経営

経営マガジン「元気の源」

年商22億の会社社長から経営コンサルタントに転身。わかりやすい言葉と実践で学んできた経営戦略から組織論まで。社長のために少しずつ配信していきます。

メルマガ情報

創刊日:2003-10-03  
最終発行日:2006-03-05  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

『元気の源』

柔能く剛を制す  老子

世の中で一番柔弱なものは水。堅く強いものを攻めるのに水より優れたもの
を知らない。水に変わるものなどない。弱いものが強いものに勝ち、柔らかい
ものが堅いものに勝つという道理を知らぬ人はいないが、その道理を実践する
ものをしらない。

------------------------------------------------------------------------
基本的な躾ができていない。
そりゃあできていないけれど、しょうがないでしょうと平気でいわれると少し困っ
てしまう。だいいち躾ができていたって売上は上がらないと、はっきり言われる人
さえある。

 棟田康幸選手をご存知でしょうか。
先日の世界柔道選手権大会 100キロ超級で惜しくも銀メダルだった日本柔道界の
ホープです。
 この重量級クラスで日本は今世界の頂点にある。もちろん勝負だから勝ち負けは
あるが、あの井上康生選手や、この大会でも100キロ級で金メダルを取った鈴木桂治
選手がいる。
 もし今でも無差別級というクラスが残っていれば、棟田選手もオリンピックで活躍
できたのだろう。スポーツとしてオリンピックに採用された柔道では、柔よく剛を制
すの精神の象徴ともいえる、無差別級はなくなってしまった。

 棟田選手は身長172cmなのだそうだ。100キロ超級の選手はそのほとんどが2m近
くある。その中で172cmなのだ。私なんかは、その3cmさえも実は相手に少しでも
なめられないための3cmなのかと思ってしまうが、いずれにしてこの体格差を超え
られることこそが本来の柔道だと感じる。
そしてこの道に通ずる考えが従来から日本の社会に根ざしたものだと感じる。これが
私たちが潜在的に持つ強さなのだ。
 彼はそれを体現してくれている。

 この棟田選手、試合に入る前の礼が実に美しい。世界的な選手のなかでもこれほど礼
をする姿がきれいにうつる選手は少ない。あと1歩のところで金メダルに手が届かな
いので、世の中ではそれほど注目されないが、もっと注目されてほしい。

礼をキチンと出来たかどうかは、もちろん勝敗に関係ない。今の世で言う評価の対
象にはなりにくい。年配者を除けば、礼ができても、売上をつくれなければ評価をし
ないという考えにどれほどの人が異を唱えられるというのだろうかとも思う。
 大切なことは頭ではわかっているのでしょうけれど。

 都市部でも田舎でもPTAのやり手はすくないそうです。
それで引き受けたわけではありませんが、先日小学生の通う道路の交通安全指導が順
番でまわってきました。
 私の住む地域では毎月2回、地域の方とPTAを中心として指導をします。

 指導といっても特に何ということをするわけではありません。危険な箇所に立ち
子どもたちが安全に通えるように見守るといった感じです。蛍光色のグリーンのジ
ャンパーと黄色い旗を持っているので目立ちます。
 10人前後の集団で100人ぐらいが通っていきました。

 こちらから「おはよう」と声をかけます。
声をかけると反応は4種類に分かれました。
すぐに「おはようございます」と反応できる子、会釈だけする子、聞こえているのに
聞こえないような振りをして通り過ぎる子、反応をしない子。
 比較的低学年に多いように感じましたが、すすんで自分から挨拶をする子もいます。
 3〜4割ぐらいは、何らかの反応を返してくれたようにみえました。
 これは多いのでしょうか、少ないのでしょうか、そんなものなのでしょうか。

 小学校の6年間で考えると、月2回×12ヶ月×6年間=144回。通学路に指導場所が
2箇所あれば288回接することになります。
これだけ回数があると、変になれてしまうこともあるでしょう。
 けれどこれが今の普通で、それでいいとは思えないのです。

 躾というのは相手と接するための準備です。
相手に接するための準備がなされた人とそうでない人では、いずれ大きな差が開きます。
 意識をするだけでできる人もいるでしょうし、それだけではできない人もいるでしょう。
できていなければできるようすることも企業の役目だと思うのです。

------------------------------------------------------------------------
発行者 みわとしお

このメルマガの登録・解除は下記からお願いします。
http://www.nn.iij4u.or.jp/~sp

2005/11/3 394
あとがき
 今度、棟田選手の礼をぜひみてください。とてもキチンとしています。
何故キレイなのかというと、一度完全に止まってから礼をしているのでキレイに
みえるのです。
 直前までの動きを一度断ち切って止めて、そして礼をする。
これが基本なのですね。

最新のコメント

  • コメントはありません。