国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:2018-04-25  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2005 受賞メルマガ メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2005 受賞メルマガ メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2005 受賞メルマガ

最新記事

  • このメルマガはまだ発行されていないか、記事が非表示になっています。

最新のコメント

  • 名無しさん2018-04-25 17:18:00

    政府「働き方改革を」→国民「国会議員に働き方改革を導入せよ」

    このコメントのついた記事をみる
  • 名無しさん2018-04-25 15:12:09

    また国務省ですが、このリベラルの牙城の外交的暴走を阻止するのが、トランプの最初からの狙いであり、まずティラーソンに予算30%削減を実行させました。

    空席の六人の国務次官人事は、別に任命しなくても、かの役所は機能している。ですから時間を急がず、国務省内から潜在的敵を追いだしたあと、ポンペオに任せるのではと思います。ポンペオをまず、豪大使を、韓国大使に横滑りさせると言っています。←こちらの情報に栞をおきました。宮崎先生、情報ありがとうございます。

    このコメントのついた記事をみる
  • 名無しさん2018-04-25 12:24:00

    ノーベル賞の別名はロックフェラー賞である。ノーベル財団に、ロックフェラー財団が、多額の資金援助をし続けてきたからだ。つまり、ノーベル賞の実態は、ロックフェラー支配下の国際名誉賞なのだ。だから、その威光には逆らえない。もちろん、世界中の多くの人々は、この世界最大の祭典でもある名誉賞が闇の魔王の支配下にあることなど、とんとご存じない。同財団の選考委員も、隠然たる闇の力を無視して、ことを進めるわけにはいかない。何事にも表があれば裏がある。



     そもそも、ノーベル賞の由来からして、ロックフェラー一族とは切っても切れない因縁がある。ノーベル賞は1901年、アルフレッド・ノーベルの遺言によって設立された。ノーベルはダイナマイトの発明者として知られる。彼は土木工事などに、大変な尽力が注がれていることに心を痛めていた。その多くは、過酷な労働条件で働いている。それは奴隷労働にも等しい現場だった。これらの苦役から解放したいと念じて、開発したのが爆薬ダイナマイトだった。なるほど、これは工事現場などで威力を発揮した。しかし、ノーベルの予想に反して、土木現場以上に威力を発揮した場所があった。それが戦場である。ダイナマイトの破壊力は、凄まじく、それは砲弾、爆弾など殺傷兵器に最適だった。世界の兵器産業は、こぞってダイナマイトに殺到し、それを応用した殺戮兵器を多種多様に大量生産した。



     愕然としたノーベルは苦悩した。ダイナマイトの特許で莫大な富を得たものの、彼の気持ちは沈んだ。そこで、彼はこれら莫大な富で財団を創設し、人類の文化、平和、学問に尽くした人々を称える賞の創設を考えた。それは、自らが発明した爆薬ではからずしも命を落とした犠牲者たちへの鎮魂の思いが込められていた。その思いは、遺言に従って、遺族らにより実現された。内容は、物理学、化学、生理学・医学、文学、平和及び経済学の「5分野+1分野」で、世界的に顕著な功績を上げた人物に贈られる。ここで、経済学賞だけはノーベルの遺言にはない。それは、スウェーデン国立銀行設立300周年祝賀としてノーベルの死後70年後に当たる1968年に設立されたものだ。(しかし、ノーベル財団は、これをノーベル賞とは認めていない)



    ノーベルは、総資産の94%を賞の基金として残した。死後ノーベル財団が創設され、授与機関にはノーベル賞委員会、スウェーデン王立科学アカデミーなどが選別されている。



     選考は「物理学賞」「化学賞」「経済学賞」はスウェーデン王立科学アカデミー、「生理学・医学賞」はカロリンスカ研究所が、「平和賞」はノルウェー・ノーベル賞委員会、「文学賞」はスウェーデン・アカデミーが行う。なお受賞対象者は個人だが、平和賞のみ団体の受賞が認められている。



     以上の経緯を見ると、ノーベルの懺悔の思いと真摯な願いが伝わってくる。以来110余年が経過して、いまやノーベル賞発表と受賞は世界的セレモニーとなっている。日本ではノーベル賞受賞者となると、まさにカネや太鼓で祝うがごとく有頂天ぶりとなるのも、ご存じのとおりである。他方、ノーベル賞そのものには、冷ややかな批判もある。バーナード・ショーは、辛辣な言葉を投げかけている。「殺生と破壊の手段であるダイナマイトを発明し、金を儲けたノーベルの罪も大きいが、世界の人材を序列化するノーベル賞を作ったのは最も許せない罪である」



     ノーベル賞は、今や、世界最高の栄誉であり、これを渇望する人も多い。さらに、受賞者と非受賞者との立場も、天と地ほどの開きが生じてしまうのだ。



     さて、ここからが本題である。世界中が熱狂するノーベル賞を、20世紀を支配してきた世界皇帝が見逃すはずがなかった。まず、ロックフェラー一族が、アメリカをはじめ世界の医療利権を一手に支配してきた事実を忘れてはならない。ロックフェラー財閥は独自のロックフェラー研究所を創設し、それをロックフェラー大学としている。魔王は、これを世界の学問支配の基地とした。ロックフェラー研究所で彼らの手先として使われたのが日本人医学者野口英世である。



     野口英世と言えば、小学校で習う偉人伝で登場する人物だ。何しろ1000円札に印刷されているほどの人物である。しかし、実態は真逆の人物だった。野口の伝記は捏造だった。彼はヘビー・ドリンカーでプレイボーイだった。ロックフェラー財団は、その彼を広告塔として医学界スーパースターに祭り上げ、徹底的に利用した。

    このコメントのついた記事をみる
  • 名無しさん2018-04-25 08:24:58

    国会サボり陳哲郎「国民をばかにするな」!立憲民主党、自分たちが出した法案を審議拒否!史上初!

