頂門の一針

RSS

急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


メルマガ情報

最終発行日:
2017-05-25
発行部数:
5697
総発行部数:
18805311
創刊日:
2004-01-18
発行周期:
不定期
Score!:
96点

最新のコメント

  1. 16人の末期癌患者を全員治して、医学界を追放された男がいる。その名はロイヤル・レイモンド・ライフである。彼は「癌に苦しむ人を救った」と言う罪で、アメリカ医学界から永久追放された。

     市民シンクタンク「THINKER]は若者中心のジャーナリスト集団であり、代表の鶴田ナオキさんをはじめ、最も評価するグループである。

     そのブログにはライフ博士の偉業が紹介されている。「ロイヤル・レイモンド・ライフ博士は、人々を苦しめる、あらゆる種類の病気を、完全に治癒する方法を、約80年前に見つけた人物である。ライフ博士の魅力的な治療が本物ならば、スタンダードになっていいはずである。誰もが抱く疑問の答えは、医療の正史には決して出てこない。抹殺された天才の壮絶な人生が物語っている」

     レイモンド・ライフは米国ジョンズ・ホプキンズ大学で医学を学ぶ。さらに細菌学に興味を抱いた彼は、独学で光学を学び、超高精度の顕微鏡を発明する。さらに、様々な最新機器を発明する。すべて自ら設計し自ら製造した。その発明品には、「ヘテロダイン・紫外線顕微鏡」「ミクロ解像管」「極微操作装置」などがある。1910年代、細菌学を研究していたライフ博士は、生きたままウィルスを観察した世界最初の人間となった。

     我々は、高性能顕微鏡と聞けば、即座に「電子顕微鏡」を思い浮かべる。現代でもミクロ世界の観察で多用されている。しかし、致死性の強烈な電子線を観察対象に照射する為、微生物は一瞬で死滅する。つまり、ミイラ化した残骸や死骸が観察できるだけなのである。一方、ライフ博士の顕微鏡は、生きているウィルスの動きを観察することができた。環境の変化により形を変えたり、発癌性物質と反応して素早く複製したり、正常な細胞を癌化させていく様子も観察できたのである。

     ここで、誰もが不思議に思うはずである。1933年にライフ博士が超高精度のスーパー顕微鏡を発明しているのに、どうして未だに欠陥品の電子顕微鏡で微生物を観察し続けているのか?

     電子顕微鏡は、その電子線で微生物を焼殺し、ミイラ状の死体しか観察できない。→ここに謎のヒントがある。

     現代医学を支配する闇の権力にとって、生きたまま微生物やウイルスを観察されては困る理由があった。医薬業界の利権が崩壊するからである。

     しかし、ライフ博士はそのタブーを犯してしまった。ライフ博士は、他の研究者が見ることのできない微生物やウィルスの生態を観察することに成功した。そして、彼は見てはいけないものを見てしまった。つまり、1920年に、人に癌を作るウィルスの存在を発見して、この事実を実験で実証したのである。彼は発癌ウィルスを使って、正常細胞を癌化させる実験を2万回以上試みたのである。そして、全ての実験で、正常細胞は癌化した。さらに、このウィルス培養液から、400種類もの腫瘍をつくり出すことにも成功した。彼はこれらの観察過程を全てフィルム映像や写真に記録して収録した。その他、実験内容は、細部に至るまで記録に残した。そうして、彼は発見した発癌・ウィルスを「クリプトサイズ・プリモーディアルズ」と命名した。

     次に彼は、この殺人ウィルスを退治する方法の研究に没頭する。癌を作るウィルスを根絶すれば患者の癌は消滅する。不治の病の癌が治るのである。その光明が見えてきた。
    この発癌・ウィルスを根絶する方法はないか? 
    彼はウイルスの姿を視覚化させるために用いた技術を思い出した。それは波動の共振・共鳴原理である。その原理でウィルスを破壊することに挑戦したのである。

     彼はあらゆる物質と同様、目に見えないレベルでウィルスも独自振動数で振動していることに着目した。そして、そのウィルスと共振する周波数の光を照射して、ウィルスをさらに振動させた。光の振動数でウィルスを強制的に共振させたのである。そして、ついに発癌・ウィルスは自らの共振振動に耐えきれなくなってきた。彼は、ウィルスが構造的な形の維持に耐え切れなくなるまで照射レベルを上げていった。すると、ウィルスの形は歪み、ついに崩壊してしまった。こうして、ライフ博士は、共振現象を用いた波動療法で癌を根絶する方法を発見したのである。

