受験

成績がイイ子の親だけが知っている!新「勉強の常識」

学校でも、塾でも教えてくれない「勉強の常識」があります。できる子の親だけが知っている「常識」とは。ストロング宮迫が、大きな声でこっそりあなただけに”16文キック!”

メルマガ情報

創刊日:2003-10-04  
最終発行日:2018-05-21  
発行周期:週刊  
Score!: 99 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2005 受賞メルマガ メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2005 受賞メルマガ

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

★週刊親技No.1344★「こんな親だと、次のテストは注意です!?」

2018/05/21

今回のテーマは「テスト後の親の対応」。今回のテストを次に活かすための注意点についてお話します。


15年目の週刊親技No.1344です。本日5/21の配信では28,702人の読者の方にこの週刊親技を配信しています。

___________
★今回の週刊親技
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

こんにちは、タイガー山中です。

中学生は中間テストの時期なので、終わった方から報告のメールが届くようになりました。

テストの返却はまだだけど、結果は予想できるので、

次の一手をどうしよう?

という、相談の方もいます。

テストの結果が予想できないようでは、次の一手は打てません。

予想するためには、普段の子どもの勉強の様子を把握する必要がある。

親技では、

親が勉強を教えるのではなく、
勉強の様子を把握して、管理すること

で、成績を上げることを目指しています。

テストに向けての勉強は、

1)普段の勉強
2)テスト前の勉強
3)テスト後の勉強

といった1)〜3)に分かれますが、結果が出たら次のテストに向けての改善策を考え、「1)普段の勉強」に組み入れて2)3)へつなげていきます。

同じ作業の繰り返しですが、効果は実証済です。

ただ、管理というと勘違いされる親もいます。

------------------------------
親はわかっていたが、言えば反発するので、あえて言わなかった。

だから、悪い結果が出たこのタイミングで言ってやろうと思います。

で、何を話せばいいでしょう?
------------------------------

テスト後にこのような相談をされる方は、


うまくいかないパターンです


どうなるかといえば、子どもの反発、拒絶をくらって終わりです。

なぜか、わかりますか?

言われる立場で考えてみれば、わかるはず。結果だけを見て、ガーガー言われるのはウザいですよね。

だから、逆ギレして終わりです。

親からすれば、我慢して言わなかったという言い分でしょう。

のに、逆ギレされて終わりなんてたまったもんではありません。

ただですね、管理をする上での注意点がありまして、


「結果については、文句は言わない」


ということなのです。

普段の勉強は、テスト前の勉強には口出ししても、それを実践した上での結果がたとえ悪かった場合でも、文句は言わないことです。


「結果が出てから、批判するのは効き目ナシ」


だからです。

親技としては、悪い結果にならないよう親子で取り組み、成果を出して自信をつけるが、一番のお勧めです。

もし、結果が悪いようであれば、せめて結果が出る前に話し合っておくことです。

くれぐれも結果を見て、「それみろー」と親が言っているようでは、子どもと敵味方の関係になってしまいます。

まずは、結果が出る前に、親子で結果の予想をすることです。

本人もテストを受けた感触があるので、悪いことは自分でもわかるはず。

悪いことを指摘するのではなく、悪いという予想が当たればOKとするのです。目的はそこではありませんから。

そして、「3)テスト後の勉強」につなげる話をするのです。

ア)結果の予想をする
イ)今回の問題点を話し合う
ウ)次回の対策を考える

一番重要なのは、ウ)です。

ポイントは、次回の対策を本人だけ「〜を追加しよう!」とするのではなく、本人の負担が減るよう「母ちゃんは〜を協力する!」と提案するのです。

本人は習った範囲を報告する、親はその範囲のいけドンシートを準備する、といった具合に。

「お前は〜をする、母ちゃんは〜をする。次はこれでいこう!」

となるように、テストが戻る前に話をつけることです。

例え予想より結果が良くても、イ)ウ)をしておくことは次につながりますから。

ちなみに、『10の鉄則』の中でいうと「鉄則5」になります(^_^)

悪い結果をいかに次に活かせるか?、これも親次第ですから!

