国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

日本李登輝友の会メールマガジン

2004/02/25

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ―――――――――――――【 2004/02/25 】

     ☆★☆★日本李登輝友の会メールマガジン☆★☆★ 

――――――――――――――――――――――――――――<vol.006 ]
       ☆.* 新しい日台交流にあなたの力を *.☆ 
<<INDEX>>────────────────────────────-

1>> 2月22日「SAY YES TO TAIWAN」大成功! 
     当日出演した秋茜-AKIAKANE-のMOEからメッセージ

2>> 長島昭久議員(民主党)が自身のHPで「台湾質疑」を振り返る
   「すさまじい反響」とは

3>> いよいよ迫る「228パレード行進」多数の皆様の参加を!

─────────────────────────────────

1>> 2月22日「SAY YES TO TAIWAN」大成功! 

当日出演した秋茜-AKIAKANE-のMOEと、今回の「SAY YES TO TAIWAN」の
プロデュースを手掛けたEINSTEIN RECORDSの中村さんからメッセージが届きました。


秋茜-AKIAKANE-のMOEです。2月28日、私たちは台湾の総統府前で、日本から
のバンドとして演奏をします。この日、台湾では100万人の人間の鎖で、中
国の武力攻撃に反対する、というデモがあります。聞くところによると、既に
100万人を超える人の申し込みがあるとの事で、今は200万人を目指して
いるそうです。私たちも台湾のパワーがさらに大きくなるように、演奏で応援
するつもりです。台湾魂や日本精神は、決して武力や圧力には屈しません。台
湾で、日本人としてするべき事を頑張ってきます。

また、2月28日は、日本でも同時にデモを行うので、その声が台湾にも届く
ような、盛大なデモになるよう、沢山の方が集まってくれる事を願っていま
す。日本と台湾、両国から、声をあげて行動しましょう!

秋茜-AKIAKANE- MOE

--------------

2月28日は、僕らにとっても強い思い入れがある日です。4年前から台湾
で、"SAY YES TO TAIWAN"というイベントに参加してきました。そこで、
「0228」というタイトルの曲が生まれました。台湾の歴史から日本の歴史を見
つめ直す事も多くありました。

今年の2.28は歴史的にも重要な日になるでしょう。日本の国益にも大切な
キーポイントになるでしょう。僕はそう感じています。

そのような日にも、自由な僕等は寝て過ごす事もできます。好きな友達と遊園
地で楽しんだりもできます。でも僕は、台湾の総統府前のステージで、歴史的
な瞬間を少しでも見てみたいと思いその場に行きます。

これから先、何年自分が生きられるか判らないですが、自分達や同胞達が苦し
む事があれば、少しでもそれを回避する事もしてもいいんじゃないかと思いま
す。

僕は学歴も無いしあまり頭が良くないので簡単にしか気持ちが説明出来ないの
ですが、中国の496基のミサイルを支持し、台湾の民主運動をいけない事だとい
う日本政府の立場では、僕らも中国の武力で死ぬ事も覚悟しなければならない
と思います。

2月28日全世界で台湾人を守る運動が行なわれます。
武力で命をおびやかされて生きるのは僕も嫌です。
人生の中で1日くらいは部屋から出て、誰かの為にみんなで声を上げてもいい
んじゃないかと思う。

EINSTEIN RECORDS 中村


─────────────────────────────────

2>> 長島昭久議員(民主党)が自身のHPで「台湾質疑」を振り返る。
   「すさまじい反響」とは


「委員会質問にすさまじい反響」(2004年2月21日) 

昨日の予算委員会での私の「台湾質問」が反響を呼んでいる。 

質疑の内容については、国会TVのビデオをぜひご覧いただきたいが、じつ 
は肝心の質問を一つ聞き逃してしまった。それは、今回の日本政府による 
台湾へのあからさまな内政干渉を、外務省として撤回、もしくは修正する意 
思があるのかどうか、という点である。 

アメリカも最初にブッシュ大統領が訪問中の温家宝中国首相へのリップサ 
ービスで、(日本政府と同じような)「憂慮」を表明したが、直後にライス安全 
保障担当大統領補佐官がブッシュ発言のトーンを修正するような補足説明 
を行ったし、今年に入って「公民投票」の具体的な中身が発表されたのを受 
けて、パウエル国務長官が、「台湾にだいぶ柔軟性が出てきたのは歓迎す 
べき」とフォローしているからだ。 