     ライフ博士はこの周波数を「致死反応振動数」(MOR)と呼んだ。そして、この致死反応振動数の光は、ウィルス以外の周りの正常な細胞には一切害を与えないのである。

     ライフ博士が発見し成功した癌治療法は、極めて画期的だった。癌に致死反応振動数の光線を照射するだけで済んだ。だから、治療費は驚くほど安くなった。さらに、患部に光を当てるだけだから、苦痛も副作用も無い。このMOR療法を施された患者の癌は、急速に縮んで消滅していった。だから、患者は完治して、家族もとに笑顔と共に帰って行った。それは奇跡の癌治療法だった。

     他方、超猛毒の抗癌剤を投与する化学療法は、脱毛や猛烈な副作用で患者を苦しめる。放射線療法も同じである。極めて有害性が強く、患者を衰弱させる。手術も過酷な負担、苦痛を与える。これら三大療法は、癌を治せない。それは厚労省も認めている。治療法というより、正体は悪魔的な虐殺法である。これら地獄の癌治療に比べれば、ライフ博士が発見した治療法は患者にとって天国である。

     1934年、ライフ博士の研究所で末期癌患者16人の治療実験が行われた。3か月をかけてMOR照射による治療実験で、治癒率が100%と確認された。ところが、この癌治療率100%と言う驚愕な結果が、博士に悲劇をもたらす。

     医薬品業界が一番恐れているのは、末期癌患者を100%完治させてしまう治療法の存在である。結果的に、ライフ博士に筆舌に尽くしがたい、戦慄の悲劇が立て続けに襲うのである。

     2017/5/25 このコメントがついた記事>>


  2. 皇統断絶、皇室の消滅を願う共産主義者の主張が特例法案に含められている。我々国民は、皇室の家憲である典範を皇室に奉還するべきだ。 



    皇室に関する知識がゼロに近い自民党議員が共産勢力の言いなりになっている。


      
    メディアは好き勝手に不敬極まりない報道を続け、国民の尊皇心が奪われていくようなプロパガンダを繰り返している。立憲君主国家でありながら、戦後の占領下に刑法から削除された不敬罪(第73条〜第76条)を復活させる事を怠り、空条のまま放置している現状を早急に改めるべきである。



    宮内庁は「陛下のご公務を大幅に減らすことは困難」と主張しているが、その根拠は全く無いので、悪意に満ちている。元来、陛下は祭祀と国事行為で、陛下としての重責を十分に果たしておられる。宮内庁は陛下と皇室を御守りするという本来の重責を弁えた仕事をすべきである。

      

    「女性宮家」と「生前退位」⇒「典範改悪」⇒「皇統断絶」計画は、政府内の共産主義者の巣窟である男女共同参画局、内閣法制局、宮内庁の共同計画である。「男女共同参画社会基本法」の廃止と内閣府・男女共同参画局を解体することと内閣法制局、宮内庁、法務省のレッドパージは日本の喫緊の課題である。



    産経以外は「譲位」という言葉を使用しないで「退位」を使用し続ける姿勢を貫くメディア。この事からも「退位の自由(=陛下に退位を強制できる)」⇒「即位拒否の自由(=皇太子殿下に即位の拒否を強制できる)」という流れで天皇廃止を目論んでいるのは明白。「譲位」だと皇統を断絶できないからだ。



    陛下のビデオメッセージも、正式名称は「象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば」なのに、マスコミは「退位のお気持ちがにじむ御言葉」などと言い換えてます。http://www.kunaicho.go.jp/page/okotoba/detail/12



    「法の支配」を正しく理解し、人定法主義の禍毒から抜け出さない限り、皇室典範を遵守し続ける事は困難であろう。現に国会議員が典範を改悪しようする議論が進んでいる。「不文律>成文法」という正統な感覚を取り戻し、皇室典範を、我が国の「法」である明治皇室典範に戻さなければならない。



    1946年の臨時法制調査会第一部会で、共産主義者の宮沢俊義と杉村章三郎らによって「皇族会議」が解体されてしまい、皇室から皇室典範改正権を剥奪し「国会」に移譲するという信じ難い暴挙が行われた。この共産革命とも呼べる典範改悪が、平成の世に又もや典範を改悪されうる状況を生み出している。