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7054.html

    習近平、トランプ、安倍ちゃん、みんなつながってるで。 

    http://gekiokoobachan.blog.fc2.com/blog-entry-257.html

    榊原定征

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E6%A6%8A%E5%8E%9F%E5%AE%9A%E5%BE%81&backchip=online_chips:%E7%B5%8C%E5%9B%A3%E9%80%A3%E4%BC%9A%E9%95%B7&chips=q:%E6%A6%8A%E5%8E%9F+%E5%AE%9A+%E5%BE%81,online_chips:%E5%B4%94%E5%AE%9A%E5%BE%81&sa=X&ved=0ahUKEwjwlfbY99LaAhXHe7wKHVO1BA4Q4VYIJCgB&biw=960&bih=453&dpr=2

    6ヶ月からのはしかワクチン、NG

    http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1920

    不忍池

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%BF%8D%E6%B1%A0

    在日朝鮮人は棄民である。しかし金について韓国はこっそり法を改正し、縛りをかけてきた。帰化した連中も危ないな。

    https://blogs.yahoo.co.jp/matarou5963/18893753.html

    枝野の罪

    https://plaza.rakuten.co.jp/nyankoroom/diary/201804120001/?scid=we_blg_pc_lastctgy_1_title

    在日韓国朝鮮人への生活保護受給率は日本人受給率の10倍以上!在日韓国朝鮮人への生活保護は憲法違反

    https://blog.goo.ne.jp/yomogiinu/e/f8dd841639c8520e3082b23ef0c2dc52

    豊臣秀頼はフランシスコ派? 

    https://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/72355402.html

    「ゴーマニスト」宣言【追記編・欄外編】(12) 

    https://nittablog.exblog.jp/14693270/

    ◆ワクチン詐欺のルーツはナチスにある

    https://ameblo.jp/milkymilky-9060/entry-11946195731.html

    捕虜の運命 ユーゴ償いの行進とバターン生の行進 連合軍は捕虜に死の行進を行わせた

    http://oncon.seesaa.net/article/67606227.html

    大阪ヘイト条例にNPOが絡んでいた事が判明→特定非営利活動促進法に違反?

    https://blog.goo.ne.jp/lifetree241rnm/c/cd54119b208b72cfd203e402eb88c1e0/3

    司馬遼太郎史観について

    https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12129775581.html

    津川雅彦

    http://medicines.aquaorbis.net/meigen/nippon/geinou-j/tsugawa-masahiko

    このコメントのついた記事をみる
  • 名無しさん2018-04-24 21:26:46

    「李承晩ライン」と「朝鮮戦争」の真実

    http://cbn.la.coocan.jp/jpn/leeline..htm

    天安門事件に関する外交文書の展示会 

    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53277353.html

    かつて日本海側の人口が多かった理由とは

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3736.html

    ご来光

    https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E3%81%94%E6%9D%A5%E5%85%89&chips=q:%E3%81%94%E6%9D%A5%E5%85%89,g_3:%E7%99%BD%E5%B1%B1&sa=X&ved=0ahUKEwiplb6Y7tHaAhUDT7wKHRXHA9UQ4lYIKigA&biw=1097&bih=518&dpr=1.75

    聖徳太子(仏教と神道)

    https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12130130992.html

    【朝鮮総督府・調査資料】日本人によって西洋医学がもたらされる以前の李朝時代、朝鮮半島では驚愕の迷信医療が横行していたのである

    http://hosyusokuhou.jp/archives/44062580.html

    安倍首相の自爆をつくってまで慰安婦問題を大きくしたのは、根幹をたたき切る必要という戦略

    https://blog.goo.ne.jp/lifetree241rnm/c/cd54119b208b72cfd203e402eb88c1e0/2

    議員と学者と教師の真贋を鑑定するための試験問題?大日本帝国憲法の参考憲法はどれか

    http://oncon.seesaa.net/article/163021452.html

    安倍=トランプ会談の大成功を報じない日本

    http://gekiokoobachan.blog.fc2.com/blog-entry-256.html

    ◆「人類支配」はこうして行われている

    https://ameblo.jp/milkymilky-9060/entry-11945377548.html

    ”「ゴーマニスト」宣言【追記編・欄外編】(11) 

    https://nittablog.exblog.jp/14688449/

    加藤清正の満州侵攻の背景にイエズス会あり? 

    https://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/72356916.html

    俳優から学ぶ暗記法の真髄

    http://usjuku.jugem.jp/?eid=1521

    もう1人いた「ワインの父」ー【ワイン航海日誌】

    https://www.biz-s.jp/kansai/topics/%E3%82%82%E3%81%861%E4%BA%BA%E3%81%84%E3%81%9F%E3%80%8C%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E7%88%B6%E3%80%8D/

    嘘つき蓮舫!繰り返されたウソの軌跡

    https://blog.goo.ne.jp/yomogiinu/e/8dcfd2f51748d0fc75aea426fb655678

    伊佐郡 (常陸国)

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E4%BD%90%E9%83%A1_(%E5%B8%B8%E9%99%B8%E5%9B%BD)

    韓国から脱出せよ!在日は帰国させよう! 

    https://plaza.rakuten.co.jp/nyankoroom/diary/201709030000/

    そったくどうじ

    http://www.ogano.ed.jp/nagachu/gakkou_tayori/Data/201505.pdf

    このコメントのついた記事をみる