原都知事招待をよく思っていませ
んから、これに絡めて台鉄を激しく批判しています。へんにこじれなければいい
ですが……。なお、宜蘭線の完全復旧は30日朝までかかるそうです。
 なお、この列車は全行程3泊4日。毎週土曜日出発で、駅から観光スポットま
では専用バスが就航します。料金は3泊4日のフルコースで25,000元。途中台東
から飛行機で戻ってくるコンパクト版は16,800元となっています。5両編成で客
車は3両。1車両あたりの座席数は33。最後尾には展望車が付き、スナックカ
ーも併結されます。
 僕自身は実物にまだ乗ったことがないので、コメントはできませんが、また、
機会を改めてご報告いたします。なお、11月と来年の旧正月の期間の列車はすべ
て満席。12月も半分くらいはすでに予約で埋まっているそうです。
 http://www.eztravel.com.tw/package1/train_taiwan/index.htm
 詳しくは、↑をご覧ください。それでは、よろしくお願いいたします。

◆発行者◆ 片倉佳史with LADY-M
 台湾特捜百貨店http://www.katakura.net
 片倉へのメールはnwotaiwan@hotmail.comへどうぞ。
---------------------------------------------------------------------------
 都庁発 石原語録 台湾訪問「東京にも大勢来て」
 【産経新聞 10月28日】

 「日本は今、旅行ブームでありまして、時間とお金を持っている世代が旅行す
ることが、大きな産業にもなっています。私は政治の用事で何回も台湾を訪れて
いるが、東の海岸はあまり知らない。日台関係の親善のためにも、発展のために
も、たくさんの日本の方が台湾を、特に東海岸を訪れて。一番親しい国でありま
すから」
 「台湾の人も政治家だけじゃなく国民が個々に、たくさん日本に、東京に来て
いただいてほしいと思います」
 「一番親しいのが台湾で、私は共産主義は嫌いですから。サッカーの試合を見
ても、勝者を祝福しない。そういう国に行きたいとは思わないですから」
(26日、訪問先の台湾・台北で行われた、新しく運行される東部海岸を通る観光
列車の出発式のあいさつ。および車内で報道各社のインタビューに答えて)
---------------------------------------------------------------------------
 石原・陳会談 “台湾に湘南”を提案
 【iiV News 10月28日】

 2泊3日の日程で台湾の観光地を視察した石原知事は、28日に陳水扁総統と会
談し、湘南をイメージしたマリンスポーツの拠点つくりを提案しました。
 今回の台湾訪問は、台湾政府の招待で東海岸の観光地を回り、日本からの観光
客誘致について意見交換するために行われました。陳総統との会談で石原知事は
、台北から40キロほど離れた地域に、湘南のようなマリンスポーツの拠点を作る
ことなどを提案しました。
---------------------------------------------------------------------------
 国際社会は台湾に不公平 陳総統、石原知事と会談
 【共同通信 10月28日】

 台湾の陳水扁総統は28日、台北市内の総統府で石原慎太郎東京都知事と会談し
た際、「台湾は主権独立国家だが、台湾人民は100パーセントの主権を享受するこ
とができない。国際社会は台湾に対し不公平だ」と述べた。 
 「台湾は国家としての主権を享受していない」と表明したパウエル米国務長官
をけん制すると同時に、「一つの中国」原則を掲げる中国当局の反対で実現して
いない世界保健機関(WHO)など主要国際組織参加への支持取り付けを狙った
発言とみられる。
 陳氏は「台湾人民は台湾を熱愛し、支持してくれる友人を持てて光栄に思って
いる」と述べ、パウエル長官の発言を批判した石原知事を称賛。
 また、台風の影響で鉄道が一部不通となる中、知事を乗せた観光専用列車が運
行され、台湾メディアに「特権行使」と報じられたことに関し「知事が誤解を受
けたことに対し、深い謝罪の意を表する」と述べた。 
 石原知事は同日夜、台北発の航空機で成田空港に帰国した。機内で記者団に対
し、知事が台湾側に提案した台湾中央部の登山道整備について「知り合いの山の
専門家に調査してもらう」と述べ、今後も台湾の観光振興への協力を表明した。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 10月30日から11月3日まで事務所を留守にします
   李登輝学校台湾研修団は一人の辞退者もなし!

 いよいよ明日10月30日から「李登輝学校台湾研修団」(久保田信之団長)が始
まります。お蔭様で、参加申込者はこれまで一人の辞退者もなく全員参加できそ
うです。
 10月20日の皇后陛下ご誕辰の佳日、許世楷駐日代表が茶話会に参加者をご招待
いただきました。あいにく台風23号が来襲して大雨でしたが、それにもかかわら
ず久保田団長、鈴木副団長以下32名も出席、驚くとともに、皆さんの熱心さを目
の当たりにして、事務局一同、改めて気を引き締めた次第です。
 参加者からはこもごも「それにしても豪華な勉強会です。本当に楽しみです」
「先般、許世楷台北駐日経済文化代表主催の茶話会におきまして、大変お世話に
なりました。この度の研修団に参加される方々とお会いすることができたことに
感謝いたします。……今回の研修会は、ある意味において小生のTURNNING POINT
となることでしょう」と、お便りをいただいています。期待に違わない研修にな
るものと確信しています。
 つきましては、この研修中は日本李登輝友の会の事務所を留守にいたしますの
で、勝手ながら、御用の向きは11月4日以降にお願い申し上げます。
                      (日本李登輝友の会 事務局)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ご購読ありがとうございます。お知り合いの方にもご購読をお勧め下さい。
●お申し込み・バックナンバーはこちらから↓
 http://www.melma.com/mag/57/m00100557/
●ご意見・ご感想はこちらにお寄せ下さい。↓
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
●配信ご不要の方はこちらまで↓
 http://www.melma.com/taikai/ マガジンID:m00100557 by melma!

◇日本李登輝友の会の会員を募集中!!
■日本に在住あるいは勤務する方で、日台共栄を目的とする本会の趣旨に賛同さ
 れる方であれば、どなたでも入会できます。
■学生会員を除く、普通会員、正会員、賛助会員(個人・法人)には、李登輝前
 総統の論考やオリジナル日台情報満載の機関誌『日台共栄』を進呈します。
■台湾など海外在住の方も、賛助会員として入会できます。
■詳しい入会案内はホームページに掲載、入会申込書もダウンロードできます。
 http://www.ritouki.jp/

◇機関誌『日台共栄』の見本誌を送ります
■日本李登輝友の会の機関誌『日台共栄』は日本李登輝友の会の会員(学生会員
 を除く)へお送りしています。見本誌をご希望の方は、80円切手を5枚お送りく
 ださい。送料サービスで最新号をお送りいたします。
■『日台共栄』の創刊号から第3号までの「目次」や主な内容はホームページをご
 覧ください。
---------------------------------------------------------------------------
マガジン名:メールマガジン「日台共栄」
発 行 日:毎週配信(ほぼ毎日)
発   行:日本李登輝友の会・メールマガジン「日台共栄」編集部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2004 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。