    秋篠宮殿下の敬称「皇太子」or「皇太弟」を絶対に譲ってはならない。「傍系を認めない」として皇室典範をあらん限りに歪曲・捏造する嘘つき赤い官僚を炙り出そう。そのような共産党員官僚を、内閣官房や内閣法制局・宮内庁から一人残らず物理的に叩きださねばならない。



    陛下のお言葉で、「象徴」として精一杯務めてきたが、その務めを続けるのは難しいとは仰っているが、元来2676年続いている天皇としての務めを続けられないとは仰られていない。譲位するしないの問題よりも、天皇が象徴天皇として継承されていく事に、疑問を投げかけられたのではなかろうか?



    天皇が「象徴天皇」であると定義したのは日本国憲法であり、皇統史においては僅かな年数でしかない。陛下の本来のお務めは、祭祀や国事行為であるのに、「象徴天皇」として前述以外の膨大な公務を務めなければならない事に、不満をお持ちになられても不思議ではない。



    佐藤正宏 前侍従次長「天皇陛下は、ご自身が高齢となりお疲れになったので退位したいとおっしゃっているのではなく、高齢化社会における象徴天皇の在り方について問題提起されていると思うので、今後とも議論を継続していくのが望ましいと思う。」



     2017/5/25 このコメントがついた記事>>


  3.                韓国紙、自民・石破茂氏が
          「納得得るまで日本は謝罪を」と述べたと報道
                    本人は「謝罪」否定
               トランプと同じ事が言えんのか

    ACB 2017/5/25 このコメントがついた記事>>

  4. 家村和幸『真説 楠木正成の生涯』(宝島社新書)


    >『経営と未来予知―楠木正成の経営術』(たちばな出版)
    が種本。

     2017/5/25 このコメントがついた記事>>

  5. 「天皇陛下の譲位特例法」に正し日本国の継承に命を 
    https://blogs.yahoo.co.jp/umayado17/65634028.html

    ついに在日待望の韓国から救いの迎えクル━━━━(゚∀゚)━━━━!! 文在寅大統領、在日韓国人の引揚げと財産没収表明へ!!!
    http://asianews2ch.jp/archives/51346971.html

    全国地検返戻文書報告5
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/05/18/1648-%e5%85%a8%e5%9b%bd%e5%9c%b0%e6%a4%9c%e8%bf%94%e6%88%bb%e6%96%87%e6%9b%b8%e5%a0%b1%e5%91%8a%ef%bc%95/

    人間ドックなどの日本独自の検査ビジネスで病気がドンドン作られていく現実
    http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=298108

    小原弘万
    http://blog.livedoor.jp/mysticart/archives/1907954.html

    minack theatre
    https://www.google.co.jp/search?q=minack+theatre&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj3kO7SgYjUAhXJqVQKHRMGAGYQ_AUIBygC&biw=1536&bih=770

    「ブラック病院」の見極め方 新人医師の出身大学をチェック
    http://news.livedoor.com/article/detail/13099108/

    「子宮頸がんワクチン」で失神「567人」!:各省庁役人に「東大話法」蔓延!? 
    http://quasimoto.exblog.jp/18267498/

    朝日の英語版慰安婦検証記事は人目につかない場所に埋めてある
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1605.html

    「歌わないとクビ!?」、という前に、なぜにそんなに嫌なの。嫌なら日本から出ていくべきです。
    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/30525526.html

    外国人差別だ!と言われる方へ
    https://www29.atwiki.jp/shougaku/pages/45.html

    坂本龍馬暗殺犯人は斎藤一で黒幕が西郷隆盛の新説と驚愕の理由!
    http://mikarin1215.com/sakamotoryoma/12097/

    不毛地帯
    http://blog.livedoor.jp/mineot/archives/51717823.html

    黒澤浩樹
    http://toyofumi1130.com/kurosawahiroki-karateka-shikyo/

    呉善花「反日」という「バカの壁」からの脱出
    http://ironna.jp/article/1307

    中川俊直
    http://light-shade.net/post-2047

     2017/5/25 このコメントがついた記事>>


  6.           翌週に控えた「SHINHWA」の日本公演、
                     突然の中止発表… 
            「SHINHWA」側は法的対応も辞さない構え
                      こんでええよ

    ACB 2017/5/24 このコメントがついた記事>>

  7. 中国人が日本の大学付属病院に此のところ非常に増えてきてる。3ヶ月の滞在で日本の国保が貰えるので、まして高額医療費は7割戻るので治療目的の来日が急増している。国保のタライ回しも。


