国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メールマガジン日台共栄:第63号】李登輝学校台湾研修団のスケジュール判明

2004/09/13

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ―――――――――【平成16年(2004年)9月13日】

☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
       新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>―――――――――――――――――――――――――――[Vol.063]
1>> 李登輝学校台湾研修団のスケジュール判明
   李登輝前総統はじめ総統府国策顧問など豪華な講師陣
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝学校台湾研修団のスケジュール判明
   李登輝前総統はじめ総統府国策顧問など豪華な講師陣

 来る10月30日(土)から11月3日(祝・水)まで4泊5日で挙行される「李登輝学
校台湾研修団」のスケジュールが台湾・李登輝学校から届きましたので、ここに
発表いたします。
 なんとも豪華な講師陣です。特別講義の李登輝前総統はもちろんのこと、総統
府国策顧問からは日本でもおなじみの黄昭堂・台湾独立建国聯盟主席(昭和女子
大学名誉教授)をはじめ、台湾史がご専門の鄭欽仁・台湾大学名誉教授、李永熾・
台湾大学歴史学部教授の3人、東大で博士号を取得されている張炎憲・国史館館長、
日本には何度も来日されている胡慶山・淡江大学日本研究所助教授、そして台湾
文壇で活躍し『鄭清文短編小説選集』を刊行されている小説家の鄭清文先生など
です。
 また、初日、研修の内容について説明されるのは台湾政府の元新聞組組長で総
統府国策顧問をつとめる群策会の黄昆輝秘書長です。
 研修にふさわしく、李登輝先生は1時間40分にわたって講義され、それぞれの講
義はほぼ日本の大学並ですが、黄昭堂先生にいたっては日台の安全保障問題につ
いて2時間30分も講義するなど、たいへん充実した内容となっています。
 最終日の11月3日の午前中が修了式となっていて、淡水の綜合研究院の中にある
群策会本部で李登輝前総統と懇談後、李前総統自ら修業証書を手渡されるそう
です。
 もちろん、講義ばかりではなく、11月2日には新しくできた十三行博物館や二二
八紀念館、政府の新聞局などを視察訪問いたします。
 下記におおまかなスケジュールをご紹介します。
 なお、お申し込みは9月30日(木)午後5時までとなっていますが、定員は60名
ですので、定員になり次第、締め切らせていただきます。     (編集部)
---------------------------------------------------------------------------
李登輝学校台湾研修団 10月30日(土)〜11月3日(祝・水)

1日目 10月30日(土)
 台湾桃園・中正国際空港着 12:10(CI107便)
 渇望学習センター着、チェックイン、宿泊手続き
 研修オリエンテーション
 特別講義:李登輝先生

2日目 10月31日(日)
 講義:張炎憲先生(国史館館長)
    李登輝先生と台湾の民主化について
 講義:鄭欽仁先生(総統府国策顧問・国立台湾大学名誉教授)
    台湾の歴史
 講義:鄭清文先生(小説家)
    台湾の文化と文学
 講義:黄昭堂先生(総統府国策顧問)
    台湾と日本の安全保障

3日目 11月1日(月)
 講義:胡慶山先生(淡江大学日本研究所助教授)
    台湾の憲法制定運動について
 意見交換会
 講義:李永熾先生(総統府国策顧問・台湾大学歴史学部教授)
    台湾主体性の追求について
 蔡焜燦先生主催晩餐会

4日目 11月2日(火)
 台湾の歴史を知るための視察(十三行博物館、二二八紀念館、新聞局など)

5日目 11月3日(祝・水)
 群策会にて李登輝先生と懇談、修業式。李登輝先生とともに修業記念昼食会
 台湾桃園・中正国際空港発 16:30(CI106便)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご購読ありがとうございます。お知り合いの方にもご購読をお勧め下さい。
●お申し込み・バックナンバーはこちらから↓
 http://www.melma.com/mag/57/m00100557/
●ご意見・ご感想はこちらにお寄せ下さい。↓
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp 
●配信ご不要の方はこちらまで↓
 http://www.melma.com/taikai/ 
 マガジンID:m00100557 by melma!
---------------------------------------------------------------------------
マガジン名:メールマガジン「日台共栄」
発 行 日:毎週配信(増刊号あり)
発   行:日本李登輝友の会・メールマガジン「日台共栄」編集部
      http://www.ritouki.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2004 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。