日本は、台湾総統府に対し、唐突に「口先介入」して以来、そ知らぬふりを 
決め込んでいる。明らかにバランスを失しているではないか。言うまでもな 
く、バランスというのは、北京に対して傾斜しすぎているという意味である。 

今回の質問を前に、幾人かの後援者から「あまり台湾の肩を持つのは貴兄 
の将来にとって得なことではない」という趣旨の親身のご意見も頂戴した。 
しかし、私はことさら中国と事を構える趣旨で発言したわけではない。質疑の 
中でも述べたが、中国にとっても、台湾にとっても、アメリカにとっても、そし 
て我が国にとっても、「現状維持」することが、最も利益になることは自明である。 

台湾が台湾人の8割を代表する安定的な指導体制の下で、中国との活発な 
経済交流を図り、中国が国是としている「統一」のタイムテーブルを無限に先 
送りせざるを得ないほどの国際的認知を確保すること、これが「現状維持」の 
実質的な姿である。 

そのためにも、台湾にとって、アメリカのみならず日本からの有形無形の支援 
は欠かせない。今回の日本政府による「口先介入」は、そのまったく逆をやって 
しまったから、多くの有識者が心を痛めているのである。私は、政治家として、 
地域の真の平和と安定のために、敢えて国会の議場で発言させていただいた 
のである。 

これまでに寄せられた反響は、すべてがポジティヴなものばかりで安堵してい 
るとともに、これほどまでに台湾の民主主義に対し熱烈な声援を送る日本人が 
多いことにも改めて驚かされた。 

そのほかにも、自分なりに重要と思われる論点を政府に質した。一つは、昨年 
政府が閣議決定し、実戦配備を決めたミサイル防衛システムについて、その 
決定の透明性について、石破防衛庁長官に質した。いま一つは、最近にわか 
に米側から提案があった沖縄の海兵隊基地削減問題について、川口外相に 
質した。後者については、時間も十分確保できず、まだまだ明確な答えをいた 
だけなかったので、26日(木)の午前中に行う安全保障委員会での質疑の中で 
改めて川口外相に質したいと考えている。 

いずれにしても、このような国会論戦の場を与えていただいたことに、改めて 
後援会の皆様をはじめ地元有権者の皆様に感謝申し上げたい。 

今週は、この予算委員会での質問準備のほか、参院選、北朝鮮問題をめぐる 
新たな法整備の検討などに忙殺されて、妻の誕生日(15日)と私の誕生日(17日) 
も吹っ飛んでしまった。今週末にささやかな家族パーティでもやろう。 



(長島昭久事務所発行のメールマガジン・長島フォーラム21<第4号>2004.2.25より転載)

─────────────────────────────────

3>> いよいよ迫る「228パレード行進」多数の皆様の参加を!

台湾への追い風を日本から吹かせよう!
台湾本土では当初の目標であった100万人をとうに超え、200万人を目指す勢いとか。

東京時間午後3時28分(台湾時間午後2時28分)、
「SAY YES TO TAIWAN!」の声が1つになった時、日本の良心が間違いなく台湾に届く。


■集合日時 2月28日(土)午後2時

■集合場所 大久保公園 [ハローワーク新宿(新宿職業安定所)の裏]
東京都新宿区歌舞伎町2-43(昨年の「511台湾正名運動デモ」と同地点)

【交通】
JR「新宿駅」東口から徒歩7分
西武「新宿駅」から徒歩3分
都営大江戸線「東新宿駅」から徒歩4分

■コース 大久保公園→職安通り→明治通り(伊勢丹前を通過)
→甲州街道(新宿駅南口前を通過)→新宿中央公園児童遊園(約3キロ、50分)

■主 催  日本李登輝友の会

■協 賛  台湾の尊厳を守る日台国民行動(加盟諸団体)

■問合せ 03-5211-8838(日本李登輝友の会事務局)
 E-mail ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp 



──────────────────────────────────────
ご購読ありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マガジン名:日本李登輝友の会メールマガジン
発 行 日:毎月3回配信(増刊号あり)
発   行:日本李登輝友の会事務局・メールマガジン編集部
http://www.ritouki.jp/ 
------------------------------------------------------------------------
● ご意見・ご感想はこちらにお寄せ下さい。>> ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp 
● 配信がご不要の方はこちらまで。>> http://www.melma.com/taikai/ 
                  ⇒マガジンID:m00100557   by melma!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2004 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。