     
    中国人に詐取される日本の国民健康保険が“やりたい放題”。
    入国のあり方を含め、外国人が受けられる公的扶助や資格をちゃんと見直すべきだ。そうしないと、不良外国人に公金が食い物にされ続ける。



    正式名称は「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」であるにも拘わらず、NHKはじめとするメディアは「天皇陛下の退位検討会議」や「天皇陛下の生前退位を巡る有識者会議」など故意に名称を変更して必ず「退位」を名称に入れて報道している。目的が陛下に「退位」を迫る事なのは明白。

     2017/5/24 このコメントがついた記事>>

  8. 気エネルギーで病気を治す手法に気功がある。気功師は気を操る達人である。気を鍛えるには、想像以上の鍛錬が必要である。武術の達人は、気合で飛ぶ鳥を落とすと言われる。気功の達人も、気を送ることで、動物を眠らせたり、倒したりすることができる。さらに、離れた場所にいる弟子に気を送るという超能力も発揮できるようになる。その典型が「遠隔気功」である。地球の裏側でも、気を送ることで病気を治せるのである。ここまで来ると、眉唾だと笑う人もいるだろう。しかし、実際に、遠隔気功の実験では、気を送った時に、送られた患者に明らかに生理的な改善が確認されている。つまり、遠隔気功で気エネルギーが患者に伝わったことは明らかである。このメカニズムは未だに解明されていない。タキオンやクォークなど、超微小素粒子が関与しているなどの説が議論されている。

     すべては気に通じる。気の流れを診て、改善し、病気や怪我を治す医療は数多くある。

    !)指圧療法→経穴に指で圧刺激を加え、気の流れを改善する。

    !)お灸療法→経穴に熱刺激を加えて、同様に気の流れを良くする。

    !)吸玉療法→全世界で行われていた伝統医療である。これはカップ「吸玉」内を陰圧にして、身体に被せると皮膚が饅頭のように引っ張られて膨らむ。体表に近い毛細血管が拡張して、血行が促進される。面で経穴を刺激する有効な治療方法である。

    !)瀉血療法→汚血を除去する有効な伝統療法で、沖縄では鍼灸と吸玉を合わせて実践している。鍼で皮膚表面に小さく穴を開け、そこに吸玉をかぶせると、レバーに様な汚血が吸い出される。東洋医学では、万病は体毒(汚血)で生じると考える。

    !)整体療法→体の歪みを正すことで、気の恵みをよくして病気や怪我を治す。「背骨矯正」もその一種である。

    !)音楽療法→いい音楽を聞かせ、心身の波動エネルギーを改善する。

    !)音響療法→心身に有効な波動エネルギーを、音響機器によって、患者に与える療法である。増川いづみ博士の「音叉療法」、山田豊文氏の「音響療法」、西堀貞夫博士の「音響免疫療法」がある。

    !)香り療法→アロマテラピーといい、植物などの心地よい「芳香刺激」も嗅覚を通じて、脳をリラックスさせる。

    !)色彩療法→カラーセラピーという。色彩には心理的な効果があり、その周波数によるバイブレーション効果で体調を整え、病気を癒す。

    !)オーラ診断→オーラとは肉体を取り囲む生体エネルギーの事である。つまり、当人から発せられる気エネルギーである。人体はエネルギーポイントとして7つのチャクラがある。感覚の鋭い人には、それが色彩として見える場合がある。病気や気分なども、オーラパターンとして現れるので診断にも使える。診断能力が高まると、本人の過去世なども判るという。

    !)催眠療法→これは心理療法の一種である。深層心理に暗示をかけ、病気の原因を探り、さらに暗示により、それを取り除いて、治癒させる。

    !)イメージ療法→癌治療の代替医療などで採用されている。「イメージは実現化する」という心理メカニズムを応用したものである。

    !)笑いの療法→笑いは万病を癒やす。医学的にも研究が進み、驚異的な効能が注目されている。

    !)笑いヨガ→笑いの効能をユガ行法に取り入れたものである。

    !)ホメオパシー→世界的に最も期待されている代替医療である。ロックフェラー一族は、一切、薬を飲まない。医者も近付けさせない。かかるのはホメオパシー医師のみである。だから、ディヴッド・ロックフェラーは101歳まで生きた。