◆成績がイイ子の親だけが実践している!『10の鉄則』
http://www.oyawaza.com/10-2.php


_______________
★週刊親技からのお知らせ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『10の鉄則』を実践しているお母さんからの報告

小6 つっちーさん
------------------------------
塾の月例テスト結果算数

第1回3/11算数68点A問題正解率70%
第2回4/9算数84点A問題正解率100%
第3回5/7算数96点

正直ここまで成果が上がるとは予想外で大変驚いています。また、小4の妹の学習に対する取り組み姿勢の変化も目覚しいものがあるのですが、点数という形では表せないため後日別の形でのご報告をさせていただきます。

目標達成のために月ごとに鉄則5、6、7、8、9を使い、特にA問題100%を目標とし、C問題については捨てようと決意し、一切手をつけませんでした。

今回の96点という結果には正直驚き、親子ともども大変うれしく思っています。

息子も、4月の目標であったA問題の時間短縮達成により、今までは時間が足りなくて、ゆっくり考えられなかったC問題に取り組めたことが点数につながったと満足している様子です。

5月の目標も時間短縮です。C問題の正答率アップはしばらく先送りし、次なる目標「国語」(3月35点、4月61点、5月51点)の充実を図りたいと考えております。

算数の取りあえずの成功に気を良くしたためか、とにかくA問題を短時間でクリアすれば時間がかかるC問題にも取り組める手ごたえを国語にも持ち込み、鉄則10を心に誓い日々淡々と楽しく進めて行きたいと考えています。

短期間でこのような成果があげられたのも「10の鉄則」のおかげです。子供にも私にもまだまだいけるという自信と連帯感も生まれています。ありがとうございました。
------------------------------

成績が上がる道筋を一直線に進んでいる報告です。

報告にそのすべてが表れています。

多くを一度のするのではなく、成果が出るものを絞って実施する。

ABCテスト分析も引き続き行って、取り掛かるべき問題から優先的に着手していきましょう。

まだまだいけますよ!

◆成績がイイ子の親だけが実践している!『10の鉄則』
http://www.oyawaza.com/10-2.php

ABCテスト分析をもっと詳しく紹介した教材はこちら
↓↓↓

◆復テ対策講座(中学受験)
http://www.oyawaza.com/study.php

◆30点上げよう会(中学生の定期テスト)
http://www.oyawaza.com/study3.php

その他の教材
↓↓↓

◆親子ノリノリ勉強法【算数・数学】【英語】
http://www.oyawaza.com/7-2.php

◆親で勝つための受験講座2018
http://www.oyawaza.com/oyakatu1.php

親技や教材に関する質問・相談は support@oyawaza.com まで連絡ください。サポートチームが対応します!

★親技の教材の選び方
http://www.oyawaza.com/master.php

★親技公式サイト
http://www.oyawaza.com/


_______________
★今回の相談
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

やる気がなく、だらだらするばかり・・・といった相談。

・受験に対する意欲がない
・入れる学校でいいと本人は考えている
・机に座ってもやる気はない

受験が親の意向の場合、どう考えるべきか?ストロングが詳しく解説してくれています!

続きはこちらからどうぞ↓↓↓
http://www.oyawaza.com/backnumber/no937.php


以上、今回はここまでです。

この配信はメールアドレスをご自身で登録された方にお送りしています。

メルマガ配信の中止を希望の方は【melma】からご自身で解除してください。
http://melma.com/backnumber_100462/


★親技公式サイト
http://www.oyawaza.com/

◆会員ログインのことで迷ったら
http://www.oyawaza.com/login_forget.php


━━━━━━━━━━━━━━━━━
週刊親技案内人:ストロング宮迫@親技.com
住所:大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル923-521
e-mail:study@oyawaza.com
TEL:050-5539-6360
※各種お問い合わせはメールでお願いいたします
☆掲載記事を許可なく転載することを禁じます
☆当メールにより生じる損害等についての責任は負いません
Copyright(c) 2003-2018 UP2 all rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━

最新のコメント

  • コメントはありません。