     西洋医学から迷信だ、偽科学だと中傷弾圧されてきた伝統医療が見直されている。危険極まりないのは西洋医学の方だった。自然治癒力とは、正しい生命波動エネルギーである。伝統医療に共通するのは、自然治癒力を活かす真の医療であったことである。

     2017/5/24 このコメントがついた記事>>

  9. 【緊急拡散】売国のモンサント法****【討論】種子法廃止は日本農業を滅ぼすのか?
    http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/17e80bf27af983a9b71faae626054222

    全国地検返戻文書報告4
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/05/18/1647-%e5%85%a8%e5%9b%bd%e5%9c%b0%e6%a4%9c%e8%bf%94%e6%88%bb%e6%96%87%e6%9b%b8%e5%a0%b1%e5%91%8a%ef%bc%94/

    チャン・グンソクを日本の教科書に掲載した愚かさ。教科書の劣化、教育の劣化が日本人の劣化とすれば、日本は相当劣化しています。
    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/30558743.html

    週刊文春での阿川佐和子さんとの対談を読み、一連の騒動で女優としてもうひとつ上のステージに上がった感のある能年玲奈さんでした。
    http://hibi-zakkan.com/5695/

    小野喬
    https://www.google.co.jp/search?q=%E5%B0%8F%E9%87%8E%E5%96%AC&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjGjKqyx4XUAhWKJpQKHUxqCaQQ_AUICSgE&biw=1097&bih=550

    池田勇人 家族
    http://nihonnokakeizu.net/blog-entry-294.html

    「ブラック病院」に引っかからない!看護師のための見分け方 11個のコツ
    http://www.nurse-happylife.com/21190/

    ワクチンの目的は「割礼」の代わりだったのか!?:洗脳と従順化の道具とか!? 
    http://quasimoto.exblog.jp/19203310/

    朝日の「吉田調書」虚報を産経が指摘!門田隆将氏「慰安婦報道と全く同じ図式」
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1603.html

    それでも「健康診断」や「人間ドック」を受検しますか?
    http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=298045

    さらさらと
    http://kizukyokai.blog100.fc2.com/blog-entry-174.html

    黒澤浩樹
    http://future-past.info/kurosawahiroki-buyuuden

    外国人留学生の素行 体験談
    https://www29.atwiki.jp/shougaku/pages/16.html

    韓国人が言い逃れ続ける「慰安婦」の嘘
    http://ironna.jp/article/3454

    中川俊直と前川恵のフライデー画像に衝撃!ハワイも重婚ストーカー
    http://mikarin1215.com/seijika/11913/

     2017/5/24 このコメントがついた記事>>

  10. 皇室内部で皇族がお考えを表明されるのは自然なこと。しかし、本来は側近に公家衆や学者が控え、伝統に照らして助言されてきた。一種の諫言である。現在、その機能は喪失し、だれも諫言せず、逆に皇族を誤誘導する。そして、サヨク好みの発言を引き出したら「ご意向だ」という御意向テロに悪用。



    「譲位」ではなく「生前退位」という言葉を使用するメディアは、自分達の圧力で「天皇を退位させたい」という願望が強いから何が何でも「退位」という言葉を使用している。「退位の自由」→「即位拒否の自由」という論を展開し、圧力によって皇統断絶を実現したいという意図。



    皇室の伝統とは歴代の天皇と皇族が集団で護持してきたもので、そのときどきの陛下のお考えによって変えられるような性質のものではないのではないでしょうか。



    陛下のご意向をサヨク勢力の都合の良いように解釈を捩じ曲げて宮内庁やNHKが「大はしゃぎ」している状況が異常であると見抜けない現状は、日本国民が、世界に誇る皇室という認識がありながら、その誇るべき本当の価値を、皇室の歴史を、全く理解していない事を証明している。



    我が国の皇統とは、歴代天皇の個人の「ご意志」や「思い」等とは無関係であり、過去の皇祖皇宗によって積み重ねられてきた遺訓に対して、歴代天皇が畏敬の念を持って継承・世襲し続けてこられたものである。この歴史事実全体を貫通する普遍の「世襲の法」が「万世一系、男系(父方)の皇統」なのである。


     2017/5/23 このコメントがついた記事>>

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/21
    読者数:
    13243人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/25
    読者数:
    24268人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/19
    読者数:
    7050人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/05/25
    読者数:
    2871人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

過去の発行記事